FC2ブログ
夕暮れ時の国際通り裏を歩く~本島11
2017/05/27(Sat)
那覇市の国際通りは今や内外の観光客で賑わうメインストリートである。夕暮れともなると,自動車の往来が増え,郊外の観光から帰ってきた観光客もグルメやショッピングにと国際通りに繰り出す。しかし,一本裏通りに入ると,昔ながらの沖縄が残っていて,古い家屋は飲食店などに衣替えして,観光客を待ちわびている。夕暮れ時は表通りの雑踏に比べるとまだ静かで,かといって洒落たカフェもないので,若い人が闊歩するということもないようだ。もっと遅い時間になると少しは賑わってくるのかもしれない,と思いながら歩いてみた。【2017/5/27(土) 午後 3:40】

↓夕暮れ時の国際通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_1


↓国際通りの一本裏の通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/30/57913530/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムンク美術館へ行こう3~オスロ41
2017/05/27(Sat)
オスロにあるムンク美術館には常時100点以上の絵画が展示されているが,よく見ていくと,ムンクの自画像も少なくない。紳士風の彼は?と思ってみるとムンク自身ということがよくある。多くの有名な画家は自画像を残しているが,ムンクは点数が多いようだ。この日見ただけでも下記の5点あった。真面目に描いているものもあれば,デフォルメもある。確かに真面目な自画像だけでは面白くないかもしれないが...ムンク美術館を訪れた際は,こんな視点で見ていくと楽しめるのではないか?!【2017/5/27(土) 午後 3:06】

↓ムンク美術館展示室
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_0


↓この日見つけられたムンクの自画像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド王宮でバリ舞踊を堪能・中編~バリ島61
2017/05/27(Sat)
レゴンダンスのダンサーが去ってすぐさま,戦いの戦士として舞を踊るバリスが登場。悪魔祓いとして奉納される舞だ。レゴン同様,目,指,足の動きに特徴がある。バリスの次には再びレゴンダンスが披露されるが,最初の「ウェルカム・ダンス」とは違い,「レゴン・ラッサム」と言われる,ラッサム王の物語の舞である。こちらもバリダンス特有の目と指の動きは鋭い。その次は,「タルナ・ジャヤ」という男装した女性が踊る「若者の勝利」をイメージした躍動感のある振付の舞だ。入れ替わりに煌びやかな衣装をまとった女性の踊り子が登場する。これも「タルナ・ジャヤ」と同じようにクビャール(稲妻を意味)舞踊の一種だ。そして「レゴン」と「タルナ・ジャヤ」の競演で舞が進む。踊り自体は動きの激しいものはないが,ストーリーの展開は早く,見ている者を飽きさせない。さすが伝統歌舞団「サダ・ブダヤ」だ。【2017/5/27(土) 午後 2:41】

↓バリス登場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_3


↓「レゴン・ラッサム」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_5


↓2人のレゴンが登場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_7


↓「タルナ・ジャヤ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_9


↓クビャールの舞い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_11


↓レゴンとタルナ・ジャヤの競演
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/91/57913491/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空から東京スカイツリーと東京タワー
2017/05/20(Sat)
5月18日は四国へ出張に行って,夕方の飛行機で東京・羽田に帰ってきた。羽田空港のある東京南部は夕方から雷雨に見舞われ,離着陸の飛行機に10~60分の遅れが生じた。搭乗した飛行機も出発が25分遅れ,東京が近づくといつもは房総半島に南から進入し,途中進路を西に変え東京湾を横断して着陸するのだが,大きく遠回りをして,千葉西部・東京北部から南下するという奇妙な航路を取った関係で,進行方向右側に東京スカイツリー,その後東京タワーを見ることになった。同じ航路を過去数十回乗ったが初めての経験だ。【2017/5/20(土) 午後 10:01】

↓視界がけっしてよくない中に浮かぶ東京スカイツリー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/47/57906547/img_0


↓高層ビル群の中にひときわ目立つ東京タワー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/47/57906547/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ムンク美術館へ行こう2~オスロ40
2017/05/20(Sat)
午前10時,ムンク美術館がオープンした。比較的大きな荷物は地下のロッカーに預ける。それほど大きくはない美術館なので,入口の目の前が入場ゲート。平屋で常時100~120点ほどの絵画が展示されている。館内は海外では当たり前の,撮影OK(フラッシュはNG)。展示されているもの全てを撮影できる。ムンクの美術書でもお目にかからない絵画が見られるのは得した気分になる。ところで,ムンクの作品で最も有名は『叫び』は実は4点実在する。1点は日本の美術の教科書にさえも載っているものだが,オスロの国立美術館に常時展示されている。が,撮影不可だ。ムンク美術館には2点が常時展示され,撮影可なので,撮ってきた。よく見る『叫び』とは背景はほとんど同じだが,手前が異なっている。ところで残りの1点は個人が持っているので見ることはできない。少なくても,オスロを訪れれば,4点の『叫び』のうち3点の実物を見ることができるのである。【2017/5/20(土) 午後 7:23】

↓午前10時の開館
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_0


↓荷物は地下のロッカーへ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_2


↓展示室は撮影可
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_8


↓ムンク美術館にある『叫び』2点(ムンクは2014年に没後70年)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ターシャに会いに行く~ボホール島5
2017/05/20(Sat)
ロボック川クルーズの後はまたバスに揺られて30分弱。世界で一番小さなメガネザルのターシャの保護区へ。絶滅が危惧されているので,広大な保護区「ターシャ・サンクチュアリ」で手厚く保護されている。ハングルというほどの密林ではなく,細い木々が茂っていて,けっして暗くはない林の中に入っていくと,いたるところで見つけられるが,眠っていることが多く,マスコットのような愛嬌のある姿を写真に収めるのはなかなか難しい。雄でも体長12cmほどという超ミニサイズなので,望遠レンズが付いていないカメラだと厳しい。【2017/5/20(土) 午後 6:53】

↓保護区の入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_0


↓山に分け入る気分
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_1


↓木々の奥に何やら潜んでいる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_2


↓顔が半分で惜しい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_3


↓眠っているのも多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_4


↓それでも被写体を追い求める人
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_5


↓あちこちを探す人たち
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_6


それでも自分なりにベストショットを撮って一応満足した。顔をよく見るとどこかで見たような。映画『グレムリン』のギズモや『スター・ウォーズ』のヨーダに似ている!それもそのはずで両者のモデルになったと言われている。15分ほど探索しビジターエリアに出て,土産などを見て,25分間のの見学時間は終了。ツアーは時間制限に難はあるが,まずまずの見学時間だろう。

↓この日のベストショットはこれだ(もちろん望遠レンズ使用)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_7


↓保護区の外のビジターエリア
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_12


↓訪問客で混んでいる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_13


↓お帰りはこちら
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1681828/92/57906392/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | フィリピン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムンク美術館へ行こう1~オスロ39
2017/05/14(Sun)
オスロといえば「ムンク」,「ムンク」といえば「叫び」というのが前提となる知識。オスロには国立美術館があり,そこにもムンク作品は展示されているが,量でいえばムンク美術館が圧倒的である。デッサンなどを含めると25,000点ほどの所蔵があるからだ。ムンク美術館へは,オスロ中央駅に隣接する地下鉄Jernbanetorget駅から1~6号線で2つ目のToyen(トゥーエン)駅で降りる。地下鉄は市内を走る1~6号線のどれに乗っても,Toyen(トゥーエン)駅までは行ける(この先2本と4本に分岐)。Toyen(トゥーエン)駅の地下通路は全面レンガ貼りで,日中でも薄暗く,人気はあまりない。地上に出ると,案内表示に従って,歩行者専用道路を,途中集合住宅を左に見ながら進むと5分ほどで,ムンク美術館入口に到着する。迷うことはまずない。開館時刻は曜日に関わらず午前10時なので,早く着くと入口前で待つことになる。美術館内にカフェを併設しているが,この日は朝から霧雨が降ったり止んだりしていたので,外に出ているテーブルやイスは雨で濡れていた。【2017/5/14(日) 午前 10:05】

↓オスロの地下鉄は3列,2列のボックスシート,路線によって外装も含め車両の違いはない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_0


↓Toyen駅のホームの駅名表示には「Munch-museet」(ムンク美術館)とある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_1


↓Toyen駅の地下通路はレンガ貼りで暗い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_2


↓ようやく改札口,といっても検札がないため駅員もいない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_3


↓オスロの中心街から地下鉄で2駅というのにまわりは完全な住宅地
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_4


↓集合住宅が緑の中に溶け込んでいる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_5


↓「Munch-museet」(ムンク美術館)の案内表示板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_7


↓駅から徒歩5分でムンク美術館に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_8


↓訪問者には東洋系も少なくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_9


↓併設カフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Vo Van Tan通りを歩く~ホーチミンシティ15
2017/05/14(Sun)
「Vo Van Tan通り」は,サイゴン川から2km以上西に入った通りで,北東から南西に3kmほど続く。北東から南西にかけて一方通行になっていて,道幅はそれほどでもないからか交通量はさほど多くはない。小さなホテルや飲食店が点在するものの,観光名所は「戦争証跡博物館」くらいしかなく,あまり観光客が訪れる通りではない。住宅の入ったビルや企業のオフィスも混在するので,ベトナム都市部のごく普通の街並といった雰囲気で,これといった特徴はとくに見いだせない。そんな通りを観光の都合で数分歩く羽目になったのだが。【2017/5/14(日) 午前 9:43】

↓何の仕事かわからないが,路上で待機中の若者
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_0


↓市内にはこのようなオープンカフェも少なくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_1


↓柑橘系ジュース屋台を準備中の女性
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_2


↓平日の昼間からプラスチックのイスに座っている男たちは少なくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_3


↓1階は店舗,2階以上は住居というビルは多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_4


↓入口のベトナム語を読むと「女性」に関係するオフィスらしい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_5


↓中国の影響で,鳥を飼うことも珍しくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_6


↓バイクの行き来は多い、白い建物はイタリアレストラン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/87/57899887/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シントラを経てロカ岬へ8~リスボン23
2017/05/06(Sat)
ロカ岬からバスに揺られること25分ほどで,カスカイスのバスターミナルに着いた。カスカイスは大西洋に面したリゾート地で,リスボンから電車で30分ほどという近さ。夏場はとくに観光客が多く,海辺はヨーロッパ各地からのリゾート客で賑わう。着いたはいいが,駅はどこかは皆目わからず,バスを降りた人の多くが歩いていく方についていった。半地下のバスターミナルから地上に出ても,メインストリートと思しき通りはあまり賑わってはいなかった。どうやら真正面の方向に歩いていけばよいらしく,通りを渡り,3分ほど歩くとポルトガル鉄道のカスカイス駅に着いてしまった。小さな街に地図は必要ないらしい。【2017/5/6(土) 午後 1:57】

↓カスカイスのバスターミナルがある建物
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_0


↓地下から地上に出る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_1


↓街のメインストリートらしい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_2


↓ストリートを渡り,真正面に進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_3


↓3~4分でカスカイス駅に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_4


切符を買おうとしていたら,電車が出発してしまい,次の電車を待つことにした。電車はすべてリスボン市内のカイス・ド・ソドレ駅行きで,終点まで乗ればいいので気は楽だ。すでに入線している電車のドアが開き,乗車するとまもなく出発した。進行方向右側が大西洋で,途中からテージョ川に変わるが,ほとんど水辺を見ながらの車窓が続く。リスボンが近づくと,右に世界遺産「ベレンの塔」や「発見のモニュメント」,左に世界遺産「ジョロニモス修道院」が見えるので,いつまでも飽きない車窓である。35分で終点のカイス・ド・ソドレ駅に到着。ここからリスボン中心部までは駅前から地下鉄あるいはトラムを利用することになる。こうしてシントラとロカ岬を巡る周遊は終わった。とくに下調べはなくても難なくこなせる日帰り旅である。それには,周遊切符がたいへん楽である。

↓有人の切符売場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_5


↓改札は自動
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_6


↓終着駅なので真正面に電車
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_7


↓ホームから後方を望むと,バスターミナルのある青い建物が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_8


↓車内はきれいで心地よい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_9


↓カスカイスを出発すると右側に大西洋が見えてくる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_10


↓海水浴場にはたくさんの人が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_11


↓対岸が見えてくるとテージョ川沿いを走っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_12


↓リスボンが近づくと右に世界遺産「ベレンの塔」(前日に訪れた場所)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_13


↓さらに進むと「発見のモニュメント」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_14


↓35分ほどの乗車で終着カイス・ド・ソドレ駅に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_15


↓カイス・ド・ソドレ駅舎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/67/57891167/img_17


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ポルトガル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ウブド王宮でバリ舞踊を堪能・前編~バリ島60
2017/05/06(Sat)
ウブドでは,毎夕どこかしらでバリ舞踊の実演が行われている。村ごとに村直属の歌舞団があり,観光用にチケットを販売し,週に1~2回の実演を行う。ウブドの中心部にも王宮直属の歌舞団「サダ・ブダヤ」(ウブドでは歌舞団のリーダー的存在)があり,毎週月曜と金曜の19時30分からウブド王宮にてバリ舞踊のステージを行っている。夕食をウブド王宮の近くのバリ料理レストランで済ませ,19時ちょうどにウブド王宮に着いた。入口でチケットを買い,ステージに入った。座席は自由なので,そこそこの位置に座席を確保したければ,開演30分前までに着くのが理想である。プログラムは多彩で,オーソドックスな内容で,レゴンダンスからスタートする。【2017/5/6(土) 午後 1:35】

↓開演前のウブド王宮
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_0


↓開演前19時5分のステージ前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_1


開演から4分遅れの19時34分にガムランの演奏者たちが入場し,座るや否やレゴンダンスチームが入場し,開演した(19時35分)。レゴンダンスは本来3人が多いが,「サダ・ブダヤ」の場合は6人である。目をカッと見開き,腕や指を極端に曲げる,バリ舞踊独特のダンスを行い,約10分のステージを消化した。

↓演奏者入場(19時34分)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_2


↓演奏スタート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_6


↓踊り子入場(19時35分)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_7


↓レゴンダンススタート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_14


↓踊り子退場(19時45分)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/51/57891151/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ