FC2ブログ
ジャラン・レギャンを歩く【前編】~バリ島67
2018/01/28(Sun)
クタと北部のレギャンやクロボカン方面と繋ぐ道路は,西側のビーチ沿いにはないので,ジャラン・レギャン(レギャン通り)が便利なのだが,如何せんこの通りは,北部(レギャン)方面から南部クタまでの一方通行で,使い勝手は悪い。歩道は車道の両側にあり,バリ島では比較的歩きやすい通りだ。沿道には,クタビーチに近いためマリンスポーツ用具の店や各種飲食店,両替所,お土産ショップなど,観光地といえるラインナップが揃っている。朝のうちは,まだ人通りは少ないが,午後以降に元気になるオーストラリア人が出歩きだすと,賑やかになるのだろう。ガン・ポピーズⅡとの交差点付近には,「テロ追悼モニュメント」があり,ヨーロッパだけではなく,アジアでもテロが起きていることに気付かされる。この爆弾テロは,2002年10月12日にこの地で起き,202人が犠牲になっている。規模からするとヨーロッパ並みの大規模なテロで,日本人も犠牲になっている。【2018/1/28(日) 午前 11:23】

↓ジャラン・レギャン通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_0


↓北から南への一方通行だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_1


↓小さな寺院「Banjar Kuta」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_2


↓供え物をする女性がいた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_3


↓西洋人に人気の高い「TATTOO」ショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_4


↓ヒンズー教柄が人気?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_5


↓両替所発見
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_6


↓202人が犠牲になった爆弾テロ現場に建つ「テロ追悼モニュメント」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/14/58136614/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
韓国で食べた初料理
2018/01/27(Sat)
ソウルについて真っ先に食べたのは,ロッテ百貨店内にあるレストランで「プルコギ」だった。それに「真露」をつけて,味わった。「プルコギ」も「真露」も初めて口に入れるものだったが,抵抗もなく食べることができた。当時は韓国料理と言えば焼肉だったが,プルコギは甘いたれを絡めて焼くので,珍しい料理だった。メインを注文するとおかずが無料で付いてくるというシステムも日本にないもので,初体験だった。【2018/1/27(土) 午後 6:43】

↓「プルコギ」とおかず,真露
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/36/58136036/img_0


翌日,スキーをしようとホテルで用具をレンタルし,ベアーズタウン(郊外のスキー場)に向かったのだが,雨交じりの雪で,降雪も少なく,スキーは諦め,帰る途中の農村の食堂で「冷麺」を食べることになった。冬に「冷麺」というのは日本ではあり得ない話だが,韓国のように暖房が整っていて,むしろ暑いほどの室内では「冷麺」が合っている。盛岡冷麺のように噛み切るために麺と格闘する冷麺とは異なり,食べやすかった。

↓ソウル郊外の農村で食べた「冷麺」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/36/58136036/img_1


↓日本語が話せる店主の写真を撮らせてもらった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/36/58136036/img_2


↓農村部の風景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/36/58136036/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ソウル1992 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シティツアー最後は「水原華城博物館」~スウォン10
2018/01/27(Sat)
錬武台〔ヨンムデ〕での国弓体験を見て,バスに戻り最後は「水原華城博物館(スウォンファソンパンムルグァン)」に向かう。この博物館は世界遺産・水原華城をモチーフとした博物館で,当時の街のミニチュアや,各種資料が展示されている。規模は思ったよりも小さく,ミュージアムショップなどはあるが,長居をするような博物館ではなかった。シティーツアーはこの後,水原駅前の観光案内所まで戻って終了となるが,水原の中心街を歩きたかったので,ここで自主解散して,徒歩で中心街の八達路に向かった。初めての場所だが,アバウトな地図はもらっていたので,それを頼りに歩いて行った。【2018/1/27(土)午前9:19】

↓最後の目的地に向かって出発
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_0


↓数分乗って着いた場所は「水原華城博物館」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_1


↓館内の人はまばら
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_2


↓当時の「水原華城」のミニチュア
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_4


↓博物館の前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_5


↓目の前に「華虹門」の下流に当たる水原川,川を渡ってしばらくすると「華城行宮」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_6


↓川沿いで営業するトラック屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_7


↓川沿いの街並み
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/59/58135659/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベルゲンカードを持っているなら「ホーコン王の館」へも~ベルゲン16
2018/01/27(Sat)
この建物は,13世紀半ばにホーコン・ホーコンソン王が建てた館で,当時は王の居城であった。ノルウェー産の石材を使った造りで,2階にはドーム状の部屋が複数あり,3階には500平方メートル弱の小ホールがある(長さ33メートル,幅13メートル,棟までの高さ17メートル)。当時,「石造りの大ホール」と呼ばれ,ホーコン王の王子の摂政マグヌス・ラガボーテル王の結婚式や戴冠式に使われていたということだ。ブリッゲン地区のすぐ北側に位置する「ホルメン地区」は,当時のノルウェーの政治的中心地で,このホールはこのような国家や王室の重要な儀式に使われていたが,その後デンマークがノルウェーを支配するようになってからは,この建物は廃れ,物資の倉庫として使われて時期もあったということである。第二次世界大戦中に近くでドイツ軍の船が爆発炎上し,その飛び火でこの建物は火災に遭い,石造りの壁だけになってしまったが,現在は復元され,一般に公開されている。2階の部屋は復元したため,当時の面影はないが,3階のホールは考古学的資料に基づいて復元されたそうなので,当時にきわめて近いらしい。現在でもコンサートなどに使われているということだが,中世そのままという雰囲気が伝わるので,バロック音楽などを演奏すると素晴らしいかもしれない。尚,この建物は1997年制作の日本映画「霧の子午線」(出演:岩下志麻,吉永小百合他)に出てくるらしい。【2018/1/27(土) 午前 9:03】

↓「ホーコン王の館」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_0


↓1階
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_1


↓2階
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_2


↓3階の小ホール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_3


↓小ホールの天井は高い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_4


↓ホールとして使用するのでイスが用意されている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_5


この施設はベルゲンカードに含まれ(無料で入場できる),ブリッゲン地区から3分くらいの場所にあり,さらには夏の観光シーズンにも関わらず訪問者はいたって少ない。隣の「ローゼンクランツの塔」の方が見どころは多いので,こちらには入場しないのだろうか。日本語のリーフレットもあり,見どころは前述のホールくらいしかないが,ゆったりした造りで,時間を潰すにはいいところだと思う。

↓小ホールの窓から見た対岸
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「戦争証跡博物館」でベトナム戦争の歴史に触れる2~ホーチミンシティ40
2018/01/24(Wed)
1階はロビーになっていて,ポスターなど一部展示物とミュージアムショップがある。また,団体の待合場所になっているため,常に混雑している。この博物館はホーチミンシティの博物館の中でも,統一会堂の次に人気で,地元ベトナムの人だけでなく,中国,韓国,台湾,日本の観光客にも人気だ。西洋人も来てはいるが,圧倒的にアジア系の人々の訪問が多い。1階には日本のベトナム反戦の資料(ポスターや写真)が展示されている。【2018/1/24(水) 午後 2:57】

↓1階ロビー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_0


↓真っ先に目に入るポスター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_1


↓日本の反戦運動の資料
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_5


本格的な展示は2階からで,まずは戦争で使用された,ありとあらゆる銃器類が展示されている。その次には戦争被害の写真が展示されている。モノクローム写真のため,写りが悪いにも関わらず,戦争の壮絶さがひしひしと伝わってくる生々しい写真ばかりである。戦争がもたらす負の遺産を見るにつけ,なんと愚かなことを人間はしているのかと考えさせられる。戦争で得をするのは武器商人・商社や政治家だけで,一般国民には死傷や貧困しかもたらさない。

↓銃器類の展示
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_9


↓戦争被害の写真展示
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/01/58133401/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(4) | TB(0) | ▲ top
大楽毛界隈を歩く~道東8
2018/01/21(Sun)
先週1月17日に用があって大楽毛界隈を歩く羽目になった。大楽毛は難読地名の一つで「おたのしけ」と読む。釧路市の郊外にあり,この先の釧路空港までは10kmほどある。が,釧路市の西の最後の集落になるので,この集落を過ぎると釧路空港までは原野が続き,農家は点々とあるものの集落はない。大楽毛にはJRの駅があり,無人駅と思いきや駅員がいた。JR北海道は赤字経営なので,少しでもと思い,券売機で170円の切符を購入した(乗る予定はない)。駅前には「かもめ食堂」「馬市珈琲店」など飲食店はわずかにある。しばらく釧路空港に向かって歩くと300mほどで阿寒川に架かる橋を渡る。摂氏1℃くらいだが,川の上は風があり,体感温度は氷点下で寒い。橋を渡ると,左側にセブンイレブンがあり,朝から客が多い。さらに進むと,本屋や豚丼屋,そば屋,スーパーマーケットなどがあり,釧路高等工業専門学校,いわゆる高専があり,この建物を最後に大楽毛の集落は終わりとなる。ちょうど釧路空港行きのバスが来たので,空港に向かった。【2018/1/21(日) 午後 7:06】

↓大楽毛駅前を東西に走る国道38号線
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_0


↓大楽毛駅前にある釧路種の馬の銅像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_1


↓釧路駅から西に3駅目のJR大楽毛駅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_2


↓駅舎の隣には,どこかで聞いたような「かもめ食堂」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_3


↓駅の時刻表
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_4


↓駅前にある「馬市珈琲店」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_5


↓ラーメンと餅を売る店も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_6


↓コインランドリーの名はずばり「おたのしけ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_7


↓右の釧路空港方面に進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_8


↓阿寒川に架かる橋を渡る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_9


↓川の上は寒い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_11


↓通り沿いに店が並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_12



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_13



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_14



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_15



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_16


↓集落の最後は「釧路高等工業専門学校」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_17


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_18


↓高専前の「釧路空港」行バス時刻表
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_19


↓釧路空港に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/83/58130483/img_20


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国際通りの屋台村~本島19
2018/01/20(Sat)
沖縄都市モノレール「牧志駅」から国際通りを西に200m進むと交差する「竜宮通り」に入るとまもなく「国際通り屋台村」に着く。20軒くらいの簡易的な造りの店が,2つの通りに沿って並んでいる。各店舗の手前にはテーブルやイスが並べられていて,手軽に注文し,食べられるようになっている。日本ではあまりこのようなタイプの飲食形態はないが,アジアでは夜市やナイトバザールが盛んなので,規模の大きな屋台村?はどこにでも存在する。午後一番くらいに行ってみたが,営業はしているが閑古鳥状態で,客が増える夕方以降に備えて,仕込みに専念しているようだった。今度は夜に行ってみたい。【2018/1/20(土) 午後 8:59】

↓竜宮通りに入るとまもなく「国際通り屋台村」に着く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58129677/img_0


↓入口にある「屋台村」の全体図
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58129677/img_1


↓屋台村の様子(竜宮通りから)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58129677/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58129677/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58129677/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/77/58129677/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アマートーゥ広場でちょっとひと休み~コペンハーゲン8
2018/01/20(Sat)
「ストロイエ(コペンハーゲンの市街地を東西に1km貫く歩行者通り)」を構成する3広場のうち,「アマートーゥ広場」に出た。南北に150mほどの小さな広場だが,日が暮れるまでカフェで寛ぐ人(とくに年配者)が多い。夏は午後10時ごろまで明るいので,仕事を終わった後でも5~6時間余暇に使えるのは,日本ではどう転んでも無理な話だ。広場からは,高い塔を持ちそびえ立つ「ニコラス教会」が目の前に見える。すぐ下から見ると迫力が違う。【2018/1/20(土) 午後 8:44】

↓「アマートーゥ広場」とその両側にはカフェで寛ぐ人でいっぱい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_4


↓「アマートーゥ広場」の東側にそびえる「ニコラス教会」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/63/58129663/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | デンマーク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安平日帰りトリップ3【安平古堡を歩く・後編】~台南8
2018/01/20(Sat)
展望台に上がると,360度台南市西部の眺望が楽しめる。四方位の窓の下には,方位ごとに建物や地形の説明書き(漢字)があるので,実際の景色と比較して,見えるものがそれぞれ何なのかわかりやすい。東が台南市の中心部方向で,南東には遠くに高層住宅,手前に安平の老街が位置する。西には遠くに海が見え,北には当時の建物が残され,見所満載なのが手に取るようにわかるのは嬉しい。安平に来たらまずこの展望台に上がり,街の概観を頭に入れてから,街歩きをスタートするのがベストだろう。【2018/1/20(土) 午後 8:33】

↓東方向は台南市街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_0


↓同説明書き
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_1


↓南東方向には高層住宅群
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_2


↓東北東方向は鹽水(ヤンシュイ)川
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_3


↓北方向には当時の見所が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_4


↓同説明書き
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_5


↓西方向の先には海が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_6


↓同説明書き
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_7


↓南方向
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_8


↓同説明書き
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_9


敷地内には当時の砲台や城壁が残されているので,まわりながらそれらをチェックするのも楽しい。

↓安平古堡のエントランスと広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_10


↓北を向く砲台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_11


↓当時の城壁の一部が残っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/56/58129656/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国弓体験ができる練武台~スウォン9
2018/01/13(Sat)
シティツアー,次はバスに乗って,さらに東にある東将台(錬武台〔ヨンムデ〕)に行き,国弓(韓国の伝統弓術)の体験をする(希望者のみ,実費)。「錬武台」は字の通り,兵士が訓練した場所で,ここに国弓が体験できる練習場がある。弓の持ち方,打ち方はその場で係りの人が説明してくれる。なぜか,弓打ち台の端に,世界各地との距離と方位を示した道標があり,東京(TOKYO)は1146km(716mile)と表示されていた。東京とスウォンの距離は,東京(羽田)・鹿児島間(601mile)より遠く,東京(羽田)・奄美大島間(787mile)より近いということになる。【2018/1/13(土)午後10:28】

↓目立つ車体のシティツアーバス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_0


↓国弓体験のチケットブース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_1


↓カフェと土産物ショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_2


↓国弓体験は希望者のみ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_7


↓世界各地との距離,方位が示された道標
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/58123213/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ