FC2ブログ
トゥルクから鉄道で運ばれる日本車~トゥルク10
2016/11/26(Sat)
ホテルからタクシーで,フィンランド鉄道のトゥルク駅に着くと,駅前にキャリアカーが停まっていた。後部には10台ほどの新しい車が積まれていた。キャリアカーは日本でも見るが,10台も積めるような大型車はほとんどなく,6台というのが標準だ。道路幅の狭い日本では交差点などが曲がれないためだろう。ゆったり感のある道路幅を持つフィンランドでは,バスといいトラックといい,長さも幅も日本よりひとまわりもふたまわりも大きい。道路幅があるということは,何にでも余裕が生まれるというものだ。さて,トゥルク駅は人の乗り降りするホーム自体は4面しかないが,駅舎から見てホームの後方(北側)には線路が何本も敷かれており,人的輸送だけにとどまらず,貨物輸送も行っていることがわかる。そのため,キャリアカーが駅前に停まっているものと思えるが,貨物輸送の場合は荷降ろし用のホームとは普通は分離されている。ところが,1番ホームのいちばん駅舎寄りには,キャリアカーから下ろしたと見られる乗用車が十台以上並べられていた。客の乗るホームからは少し離れているが,駅舎の入口から見えるところで荷物が下ろされているのを見ることは日本ではまずない。ホームの端に並べられた乗用車は,どう見てもここで販売するわけではなく,これから貨物列車に積んで運ぶらしい。これらの並んでいる車を見て気づいたのだが,すべて日本車なのである。フィンランドには日本メーカーの工場があるのかどうか定かではないが,メーカーは混ざっているものの,日本でよく見る車種である。ホーム上に並べられているということは,これからどこかに運ばれると思うのだが,運ばれるとしても,一大消費地のヘルシンキかタンペレであろう。海外では日本車はどこでも見かけるが,SUVやスポーツセダンなどが売れ筋のようだ。【2016/11/26(土) 午後 2:52】

↓トゥルク駅は貨物輸送も多い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_0


↓駅前に停止中の大型キャリアカーには日本車が
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_1


↓ホームの端に並べられていく日本車
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_2


↓これから貨車で運ばれる日本車
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_3



https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_4



https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_5


↓左側はキャリアカーから降ろされた日本車、中央はトゥルク駅舎、右は発車を待つヘルシンキ行の列車
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

 
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
慕田峪長城へ2~北京24
2016/11/26(Sat)
リフトはベンチタイプの2人乗りだ。降りてきたリフトが回り込み後方からやってくるので,後ろを見ながらタイミングよろしく素早く腰をかける。すると係員が前方のバーを倒してくれるので,落ちる危険性はほとんどなくなる。足は浮いたままなので,恐怖感が少し募る。足の下は山の斜面まで高いところで10~20mほどなので,さすがに落ちると怪我は免れない。長城に物資(ドリンクなど)を運ぶ人もこれを利用するようで,下りに乗った時には,一人で乗って,空いたベンチシートの上にドリンクなどを入れた籠を取り付けているのをすれ違い時に何度か見た。急斜面を上るのでたった数分の乗車でもかなり上に行くことができる。長城は下からはとんでもなく高いところにあることがわかり,とても歩いて上る人などいないだろうと確信した。実は下りのみ,リフトの下の山の斜面を滑って行くコースターがある。長城のコースター乗り場はリフト乗り場のすぐ脇にあり,そりに車輪がついたような一人乗りのコースターで専用道を滑って降りていく。自分でスピードを調節できるようなので,スピードが出て危ないということもないようだ。しかし雨でコースが濡れているので,スリップして危険に思えた。それでもリフトの上から見ると時々滑っている人が見える。リフトよりは早く下に着けるようだが,コースターは金属でできているので,金属に反応して雷が落ちては困ると思い,下山するのも迷わずリフトにした。下りのリフトは上りよりも,下方が真正面に見える分,すこぶる怖い。【2016/11/26(土) 午後 1:49】

↓長城へ上るリフト
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_0


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_1


↓こんな山深く高い場所なら長城など必要なかったのではないだろうか
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_3


↓すれ違う下りのリフト
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_5


↓下りだけ利用できる手動トロッコの道
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_6


↓滑っている人を見かけない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_7


↓遠くに長城が見えてきた
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_8


↓雲行きが怪しい、落雷の多い場所でもある
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_9


↓長城が一望できた
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/26/57725426/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台湾の朝は豆漿店で外食を~台北144
2016/11/23(Wed)
台湾,韓国,中国,東南アジアなどアジアでは外食文化が根付いているが(ガラパゴス日本は例外),とくに中華圏では朝ごはんを外で食べるのは当たり前である。早朝から開いている豆漿の店やサンドイッチを売る店は,けっこう何でも売っているので,重宝がられる。最近はコンビニでも同じようなものが買えるので,そちらを利用する人も増えている。とはいっても,忙しい会社員や学生は,朝食を通勤や通学途中でテイクアウトして,職場や学校で食べることが多いらしい。事実,豆漿店の店先をウォッチングしていると,圧倒的に店先で注文してテイクアウトする人が多いのだ。旅行者はテイクアウトよりは,店内でゆっくり食べたいので,台北駅南側,予備校街の豆漿店で朝食を取ることになった。【2016/11/23(水) 午前 10:34】

↓混み合うテイクアウト専門店(台北駅南側)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_0


↓朝から開いている店が多い台北駅南側
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_3


夜市巡りで遅くなってしまい,その分朝もいつもより遅かったので,朝食といっても午前9時をまわっている。それでも次々に客は訪れてはテイクアウトしていく。イートインは店の奥になるが,予想通り店内で食べている人は数えるほどだ。ゆっくりはできるが,あまりに客がいないと何となく落ち着かないものだ。定番の豆漿(豆乳)と蛋餅を頼んで空腹を満たした。台湾では朝から小龍包を食べることもあるが,やはり小麦系の食べ物と豆乳系という組み合わせがしっくりくる。ただ,野菜がほとんどないのは気にかかった。

↓たまたま寄った豆漿店
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_4


↓店先で買い求める人がちらほら
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_5


↓イートインコーナーには人が数えるほど
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_6


↓メニューは朝食専門のようだ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_7


↓定番の豆漿は温,冷,砂糖入り,砂糖ナシが選べる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_8


↓こちらは蛋餅
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_9


↓近くに大戸屋があったが,焼サバ定食が1000円を超すのでは見向きもされないのでは?
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_10


↓五木ひろしって台湾で知られているの(豆漿店近くで)?
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/82/57721882/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トラム通りを西へ~リスボン14
2016/11/20(Sun)
ジェロニモス修道院を後に,トラム通りを西へ向かった。目的地はベレンの塔。通常コースだと,ジェロニモス修道院の南側の公園をテージョ川方向(南)に進み,「発見のモニュメント」を経て向かうのだが,単純に往復するよりも景色が楽しめるので,西へ進み,その後南下するコースを取った。トラム通りは,電車2車線分の幅しかないので,自動車もトラムも同じ路上を通過する。おまけにタイなどでおなじみの「トゥクトゥク」が走ったりするので,これらの車両が一度にやってくると,歩行者は通行を阻まれそうになる。一方で,リスボンという街は坂が多いので,自転車は見かけない。【2016/11/20(日) 午後 2:48】

↓トラム通りを西へ歩き始める
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_0


↓アズレージョを貼りこんだ家とモルタルだけの家が混在
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_1


↓マンションに住む人も増えつつある
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_2


↓ヨーロッパ製の「トゥクトゥク」らしい
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_3


↓トラムが走ると自動車は窮屈だ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_5


南下し始め,ベレンの塔へ向かう道と交差するインディア大通りに出ると,青い空と白や淡い色の壁の家がリゾートの雰囲気を醸し出している。インディア大通りを渡る歩道橋からは,テージョ川にあるヨットハーバーが見え,歩道橋の真下を,カスカイス方面に向かうポルトガル鉄道の線路が見える。リスボンもこの辺り(中心部から6~7km)まで来ると,郊外の住宅地となり,緑あふれる地中海性の低木,たとえばオリーブやオレンジなどの樹木が増えてくる。

↓この辺りは戸建も少なくない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_6



https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_7


↓ベレンの塔方面に渡る歩道橋
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_8


↓向こうがカスカイス方面
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_9


↓ヨットハーバー
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_10


↓テージョ川に近い方は高級住宅街
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_11


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_12


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_13


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/48/57718648/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ポルトガル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1992年末南大門市場の食品・屋台
2016/11/20(Sun)
600年続く南大門市場では衣類・雑貨が圧倒的な割合を示すが,生鮮食品や加工食品も扱っている。キムチや魚介類,真露等の焼酎や海苔といった土産にもなる食品が多い。初めて間近で見た「豚の顔」には衝撃だったが,中国の影響を色濃く残すため,「豚の顔」は中国同様に祝い事等の行事に使われる。今では韓国ドラマでよく見かけるので,間近で見ても何とも思わなくなっているが。【2016/11/20(日) 午前 11:56】

↓キムチは種類が多い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_0


↓思ったほど高くはない「豚の顔」
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_1


↓カニと真露は合いそう
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_2


韓国の市場と言えば屋台だ。屋台文化が発達しているため,主に夜になると市場等に屋台が出現し,軽い食事や焼酎が飲めるようになっている。年末の韓国は夜になると氷点下まで気温が下がることが多くなるので,今のようにテントや暖房のない屋外屋台で,食べたり飲んだりするには,たくさん着込み,ポケットに手を入れながらの悪戦苦闘と言えよう。酒が入れば少しは暖かくなるので,当時は冬の屋台で食事だけという人はあまりいなかったのではないだろうか。それにしても屋台の食べ物は何を食べても美味い。日本の当たりはずれのある屋台とは違ってレベルは高い。

↓冬の屋台はいかにも寒そうだが,食べ物はレベルが高い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_5


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1631812/32/57718532/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ソウル1992 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘルシンキの地下鉄はデザインセンス満点~ヘルシンキ21
2016/11/19(Sat)
ヘルシンキには地下鉄がたった一路線しかない。さらに北緯60度のヘルシンキにあるので,世界一北を走る地下鉄でもある。北の国ほど冬季は雪が交通の邪魔をするので,都市交通として地下鉄は好ましいのだが,ヘルシンキはそれほど雪が積もるところではないことと,昔からトラムという便利な交通機関があったので,必要性があまり高くなかったことによって,地下鉄の建設が遅れたのだろう。しかし,さすがにヘルシンキの住宅地が郊外にどんどん広がり,通勤・通学の足の確保から,ようやく一路線建設となったわけだ。西は市内中心部からあまり離れていない場所で切れてしまっているが,東へは何回か延伸されて,ヘルシンキ中央駅と接するラウタティエントリ駅から8駅目のイタケスクス駅からは枝分かれし,2方向に向かう。それでも全線で17駅しかなく,トラムに比べればこじんまりした感じだ。ヘルシンキ郊外,それも東側に住む人の通勤や通学に使われるだけが主な用途なので,観光に使われることはまずない。途中駅に「マリメッコ・ファクトリー&アウトレット」があるので,観光客とてまったく使わない路線でもなくなってきた。【2016/11/19(土) 午後 8:08】

↓ヘルシンキ中央駅隣接の地下鉄入口
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_0


↓メトロは赤い「M」が目印
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_1


↓チケットマシンはエスカレーターの横などあまり目立たない場所に置かれている
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_3


↓さらにホームまでは長いエスカレーター
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_4


↓島式1面ホームの幅が半端なく広い(クリックで拡大)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_5


↓日中のホームはガラガラ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_6


↓ホーム上の自販機はスナック類が中心
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_7


ヘルシンキ地下鉄でも車内で自転車を見かける。ヨーロッパでは当たり前の風景だ。車両の中は,ボックスシートになっていて,日本の地下鉄と比べてもゆったり感がある。東京には大江戸線という車両内の狭い貧相な地下鉄が走っている。小人が乗るのかと外人からは言われ,日本人であっても,あの圧迫感はたいへん気になるところだ。当初,建設には金がかかるので,トンネルの直径を一回り小さくして作ろうということになり,車両も一回り小さくしてしまった経緯があるが,当初6000億円と見積もった建設費が,完成してみれば1兆1000億円もかかったということを都民はほとんど知らない。建設を始めたもの勝ちという行政のずるがしこさの構図をまざまざと見せ付ける例だ。

↓日本とは違い右手から入線
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_8


↓ヨーロッパでは珍しい自動開閉
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_9


↓イスのカラーもオレンジで、プラスチック素材は世界標準
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_10


↓車両の端は折り畳みイス
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_11


↓連結部
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_12


↓つり革はないというより,必要なし
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_13


↓これも日本の地下鉄では見られない光景
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_14


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_15


ヘルシンキの地下鉄はヨーロッパでは珍しく,自動開閉だ(路線網が多く,乗降客の多いパリなどは自分で開けなければならない)。乗っている感覚は日本の地下鉄と変わらないが,都心から3駅も乗れば地上に出て,景色は森と湖になる。民家はちらほら見えるが,都心から10分ほどでこのような景色になるのは,日本の地下鉄が走っているどの都市でも考えられないことだ。それだけ日本が過密で郊外にまで市街地がえんえんと続いていることを物語っている。だから,郊外に行くにもたいして時間がかからない。車を使っても渋滞がないので,すぐに郊外に行き着く。移動時間が短いということはストレスフリーで人間にとってはたいへん好ましいことだ。この違いだけでも,日本人とフィンランド人のストレスの度合いの差はきわめて大きい。

↓ヘルシンキの中心から3~4駅で窓の外には湖が
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/39/57717939/img_16


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
慕田峪長城へ1~北京23
2016/11/19(Sat)
万里の長城は,北京市域内だけでも629kmもあり,その中の数か所が観光化され,手軽に行けるようになっている。とはいってもどこも市内中心部からの距離は50~80kmあるので,最低でも往復+観光で4~5時間は十分にかかってしまう。もっとも多い観光手段は,オプショナルツアーであり,最も多くの観光客が訪れるのが,八達嶺の万里の長城である。旅行パンフレットやイメージ写真で使われている大多数がこの「八達嶺」である。それほどまでに有名な場所だ。北京市内からは北西へ70kmほど行くので,他の場所には寄らず,長城だけの観光で往復しても最低5~6時間はかかってしまう距離にある。初めての長城見物は,「八達嶺」が無難なのだが,また北京には来ることを考え,また朝方に空港に着いたので(フランクフルトから),時間を有効に使い,かつホテルまでの送迎も兼ねようと,車をチャーターして,空港から行くにはもっとも近い(それでも1時間半はかかる)「慕田峪(ぼでんよく)長城」に行くことにした。北京首都国際空港に迎えに来てくれた「北京散歩文化交流有限公司」の孫さんは,とても日本語が堪能な(とはいっても独学とか)60歳くらいの人で,車は中国製の中型セダンだった。乗ってみると日本車と何ら変わりはない。揺れもなく車内も快適である。機内でほとんど眠れなかったことと,揺れ心地があまりにもよいので,ついうとうとしてしまった。【2016/11/19(土) 午後 0:40】

↓北京首都国際空港
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_0


空港から1時間半かかって,雲行き怪しい「慕田峪長城」の駐車場に着いた。リフト乗り場に近い駐車場はすでに埋まり,だいぶん下の方にある第5駐車場に駐車。孫さんがリフト乗り場まで連れていってくれた。もちろん長城まで歩いて上ることもできるが,ここでの滞在時間1時間半では体力があっても時間的に片道とて無理である。リフトの料金は往復55元である。中国の物価では,安食堂なら麺が10杯以上食べられる料金だ。しかし,チケットを買い求める人で売り場は混雑している。聞き耳を立てても日本語は聞こえてこない。日本のツアーではほとんどすべてが「八達嶺」に行ってしまい,ここに来る可能性のあるのはわずかなフリー客だけである。あまりに次々とチケットが売れるため,売場のチケットがなくなってしまい,補充に時間を要したので,売場の前で10分ほど待たされた。孫さんが代理でチケットを買ってくれたので,それを手にリフト乗り場に急いだ。

↓駐車場から土産物屋ストリートまでも遠い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_1


↓土産物屋や食堂が300mほど続く
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_5


↓長城はかなり高いところにあるので,ドリンク,雨具,傘,帽子などのグッズも
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_6


↓たくさんの人をかき分けリフト乗り場に到着
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/83/57717483/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石垣牛に舌鼓を打つ~石垣島7
2016/11/13(Sun)
石垣牛が食べたくなり,公設市場から1分,離島ターミナルから5分ほど,公設市場に近い「七輪焼居酒屋 一仙」という店に入った。居酒屋とは言っても魚中心ではなく,石垣牛とアグー豚がメインの肉中心の居酒屋だ。石垣牛は,黒毛和種でここ十年でブランドが根付いてきた。公設市場で日中に自宅に配送を頼んでいたので,実際に現地で食べてみることも必要と思い,食べることになった。盛り合わせを頼み,備長炭で焼いて味わったが,柔らかく,脂分も妥当だ。山形牛だともっと油っぽく,松坂牛だと値段で折り合いがつかない(苦笑)ので,石垣牛は味良し,値段良しの言うことなしだ。【2016/11/13(日) 午後 4:26】

↓離島ターミナルから行くと公設市場の手前にある
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/57710984/img_0


↓店内はイスと座敷(クリックで拡大)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/57710984/img_1


↓石垣牛の盛り合わせ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/57710984/img_2


↓その他オプションで魚介も野菜も
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/57710984/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/84/57710984/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
萌え高雄捷運~高雄4
2016/11/12(Sat)
台湾では市内を走る鉄道(中心部は地下,郊外は地上を走ることが多い)を捷運(しょううん)という。高雄捷運は台北に次いで,台湾では2番目の捷運で,現在紅線(レッドライン)と橘線(オレンジライン)の2線が営業運転している。車内放送は北京語,台湾語,客家語,英語の4か国語だが,主要駅や美麗島駅では日本語も流れるので,日本人でも使いやすい。全駅のホームにホームドア(完全密閉)が設置されている。日本ではホームドアの設置が進まず,転落事故や接触事故が相次いでいるが,台北捷運も全駅,韓国のソウル地下鉄も全駅にオートドアが設置されていて,利用者の安全は二の次というヤル気のまったくない日本とは大違いだ。【2016/11/12(土) 午後 10:49】

↓高雄捷運高雄車站入口
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/57710266/img_0


↓高雄駅ホームは密閉式ホームドアで安全!
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/57710266/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/57710266/img_2


台湾は日本の影響が色濃く,萌えが流行しており,高雄捷運でも,2014年からイメージキャラクターとして「高捷少女(たかめしょうじょ)」が登場し,駅貼りのポスターなどで盛んに使われている。美麗島駅は何度行っても美しい。

↓駅には「萌え」のポスターばかり
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/57710266/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/57710266/img_4


↓紅線・橘線の乗換駅の美麗島駅はいつ行っても美しい(クリックで拡大)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/57710266/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トラム通りを東へ~リスボン13
2016/11/12(Sat)
「ジェロニモス修道院」から東に300mほど歩いた場所にあるカフェでランチ(イワシとタラ)を食べ,さらに東へトラム通り沿いに歩いてみることにした。ほどなく左側に衛兵のいる「ベレン宮殿」(現在は大統領公邸)が見え,右を見ると,広場に「アルバカーキ記念碑」が立っている。この奥にポルトガル鉄道のベレン駅がある。ここを過ぎると,道路が狭くなり,バスのすれ違いがギリギリという二車線幅になるが,その車線上に堂々とトラムの軌道が走っている。トラムの上り・下りがすれ違うと車道に余裕はなくなり,自動車は待機状態となる。通り沿いの住宅の壁にはアズレージョ(タイル)を貼り付けてあることが多く,年季の入っている建物が少なくない。1階が店舗,2階以上が住宅という造りの建物が続き,ところどころに土産屋もあるので,ウィンドウショッピングもできる通りだ。トラムがなかなかやって来ないので,結局「ジェロニモス修道院」の停留所から2つ歩き,「Altinho」という停留所でしばらく待って,東行きのトラムが来たので,それに乗って都心部に向かった。【2016/11/12(土) 午後 8:47】

↓トラム通りの街並み
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_0


↓「ベレン宮殿」入口
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_1


↓現在は大統領公邸なのでポルトガル国旗が掲げられている
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_2


↓「アルバカーキ記念碑」
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_3


↓通り沿いにあった「samurai」という日本料理屋
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_4


↓古い家屋も多い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_5


↓壁にはアズレージョ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_6


↓トラムと自動車が譲り合いながら走らなければならない通り
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_7


↓土産屋
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_8


↓カフェ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_9


↓同じような街並みが続く
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_10


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_11


↓テージョ川に続く脇道
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_12


↓西行きのトラムとすれ違った
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_13


↓北に向かう脇道
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_14


↓なかなかトラムがやって来ない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_15


↓「Altinho」という停留所にあったトラムとバスの路線図
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_16


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691256/16/57710116/img_17


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ポルトガル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ