FC2ブログ
美瑛の丘歩き~道北14
2012/06/30(Sat)
美瑛には何回訪れたことだろうか。過去北海道に行った約70回中の1割,7~8回ほどだと思う。いずれも夏なので,その他の季節は知らないが,丘の景色以上に雲がとても印象に残る場所だ。空が澄んでいると雲も様々な形に姿を変え,見る目を楽しませてくれるようだ。東京の空ではとても考えられないことだ。レンタ自転車やレンタバイクもいいが,起伏があり,自動車の通行もけっして少なくないので,レンタカーが美瑛散策にはもっとも適する。さらに涼しい北海道とはいえ,内陸部の日中は日差しも強く,30℃くらいになるので,レンタカーで景色を眺めつつ,気に入った場所で車を停め,周辺を散策するというのがベストだと思う。さらに気に入ったレストランやカフェを見つけ,素晴らしい景色を見ながら,食事をするのはしばしの贅沢だ。今回はフォト・ブログに徹しこれ以上文章は書かない。写真を撮ったのは夏とはいえ,秋の気配も感じ始めた8月中旬だ。【2012/6/30(土) 午後 0:52】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_14


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_15


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_16


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_17


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_18


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/76/54827176/img_19


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トゥクトゥクで快走~バンコク54
2012/06/30(Sat)
タイ名物のオープンエアータクシー,トゥクトゥクは7年前に来たときには乗っていない。ただでさえ,タクシーより高いのに,観光地で客待ちをしているトゥクトゥクになるとタクシーの倍以上の料金になる。だが,街には有り余るほど走っているので,気軽に拾って乗ることは可能だ。タクシーのようにメーターはなく交渉性なので,その結果高ければ乗らなければよい。ドライバーもそれは心得ている。そのためにはタクシー運賃の目安もある程度頭に入れておかなければならない。料金が高いといっても,3~4kmの距離であれば,せいぜい日本のタクシーの初乗りの半額程度までなので,バンコクのタクシーよりも3~4割程度高いといっても,時間を短縮したいなら乗ることをお勧めする。ドライバーも外国人なら高くても乗ってくれると信じて疑わないので,しゃくには障るが1~2回なら物珍しさもあるので乗ってもいいのでは。「それでも高い!タクシーの方がよい。」と思った人はタクシーでも構わないが,観光地を走るタクシーはまだメーター制が定着しておらず,思ったよりも交渉性が多いので料金はトゥクトゥクとあまり変わらないかも。タクシーの交渉でもトゥクトゥク同様に必ず高めの料金を言ってくる。旨く交渉して下げたとしても,本来のメーター運賃よりは高くなることは覚悟しよう。トゥクトゥクと言えばトラブルが絶えないとガイドブック等にも出ているが,それは交渉をきちんとしてから乗らないからだ。着いてから,さあいくら?というと法外な料金を言われかねない。前もって交渉して納得づくで乗れば便利で面白い乗り物だ。【2012/6/30(土) 午前 9:16】

↓庶民の足トゥクトゥク
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_1


さて,このトゥクトゥクはオート3輪車である。前輪が1つしかないので,安定感があまりなく,とくにカーブ時は車体が相当横に傾き,危うく放り出されそうになる。安全に対する指針などはないに等しい乗り物である。スピードもけっこう出しているように思える。トゥクトゥク同士が並んで,競争を行う場面にも遭遇する。タクシーには負けられないといった運転の荒さだ。スリル満点のデッドヒートが同乗の客として体験できることもある。ヒヤッとする場面がなきにしもあらずで,命がいくつあっても足りないと思うことも。いちおう交通ルールを守ってはいるが,すれすれの状態であろう。また,オープンエアーな乗り物なので,熱風が顔を直撃し,また大量の排気ガスを吸うことは我慢しなければならない。気になるならあらかじめマスクを持っていけばよいが,35℃近い中でマスクをすることは暑くて窒息しかねない。エンジン音もけたたましい。マフラーをはずしてあるのか,思いっきりスピードを上げて走っていると,隣同士でも会話できないほどの爆音だ。大型バイクにでも乗っているような心地よさも感じるが,音がバイク音より高めで,軽自動車が回転数めいっぱいにふかして走っているように聞こえる。三輪自動車なのだから,エンジンも小さく,かなり無理して走っていることになる。メンテナンスもたいへんだろう。

↓トゥクトゥクの運転手(客席から)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_2


↓許可証があるので安心
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_3


↓トゥクトゥク同士並走することも
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_4


↓混み合う街もスイスイと
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_5


↓窓ガラスがないので,車窓を撮る時は写り込みなし
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_7


↓けっこうとばすので被写体がぶれることも
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_8


客を早く目的地に運ぶという点ではトゥクトゥクはタクシー以上だろう。運賃は最初に交渉済みなので,ゆっくり観光でもしてくれると有難いが,当のドライバーにとっては生活がかかっているのだろうから,短時間に多くの客を運ばなければならないので必至である。運転しながら観光客と見れば近寄ってきて客引きをする個人努力も惜しまないが,まったくやる気がなく,カオサン通りで油を売っているドライバーも多々見受けられる。

↓油を売るトゥクトゥクの運転手(カオサンにて)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_9


トゥクトゥクは1台いくらという支払いで,タクシーと同じである。だから,乗れるだけ何人乗ってもよいらしいが,小さなエンジンなので,4~5人乗れば,スペースといい,重さといい,限界だと思うのだが,滞在中に7人ほど乗っているトゥクトゥクを目撃した。スピードは当然あまり出ないだろう。とにかくこの国には安全基準のようなものは存在しないらしい。中国と似たところがある。いろいろと言われるトゥクトゥクではあるが,ベトナムのバイクタクシーよりははるかにましである。2輪ではなく3輪なので安定感がないといっても,椅子のように座って乗れることは有難い。バイクのスーパーカブに3人乗るなどとんでもないことだが,ベトナムでは日常であった。料金が1万ドンほどだったので,安いことは安いが命あっての旅行である。非常時以外にバイクタクシーは利用しない方がよい。

↓ベトナムのバイクタクシー(ハノイにて)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/54826843/img_10


関連記事
この記事のURL | タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いつでもどこでもプーミポン国王~バンコク53
2012/06/29(Fri)
現プーミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)は,1927年生まれで,タイでは最も尊敬される人である。タイの祝祭日カレンダーを見ると,4月6日はラーマ1世(現在のチャクリー王朝をつくった人)の即位記念日,5月5日は現国王の即位記念日,8月12日は王妃誕生日,10月23日はラーマ5世(「王様と私」の主人公の息子)の命日,そして12月5日は現国王誕生日と,年間16日の祝祭日のうち,5日は王室関係である。それだけに王室を敬うことは当然のことである。ホテルや商店,食堂などでは,現国王の大きな肖像写真を掲げ,尊敬の念を表している。また一般家庭にも室内には国王の写真が飾ってあるだろうし,大きな家では,ホテル同様,見えるところに大きく貼りだしている。王室を中傷したりすると王室不敬罪に問われることもあるので気をつけたい。とくに外国人に対しては厳しいらしい。公共の場所では朝8時と夕方6時に国歌が流れるので,そのときは直立不動の状態を保持しなければならない。フアランポーン駅などでこの光景は見られる。映画館でも,上映の前にプーミポン国王の映像が流れるので,その間は直立不動らしい。タイに来たらいつでもどこでもプーミポン国王の顔を見ない日はない。【2012/6/29(金) 午後 8:45】

↓街中で目にするプーミポン国王
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/88/54825988/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/88/54825988/img_1


12月のバンコクは5日にプーミポン国王の誕生日を迎えるため,1週間前,すなわち11月下旬からイルミネーションが飾られ,国王の肖像画も一斉に企業や官公庁に掲げられ,一足早いクリスマスのような装いになる。1927年生まれの国王ももう80歳を過ぎた。国民の父と崇められていることもあって,タイの父の日は実は12月5日である。

↓国王の顔を知らない者がいないのは当然
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/88/54825988/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/88/54825988/img_3


2008年8月に発表された世界の王族の資産ランキングで,プーミポン国王は世界一になった。資産が何と3兆円越えだそうだ。ブルネイの王室が一番だと思っていたので意外や意外である。

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャンプアン渓谷とチャンプアン通り~バリ島17
2012/06/23(Sat)
チャンプアン渓谷はラヤ・ウブド通りを西進し,なだらかに降りていった先にある。川に橋がかかり,渡り終えると道路が右に大きく曲がり,チャンプアン通りとなる。橋から見える渓谷は鬱蒼とした木々に覆われ,暑い時でも十分涼しそうだ。川沿いに降りていく道があり,下の方に人が時々見えるのは,その道を生活道路として利用している人だろう。橋の手前には,ショップが何軒かある。その中で生地を売る店に入った。ショーウィンドウに原色で染色したトロピカルな絵が描かれた生地が多数飾ってあったからだ。店員は指した生地をひとつひとつ広げて見せてくれる。素材は綿かと思いきや,レーヨンだった。大きさはほぼ150cm四方である。ペラペラなので,ソファにかけるにはどうかと思うが,テーブルクロスにはいいかもしれない。枚数が増えれば割引が期待できそうだ。【2012/6/23(土) 午後 7:07】

↓チャンプアン渓谷
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_2


↓左の道はチャンプアン通りで,先はウブド中心部,右の道を上るとブランコ美術館
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_3


↓購入した生地
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_14


わが家のダイニングテーブルは長年4人用の中でも小さなものだったので,最近IKEAで売られている最大のダイニングテーブルに買い替えた。ふだんは,204cm×105cmの6人用だが,これはいちばん小さい状態で,収納されている天板を2枚加えれば,長さが300cmを超え,8~10人座れる。さすがに,これだけ大きくなると,わが家のLDKもちょっと狭く感じてしまう。通り抜けはできるがちょっと苦しいかもしれない。まだ一度も広げたことはなく,天板を使わない状態を保っている。話は戻り,せっかく買ったトロピカル生地だが,1辺が150cmでは,今度のテーブルには足りない。
チャンプアン通りは,ウブド中心部から西に進みチャンプアン橋を渡ったところから始まり,その後すぐに大きく右折し,北上する。両側は熱帯樹がうっそうと茂り,あまりショップは見当たらないが,ネカ美術館が近づくにつれて,絵を売る店や飲食店も目につくようになってくる。ウブドの大型スーパーの一つ,ビンタンスーパーマーケットもこの通りにある。

↓チャンプアン通り南部
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_4


↓絵を売るショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_6


↓ビンタンマーケットとショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_7


↓放し飼いのニワトリ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_8


↓チャンプアン通り中間
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_9


↓ネカ美術館が近づくと,飲食店も増えてくる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/60/54811760/img_10


関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バリ島随一の美術館を探索・後編~バリ島16
2012/06/16(Sat)
伝統的絵画を見た後は,一度外に出て,向かって右側にある2階建ての建物に入る。ここには抽象画っぽい絵画が多い。少し降りた1階から入り,2階に行くのがノーマルコースだ。2階はとくに風通しがよく,360度すべてに窓や絵画があって,これまた日本の美術館ではちょっと味わえない。【2012/6/16(土) 午後 8:48】

↓2階建ての建物の2階の展示スペース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_0


↓2階の出口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_1


その後,西側の扉から外に出て,向かって左側の平屋の建物で,バリ島の風物を扱った絵画を見る。こちらはわりと最近の絵画が飾られている。現代風のバリの絵なので,写実的で,中には写真顔負けの絵画もある。その中でネカ美術館を最も有名にしている絵画がある。男性と女性が壁を隔てて向かい合って(話しかけて)いる絵である。ガイドブックなどには必ず使われている絵画なのだが,もともとは別々に描かれた絵を2点横に並べたら,1点の絵のように見えるので,それ以来ずっと2点はセットで飾られ,あたかも描かれた時から1点の絵のように扱われてきたものである。そして向かって左側手前の建物とインフォメーションのある本館の絵画を見て終わりということになる。

↓向かって左側手前の建物の入口にあるユーモラスなオブジェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_2


↓向かい合う二人の絵(画質を落としてあります)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_3


↓現代バリらしい雰囲気の絵(画質を落としてあります)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_5


↓またもやあった入口のオブジェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_6


↓現代バリ画のある展示スペース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_7


↓中央にある東屋にはバリの楽器が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_8


絵画の点数はかなりあるので,ゆっくり見て回ると1時間くらいかかるかもしれない。トイレは本館の地下,グッズショップがインフォメーション前にある。ウブドに来たら必ず訪問したい美術館の1つである。他にもこのような美術館はウブドにいくつか存在するが,こことウブド中心部にあるプリ・ルキサン美術館が有名であるが,アルマ美術館等も行くとなるととても1日では見切れないだろう。

↓庭の植物
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/58/54795758/img_9


関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バリ島随一の美術館を探索・前編~バリ島15
2012/06/09(Sat)
バリ随一といわれるネカ美術館は,ウブドの中心部からは2km以上あるので,中心部から炎天下を徒歩で行くにはちょっと辛い。おまけに途中,チャンプアン渓谷を渡るので,いったん下って,その後は延々と上りである。疲れたころにやっとネカ美術館に到達する。ネカ美術館の界隈はホテルや飲食店が点在するが,緑は多く,ウブドの中心部よりは開放感があって落ち着く佇まいである。ネカ美術館のゲートを潜り,敷地に入る。左斜め前が本館である。大理石の階段を数段上り,本館の入口を入ると右側に入場券売場(インフォメーション)がある。片言の日本語を話す係員がいる。入場料は40000ルピア(2011年)。ネカ美術館はいくつもの建物に分かれ,本館や展示室に隣接する庭園は緑が色鮮やかだ。その庭園を右に眺めながら,渡り廊下を通って,正面にある,緻密なバリ絵画が展示されている建物に入る。渡り廊下には左右にライオンの彫刻が横たわっている。渡り廊下の左側に「ENTRANCE」という案内があるのだが,同時に「入口」という日本語も書かれている。それほど,ここには日本人が訪れるのだろうか?【2012/6/9(土) 午後 9:47】

↓ネカ美術館ゲート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_0


↓ゲートを潜ってすぐ左側にある石像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_1


↓本館入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_2


↓寝ころびたくなる庭園
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_3


↓展示室に向かう渡り廊下
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_4


正面の建物に入ると,壁には伝統的なバリ絵画が飾られている。展示室がいくつかに分かれ,手前から順次見ていくことになる。全体的に大きな絵画が多く、どれも緻密だが,色彩感にはちょっと乏しい。しかし,バリの雰囲気はたっぷり味わえる絵ばかりだ。中にはちょっと妖艶な絵画もある。窓は開放で,屋内ながら外気を感じながらの絵画鑑賞になるが,バリは日本の夏などとは違い,日陰はひんやり涼しいので,窓を開放にしていればとくに暑さは感じない。むしろ風が心地よく,日本ではなかなか体験できない美術鑑賞となる。

↓窓開けっぱなしの展示室内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_5


↓作品の数々(かなり画質を落としています)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_15


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_16


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_17


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_18


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_19


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_20


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_21


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_22


↓展示室の外
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/68/54778568/img_14


関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スカイマーク・サービスコンセプトとは!?
2012/06/03(Sun)
成田国際空港から国内線を利用した。ただ安いからという理由で,成田・旭川間を往復したのだ(往路5月18日・復路5月20日)。料金は片道6,800円。確かに安いが,自宅から成田までの移動時間が,搭乗時間の倍もかかるので,時間に余裕がなければ絶対に利用したくないと思うのだが。国内線のターミナルは第二ターミナルの端にある。搭乗待合室も窓らしい窓がなく,とても空港の待合室という雰囲気でない。待合室から1階に降り,バスで飛行機まで移動する。国際線とは雲泥の差である。これが海外なら,国内線でも差をつけないが,チープな成田では国際線に金をかけるのが精いっぱいなのだろう。【2012/6/3(日) 午前 11:04】

↓成田の国内線搭乗待合室
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/06/54763306/img_0


↓バスで移動だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/06/54763306/img_1


↓タラップで搭乗は,羽田でもやっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/06/54763306/img_2


↓旭川空港に駐機するスカイマーク機
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/06/54763306/img_3


↓機内は,ナローボディのボーイング737なので,多少圧迫感がある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/06/54763306/img_4


さて,復路の便の席の前ポケットに『スカイマーク・サービスコンセプト』なる書面を見つけた。今,巷で話題になっている「機内では苦情を受け付けません。…」などという,日本の航空会社では珍しいコンセプトの数々だ。ちょうど往路の日からこの書面がポケットに入るようになったということだ。ヨーロッパでは珍しくないのだが,改めて文章になっていると斬新とも言える。

↓ネット等で話題の『スカイマーク・サービスコンセプト』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/06/54763306/img_5


関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
薬膳排骨とうぶ毛取り~饒河街夜市5~台北116
2012/06/03(Sun)
台湾は医食同源のお国柄ゆえ,食べものには漢方を使うことが多い。漢方を使った食べものの代表として,夜市には必ず薬膳排骨の店がある。薬膳排骨は豚の背骨とまわりの肉を数種の漢方で長時間煮込んだもので,味付けは少し甘くしてあるが,けっして苦いということはなく,濃厚なスープに仕上がっていて,すぐに病み付きになる味である。公館夜市で食べた十全薬膳排骨に続き,饒河街夜市では別の排骨に挑戦。日本の旅行ガイドブックにもよく登場している店である。骨のまわりの肉には,お肌に最適のコラーゲンがたっぷりでとくに女性にオススメ。骨にまとわりついた肉を吸い取りながら,ぜひ魯肉飯(ルーローファン)も味わってみたい。これは豚肉のそぼろがご飯にかかっているだけであるが,排骨スープと相性がよい(公館夜市で食べた十全排骨もこの組み合わせだった)。手を拭くためのロール巻きのペーパーは用意されているが,ベトベトになるのでウェットティッシュがほしいところ。それでも病みつきになる美味しさ?に何度も通いたい。【2012/6/3(日) 午前 10:00】

↓『三兄弟排骨』屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_0


↓『三兄弟排骨』の薬膳排骨と魯肉飯
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_2


↓混み合っている別の薬膳排骨屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_3


東から西に向かって歩いていると,うぶ毛取りを街頭で行っていた。占い横丁の辺りでさかんだが,夜市ではどこでもやっている。さすがに街頭ではどうかと思うが,台北の夜市は簡単なエステやマッサージなども公衆の面前で行うのはごく普通のことである。プロモーションも同時にできるという主催者側の考えに基づくと思える。顔ついでに顔相も診てくれる店があるので,うぶ毛を取った,さっぱりした顔になって挑んでみたい。

↓街頭うぶ毛取り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_4


↓顔相店の看板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_5


↓生活用品には日米のアニメキャラが
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_6


↓Tシャツにもアニメキャラが
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_7


↓タイ焼きも食べられる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_8


↓カキ氷は日本のチープなものと違い,果肉入りのデラックス版
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_9


↓狭いゴミゴミした空間で食べるC級グルメは夜市の醍醐味!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/54763208/img_10


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |