FC2ブログ
チャイナタウンを歩く6~活気あるチョロン~ホーチミンシティ73
2019/06/30(Sun)
バスターミナルを後にして,ひとまず北に向かう。とくに行くあてはないのだが,北に向かってしばらく行ったら東に折れ,しばらく進むとまた北に向かって,チョロン地区を対角線のごとく進むのが妥当と考えた。通り沿いには,朝ということもあって,買い物客が多い。何を買っているのかはよく見ていないが,バイクとともに人の数はすこぶる多い。売り手だろうと買い手だろうと,女性のほとんどがすげ笠ノンラーをかぶっている。物販店が途切れると,人も一瞬途切れるが,青果物を扱う界隈に入ってくると,また人が増えてくる。地区全体が市場かのようなチョロン地区である。【2019/6/30(日) 午前 10:39】
   
↓どの通りも人が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_0


↓ときどき看板に漢字が見られる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_1


↓女性の多くはノンラーをかぶっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_3


↓物販店が途切れると,人も途切れる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_4


↓移動販売で菓子を売っているようだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_5


↓青果物販売ゾーンに入ってくると人が増えてくる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/58/58541158/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
駁二藝術特區散策・前編~高雄15
2019/06/30(Sun)
「駁二(ポーアル)藝術特區(区)」は高雄市鹽(塩)埕(イェンチェン)區にあるリノベーション地区で,港に近い倉庫街をギャラリーやショップなどに改装し,観光名所としても人気を集めている。もともと高雄中心部から西にある鹽埕區は,開発が早く,古くは塩田,その後港湾(高雄港)と,街自体が古く(旧市街),レトロで落ち着いた佇まいを持つ。MRT橘線で美麗島站(駅)から西に2つ目,區の中心の鹽埕埔站に着く。站を出てほぼ南に大勇路を歩いていくと数分で倉庫街をリノベした駁二藝術特區に到達する。この特區はほぼ東西に1㎞あり,3つの倉庫街(エリア)から成るので,すべてを見ようとすると軽く2~3時間はかかってしまう。前もって,どこに行くか,何を見るかを決めておいた方がよい。レトロな倉庫の中には改装された,ショップやカフェ,アートなどさまざまな店舗が入っていて,雑貨探しには飽きないだろう。【2019/6/30(日) 午前 9:30】
   
↓鹽埕埔站1番出口を出た辺り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_0


↓大勇路をさらに南へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_1


↓交差する公園二路には自転車専用レーンがある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_2


↓旧市街にあるホテル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_3


↓3つのエリアの真ん中大勇倉庫街に到達
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_4


↓外壁はレトロな倉庫街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_6


↓裏側も古い佇まいながらオシャレに改装している
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_7


↓大勇倉庫街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/31/58541131/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パサール・ウブド2018~バリ島104
2019/06/23(Sun)
バリ島ウブドに通いだして8年,パサール・ウブド(ウブド市場)には何回行ったことか。観光市場なのだが,もうとくに買いたいものもなく,街歩きにたまに寄るくらいだが,アジア系より欧米系(とくにオーストラリア)の観光客が多いのが特徴だ。バリ島でもビーチは日本人も含めアジア系も多いのだが,内陸のウブドがその比率が逆転し,欧米系が多い。日本人も少なくはないが,ビーチに泊った際に日帰りオプショナルツアーで来る場合も多いので,日中はパサール・ウブドに日本人や中国人・韓国人もわりと来ているのだが,夕方以降はぱったりいなくなる。2018年も少しだけ寄ってみた。【2019/6/23(日) 午後 2:12】
   
↓パサール・ウブド(2018年8月11日)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_14


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_15


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/58538568/img_16


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャイナタウンを歩く5~バスターミナル界隈~ホーチミンシティ72
2019/06/22(Sat)
ようやくチョロンのバスターミナルにたどり着いた。ホーチミンシティ中心部からのバスはここに到着する。帰りはここから乗れば乗り換えなしに安価で中心部に戻れるのだが,これからチョロンを周遊するのでそうもいかない。「チョロン行」と表示のあるバスが何台も停まっていた。バスターミナルの建物は大きいように見えて,切符売り場と小さい待合場所があるだけで,数人の客がバスを待っていたに過ぎない。周辺は建物がびっしりだが,たくさんの露店が出て主に食べ物を販売していた。腹ごしらえをしてバスで移動か?!ここがチョロンの中心と言われているが,広いチャイナタウンではだいぶん西にあたる。これからここを後にして北東に移動だ。【2019/6/22(土) 午後 9:07】
   
↓開けた場所にあるチョロンのバスターミナル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/02/58538302/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/02/58538302/img_1


↓「チョロン行」と表示のあるバスがたくさん並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/02/58538302/img_2


↓切符売り場と待合所
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/02/58538302/img_3


↓周辺には露店が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/02/58538302/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/02/58538302/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古亭で小籠包~台北181
2019/06/15(Sat)
台北でランチというと小籠包のような一品ものでも十分かと思い,MRT古亭站からほど近い店に昼過ぎに行ってみた。古亭站から台北站方向に歩くこと数分,その店「蘇杭點心(点心)店(スーハン・ディエンシンディエン)」はあった。50年以上の歴史がある店で,雑誌などメディアにはよく出てくるし,日本の旅行ガイドブックにも顔を出す有名店である。店内は狭く,昼時とあって混んでいたが,奥に空きテーブルを見つけ座ることができた。注文は専用の用紙に,数を書き込んで渡すだけだが,文字だけではわからないものもいくつか見受けられた。まずは食前酒に台湾ビールを注文。小籠包や蝦蒸餃子を頼んで,そこそこおなかがいっぱいになった。スプーンには,台湾では当たり前になった日本語「おいしい」と書かれていた。小籠包以外にもわりと多種多様なメニューがあるので,小腹がすいたら入るのもいいが,周辺に観光地はないので,この店を目当てに来る以外には考えられないだろう。【2019/6/15(土) 午前 11:21】
   
↓MRT古亭站
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_0


↓MRT古亭站前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_1


↓台北站方面に進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_2


↓数分で「蘇杭點心店」に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_3


↓昼時とあって狭い店内は混んでいた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_4


↓注文用紙に書いて渡す
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_5


↓まずは台湾ビール(60元)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_6


↓雑誌に載る有名店だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_7


↓小籠包(8個120元)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_8


↓中は餡と肉汁がたっぷり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_9


↓蝦蒸餃子(8個170元)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_10


↓スプーンには「おいしい」の文字が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_11


↓副菜の空心菜炒め(110元)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_12


↓外はパリパリ,中はふわふわの中華パン(銀絲巻)(55元)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/81/58535181/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台北松山空港から離陸すると
2019/06/09(Sun)
台北から羽田行きのANA便に乗った。松山空港は滑走路が東西に1本あるだけの都市部の空港で,国際線は中国本土各地,東京・羽田,ソウル・金浦とを結ぶ便がある。この空港から見て東京は東の方角にあるのだが,飛行機は滑走路の東から西に向かって離陸する。しばし台北市内を飛び,淡水河を越え,新北市三重區に入り,2~3分で左回りにUターンし始める。今度は東方向に機首を向け,新北市政府がある板橋區の上を通り,また淡水河を越え,台北市内上空を飛んでいく。【2019/6/9(日) 午後 3:38】
   
↓松山空港を飛び立つと左に台北市内が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/57/58532457/img_0


↓遠くにオレンジ屋根の台北駅が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/57/58532457/img_1


↓淡水河を越える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/57/58532457/img_2


↓新北市三重區に入りやがて左回りにUターン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/57/58532457/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/57/58532457/img_4


↓新北市政府のある板橋區上空を東へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/57/58532457/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャイナタウンを歩く4~ビンタイ仮市場周辺~ホーチミンシティ71
2019/06/07(Fri)
とくにチャイナタウンと言う場所柄が余計に活気の源になっているのか,人も多いし賑やかこの上ない。ビンタイ市場の仮店舗はプレハブ造の平屋で,壁と屋根があるだけの簡易な設計だ。思ったよりも店の数が少ないのは空き地に余裕がないからだろう。そこを北に抜けると,年末なので,日めくりや凧,縁起物などを売っている店が並ぶ。中国上海の豫園近くでも正月に同じような光景を見たことがあるが,とにかく基本色は赤だ。ベトナムの中にある中国そのものだ。1区画北に歩けばチョロンのバスターミナルがあるらしい。歩き回ることでようやく地理に慣れてきた。まずはバスターミナルを目指す。【2019/6/7(金) 午後 10:02】
   
↓ビンタイ市場北側
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_0


↓プレハブの仮市場が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_2


↓仮市場のすぐ北は縁起物や小物を扱う店舗街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_4


↓造花ショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_5


↓小物を大量に扱うショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_6


↓東のバス通りに出て北に向かう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_7


↓この通りも縁起物を扱うショップが多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_9


↓電柱や電線がやたら多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58531674/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖縄で「札幌味噌ラーメン」~本島39
2019/06/02(Sun)
人影のない「あざまさんさんビーチ」を見て,バスで那覇に戻ろうと思い,バス停「安座間サンサンビーチ入口」に行くと,お食事&Cafe「夕凪(ゆうなぎ)」の文字が目に入ってきた。正午を過ぎ,おなかもすいていて,バスの時間までは30分ほどあったので,迷わず店に入った。入口のメニューにもあるように,札幌ラーメン,ジンギスカン,ほっけ定食,サッポロ黒ラベルビールなど,と北海道の食べ物ばかりで,一瞬沖縄にいることを忘れてしまうほどだ。しかし,アイスクリームにシークワーサーや海ぶどうという文字を見るにつけやはり沖縄にいることを実感してしまうのだった。那覇から1時間の郊外で,観光シーズンでもないので,客は一人もいなかったが,北海道で食べるのとまったく遜色のない黄色い麺の札幌味噌ラーメンが味わえた。寒い冬にぴったりのメニューを,汗ばむ陽気の沖縄で食べるには勇気がいるが,店内はガンガン冷房が効いていたので,熱々の麺も問題なく食べることができた。台湾で暑い夏に鍋料理を食べるのと同じ感覚かもしれない。【2019/6/2(日) 午後 7:50】
   
↓「安座間サンサンビーチ入口」バス停
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_0


↓周辺は沖縄伝統建築が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_2


↓那覇方面のバスは1時間に1本ほど
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_3


↓食事&Cafe「夕凪(ゆうなぎ)」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_4


↓2階の入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_5


↓デザートやドリンクを見ない限りほぼ北海道レストラン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_6


↓店内は貸し切り状態
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_7


↓これが沖縄の「札幌味噌ラーメン」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58529077/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |