FC2ブログ
久しぶりの新宿「思い出横丁」
2018/09/29(Sat)
新宿駅を西側に降りて2分くらい北に進むと,新宿西口商店街がある。この商店街は別名を「思い出横丁」といい,近年はその別名が通称になり,看板等にも「思い出横丁」と書かれている。ルーツは戦後の闇市なので,昭和の雰囲気が色濃く残っている。近年は数軒の金券ショップが店を構えるようになったが,ほとんどはカウンターだけの小さな飲食店が中心で,やきとり,もつ,麺類,餃子,おでんなどが手軽に食べられる飲食店街だ。新宿は通勤時の乗換駅だが,数年ぶりにここを通る機会があった。若いころは近くに会社があったので,よく飲食をしたものだが,なかなか感慨深い。【2018/9/29(土) 午後 4:03】

↓「思い出横丁」の北側入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_0


↓横丁の本通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/33/58335533/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | Diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三峡老街へ2~新北21
2018/09/29(Sat)
台鐵鶯歌駅の北口には,タクシーの1台くらいは必ず停まっているので,三峡に行くには問題ない。しばし駅近辺を見た後,停車していたタクシーに乗って三峡に向かう。現在,鶯歌は新北市鶯歌區,三峡は新北市三峡區。以前は行政的に別だったのが,同じ市内ということになる。建國路を西に走り,左折後文化路を南下,三鶯大橋を渡ると三峡區に入る。そして中山路を1.5kmほど直進すると,民權街に到達する。民權街と長福街が交差する辺りでタクシーを降りた。台鐵鶯歌駅からは15分ほどだ。【2018/9/29(土)午後1:10】

↓鶯歌駅北口のロータリー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_0


↓北口の日陰で寝ているイヌ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_1


↓三峡まで乗ったタクシー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_2


↓建國路から文化路へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_3


↓一路三峡へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_4


↓三峡の中心街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_5


↓民權街と長福街が交差する辺り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_6


直進すると三角湧老街(三峡老街)だが,左折する長福街に入り,すぐ近くにある清水祖師廟に参る。三峡は牛の角の形をしたクロワッサンのような形のパン(牛角パン)が有名で,そこかしこに販売する店がある。店先に牛の置物まである販売店を横目で見ながら,清水祖師廟の境内に入ってみた。17世紀に創建されたものの,2度損壊し,現在の建物は1947年から再建されているもの。「~ている」という現在進行形は,未だに完成していないことを指している。芸術性が高く,絵になる寺院だが,先を急がねばならない。合掌。

↓三角湧老街(三峡老街)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_7


↓牛のいる牛角パンの店は閉まっていた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_8


↓未だ建設中の清水祖師廟
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/11/58335411/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブンゴセカンからプリアタンへ・後編~バリ島90
2018/09/29(Sat)
スグリワ通り(Jl.Sugriwa)からジャタユ通り(Jl.Jatayu)に入るT字路に小さなワルンがあった。奥行きの無いワルンだが,壁一面に絵が描かれていてなかなかオシャレだ。ジャタユ通り沿いには,商店が点々とし,その奥は住宅地で,静かな佇まいを見せている。バリ・ヒンズー教の島に突如,仏像の顔が道路に突き出していたり,マネキンが住宅の前に立っていたり,いろいろと発見がある通りだ。やがて南北に交差するスクマ通り(Jl.Sukma)にぶつかると右折し,すぐに左折すると東に延びるプリアタン第一通り(Jl.PeliatanⅠ)に入る。そして緩やかな上り坂を歩いていくと,交通量の多いラヤアンドン通り(Jl.Raya Andong)に出る。そこがプリアタン地区の北部だ。交差点の南東角のプリアタン村役場前にはバリ舞踊の踊り子の像が建ち,バリ舞踊の盛んな地区であることを如実に表している。ブンゴセカンから約1.5kmの行程だったが,アップダウン及びカーブの連続と,歩道の歩きにくさなどから,平らな場所の1.5kmよりははるかに体力を消耗する行程だった。【2018/9/29(土) 午前 11:16】

↓スグリワ通りとジャタユ通りのT字路にあるワルン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_0


↓ジャタユ通りを下っていく
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_1


↓点々とあるドラッグストアや日用雑貨の店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_3


↓ジャタユ通りの脇道の住宅街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_4


↓竹林から道路に顔を出す仏像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_7


↓住宅の前に立っていた謎のマネキン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_5


↓スクマ通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_8


↓プリアタン第一通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_9


↓ラヤアンドン通り(プリアタン地区北部)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_10


↓バリ舞踊の踊り子像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_11


↓今回の行程(ブンゴセカン北部→プリアタン地区北部)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/16/58335316/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1週間で3回目の北海道~道北31
2018/09/24(Mon)
9月21日の早朝便で羽田から旭川空港に飛んだ。前日に釧路から帰ったばかりで,また北海道だ。1週間で3回も北海道に行ったことになる。北海道のこの1週間は天気がよく,旭川が近づくと,上富良野町が見えてきて,遠くには噴煙を上げる十勝岳,そのあと美瑛町東部上空を飛び,遠くには先日降雪のあった北海道最高峰の旭岳が見えてきた。紅葉は遅れているようで,山全体は色づいていない。高度を下げ,稲刈り間近の黄色い田んぼをあちこちに見ながら,旭川空港に着いた。家を午前4時半に出て,旭川空港には午前8時半に着いたので,ここまで4時間の旅だった。【2018/9/24(月) 午後 6:47】

↓上富良野町
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_0


↓噴煙を上げる十勝岳
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_2


↓美瑛町東部
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_3


↓降雪があった旭岳
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_4


↓美瑛町北部にある新区画ダム(貯水池)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_5


↓収穫の秋を迎えている旭川空港近くの田畑
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/71/58331271/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界遺産「城山日出峰」に登る・前編~チェジュ島17
2018/09/24(Mon)
韓国にある世界遺産で唯一の自然遺産がチェジュ島の火山にまつわるものだ。その中で,島の北東に突き出た「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」は海底噴火によって10万年前にできた巨大岩山で,標高は182m。1時間もあれば楽に登れる山で,訪れた人の大半は頂上まで登る。頂上からは西側に城山里の街並が見え,低山ながら素晴らしい眺めが楽しめる。最初は緩やかな登山道が続く。【2018/9/24(月)午前8:17】

↓「城山日出峰」全景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_0


↓世界遺産登録の碑は撮影スポット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_2


↓乗ってきた観光タクシー(手前中央)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_3


↓チケットオフィス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_4


↓登山を見送るトルハルバン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_5


↓途中までは石畳の緩やかな登山道が続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_7


↓中腹から眺望はよくなってくる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_10


↓城山里と城山浦,奥にパオルム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/91/58330891/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
統一会堂を見学する・前編~ホーチミンシティ54
2018/09/24(Mon)
「統一会堂」はベトナム戦争終結(1975年)まではベトナム共和国(南ベトナム)の大統領府及び官邸とされた建物だ。1976年に南北ベトナムの統一国家,ベトナム社会主義共和国が成立した後に「統一会堂」と改名され,現在に至っている。建物は当時のままに保存され,博物館として一般公開されている。正門のオフィスでチケットを購入し,敷地に入る。芝生の前庭はとても広く,寝転びたくなるが,芝生への進入は禁止である。ただし,芝生の前では,統一会堂をバックに写真を撮るスポットにはなっている。入口がどこかわからず正面の階段を上り始めたら,左側から入場するよう指示が出ていたので,左側にまわって階段を上ると入口があった。入ると1階に相当するフロアーだ。1階には,講堂やバンケットルームなどがあり,当時のままの状態を廊下から見学するようになっている。【2018/9/24(月) 午前 7:58】

↓チケットオフィス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_0


↓正門から入場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_1


↓正面敷地内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_2


↓統一会堂全体が写せるベストスポット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_3


↓周囲は樹木で囲まれている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_4


↓向かって左側の広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_5


↓左側の階段を上って建物に入る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_6


↓1階の講堂やバンケットルーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_10


↓1階のホール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_11


↓正面の芝生広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/73/58330873/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釧路へ行ってきた
2018/09/20(Thu)
北海道の釧路に9月19・20日と行ってきた。日中は爽やかながら汗ばむ陽気,朝晩はちょっと涼しく長袖が恋しい陽気。天気はほぼ快晴で,行楽には絶好のシーズンだが,今月6日の地震の影響で,海外からの観光客は激減し,コンビニではドリンク,カップ麺などが不足していた。観光のメッカ,和商市場も閑古鳥状態で,行く先心配だ。いわし漁が今年は盛んらしいが,ひと頃の港の賑わいもない。市内はあちこちに空き地ができ,ホテルだけは次々に建っている。釧路に限らず,北海道のどの都市も似たようなものだ。郊外まで3500円ほどタクシーに乗ったら(バスもあるが2時間に1本ほど),運転手がたいそう喜んでくれた。地方にはできるだけ金を落としてあげたい。【2018/9/20(木) 午後 9:04】

↓漁に出る漁船(釧路川)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/86/58328086/img_0


↓漁から帰ってきた漁船
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/86/58328086/img_1


↓市内に立ち並ぶホテル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/86/58328086/img_2
 

↓車は走っているが,人通りは少ない(朝の北大通り)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/86/58328086/img_3


↓市内のコンビニのドリンク冷蔵庫は見事に品不足
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/86/58328086/img_4


↓釧路の夕景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/86/58328086/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | Diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エヴォラへの旅~伊東マンショらの足跡~エヴォラ7
2018/09/20(Thu)
「10月5日通り」(Rua 5 de Outubro)を突き抜けると,エヴォラ大聖堂 (Sé de Évora)に到達する。1988年に世界文化遺産に登録された,ポルトガルでも有数かつ重要な文化財の一つである。エヴォラ大聖堂は,1280年から1340年の間に建てられ,その後建て増しが行われてきた。日本人として初めてここを訪れたのは,今から400年以上前の1584年,九州のキリシタン大名が派遣した天正遣欧少年使節団の少年4人だ(伊東マンショ,千々石ミゲル,中浦ジュリアン,原マルティノ)。そのうち,伊東と千々石がここにあるイベリア半島最古といわれるパイプオルガンを演奏したとされている。伊東マンショら日本人の足跡がユーラシア大陸の最西端に近い場所で遭遇できたのは嬉しい限りである。【2018/9/20(木) 午後 6:41】

↓エヴォラ大聖堂(カテドラル)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_0


↓入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_1


↓16世紀に完成した塔
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_2


↓内部
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_8


↓伊東マンショ,千々石ミゲルが演奏したといわれるパイプオルガン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/76/58327976/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ポルトガル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久高島ミニトリップ2~本島30
2018/09/17(Mon)
安座真港から久高島の徳仁港までのフェリーは1日6往復あり,高速船が3往復,フェリーが3往復している。高速船とフェリーの差は,片道運賃が前者は760円,後者が670円。さらに所要時間が前者は15分,後者が25分という差であるが,交互に運航しているので,いちいち選んでいられない。久高島行の始発便に乗るべく,安座真港のフェリーターミナルには午前8時45分に着いた。始発便は高速船(「ニューくだかⅡ」号)なので,久高島には午前9時15分に到着する。切符を買って早速乗船した。後半の5分ほどは外海に出たので上下に大きく揺れたが,幸い時間が短いので船酔いにはならない。徳仁港に着いた。島の案内図を確かめ,探検に出発だ。久高島は,島の南西部(徳仁港のあるところ)に集落があり,それ以外は人が住んでいない。まずは,集落のある丘に上がってみることから始まる。【2018/9/17(月) 午後 0:51】

↓フェリーターミナルが見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_0


↓安座真港フェリーターミナル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_1


↓午前9時発の久高島行始発便(高速船「ニューくだかⅡ」)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_3


↓船内は小さく狭い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_4


↓15分ほどで長閑な徳仁港到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_5


↓下船するのは地元の人と旅行者が半々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_7


↓案内図を確認
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_8


↓別の日に撮った久高島全景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/65/58325365/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地震後8日目のJR札幌駅~道央23
2018/09/17(Mon)
JR北海道は,地震後8日目には,一部を除きほとんどの路線で通常運行するようになっていたが,節電のため,特急の何本かを運休にし,駅などの施設の照明を暗くしていた。札幌駅構内も同様で,改札内外とも照明を暗めにしていたことと,観光客が激減したためか,日中は思ったより空いていて,活気はなくなっていた。節電とはいっても,日中は良しとしても,夜になるとそれほど暗くすることは難しいだろう。まして,ホームは危険が伴うので,それほど照明を暗くすることはできず,節電効果がどれほどあるかは微妙だ。新千歳空港といい,JR札幌駅といい,観光へのダメージは相当大きいといえる。【2018/9/17(月) 午前 10:38】

↓JR札幌駅の改札内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_2


↓東改札口外の駅構内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_5


↓西改札口外の駅構内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_6


↓9月14日の運行状況の貼り紙
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_8


↓駅のホーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_10


↓旭川行き特急「カムイ」の入線
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/79/58325279/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ