FC2ブログ
士林夜市ぶらっと歩き2~台北173
2018/06/30(Sat)
先に進むと,屋根のある士林市場に着く。土産や,スマホ用小物,Tシャツなど夜市の雰囲気は出てくるが,屋根があるので,ほとんどが屋外の夜市とは何か違う。金魚すくいやエビ釣りなどの定番のアトラクションもある。金魚は食べるわけにはいかないが,エビは釣ると隣で焼いてくれる。いよいよ地下にある美食區へ移動。屋台風飲食店が100軒ほど入る美食街だ。屋台にはビールを置かない屋台が多かったが,ここでも台湾ビールが飲める飲食店が増え,ビール好きには有難い。台湾の人は夕食をこのようなところで済ませてしまうので,観光客が増える午後6時を過ぎたあたりからかなり混雑する。【2018/6/30(土) 午後 3:40】

↓屋根あり士林市場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_0


↓台湾土産屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_1


↓Tシャツの文字はもちろん漢字
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_2


↓金魚すくいは日本の露店と変わらない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_3


↓エビ釣りは釣ってすぐに食べられるのが魅力
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_5


↓地下の美食區へGO!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_6


↓屋台街は夕食がてらに家族で来る場所だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_7


↓軽食ならスイーツを含め何でもある夜市
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_11


↓日本語も併記されていることが多いので,写真と文字でわかりやすい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/37/58261737/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド王宮から始める田園散歩12~バリ島80
2018/06/30(Sat)
南側に行けば行くほど,刈取り前のライスフィールドが広がっている。北側はすでに刈り取られていたので,時期をずらして栽培していることがうかがえる。農作業をする人もあちこちで見られ,また,小路でも人に遭うことが多くなってきたし,店舗(スパやロスメン,ワルン)と言うべき家屋も増えてきた。ウブド王宮を出てからかれこれ1時間5分。5kmほど歩いたことになる。あと500mほどでジャラン・ラヤ・ウブドに出る予定だ。先を急ごう。【2018/6/30(土) 午後 3:40】

↓黄緑色のライスフィールドが見事だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_2


↓前方に人を発見
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_3


↓農作業の移動は裸足だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_4


↓スパだろうか?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_5


↓こちらは民家だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_6


↓炎天下に農作業はたいへんだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_8


↓あと500mほどでジャラン・ラヤ・ウブドだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/35/58261735/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土曜の「道の駅かでな」~本島28
2018/06/30(Sat)
「道の駅かでな」は嘉手納町にある米軍嘉手納飛行場の北側に建つ4階建ての大きな道の駅だ。ここの特徴は,嘉手納飛行場が間近にあり,4階の展望台からは離着陸する戦闘機等が目の前に見えることだ。最新鋭の米軍戦闘機が見えるとあって,日本人より,最近では中国人観光客に抜群の人気だ。土産売場にも戦闘機の写真が販売されていて,普通の道の駅ではないことがわかる。蛇足だが,ここの宝くじ売り場は「吉(基地)の見える宝くじ売場」ということでも知られている。はたして当たっているかは定かではない。飛行場のすぐそばに住宅地を控え,危ない基地の一つとなっていて,沖縄の現実を知らない観光客が来て喜んでいるのは納得がいかないが,間違いなく観光客に人気なのは事実だ。土曜なので,週休2日制の米軍は休日に当たり,飛行機の離着陸はなく,静かな道の駅だった。【2018/6/30(土) 午後 3:38】

↓コンクリート造りの立派な「道の駅かでな」の全景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_1


↓「吉(基地)の見える宝くじ売場」ののぼりも立っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_2


↓土産売場にはここから見える戦闘機等の写真も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_3


↓展望台(展望場)は4階にある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_4


↓180度見渡せる展望台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_5


↓写真を12枚繋いで嘉手納飛行場の全景を撮ると(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_0


↓遮るものはないので望遠レンズなら何でも撮れる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_8


↓飛行場の手前には小さいながら畑が存在する
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_9


↓すぐそばには住宅地がある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/32/58261732/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
士林夜市ぶらっと歩き1~台北172
2018/06/23(Sat)
MRT剣潭駅からすぐのところにある士林夜市。台北最大の夜市で,日本のオプショナルツアーに入っているので,日本人遭遇率も極めて高い。外国に行ってまで日本人には遭遇したくないので,あまり行かないのだが(それでもこれが4回目),ホテルからの所要時間が短かったので,久しぶりに行ってみることにした。いつも左から時計廻りに見ていくので,剣潭駅を降りると左前(北西)に進む。夜市自体は駅前の交差点を渡ったところから始まるが,士林市場等のメイン施設はさらに300mほど先になる。夜市のスタートは屋台だ。最近は,日本語や日本の地名などが目につくようになってきた。日本の露店の食べ物を真似てはいるがどこか異なるので,「日本風」というネーミングが必要だ。屋台に交って,ゲームコーナーが見えてきた。ガン(ピストルやライフル)を使って風船を割って景品をもらうというもので,昔懐かしい日本の「射的」と同じだ。景品はぬいぐるみが圧倒的に多いが,3分の2は日本のキャラクターで,残りはディズニーなど欧米キャラだ。【2018/6/23(土) 午後 1:03】

↓剣潭駅から夜市方向を見ると
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_0


↓交差点を渡るともうそこは士林夜市だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_1


↓屋台グルメ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_2


↓イカ焼きが日本とちょっと違う
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_3


↓臭豆腐を食べ歩きできるといつでもどこでもあの臭いを嗅がなければならない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_4


↓噛味は未だに食べたことがない台湾ソウルフードだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_5


↓台湾版射的は風船を割るタイプ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_7


↓数字合わせゲーム?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_8


↓景品はぬいぐるみ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_9


↓ガンは数種類ある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/58256208/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド王宮から始める田園散歩11~バリ島79
2018/06/23(Sat)
まもなく「ワルン・ボダッ・マリア」が見えてきた。田んぼを眺めながら食事のできるカフェで,欧米人には人気だ。屋根はあるものの壁はない造りなので,多少暑いが,風通しはよく,席についてしばらくすると涼しく感じられる。見えるのは田んぼ,聞こえてくるのは稲が風に揺れる音と小鳥のさえずりのみ。ここは後で訪れたので,またの機会に述べたい。この辺りからは,農作業する人がちらほらと見られるようになるが,田んぼのほとんどは刈り取った後なので,それほど仕事はないだろう。脱穀している人を見かけたが,日中の炎天下ではキツそうだ。稲刈りを終えているので,カカシもしばし休暇中だ。暑さでグタッとしている。【2018/6/23(土) 午後 0:54】

↓ライスフィールドは続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_0


↓後に訪れた人気店「ワルン・ボダッ・マリア」が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_2


↓ここからは何度か通ったことがあるなじみの道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_3


↓板で脱穀するおばさん
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_4


↓開けたライスフィールド
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_5


↓刈り取った稲わらに佇むおじさん
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_6


↓建物が増えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_8


↓ヤシ並木
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_9


↓バリ島のカカシ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_10


↓これらを併せるとバリ島の原風景になる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/01/58256201/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エヴォラへの旅~旧市街中心部へ~エヴォラ4
2018/06/23(Sat)
バスを降り,サン・セバスティアン通りを東北東に進み,旧市街に入ってセルパ・ピント通りをほぼ東に進む。この通りは旧市街中心部のジラルド広場まで続く350mほどの通りで,一方通行(東から西へ)の狭い道路の両側に一人通れるほどの幅の歩道があり,建物が歩道ギリギリまで建っているので,圧迫感を与える。ヨーロッパの小さな街の旧市街というのはだいたいどこも似たようなものだろう。午前10時半を過ぎ,店も開き始めてきたので,車の往来や人通りが少しずつ出てきた。脇道には人の気配はなく,中世そのままでシーンとしている。この通り沿いは商業地区でもあるので,カフェや物販店などが歴史のある建物内で営業しているが,とくに看板もなく,直前まで店の存在がわからない。世界遺産地区ゆえの規制があるのだろう。ジラルド広場までもうすぐだ。【2018/6/23(土) 午後 0:52】

↓建物だけ見れば家並みは中世だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_0


↓バルコニーなどの出っ張りはなくすっきりした建物ばかりだ。
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_1


↓左にカフェテリアあり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_2


↓静まり返った脇道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_3


↓1階は伝統料理の店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_4


↓途中にあるカトリック教会
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_5


↓街の大多数の民家は白壁と腰までのオレンジ色
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_8


↓中世の街にもショーウィンドウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/99/58256199/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ポルトガル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第一牧志公設市場2階で甘味~本島27
2018/06/16(Sat)
那覇市にある第一牧志公設市場は,言わずと知れた一大観光スポットで,沖縄の食材が何でも揃う。1階は市場だが,2階には食堂街が広がる。1階で購入した食材を調理してもらうことも可能だが,そうでなくても沖縄料理はだいたい揃っている。市場の食堂なので,高価なものはほとんどなく,リーズナブルに味わえるところが魅力だ。「街」と言っても,壁はなく,店と店の仕切りもはっきりせず,オープンスペースにテーブルとイスが並んでいるので,ゆるさと気軽さがあり,寛げる。その一角に,琉球甘味の店「琉宮(りゅうぐう)」はある。15人くらいで満席になるようなスペースで,沖縄らしいジュースやかき氷系が味わえる。この店は,市場の前で菓子屋を開いていて,サーターアンダギーを店頭で販売している。【2018/6/16(土) 午後 6:57】

↓1階の市場からエスカレーターで2階へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_0


↓時間帯にかかわらず賑わっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_2


↓琉球甘味「琉宮」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_3


↓隣との区切りはあるが,小さなスペースだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_4


↓黒糖,マンゴー,シークァーサーなどを使っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_5


↓ドラゴンフルーツはSOLD OUTだった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_6


↓これが,黒糖蜜練乳ぜんざい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/38/58250638/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チェンマイからバンコクへ夜行列車の旅5~チェンマイ29
2018/06/16(Sat)
調整の効かない強い冷房のため,毛布にくるまっていたらいつのまにか眠りにつき,目が覚めたのは午前5時50分。外はうっすらと明るくなりつつあり,夜明け間近だ。遅れなく走っていればもうすぐドン・ムアン駅に着くはずだが,意外と正確に走っていたようで,ほぼ定刻にドン・ムアン駅に停車した(6:02)。駅の東側にはLCCや国内線専門のドン・ムアン空港がある。スワンナプーム国際空港ができるまでは,ここがバンコクの玄関口だった。線路の西を走る一般道には,まだ午前6時過ぎだというのにタクシーがたくさん走っていて,バンコク市街が近いことを示している。それでもここから終点のバンコク駅(フアランポーン駅)まではまだ1時間ほどかかる。線路沿いでは工事が盛んに行われていて何年か後には近代的なビル街ができているであろう。やがてタイ国際航空の近代的なビルが見えてきた(6:13)。ここはトレーニングセンターということだ。【2018/6/16(土) 午後 1:03】

↓午前5時55分夜が明け始めた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_0


↓線路と並行する道路にはたくさんのタクシー(6:00)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_1


↓ドン・ムアン駅停車(6:02)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_3


↓相変わらずタクシーが多い(6:07)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_4


↓工事現場に向かう人を乗せたトラック(6:09)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_5


↓近代的な建物はタイ国際航空のトレーニングセンター(6:13)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_6


まもなくワットラクシー(Wat Lak Si)が見え,さらに隣にラクシーITスクウェアが見えてきた(6:14)。ラクシーITスクウェアはドン・ムアン空港近くにあるショッピングセンターで(ドン・ムアン空港からバスで5分),PCや携帯関係の店がたくさん入っているが,飲食店も多いので,郊外とはいえ客は絶えない。食堂車から簡単な朝食が運ばれてきた。鶏の粥とフルーツなどだ。この辺りはバンコク北部で,近年はマンションなどが増え始め,あちこちで工事が進んでいる。その中にも寺院は必ずあり,ワットサミアンナリ(Wat Samian Nari)もその一つだ(6:30)。もうまもなく,チャトチャック市場に近いバーンスー駅に停車し,30分ほどで終点のバンコク駅だ。

↓ワットラクシー(Wat Lak Si)(6:14)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_7


↓その隣にはラクシーITスクウェア(6:15)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_8


↓食堂車から部屋に運ばれてきた朝食は鶏粥
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_9


↓高層のマンションが増えてきた(6:17)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_10


↓工事現場の出勤風景(6:17)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_11


↓チャトチャック市場に近いワットサミアンナリ(Wat Samian Nari)(6:30)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/25/58250425/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | タイ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
成田~チェジュの大韓航空機内食
2018/06/16(Sat)
韓国観光公社の招待旅行で行ったチェジュ島の往復は成田国際空港からの大韓航空利用だった。今はLCCのティーウェイ航空も成田から直行便を飛ばしているが,韓国観光公社のプライドもあるので,たとえ今でも大韓航空を利用するだろう。成田からチェジュまでは805マイル。沖縄・那覇までは984マイルなので,沖縄に行くよりも近い。大韓航空は韓国を代表する航空会社だ(財閥系の民間会社になっても国際線の数からいってアシアナを上回る)。チェジュまでは2時間ちょっととはいえ,機内食がほとんどおやつのような内容で落胆したものだが,無料なので文句は言えない。金を出して搭乗した人は機内食に期待していないなら問題ないが,少しでも期待していた人なら不満の多い機内食だろう。【2018/6/16(土) 午前 9:30】

↓成田国際空港に駐機する大韓航空機
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/88/58250288/img_0


↓チェジュまでは沖縄よりも近い800マイル(沖縄は成田から980マイル)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/88/58250288/img_1


↓往路(KE718)のエコノミークラス機内食
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/88/58250288/img_2


↓アルコールはもちろん「hite」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/88/58250288/img_3


↓復路(KE717)のエコノミークラス機内食
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/88/58250288/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド王宮から始める田園散歩10~バリ島78
2018/06/16(Sat)
視界は開けているが,道は人が一人通れるだけの幅で,すぐ横が小さな川なので,バイクやマウンテンバイクが来たら,かなり難儀だ。生憎しばらくはそういうことはなく,熱帯林とライスフィールドを眺めながらの爽快なウォーキングを楽しんだ。久しぶりに家屋が見えたと思ったら,東の方向(右)には谷を挟んで,チャンプアン地区のコテージが見え,ラスト1kmくらいまでになった。【2018/6/16(土) 午前 9:24】

↓熱帯の木々とライスフィールドが続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_1


↓道のすぐ横の小さな川
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_2


↓久しぶりに小屋が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_3


↓右側遠くにはチャンプアン地区のホテルやコテージが見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_4


↓間近に木々が増えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_6


↓前方にトレッキングする外国人観光客
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_7


↓農機具倉庫か
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_8


↓寺院に遭遇するのも久しぶり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_9


↓刈り取り後の田が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_10


↓空の青さと稲・木々の緑は続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_11


↓両側に木々と土手の圧迫感のある道になってきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_12


↓稲穂
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/75/58250275/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ