FC2ブログ
スーパーは自分土産の宝庫~台北115
2012/04/27(Fri)
台北でスーパーマーケットといえば頂好(ディンハオ)がもっとも著名だ。店舗数は数十あり24時間営業の店舗もある。品揃えも豊富で,地域の実状に考慮した品物を取り扱っている。例えば中山にある頂好では,周辺にホテルが多いので,菓子などの土産物の品揃えがよい。この店舗は午前10時開店なので,台北の商店では開店時刻がわりと早い。午前中は空いているが,その中でもとりわけ日本人が目立つ。けっして駅からは近くないので宿泊客が来ているということになるだろうか。菓子などのバラマキ系はさておき,台湾で売られている調味料やインスタント食品は興味を惹くものが多い。【2012/4/27(金) 午前 7:51】

↓食料品が主になる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_5


↓スーパーマーケット頂好(ディンハオ)風景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/76/54681776/img_6


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブドの癒しになる田園風景~バリ島12
2012/04/21(Sat)
ウブドは空港から車で1時間~1時間20分北に行った山間にある。バリ島は南端の空港から北に行くにつれて上りになっていく。ウブドの中心部ですら,北が高く,南が低いので,北に歩いていけば上り,南に歩いていけば下りが基本である。その中でも,できるだけ傾斜のない場所には,水田が広がっている。ウブドは市街地から10分も歩けば田園地帯だが,市街地の中心部ですら表通りから100mほど奥に入れば田んぼがあり,長閑な田園風景が見られる。その風景の中にはカフェも点在する。日本では見慣れた田園風景だと思いがちだが,違うのはヤシの木など熱帯の植物と水田という組み合わせである。さらに風景だけではわからないが,バリ島は3期作を行っている。日本では沖縄などで2期作が行われているが,その上をいく3期作である。乾期では稲は育たないので,10~4月の雨季の間に3回作るようである。植えるとすぐに稲刈りという感じである。5月は乾期に入ってまもないが収穫の時期で,各地で稲刈りが行われている。農作業は女性が行うことが多い。稀に男性も混じっているが女性の仕事らしい。刈るとすぐに昔ながらの方法で脱穀もして,さっさと済ませてしまうようだ。田んぼには必ずといってアヒルがいる。日本ではカモ(アイガモ)農法といってカモを水田に放って害虫駆除を行っている。バリ島ではアヒルで害虫駆除を行うのだろう。アヒルがあちこち歩き回っている。カルガモの行進は東京などで風物詩になっているが,バリ島の田んぼではアヒルの行進が風物詩である。道を横切っていると邪魔するわけにもいかず,通り過ぎるまで待っていてやらなければならない。【2012/4/21(土) 午後 11:04】

↓ウブドの日常風景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_0


↓表通りを100mも奥に進めば水田だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_1


↓農作業は人とアヒルの共同作業?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_2


↓なぜかニワトリも協力?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_3


↓ホテルから見える風景としては珍しいかも
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_4


ウブドのカフェやレストランは田園風景をPRポイントとして立地していることが少なくない。他に絶景があるという街でもないので,田園風景や棚田,渓谷と,ウブドの住民にとっては普段から見慣れている普通の風景がPRポイントとなる。欧米はもちろん日本,韓国あたりから来た観光客も,熱帯の水田という景色は現実離れしているので,長時間見ても飽きず,緑が目に優しいので,癒しには絶好の景色である。棚田は日本では数少なくなってきたが,ウブドのような起伏のある土地ではまだまだ健在である。機械化が進んでいないから余計に棚田は残っているのだろうが,機械が入れない棚田は農作業を行う人間にとっては難儀である。

↓水田に面したカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_5


↓水田が癒しになるとは
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_6


バリ島の米はインディカ米だが,タイ米のような香り米ではないので日本人には食べやすいだろう。パサパサさもそれほど気にならず,長期滞在にも閉口はしない主食だ。バリ島で栽培している米は1種類かと思いきや数種類の種類が栽培されているそうだ。日本人にはその違いはたぶんわからないだろう。

↓バリ島の稲
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/20/54670620/img_7


関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
故宮は人でごった返す5~北京19
2012/04/14(Sat)
故宮は中国を代表する世界文化遺産登録地だけに,ここを訪れる人には外国人も多い。中国人の観光客がどっと訪れるので,比率こそ高くはないが,それなりに外国からの訪問者がある。ビジネスで北京に来たら,接待で連れていくこともあるだろうから,ありとあらゆる国の人が訪れるといってもいいだろう。ちょうど東側の回廊近くを歩いていた団体は見るからにインド人だった。ITに強く,英語が喋れるので,欧米では人気のインドだが,中国にも触手を伸ばしているのだろう。どうみても観光で来たのではなく,ビジネスで来て,その合間に見学しているようだった。欧米からは団体は少なく,個人やグループなど,とくに若者のバックパッカー系が多い。北京に来たら,必ず押さえておく場所なので,例にもれず,マイペースで見学している。【2013/1/27(日) 午後 2:22】

↓インド系と思しき人々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_0


↓外朝の西側を南下し始める
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_2


↓保和殿回廊を南下すると,弘義閣などに故宮博物院のお宝が展示されている(2009年)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_19


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_6


↓貞度門の北側から太和殿を中心に90度の範囲を撮る(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_7


それにしても,見物客が半端ではないほど多く,またここに来るまでの道のりが混雑していて時間のかかる世界遺産もそうそうあるものではない。半日あるいは丹念にまわれば1日がかりの観光になるので,バックパッカーなど時間のある人には向いている場所だ。ツアーにはきつい場所といえる。ルーブル美術館を30~40分で見学することと似ている。詰め込みツアーはたくさんの場所には都合よく行けるが,どれも中途半端で終わってしまう。もっと見たいという場合にはやはり個人で来るしかないのだ。出口(天安門)に向かう途中,すっかり疲れてしまい,座り込むファミリーがたくさん見られた。午門を出ると,故宮ではなくなくなるので,休憩する場所もベンチもなく,疲れると地べたに座り込むしかない。しかし,それをあたかも楽しんでいるファミリーが多いのは,心が大らかなのか...

↓いよいよ午門を出て故宮を去ることにする
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_8


↓午門から天安門までは,人の山である。とくに座り込む人々が目につく。
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_14


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_15


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_16


↓帰る客相手のドリンク・菓子の屋台もある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_17


↓天安門を出れば,故宮見学の一応の日程は終了
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/93/54655593/img_18


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
故宮は人でごった返す4~北京18
2012/04/07(Sat)
太和殿の北側に接して中和殿がある。ここは皇帝が休憩する控えの間である。そのまた北側に保和殿があり,3つの建物が一体化している。保和殿は宴や科挙が行われた場所である。この3つの建物の東西に回廊があり,そこから,さらに東西は現在は公開されていない。これらの建物を越え,さらに北側に進むと,大きな建物はなく,小さな建物が集中して建っている。この辺りは王宮のプライベートスペース(内廷)だったところで,太和殿のようなオフィシャルスペース(外朝)とは様々な点で異なる。太和殿の北側周辺は土産屋などの売店もあり,歩き続きの疲れた身体が一瞬ホッとする区域だ。土産屋には,お決まりの北京を描いた絵葉書だ,マウスパッドだ,などと並んで,宝物のコピー商品も並んでいる(コピーといっても正規商品である)。2時間ほどで見学しようと思えば外朝(オフィシャルスペース)だけで精一杯である。内廷(プライベートスペース)は次の機会にまわすとしよう。【2012/4/7(土) 午後 5:37】

↓太和殿東側を北上
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_0


↓左(南)から太和殿,中和殿,保和殿と並ぶ(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_1


↓保和殿回廊
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_3


↓保和殿の東部北側に到達,突き当りが土産屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_4


↓前方が乾清門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_5


↓さらに東側は景運門,この辺りには食堂が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_6


↓暑い日なのでアイスキャンディーが人気
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_7


以前(2007年まで)園内にあった「スターバックスコーヒー」は,撤退し,別のカフェが入っている。トイレはだいぶん北に進み,太和殿の北側まで行かなければならないので,天安門から入る場合は,その前にどこかで用を足しておいた方が無難だ。北側にはトイレが数箇所あるので,その辺りをまわる時はゆっくり時間をかけても大丈夫だ。入場後は,広い敷地内は移動に時間がかかることを十分考慮しなければならない(何日も滞在するなら別だが,個人旅行でさえも故宮を訪れるのは1回の旅行で1回のはずである)。一般に公開されている部分を見るだけでも軽く3時間くらいはかかるのではないだろうか,と思える広さである。

↓世界遺産だけに欧米人も少なくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_9


↓地図に見入る親子?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_10


↓疲れと暑さで休憩する親子?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_11


↓トイレもこの辺りに集中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_12


↓ここから北側は内廷
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_13


↓保和殿北側(裏側)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_14


↓保和殿の屋根の端
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/54/54641154/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |