FC2ブログ
今年もあと4時間(日本時間2時間)~ホーチミンシティ33
2017/12/31(Sun)
いよいよ2017年も終わりに近づき,ホーチミンシティ中心部のドンコイ通りやグエンフエ通りは車とバイクの洪水が始まった。これは昨年同様で,いったいどこに行くのか,家族総出で市内を走るバイクは数えきれない。子どもはバイクに何人乗ってもよいらしく,大人2人,子ども3人,合わせて5人乗りのバイクまで走っていた。総重量は130~140kgに達するはずなのに,平気で走るのだからベトナムを走るバイクの性能はすごい!【2017/12/31(日) 午後 10:07】

↓ドンコイ通り(19:30)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/22/58110422/img_0


↓グエンフエ通り(19:20)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/22/58110422/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/22/58110422/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/22/58110422/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年もあと数時間~ホーチミンシティ32
2017/12/31(Sun)
2017年の最終日も昨年同様にホーチミンシティで過ごしている。今年の大晦日のホーチミンシティは,昨年より静かだ。グエンフエ通りの年越しイベント会場では,特設ステージも準備万端となり,コンサートは秒読みとなっている(ベトナム時間17:00[日本時間19:00])。昨年はこの時間にすでに大音量でコンサートが始まっていたが,今年は未だに静かだ。今年はのんびりホテルで過ごしたいので,大音量の年越しイベントには興味がない。疲れが溜まっていてとても零時過ぎまで起きている自信がないからだ。【2017/12/31(日) 午後 7:08】

↓17:00のグエンフエ通り界隈
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/38/58110238/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/38/58110238/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/38/58110238/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/38/58110238/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日12月30日のホーチミン~ホーチミンシティ31
2017/12/30(Sat)
ホーチミンシティに1年ぶりにやってきた。今日12月30日は朝から晴天で,気温は25℃くらいながら,ムッとして湿度が高い(80%以上)。クリスマスイルミネーションはクリスマス以降も続いているが,年始のイルミネーションと混じって,市内中心部一帯は夜は煌びやかだ。今年もあと1日だというのに,昨年の12月30日よりも年の瀬らしさを感じることはなく,街はいつもと全く変わっていない。交通量はいつになく多く,人の移動は多いのは昨年も同じだ。昨日はベトナムのブラックフライデーに当たり,ブランド店などは買い物客でごった返していたようだ。昨年年越しライブが開催されたグエンフエ通りに朝方行ってみると,今年もステージ作りが進んでいたが,場所の位置が変わり,規模も小さくなったようだ。【2017/12/30(土) 午後 11:01】

↓グエンフエ通りの歩行者天国
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58109474/img_0


↓ホーチミン像前は朝から観光客のフォトスポット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58109474/img_1


↓店舗等に年末らしさはない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58109474/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58109474/img_3


↓移動屋台でバインミーを買う女性
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/74/58109474/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美ら海水族館でお茶しながら魚ウォッチングが楽しめる店~本島18
2017/12/24(Sun)
美ら海水族館は,ジンベイザメやマンタが見られる大水槽で有名だが,その大水槽の魚たちが見られるカフェが,大水槽に向かって右手にある。「オーシャンブルー」という名のカフェで,片面の壁が大水槽なので,大水槽のガラスの前の座席はお茶しながら,ジンベイザメを始め,大水槽のたくさんの魚を,カフェ料金だけで楽しめる。水槽にカメラのレンズを隙間なくくっつけると,レンズを通してまるで自分が水槽の中にいるような錯覚を受けるほど,水中が近い。いつも混んでいるカフェだが,入館間もなく,あるいは午後3時以降はわりと空いている。近くに泊まっていないと無理な時間帯だが,訪れる価値はある。【2017/12/24(日) 午後 9:08】

↓「オーシャンブルー」入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_0


↓水槽が間近の人気席
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_2


↓数メートル上まで見えるのが嬉しい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_3


↓カフェのイス席から見える水槽内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/58104484/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カンメル・ストランドをアマートーゥ広場へ~コペンハーゲン7
2017/12/24(Sun)
国立博物館を右に見て,クリスチャンスボー城に向う運河のところまで来た。時間がないため,左に曲がり,またすぐ右に曲がってガンメル・ストランドをアマートーゥ広場方面へ向かうことにした。右に運河が見える落ち着いた通りだ。ストロイエとは並行するが,ビルは片側だけなので,開放感がある。カフェ等もあるが,住宅の方が多い。滞在するにはロケーションも抜群だ。【2017/12/24(日) 午前 11:01】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/96/58103996/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/96/58103996/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/96/58103996/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/96/58103996/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/96/58103996/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691440/96/58103996/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | デンマーク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝の凱旋門とシャンゼリゼ通り~パリ5
2017/12/24(Sun)
凱旋門はパリにも幾つかあれど,ナポレオンが1836年に造らせた「エトワール凱旋門」が最も有名だ。この凱旋門には12本の道路が集まり,パリ西部ではどこへ行くにもこの凱旋門を通らずには行けないほどの交通の要地である。朝日を浴びる凱旋門を見て,シャンゼリゼ通りを午前8時過ぎに歩いてみた。通勤や業務用の車で車道は交通量が多いものの,歩道はガランとして人通りがきわめて少ない。それもそのはずで,シャンゼリゼ通り沿いはオフィス街ではなく,商業地区なので,午前10時を過ぎないと活気は出てこないのだ。とはいえ,キヨスクの従業員や警官は朝でも仕事をしない訳にはいかない。5月のパリの朝はまだ寒いが,木々がようやく緑の葉を広げ,観光シーズンの幕開けである。日中は気温も上がり,シャンゼリゼ通りの多くのカフェがパリッ子や観光客で賑わうことだろう。【2017/12/24(日) 午前 10:39】

↓パリで最も有名な「エトワール凱旋門」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1698630/77/58103977/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1698630/77/58103977/img_1


↓朝の「シャンゼリゼ通り」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1698630/77/58103977/img_2


↓人通りが少なくてもキヨスクは営業中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1698630/77/58103977/img_3


↓警官も休みなし
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1698630/77/58103977/img_4


↓シャンゼリゼ通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1698630/77/58103977/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | フランス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
松山新店線で行く饒河街夜市6~台北165
2017/12/23(Sat)
「松山新店線で行く饒河街夜市」は今回が最終回。こんな店,あんな屋台を紹介したので,訪問する人には参考になったのでは?この夜市の南側には松山市場という小さな屋内市場があるので,その脇道沿いやさらに1本東側の脇道沿いには,軽食屋台が並び,夕食を食べている人が少なくない。夜市のメインストリートからはずれるので,混雑はなく,どの店も屋台も待たされることはない。ほとんど地元の人が使う店や屋台だが,松山市場のある脇道からは,松山新店線松山站の2番出入口,さらに東側の脇道からは,1番出入口が近いので,観光客にも重宝する脇道だ。【2017/12/23(土) 午後 10:37】

↓「豆干」は豆腐を脱水・圧縮したもので,揚げ物・炒め物などに使う
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_0


↓「印度拉茶」はスパイスを加えたミルクティー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_1


↓フルーツの豊富な台湾ならでは
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_2


↓「鹽酥雞(イエンスージー)」は台湾風唐揚げ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_4


↓風船割りゲームの準備
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_5


↓脇道屋台街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_11


↓平日の午後8時台の始発とは言え,空いている車内は東京から見れば羨ましい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_13


↓ホテルの隣のセブンイレブンで買い物
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/21/58103621/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リニューアルした新千歳空港のANA上級会員ラウンジ
2017/12/23(Sat)
2017年9月13日から新千歳空港のANAラウンジがリニューアルしたので,9月30日に見に行ってきた(目的はこれだけ)。2時間の滞在時間いっぱいラウンジで過ごした。新ラウンジは大きな窓が滑走路に面していて,着陸する飛行機が思う存分に見えるようになっているので,屋上の展望デッキに上らなくても,飛行機好きにはたまらない場所との言える。窓が大きい分,内部はひじょうに明るく,デザインにも凝った造り(設計はあの隈研吾)になっていて,飛行機を待つ時間,十分に寛げるようだ。【2017/12/23(土) 午後 9:06】

↓新千歳空港のANAラウンジ(SUITEラウンジは別にある)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_3


↓天井まで届きそうな大きな窓
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_4


リニューアル前のラウンジは窓がなく,設備自体はゆったりはしていたが,外の景色がまったく見えないので,時間の感覚が鈍り,むしろ搭乗時刻を気にしてしまうので,居心地のよい空間ではなかった。外の景色が見えるということは意外と大切なことである。ANAのラウンジは,窓のないことが多く,改善を期待したい。

↓新千歳空港の旧ラウンジ(2017年9月12日以前)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_6



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/26/58103526/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
訪花隋柳亭でのんびりタイム~スウォン8
2017/12/23(Sat)
華虹門(ファホンムン)の先に見える「訪花隋柳亭(パンファスリュジョン)」に徒歩で移動する。「訪花隋柳亭」は1796年建造の楼閣だが,当時は高台から監視という軍事目的の建物だった。軍事目的でも天井や梁は色鮮やかな彩色を施し,質素な中にも優雅さを誇っている。現在は,板の間に上がって,遠くの景色を見ながらのんびり休憩のできる観光名所となっている(入場無料)。暑い日差しの下では,日陰になっていて風通しの良いこの場所は天然のクーラーである。建物の横を長い城壁が延び,世界遺産・水原にふさわしい景観が眺められる場所でもある。シティツアーでは20分ほど時間を取ってくれるので,しばし休憩したり,城壁沿いをちょっと散策したりできるのは嬉しい。本当はここで昼寝ができれば最高だ!【2017/12/23(土)午後8:39】

↓「訪花隋柳亭」全景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_0


↓水原訪花隋柳亭の4ヶ国語の説明
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_1


↓「訪花隋柳亭」の入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_2


↓天井や梁には色鮮やかな彩色が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_5


↓風通しは良いので,夏場にはもってこいの休憩所
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_8


↓城壁が続く景色
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_10


↓水原の街並も見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_11


↓入ってきた門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_12


↓城壁を上って行くこともできる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/92/58103492/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラットパキナイ通り散策(後編)~チェンマイ21
2017/12/16(Sat)
ラットパキナイ通りに交差する脇道はどこを見ても長閑な印象で,チェンマイの典型的な風景なのだろう。新市街と比べると,繁華街はなく,時折ショップが集まっている場所があっても,混雑していることもない。時間がのんびり過ぎていく風景が続く。長閑な中にも大きなバイクショップ(日本にこんな大きなヤマハのバイクショップはない)やバックパッカー向けゲストハウスなど生活や観光に即した店も少なくない。【2017/12/16(土) 午後 6:54】

↓ラットパキナイ通りの脇道はどこも長閑
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_0


↓ゲストハウスの広告
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_1


↓ショップが十数軒入った平屋のショッピングセンター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_6


↓ラチャダムヌン通りと交わる場所にあるヤマハスクエア
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_4


↓ヤマハスクエアの前をソンテウが通り過ぎる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/65/58097665/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ