FC2ブログ
オークランドから新年のご挨拶~オークランド3
2018/12/31(Mon)
夜は涼しくなるものの,日差しが強い真夏のオークランドで新年を迎えた。日本よりは4時間早いので,昨年は4時間損したが,日本に帰れば今年は4時間長い。それがどうしたということになるが,ブログ14年目,今年も頑張るゾ。【2018/12/31(月) 午後 8:00(ニュージーランド時間2019年1月1日午前 0:00)】

↓日本より4時間早く新年のご挨拶
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1706819/13/58413313/img_0


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ニュージーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大晦日夕方のクイーンストリート~オークランド2
2018/12/31(Mon)
オークランド4日目,日本より4時間早く大晦日を迎えた。12月31日のオークランドの日の入り時刻は20:39(日本時間16:39)。20時ごろはまだ明るい。オークランドの目抜き通りであるクイーンストリートは,人も車も昨日よりは少なくなり,その一方でレストランなど飲食店は早くから混んできた。年越しにはまだ4時間もあるので,飲食しながら4時間以上も過ごすのか,年越しはホテル内や自宅なのかはわからない。我が家の夕食は宿泊しているアパートメントでニュージーランド産ラムチョップを焼いて,ニュージーランド産ワインで乾杯だった。3年続けて年越しは海外なので,年越しそばには縁がない。明日以降もおせち料理には縁がなく,肉中心の食生活が続くだろう。【2018/12/31(月) 午後 4:48】

↓オークランドのクイーンストリート(12月31日20時)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1706819/36/58413136/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1706819/36/58413136/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1706819/36/58413136/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ニュージーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスシーズンは真夏~オークランド1
2018/12/30(Sun)
南半球は日本と季節が逆だ。日本を含め北半球の多くの国が冬にクリスマスを迎えるのに,南半球では真夏にクリスマスを迎える。ニュージーランド最大都市のオークランドでも,街のデコレーションはクリスマスなのに,歩行者は皆半袖、なかには半ズボンで闊歩している。気温は25℃を超えるが,湿度は低く,爽やかな暑さのクリスマスシーズンだ。日本人からしたら,真夏のクリスマスに違和感はあるが,個人的には寒いシーズンよりは,屋外でビールを飲みながらのクリスマスの方が好ましい。もちろんメインディッシュは,ニュージーランドビーフのステーキ,ドリンクは地ワインだ。【2018/12/30(日) 午後 3:06】

↓オークランド市内店舗のデコレーション(12月29日)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1706819/90/58412090/img_0


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ニュージーランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワルン「biah biah」でランチ~バリ島94
2018/12/24(Mon)
ゴータマ通り(Jl.Gootama)にあるワルンの名店「biah biah(ビアビア)」でランチを食べることにした。「biah biah」はこの通りでは老舗かつ最も有名とも言えるワルンで,午前中の早い時間帯を除けばいつでも混んでいる。何とか午前11時45分に入店できたが,混雑し始める寸前だった。入店後は昼時に重なり,次から次と客が入ってきた。建物は簡素な造りで,左右が別の家屋なので,通りに面した前と裏側が壁無しのオープンになっている。裏にはすぐSPAがあり,このSPAに行くには,店の通り抜けもありかも。それほど店内は広くないので,30人入るのが限界だろうか。メニューはバリ料理だが,バラエティに富んでいる。日本語メニューがあるので,選びやすい。注文したのは,ガドガド(温野菜サラダ,ピーナッツソース添え),カンクン・ゴレン(鶏肉と空芯菜の炒め物),パンシット・ゴレン・テンペ&ケジュ(テンペとチーズ入り揚げワンタン,スイートサンバルソース添え),ピサン・ゴレン(バナナのフリッター,アイスクリーム添え),パイナップルジュースの5品。ランチの時間だが,いろいろなものをつまみ食いした感じ。南部に支店があるので,次はそこに行ってみよう。【2018/12/24(月) 午前 10:21】

↓ゴータマ通りの「biah biah」本店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_0


↓昼時に当たりにわかに混んできた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_1


↓裏には祠があり,店員がチャナンを捧げ祈っていた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_3


↓裏はいきなりSPA
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_4


↓ガドガド
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_5


↓カンクン・ゴレン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_6


↓パンシット・ゴレン・テンペ&ケジュ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_7


↓ピサン・ゴレン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_8


↓何も加えていない生絞りパイナップルジュース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/45/58406745/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久高島ミニトリップ5~本島33
2018/12/24(Mon)
カベール岬で広大な太平洋を眺めて,心の洗濯をした後は,今来た道を自転車で戻ることになる。岬の辺りの植物群落を示した案内板が立っている。右下には知念村教育委員会の文字がある。今でこそ南城市の一部だが,2005年までは知念村の一部だった久高島だ。岬に先に来ていた3人連れはさっさと引き返してしまい,岬には他に誰もいない。本島行きの船の時刻もあるので,そろそろ出発だ。やはりススキが両側に生い茂り,一瞬沖縄と言うことを忘れるが,亜熱帯性の草木も多く,沖縄だと思い直す。カベール岬に向かった道は途中まで,島の北側を通る道だったが,帰り道はそれに並行し島のど真ん中を突っ切る道(こちらが本道)だ。10分強走り,少し人里に近づいた気がしてきた。案の定,島のはずれの「うっちぐゎー広場」のところまで戻ってきた。隣に宿泊施設の「久高島宿泊交流館」がある。ここから先は人里と言うべき島の中心部だ。【2018/12/24(月) 午前 8:47】

↓カベール岬
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_1


↓久高島カベールの植物群落案内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_2


↓両側はススキ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_3


↓道幅は狭まったり広がったりするが,車は通らないので安心
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_5


↓沖縄の11月の空
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_8


↓家屋は見えないが電柱が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_9


↓「うっちぐゎー広場」通過
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/73/58406673/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヴルス駅からグラン・プラスまで・前編~ブリュッセル4
2018/12/22(Sat)
地下鉄ヴルス(Bourse)駅を出るとすぐ前(東側)に建つ大きな建物はブリュッセル証券取引所だ。施設自体は観光には関係はないが,街巡りの目印にはなる。階段や建物の前には旅行者らしき人々が,地図を見ながらこれから廻る場所を確認している。階段の脇には,臨時のツーリスト・インフォメーション「i」があり,旅行者らしき人が係員に話しかけている。ここがブリュッセル歩きの基点ともいえる場所だろう。証券取引所前のアンスパック通りは歩行者天国になっていて,地元の人が散歩をしたり,ベンチで寛いでいる。東京都心では超過密でこんなのんびりした光景は見られない。案内板に「グラン・プラス(Grannd Place)」の方向が指示されていた。とにかく世界遺産のグラン・プラスに向かう。【2018/12/22(土) 午後 7:54】

↓ブリュッセル証券取引所
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_0


↓ブリュッセル証券取引所前は街巡りの基点
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_1


↓階段脇にあるツーリスト・インフォメーション「i」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_2


↓証券取引所前のアンスパック通りは歩行者天国
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_4


↓「ブリュッセルマリオットホテル・グランプラス」が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_5


↓証券取引所前から南西方向を見る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_6


↓案内板はシンプル・正確で,当然「グラン・プラス」も書かれている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1704395/56/58405456/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベルギー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高島屋のある「伊犁路駅」~上海24
2018/12/22(Sat)
地鉄10号線「伊犁路駅」に隣接して「上海高島屋」がある。上海唯一の高島屋だ。この辺りは上海都心部ではなく,少し郊外なので,採算が成り立つのか疑問だったが,「古北」と呼ばれるこの辺りは日本人在住者が多く(日本の領事館もすぐそば),日本製品とくに日本の食材は,それなりに需要があるためこのような店舗が成り立っている。ただし,日本からの輸入食材は,日本で買うのと同じくらいの値段か幾分高い。中国の物価を考えると,地元の人には相当高く感じられるだろう。日本からの輸入だけでなく,ヨーロッパからの輸入食材も高く,在住日本人か中国の富裕層しかターゲットにならないと思う。例えばビールをみると,アサヒビールは現地生産ビールを販売していて,さすがに安くなる。輸入した日本のビールあるいはベルギービールは日本で買うより高い。とくに上海からは近い沖縄のオリオンビールはバカ高くてとても買う気にはならない(350ml缶が300円以上で,日本より高い)。上海高島屋は地鉄と地下でつながっている(地下といっても地上とは吹き抜けなので空が見える地下だ)。地下はフードコート(地鉄から行くと手前)と食料品売場(奥)になっている。フードコートには日本食があり(値段は日本並み),香港のスイーツ専門店「糖朝」もあり,とバラエティには富んでいるが店の数は少ない。【2018/12/22(土) 午後 7:52】

↓上海高島屋の北側を通る伊犁路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_0


↓地鉄10号線「伊犁路駅」入口と上海高島屋(後方)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_1


↓夜の上海高島屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_2


↓地鉄と繋がっている地下入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_3


↓地上とは吹き抜けの地下通路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_4


↓地下通路沿いにはカフェやファーストフード店が並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_5


↓地下1階のフードコート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_6


↓地下1階のケーキ屋にあった,台湾発祥の「犬の形をしたケーキ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/58405454/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホーチミンシティのカオサン2~ホーチミンシティ62
2018/12/22(Sat)
この地区の骨董系土産物店を覗いてみた。覗いてみた骨董系土産物店は,ヤル気のほとんどない若い女の子が店番をしていた。商品を見ていても寄ってこないのでこちらとしては有難い。埃がかぶったような展示品や,拭いていないようなガラスケースが並び,好んで買いたいようなものは少ないが,興味深いものはたくさんある店だ。仮面,人形,仏像,茶碗,コーヒーフィルターをはじめとしたベトナム風の土産が多い中,ガラスケースの中に置かれた透明の瓶にはサソリが入っていた。サソリ酒だ。沖縄にはハブ入りのハブ酒が土産屋で売られているが,それと同じようなものだ。毒を持っているものを漬けて飲むと,力がみなぎると思っているかもしれないが,甚だ疑問だ。【2018/12/22(土) 午後 7:25】

↓朝のデタム通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_0


↓デタム通りにある骨董系土産物屋の店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_4


↓サソリが丸ごと入ったサソリ酒
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_5


土産物店を出てデタム通りを南下し,最初に交差するブイヴィエン通りに出て右折する。バイクの往来が多いが,まだおとなしい方で,夜はバックパッカーなどでたいへん賑わう通りだ。この通りもデタム通りと同じようなショップの構成で,安宿,旅行会社,カフェ,安レストランなどだ。これから出発しようとしている西洋系バックパッカーに遭遇した。それほどリュックサックは大きくはなく,まだ初心者か?!

↓朝のブイヴィエン通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_7


↓旅行会社の前にいたバックパッカー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/37/58405437/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三峡老街へ7~新北26
2018/12/15(Sat)
冷たくなった胃で何か温かいものを入れようと思っていたら,お腹も急に空いてきたので,先ほど寄った豆花の店の二軒隣にある店に入って腹ごしらえをすることにした。店の名は『易味屋』。ご飯と麺,汁の店である。店内は入店時にはまだ座席があったが,徐々に混んできて,麺を食べ始めた頃にはほぼ満席となった。というのも,あまり飲食店がない老街なのでこの店に客が集中するようだ。注文した麺は魚系のダシであっさりとはしているが,油で揚げたつみれのようなものや香草が入っていて,食欲をそそる見た目だ。温かい麺だが,店内は冷房ガンガンなので,苦にはならない。台湾の麺はとくに屋台で食べると,おやつくらいの量しかないが,ここの麺は量が多く,がっつり食べられた。老街散策もだいたい終わったので,同じ道を三峡老街入口に戻ることにした。【2018/12/15(土)午後2:30】

↓『易味屋』の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_0


↓外に貼り出されている代表的メニューとメニュー表+値段
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_2


↓店内はそんなに広くはないのですぐに満席になる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_6


↓注文した「総合羹湯」は50元
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_7


↓麺は黄色い丸麺
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_8


↓醤油系の調味料(お好みに合わせて)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/58400176/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホーチミンシティのカオサン1~ホーチミンシティ61
2018/12/15(Sat)
バンコクのカオサンは安宿街であまりにも有名で,世界中からバックパッカーが集まるが,似たような場所がホーチミンシティにもある。ベンタイン市場から南西に1kmほど行ったデタム通り,ブイヴィエン通り沿いだ。東西に走るファムグーラオ通りに並行して150mほど南側を,東西に延びるヴイヴィエン通り沿いがこの街のメインストリートだが,この道路と南北に交差する何本かの道路(デタム通り,ドークアンダウ通り)も範囲に入る。カオサン同様にアジア系だけでなく,バックパッカーの白人系も多い。夜が賑やかなのもカオサン同様だが,今回は日中のみの散策なので夜は別の機会になろう。タクシーを降りたのは,この地区の東に位置し,「9月23日公園」が見える辺りのデタム通りの北端だ。タクシーを降りると,他のホーチミンの街と多少雰囲気が違う。土産屋っぽい店と大小はあれどやたらとツーリストが多い。安チケットの販売や,ツアーの代行が主たる業務らしい。ますますカオサンっぽくなってきた。【2018/12/22(土) 午後 7:25】

↓ビナサンタクシーはよく見るが,赤いタクシーは珍しい(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_0


↓旅行代理店(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_1


↓レンタバイク屋は暇そう(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_2


↓間口の狭いコンビニは店先がバイクで埋まっている(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_3


↓旅行者が記念に服を仕立てるのだろうか(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_4


斜め前に大型バスが止まり,中国人の団体が乗り込んでいる。「シン・ツーリスト」はホーチミンシティの旅行代理店大手だ。ここから各地へ格安ツアーが出ている。代理店のオフィス店内には各ツアーの出発時刻が電光掲示板に出ている。まるで高速バスターミナルの様相で,観光パンフレットも多種多彩だ。いかに効率よく多くのツアーを実施しているかが一目瞭然だ。バックパッカー向けの宿,コンビニ,カフェ,格安レストラン,ツアーデスク,レンタバイク,服の仕立て屋まである。バンコクのカオサンも顔負けである。

↓人だかりはツアーバスを待つ人(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_7


↓「シン・ツーリスト」のツアーバス(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_6


↓「シン・ツーリスト」オフィス内のツアーバス発車掲示板(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_8


↓間口の狭い店舗ばかりのデタム通り(デタム通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/63/58400163/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ