FC2ブログ
阿波連ビーチを見に行く~渡嘉敷島1
2019/03/30(Sat)
今日2019年3月30日は,渡嘉敷島にいた。サンゴ礁のビーチが見たくて,雲が多い中,那覇の泊港から朝一番9時発の高速フェリーで渡嘉敷島に向かった。今年になって雨が多い沖縄らしいが,晴れ男の参上で,渡嘉敷島はお昼前から青空になってきた。高台から見る阿波連ビーチは海外にも負けない色鮮やかさで,曇天の朝のモヤモヤが一気に吹き飛んだ。夕方には那覇に帰ってきたので,早速美しいビーチをアップしてみた。【2019/3/30(土) 午後 7:08】
   
↓高台から見る阿波連ビーチ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/76/58487576/img_0


↓海開き前とあって阿波連ビーチは人影もまばらだった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/76/58487576/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「世界三大がっかり」を見に行く・前編~ブリュッセル8
2019/03/29(Fri)
「世界三大がっかり」のうち,シンガポールの「マーライオン」,コペンハーゲンの「人魚姫像」については,都市としてはどちらも訪れているが,巷で「がっかり」と言われていたことと,時間もなかったので実物を見たことがない。ついにブリュッセルで初めて世界三大がっかりの一つを見ることになった。グランプラスからは数分歩くが,来たついでに世界三大がっかりの一つぐらいは見ておかなくてはという思いが先に立った。グランプラスからは裏通りに入る。裏通りといってもグランプラスよりは空いている飲食店,とくにカフェが多い。フランスの影響を受けているので,青空カフェがとくに多い。街並みはオシャレで美しい。日本とは比較にならないほど街のデザインが研ぎ澄まされている。電柱がなく,石畳というのも点数が高い。無電柱化率は,パリ,ロンドン,香港は100%,台北95%,シンガポール93%と,ヨーロッパだけでなく,アジア諸都市も高いが,東京23区は8%,大阪は6%と,どこの後進国かと思うほど遅れている。写真を撮るうえでも電柱は邪魔この上ない。よって東京で写真を撮らないのは鉄則だ。人通りの多い通りに出て,目的地までもうすぐだ。チョコレートのマリーを発見。ベルギーではゴディバよりはるかに格上の存在だ。目的の「がっかり」のある十字路まであと50mほど。左にこれまたマリーと並ぶチョコレートの老舗ノイハウスがあり,その横に「がっかり」はある。「がっかり」は後編で。【2019/3/29(金)午後8:22】
   
↓グランプラスから「がっかり」に向かう裏道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_0


↓フランス文化の影響を受けカフェが多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_2


↓ブラッセリーのメニューボード
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_3


↓道標がオシャレ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_4


↓賑やかな通りに出てきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_5


↓土産屋が並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_6


↓ランチョンマット?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_7


↓ベルギー王室御用達,チョコレートの老舗マリー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_8


↓その先の十字路,ノイハウスの横が目的地だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/65/58486965/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベルギー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド西部10kmウォーキング5<ニューガディン通りをさらに南下>~バリ島101
2019/03/29(Fri)
右に比較的大きな広場が見えてきた。広場では少年サッカーが行われている。ウブド中心部にもサッカーができる広場があり,時々少年サッカーが行われているが,大人のサッカーは一度も見たことはない。バリ島の少年だけではなく,外国人の子どもも混じっている。サッカー場から先,ニュークニン通りに出るには,西に進み左に曲がりニューブラン通りを南下する方法と,このまま直進し,ニューガディン通りを南下する方法の2つがあるが,距離はどちらも同じ。迷わず直進することとした。ニューガディン通りに入ると,宿泊施設は減り,民家や寺院が多くなり,時折スパや土産屋が目に入ってくるが,モンキーフォレストからも離れ,観光客も減ってくる地区なので,開店休業状態だと推測する。まもなく,珍しく東西に走る主要道のニュークニン通りに出る予定。【2019/3/29(金) 午後 8:00】
   
↓サッカー場らしき広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_1


↓サッカー少年たち
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_2


↓サッカー場の向かいのカフェで朝カフェをする親子連れ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_3


↓ニューガディン通り(Jl.Nyuh Gadin)へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_4


↓寺院,住宅,店舗が点在する
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_5


↓気になる卍マーク
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_6


↓寺院の門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_7


↓寺院が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_8


↓一般住宅のようだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_9


↓よろずや
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_10


↓チャナンを置く女性
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_11


↓古民家スパ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_12


↓ウブド西部10kmウォーキング5<ニューガディン通りをさらに南下>の経路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/57/58486957/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャイナタウンを歩く1~ベトナムの中の中国~ホーチミンシティ68
2019/03/29(Fri)
「チョロン(地区)」と言うのがチャイナタウンのことなのだが,ベトナム自体中国系の人が少なくないので,改めてチャイナタウンがある必要もないのだが,と思ってしまう。チョロンは市の中心部(1区)から西に8kmほど行ったところ(5区)にあるが,バンコクのチャイナタウン以上に広い。明確にここまでと言う線引きはできないが,タクシーやバスでの移動中に漢字の看板が目に入ってきたら,チャイナタウンと言って良いだろう。少なくても縦1km×横3kmはあるだろう。ベンタイン市場の裏からタクシーに乗ること15分,ビンタイ市場の辺りで降ろしてもらった。道路にはたくさんのバイクがあふれ,市の中心部とそんなに変わりはないが,近代的な高層ビルは姿を消し,店舗と住居が同居する数階建の建物がほとんどだ。荷物を運ぶバイクが多く,荷物を積んだトラックも走っている。商売を得意とする中国系の人たちの仕事ぶりとマッチする。ここでは歩道にもバイクが乗り込んでくるので(荷物の積み下ろしのため),歩道といえどもけっして安全ではない。雰囲気はたしかにベトナムではあるが,空気が違うように感じる。中国や台湾の街並みよりも,道路が狭くゴチャゴチャ感があるのでそう感じるのだろう。【2019/3/29(金) 午後 7:44】
   
↓出発はベンタイン市場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_0


↓チョロン地区に降り立つ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_1


↓ごちゃごちゃ感があり人が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_2


↓バイクも多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_4


↓青空食堂で見かけるプラスティック椅子
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_5


↓青空食堂は繁盛中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_8


↓チョロンを走る現代(ヒュンダイ)のバス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_9


↓チャイナタウンとはいえベトナムらしい風景も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_10


↓美容室,床屋のように青空という訳にはいかない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_11


↓タイル貼りではないがリスボンの家屋を思い起こす
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/40/58486940/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三和夜市を行く4~新北31
2019/03/24(Sun)
夜市シリーズ第12弾の4回目。600mの直線道路の3分の2くらい来ただろうか。そろそろ午後7時になろうとしていて,夜市ではピークを迎える時刻だが,台北市内の夜市と比べると,人出が少ないのはもちろんのこと,とにかくのんびりした空気が漂う。売る方,買う方,どちらも暇つぶしや冷やかしに来ているとしか思えない屋台や客も少なくない。本来このような目的もある夜市なのだが,少なくとも観光客が来るような夜市ではないので,ローカル夜市ならではの佇まいを楽しむしかない。台北の人気夜市,士林や寧夏街の混雑が嫌な人にはおススメだ。交通の便はよい,値段は安い,バラエティショップやコンビニなどを含め,様々な店や屋台が並び飽きない夜市である。食事もゆっくりできる。屋台ゆえプラスティックのイスになるが,順番待ちもない。後半は何が待ち受けているか楽しみである。【2019/3/24(日)午前7:30】
   
↓台北の五分哺でよく見られる色黒マネキン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_0


↓少し店舗が途切れた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_1


↓Hi-Lifeは台湾資本の台湾四大コンビニチェーンの一つ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_2


↓皮で500元は買い!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_3


↓物にもよるが夜市の100元は安い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_4


↓どの夜市にもあるトマト飴(台湾ではトマトはフルーツ扱い)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_5


↓客が来なければ暇そのもの
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_6


↓ゴールドとブラックのマネキン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_7


↓もうすぐ午後7時になる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_9


↓子どもも親と一緒に店番?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_10


↓海鮮屋台だが客はなし
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_11


↓「岩焼」って?横綱は横岡だし...
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/00/58483100/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ストックホルム・アーランダ国際空港で5時間半を楽しむ・前編
2019/03/23(Sat)
オスロ・ガーデモエン国際空港からストックホルム・アーランダ国際空港を経てフィンランド・トゥルク空港まで,1日で3か国を体験できる日があった。実際にはアーランダ国際空港ではセキュリティエリア内で過ごし,スウェーデン入国はないので2か国ということになるのだが。トゥルクはフィンランドの地方都市なので国際線は少なく,スターアライアンス系列航空会社に限定されたので,アーランダ国際空港では5時間半の乗り継ぎ時間を生じた。空港でどうやって過ごそうかと思いながら,アーランダ国際空港に降り立ったのは午前9時である(オスロのホテルを午前4時台にチェックアウトしたので)。北欧の空港は,どこもそれほど混まず,デザイン性に優れ,清潔で,居心地の良い空港が多い。コペンハーゲン・カストラップ国際空港だけは大型機の発着が多いので,いつでも混んでいるが,他の北欧3か国の空港は,発着が多くはなく,空港施設を広めに作ってあるので混んでいるという感じはない。アーランダ国際空港は長い滑走路1本と短めの滑走路2本の空港なので,大型機が少なく,中型機が多いのが特徴である。【2019/3/23(土)午後10:50】
   
↓オスロから午前9時にアーランダ国際空港に着いた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_1


↓搭乗スポットがコンテナのようだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_2


↓空港ではなくショッピングセンターのよう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_5


↓中型機が多く,大型機が少ない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_8


↓搭乗口付近は人が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/65/58482965/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上海地鉄事情~昔より便利になったが~上海30
2019/03/23(Sat)
最初に上海を訪れた2005年には上海地鉄は4号線までしかなかったが,2010年の上海万博を機に新設・延伸が一気に進み,現在(2018年)では17号線まで建設されている(一部しか開通していないものを含む)。ここまで地鉄網が整えば,上海市内の観光地にはバスやタクシーを使わずに地鉄だけでだいたい行けるようになった。二つの国際空港(浦東・虹橋),二つの国鉄駅(上海・上海虹橋),上海ディズニーランドはもちろんのこと,映画「ミッション インポッシブル」の舞台となった水郷「朱家角」までも地鉄で行けるようになった。上海地鉄は今後も新設・延伸が進み,じきにNYなどと並ぶ世界一の距離数を誇る地鉄網となる日は近い。上海地鉄の異なる線同士の乗り継ぎは意外と悪い。とくに都心部で顕著に見られ,上下に交差しているのに地下で乗継ができず,一度地上に出て歩き,また地下に潜る,というような,構想段階でもっと利便性を考えるべきだったのでは,と思ってしまう。【2019/3/23(土) 午後 8:45】
   
↓上海の地下鉄は乗り換えがわかりやすい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_1


↓「交通大学」駅ホーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_3


↓「新天地」駅構内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_4


↓都心でも地上出入口は大きく作られている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_5


もう一つ顕著なのは,駅のコンコースにほとんど店舗がないことだ。コンコースは広くゆったりしているが,店舗はなく,ポスター等もないので殺風景で寒々しい。少なくともキヨスクのような店はどこの国の地下鉄にもありそうだが,都心部の駅の一部のコンコースに菓子やパンを扱う店がある程度で,基本的には店舗は認められていないようだ。さすがに,都心部の駅は,駅前のショッピングモールと地下でつながっているので,飲食などは困らないが,郊外に行くと,駅ができたばかりで,地上の駅周辺にも,地下にも店がなく,不便この上ない駅も多数存在する。利便性はいまいちだが,ホームはフルスクリーンのホームドアが当たり前で,モニターなどの案内表示は日本以上に完備され,とにかく施設がリニューアルも含め新しくきれいだ。さらに朝でも東京のような殺人的な混雑はなく,乗客のマナーも随分と向上し,東京の電車に乗るよりよほどストレスは溜まらない。

↓かろうじて「静安寺」駅構内にファミマがあった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/77/58482877/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウォンでサムギョプサル~スウォン14
2019/03/17(Sun)
八達門市場を歩きまわり,午後1時を少しまわっていた。さすがに朝食が早かったこともありお腹がすいたので,スウォン名物のカルビが食べられる店を探したが見つからない。その代わり豚の専門店があったので,同じ肉だから仕方ないと思い入店した。「흑돈연가(フクトニョンガ/黒金恋歌)」という豚専門店で,もちろんメニューは豚肉料理だけ。日本人観光客は来ないとみえて(日本人はスウォンに来たらカルビを食べて帰るのがふつう),日本語メニューもなく,地元の人だけの店のようだ。メニューを見てもハングルだけで何が何だかわからず,豚の焼肉といえばサムギョプサルしか知らないので,口頭でそれを頼み,奥の冷蔵庫から勝手に韓国焼酎を出してきて飲むことにした(台湾でも韓国でもこれは常識)。すぐに骨付きの豚ばら肉が運ばれてきたので焼いてサンチュに包んで食べたが,まずまずの味。付いてきた小鉢をつまみつつ,焼酎をグラスで飲みながら至福の時を過ごすことができた。いつも思うに,店にもよるが焼酎はだいたい中瓶という大きさで置かれている。ビールと違いアルコール度数も高いので,いつも半分は残してしまう。飲み切り用の小さなサイズのチャミスルでも置いてくれればいいのだが。【2019/3/17(日)午後8:43】
   
↓「흑돈연가」の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_0


↓中瓶の焼酎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_2


↓店のメニューはハングルのみ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_3


↓骨付き豚ばら肉登場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_4


↓はさみで切って焼いているところ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_6


↓小鉢やスープ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_9


↓店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/11/58478611/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホーチミンシティのアキバ~ホーチミンシティ67
2019/03/16(Sat)
アキバ(秋葉原)といえば,東京随一の電気街だ。アジアには中国や台湾など電脳街と称し似たような街がある。ホーチミンシティにも電気街が1区中心部に存在する。グエンフエ通りを西に150mほど進んだフィントゥックカン通り(Huynh Thuc Khanh)がそれで,電気製品やカメラ製品,CDなどの店が道の両側に100mほど並ぶ程度なので小規模だ。ここではアジアやヨーロッパ各国メーカーの電気製品やカメラが集まり,その中でもSONYやPANASONICといった日本製品は知名度で群を抜いている。ただし,日本メーカー製というだけで多くは中国やタイなどで生産されたものだ。値段はともかく,ベトナム仕様で型落ち品が多いので,日本人観光客がここで電気製品を買っていくことはけっしてない。【2019/3/16(土) 午後 1:18】
   
↓ホーチミンシティのアキバ,フィントゥックカン通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/16/58477716/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド西部10kmウォーキング4<Jl.Nyuh Bojogを南下>~バリ島100
2019/03/16(Sat)
Jl.Nyuh Bojogをさらに南下する。道路に沿って宿泊施設が点在している。この辺りの宿泊施設は,ウブド中心部のVillaやcottageよりは敷地がゆったりし,隣の宿と建物が接しているということはない。部屋やプールも広く,長期滞在には向いている。ツアーデスクやワルンは朝早くから営業していて利便性もそこそこだが,西洋人が主に宿泊するエリアなので,午前9時では客もほとんどなく,従業員は手持ち無沙汰だ。時々脇道があり,遠くまで小路が続いている。しかし,脇道の先は行き止まりになっていることがほとんどだ。ウブド周辺は北に行くにしたがって高度が上がっていく北高南低の土地なので,南北には道路が幾つも貫いているが,その南北の道路を東西に結ぶ道路はほとんどない。とくに郊外に行くと顕著で,よほど地図で確かめておかないと,誤って行き止まりの道に入ってしまい,結局同じ道を戻って来なければならないということになる。【2019/3/16(土) 午後 1:04】
   
↓朝早くから営業を始めて午前9時になっても外国人客は来ない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_1


↓英語や仏語の表示はあっても日本語はない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_2


↓東西に延びる脇道の先は行き止まりが多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_3


ヤシの茂る道路がひたすら続く。Jl.Nyuh Bojogは2車線幅はなく,駐車している車もあるので,場所によってはすれ違いが円滑にできない場所もある。そうそう車の往来が多い通りでもないので,歩道はないものの歩行者にとっては歩きやすい。前述のように,南下するにつれて下っているので,なおさらだ。子連れで長期滞在するイクメンのお父さんとすれ違った。ウブドらしさを味わうには適度な場所だと思う。道路沿いに田んぼは見えないが,後背地には水田も見られるようだ(google earthによれば)。モンキーフォレスト通りを歩いているころは雲が厚かったのだが,午前9時半近くになり青空が見えてきた。「晴れ男」の本領発揮といったところか?!

↓Villaが点在するJl.Nyuh Bojog
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_4


↓先に何があるかは不明
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_5


↓沿道にはヤシ並木が続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_6


↓西洋人のイクメンお父さん発見
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_7


↓小さな寺院
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_8


↓こぎれいなワルン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_9


↓歩いてきた道路を振り返る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_10


↓ヤシの実
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_11


↓天気が良くなってきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_12


↓ウブド西部10kmウォーキング4<Jl.Nyuh Bojogを南下>の経路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/58477711/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ