FC2ブログ
バリの定食ナシ・チャンプル~バリ島36
2014/08/30(Sat)
沖縄にゴーヤ・チャンプルという料理がある。「チャンプル」という言葉はインドネシアと同義である。さまざまなものが混ざっている,入っている,という意味である。ナシ・チャンプルはインドネシアの定食である。一皿にご飯と数種類のおかずが載っているものを指す。どこのレストランや食堂にもあるメニューで,値段も比較的安い。高級レストランでも250~500円でだいたい済むし,最も安いワルン(軽食堂)では100円ということもある。載っているおかずは店それぞれで異なるが,サテ(つくねのような焼き鳥),えびせんの大きなもの,ほぐし肉,野菜,テンペ(豆腐)など形や味,盛り付け方こそ違うが,基本は同じようなものになる。ご飯はこんもりと山のように盛り付けることがほとんどだ。1枚の皿に盛り付けるため,おかずを載せるスペースが限られるからだ。盛り付け方にはいろいろな工夫が見られ,単に食べるだけでなく,見た目も興味がそそられる。毎食,ナシ・チャンプルでも飽きなくなれば立派なバリ・フリークである。【2014/8/30(土) 午後 10:33】

↓店によっておかずの種類や盛り付け方が変わる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/56515911/img_0


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/11/56515911/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウニワカメスープ~チェジュ島6
2014/08/24(Sun)
チェジュ島は海産物が豊富なので,食事にもそれが生かされている。チェジュ島2日目の朝食は,中文観光団地を出て,車で2~3分のところにある「トムジャン」という店。朝早いからなのか,広い店内に客は一人もいない。定番の「ウニワカメスープ」を食べた。この店は海産物に限らず,料理の種類は多いようで,ツアーの客が大勢でやってくる店らしい(駐車場も広く,大小の個室なども完備)。「ワカメスープ」は韓国では誕生日に食べる定番料理だが,チェジュ島ではそれにウニが入っている。塩味のあっさりしたスープで,ご飯には合う。それよりも食欲がそそられたのは,小皿でついてきた「カンジャンケジャン」だ。醤油に付け込んだワタリガニだ。韓国といえば焼肉のイメージが強いが,海産物だと,ヘムルタン(鍋)かカンジャンケジャンだろう。韓国でも高級品の部類なので,それがおまけで付いてきたのには感動した。【2014/8/24(日)午前11:47】

↓チェジュでは定番のウニワカメスープ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_0


↓「トムジャン」の広い店内
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_2


↓入口にあった店の案内
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_3


↓韓国では,スプーンと金属の箸は言うまでもない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_4


↓キムチは無料でお変わり自由(日本のようにせこくない)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_5


↓待望のカンジャンケジャン
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_6


↓添え物小皿全品
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/58/56505358/img_7


関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キティ・ジェットに乗ってみた
2014/08/17(Sun)
最近,台湾桃園国際空港から成田国際空港までエバー航空を利用したら,「キティ・ジェット」に遭遇した。エアバスA330-200の特別塗装機だ。エバー航空の所有機は全61機,その約10%の6機がキティ・ジェットになっている。日本・台湾間ではかなりの確率でこのキティ・ジェットに遭遇する。【2014/8/17(日) 午後 4:21】

↓台湾桃園国際空港で出発を待つキティ・ジェット(A330-200)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_0


機内はイスの枕カバーや枕,機内食に至るまでハローキティで囲まれている。キティファンにとっては嬉しいが,そうでない人にはお子様仕様の飛行機と思われるかもしれない。エバー航空は,空港内の自動チェックイン機やフォトスポットもキティ仕様にして,徹底的にキティを使っている。日本の航空会社もここまで徹底すると面白いのだが,そういう航空会社は見られないのは残念だ。

↓機内は何から何までキティ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_5


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_6


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_7


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/77/56494177/img_8


関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台北駅2013~台北132
2014/08/03(Sun)
10年前と比べ,台北駅は非常に使いやすくなった。駅舎そのものは変わっていないが,地下に在来線と並行して新幹線ができ,2階が物販・飲食店フロアーになるなど,充実度が増した。以前は中央に切符売り場があったが,端に移動し,中央は広場となった。そのまわりに物販店やコンビニがあり,台北から地方に行くにも,日本のターミナル駅なみの使い勝手の良さになった。【2014/8/3(日) 午後 2:27】

↓7階建ての台北駅はアトリウム式で2階までがパブリックスペース
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_0


↓切符売り場はいつも混んでいるので,近隣なら自販機が便利
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_1


台鉄も鉄道以外の事業に力を入れ始め,1階には,直営の駅弁店舗や鉄道グッズ販売店をオープンさせている。日本のJRでは当たり前のことだが,海外ではたいへん珍しいことである。駅弁は日本ほど種類はないが,値段がとてもリーズナブルで味もよい。行列ができるほどの人気ぶりである。一方,日本のように鉄道ファンが多い,とはいえない台湾では,鉄道グッズはまだ発展途上で,認知度が低いようだ。

↓台鉄の駅弁店舗
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_3


↓台鉄グッズの店舗
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_4


2階は10年前は使われていなかったが,今はさまざまな店が入っていて,飲食も買い物も事足りてしまうほどだ。日系の店がたいへん多く,3分の1~半分近くになるのではないだろうか。

↓2階に入っている日系のグッズ店(見る人が見たらわかるだろう)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_5


↓25年前は池袋と高田馬場の2店舗しかなかった日系の定食屋
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/56471544/img_6


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |