FC2ブログ
日本最西端の集落・久部良~与那国島10
2010/01/31(Sun)
与那国島の西崎(いりざき)からの台湾方面の眺めは以前掲載したが,東側方向の久部良集落の眺めもすこぶるよい。久部良集落は日本でいちばん西にある集落だ。その集落にある小学校も中学校も皆日本最西端にあるわけだ。久部良集落から西崎までは見てもわかるようにそんなに距離はなく,車で2~3分である。ただし,車を降りて少し徒歩で登らなければならないが,たいした距離ではない。ここまで登って来る間,熱帯性の植物が茂り,亜熱帯であることを再認識する。誰も観光に来ている者がいないのは,オフシーズンだからだろうか。【2010/1/31(日) 午後 3:10】

↓日本で最も西にある集落・久部良
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/41/51673741/img_0


↓駐車場から西崎に行く歩行者道路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/41/51673741/img_1


↓西崎手前の芝生
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/41/51673741/img_2


↓西崎から見た久部良集落(クリックで拡大!)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/41/51673741/img_3


与那国島のドライブは快適である。何しろ島内に信号は2つしかなく,歩行者用の押しボタンがあっても使われている形跡はほとんどない。しばらく走ってもすれ違う車はめったにない。ペーパードライバーがいきなり運転しても,事故にはけっして至らない交通事情である。与那国空港内には米浜レンタカーという地元レンタカー会社が入っている。電話で予約をしておくと,空港内のカウンターで車の鍵を渡され,ナンバープレートを伝えられる。あとは自分で空港の外にある駐車場に行って(もちろん無料で停め放題の駐車場),自ら車を探して,発進すればよい。出発前の車の傷などのチェックはない,といういい加減さというか大らかさというか。こういうところが亜熱帯地域のいいところだ。ちょっと景色のよいところがあれば,路駐して見に行っても,咎める人もいなければ,路駐を取り締まる警察官もいない(島に駐在所はあるのだが,事件が起きない限り,取り締まりはない。)。全体に断崖の多い島なので,砂浜はその断崖の下に少しあるくらいで,場所としては北西部と南部の一部分だ。つまりビーチと呼ばれるものはない。断崖の上から海を眺めるだけになるが,それでも十分なほど美しい海が続く。

↓米浜レンタカーから1泊2日で借りた車(真ん中)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/41/51673741/img_4


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界遺産3 聖ドミニコ教会と聖ドミニコ広場~マカオ20
2010/01/29(Fri)
聖ドミニコ教会はセナド広場の南東から行くと,突き当たりの左側にある。まわりは若者向けの衣料品店が多く,マカオ随一のシャレたストリートだろう。在来の商店街が少し離れたところにあるが,歩道が狭く,モザイク道路ではなく,西洋風の建物でもないので,若者向けにはほど遠い。この聖ドミニコ教会は1587年創建のバロック式である(大規模な修復の結果,1997年に再オープンした)。淡い黄色の壁の大きな教会で,濃い緑色のドアなどとの色の相性もよい。マカオでもっとも美しいといわれる所以である。正面の祭壇には聖母マリアが祀られ,隣にはアジアのキリスト伝道に関する資料を集めた美術館がある。どこかしら中国の影響を受けた感じがする。聖ドミニコ広場はセナド広場と並ぶ通行の中心だ。ここを拠点にマカオの各世界遺産へ行けることになるが,表玄関のセナド広場の方があまりにも有名で,マカオの顔をなっている。しかし,このドミニコ広場を通らねばセナド広場から北側の世界遺産には行けないとなれば,裏玄関といったところか。聖ドミニコ教会の左側の道を進むと,マカオ本来の商店街に抜けることができる。狭い道,古い家並みの商店街もぜひ見ておきたい。聖ドミニコ広場からは,古い商店街まで目と鼻の先だし,聖ポール天主堂の玄関口で,とても便利な場所だが,生憎この辺りにはホテルがないので,結局はセナド広場で待ち合わせたりすることの方が多いかもしれない。【2010/1/29(金) 午後 9:05】

↓聖ドミニコ教会
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_0


↓聖ドミニコ広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_1


↓聖ドミニコ教会の裏側にある通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_2


↓中国らしい店が軒を並べる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_6


↓意味不明の絵
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_7


↓スーパーには日本食品も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/25/51666025/img_11


関連記事
この記事のURL | マカオ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2月に田植え~与那国島9
2010/01/28(Thu)
2月下旬に与那国島(日本最西端)に取材で行ったとき,レンタカーで島内をまわっていると,田植えの風景が目に入ってきた。確かにこの日は27℃もあり,暑いとは感じたが,本土では早くても4月~5月だから,ずいぶんと早いものだと思った。これは2期作の1作目なので,これを刈り取った後にもう1回田植えをするわけである。沖縄米は本土に入ってこないが,どんな味がするのだろうか?与那国を訪れる2週間前には北海道稚内(日本最北端・北方領土を除く)にいたので,2週間で北と西の端を制覇したことになる。こんな人間は数少ないと思う。稚内はもちろん氷点下だから,冬の2週間後に夏を味わったことになる。日本は南北にはやたらと長いことを体で体験した。【2010/1/28(木) 午後 8:45】

↓トラクターで代掻き
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/79/51660579/img_0


↓田植え
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/79/51660579/img_1


↓稲の苗
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/79/51660579/img_2


↓田植えした後の水田
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/79/51660579/img_3


関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本ではきわめて少ないマルタのガイドブック~マルタ54
2010/01/27(Wed)
日本からマルタへ行く直行便はないので,必ず経由便で行くことになるが,ヨーロッパへ直行する便を使うのが時間的にはいちばん効率がよい。アジア経由は運賃は安いが時間がかかるのと,最低2回の乗り継ぎになるので体力も必要だ。海外旅行で助けになるのが観光ガイドブックであるが,マルタの観光ガイドブックは,とくに日本語になっているものはきわめて少ない。『地球の歩き方 南イタリアとマルタ』編の後半60ページくらいと,楽天舎という出版社から出ている『ザビッハ マルタ』という本くらいである(後者は地方では取り寄せになる)。あとはエッセイが3冊程度出ている。一方,英語版でもそれほどはなく,旅行者のバイブル的観光ガイド『ロンリー・プラネット』と『トーマスクック』くらいである(前者をオススメ,後者は店の紹介などが少なく全体として情報量は少ない)。『ロンリー・プラネット』はホテルやレストランなど旅行に必要な情報がかなり詳しく載っている。『地球の歩き方』の数倍の情報量だろう。最新版をamazonで購入し,活用した。 マルタに行くと,土産物屋でも本屋でもさすがに写真が豊富なオールカラーの旅行ガイドがたくさん売られている。しかし内容については一般的なことが多く,『地球の歩き方』のような口コミ情報もなく,『ロンリー・プラネット』のような個々のホテルやレストランの解説もない。その分,豊富な写真で目を楽しませてはくれる。景勝地を見せることに中心が置かれ,解説は一般的な内容で,バスなどの公共交通を使い,歩き回ることの多いバックパッカーのような人には相当物足りない内容と思える。マルタの写真集と割り切るならそこそこ楽しめる本だ。日本語版(7ユーロ)もあるが,基礎知識を得るにはよいが,個人旅行であちこちまわる人にはどうかと思う。【2010/1/27(水) 午後 9:26】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/63/51655263/img_0


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/63/51655263/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
沙面は彫刻でいっぱい~広州21
2010/01/26(Tue)
沙面地区は緑が多く,あちこちに彫刻が置かれている。彫刻巡りだけでも時間が潰せ,面白そうだ。これらの彫刻像は,着用している服装等を見るとわりと新しいもので,公園として整備するにあたって各所に設けたものと思われる。見ていて楽しい彫刻が多いようだ。洋館をバックに彫刻を入れて写真を撮れば,とても中国で撮った写真とは思えないほどだ。オスロのフログネル公園のヴィーゲランの彫刻のように,何かを考えさせるような彫刻ではなく,単刀直入に微笑ましい雰囲気を醸し出す彫刻の数々である。【2010/1/26(火) 午後 8:14】

↓日本にはけっしてないようなほのぼのした彫刻群
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_6


レンガ造りの建物が並び,広州では最もハイセンスな地区なので,撮影にも多々使われているようで,訪れたときはCM撮影に使われていた。男女のモデルがテニスファッションで現れたかと思うと,車の陰で着替えて,別の服装でまた撮影が続く。見ていて非常に慌ただしい撮影だ。湿度90%以上ゆえ,汗がしたたり落ちる中で,着替え,ポーズを取り撮影するというのは撮る方も撮られる方も,早く終わらせてしまいたいという考えが先に立っているように思えた。

↓雑誌などのグラビア撮影中?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_9


洋館には「招待所」という看板の付いたところもある。「招待所」とは,政府機関や軍,企業などの組織が作った宿泊施設あるいは安価な旅行者のための宿であるが,この施設はどちらだろうか。どうも前者らしい。

↓沙面の中心にある「招待所」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_10


↓沙面の端にあったタバコ屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_11


関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
タイの中高生~バンコク34
2010/01/25(Mon)
タイの中高生の制服は,日本のように冬服はないので,女子はブラウスとひだスカート,男子はシャツとズボンが原則である。上着がポロシャツになったりすることはあるが,学生服もブレザーも熱帯なので存在しない。一年中同じ服装なので,同じ物を何枚もそろえなければならないが,冬服よりはクリーニング代が安い,同じ種類の服だけをそろえるので,まとめ買いで得する,などリーズナブルに見えるが,汗をかきっぱなしなので,耐久性は落ち,結局は同じかも...。衣替えがないので,心機一転やるぞ,というのが1年を通じてなく,とくに女子には物足りないのではないだろうか。制服でいろいろと着飾れることができるのは冬服なので,夏服ではあまりアクセントを付けようがない。それにしてもアジア各国は制服がとても似ている。タイも日本と似ているが,韓国は学生服に学生ズボン,セーラー服など日本とまるでそっくりなラインナップだ。【2010/1/25(月) 午後 8:34】

↓女子はブラウスにスカートが基本
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/49/51645549/img_0


↓ポロシャツのアレンジもあり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/49/51645549/img_1


関連記事
この記事のURL | タイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ローカル線に揺られて・懐かし風景・十分4~新北12
2010/01/24(Sun)
十分の家々はかなり老朽化している。これは台北市内とて同じことだが,次々に建て増ししていった結果,見た目が継ぎ接ぎだらけのパッチパークのような外観になっている家もある。小さな集落ながら,雑貨店,八百屋,食堂など暮らしに必要な最低限の店は揃っているようだ。宿泊できる民宿&レストランも駅近くにあるので,のんびりここで泊まってみるのもよい。商店街のすぐ南側には川が流れつり橋が架かっている(「静安吊橋」)。川面からそれほど高くないことと,全長が短いので恐怖感はない。橋の向こうにも住宅が見えるが,数は少なく,後ろがすぐに山なので,住んでいる人は少ない。平渓(ピンシー)線は東西に伸びている(川が東西に流れ,谷間になっている)ので,その線路に沿って街を造ると,自ずから東西に長い街となる。5月とはいえ,緑はすでに濃く,自然に恵まれた場所なので,気分転換にはもってこいの街だ。【2010/1/24(日) 午前 9:59】

↓老朽化した家が目立つ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_1


↓八百屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_2


↓八百屋の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_4


↓民宿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_5


↓つり橋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_8


↓つり橋の上から見た十分駅舎とホーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_9


↓つり橋の袂にあった十分観光案内図
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_10


↓川の向こう側(南側)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_11


↓緑濃いまわりの山々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_12


↓列車が入ってきたのでこれから基隆(ジーロン)に移動だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/26/51638526/img_13


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペリーは箱館に寄っていた~道南3
2010/01/23(Sat)
ペリーといえば,今の静岡県下田に黒船を率いて来航し(1853年),翌年に日米和親条約を江戸幕府と結んだことで有名だが,函館(当時箱館)に来たことを知る人は圧倒的に少ない。1854年に日米和親条約を締結後,まっすぐにアメリカに帰らず,函館に寄っているのである。その時の会見場所(現存せず)が市内南部の港に近いところにあったらしい。さらに来航150年を記念して,函館山の麓に像が建てられた。函館観光というと,函館山,ハリストス正教会,ベイエリア,五稜郭などがツアーでもメインになってしまっていて,このような歴史に触れることがないのは残念だ。【2010/1/23(土) 午後 4:06】

↓ペリー像(バックは函館山)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/90/51635090/img_0


↓「ペリー提督 来航記念碑」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/90/51635090/img_1


↓ペリー会見所跡
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/90/51635090/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/90/51635090/img_4


関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムルデカ広場~クアラルンプール24
2010/01/22(Fri)
チャイナタウンとインド人街を結ぶ線上の西側に,大きな芝生の広場がある(南北に約200m,東西に約100m)。ここは,ムルデカ・スクエアと呼ばれ,1957年8月31日にマレーシアの独立(イギリスからの)が宣言された場所である。南側には,国旗がはためき,広場自体は,クリケットなどの競技に使われることもあるが,基本的には誰でも出入り自由である。観光バスが停まり,中国人の団体が芝生の上で写真を撮りあったりしている光景に出くわした。クアラルンプール半日オプショナルツアーには必ず訪れる場所ではあるが,ただの広場なので,ここで何をするというわけでない。。歴史的建造物が立ち並ぶラジャ通りから,広場の向こうを見ると,イギリス統治時代に建てられたクラブハウス「ロイヤル・スランゴール・クラブ」の素敵な建物が見える。今も特権階級の人たちの社交場として使われているとか。マレーシアの特権階級とは,政府関係者,銀行など企業のトップなどであって,一般庶民にはまったく関係のないところのようだ。【2010/1/22(金) 午後 8:55】

↓ムルデカ広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/87/51631587/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/87/51631587/img_1


尚,この広場の最南端にある国旗掲揚塔は100mの高さがあり,世界一だ。日陰がなく,3~5月の暑期には,いくら芝生があるとはいえ,気温がうなぎのぼりなので,ミネラルウォーターを持参したり,帽子をかぶったするなどの暑さ対策が必要だ。近くにミネラルウォーターを買える場所も無いので,セントラルマーケットを経由してそこで買ってくるしかないかも。歩くコースは慎重に考えたい。

↓国旗掲揚塔
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/87/51631587/img_2


関連記事
この記事のURL | マレーシア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東大門市場の巨艦『ミリオレ東大門』~ソウル111
2010/01/20(Wed)
 『ミリオレ』は日本にあるパルコと同様の雑居ビルであるが,規模はミリオレに軍配が上がる。明洞店もあるが,大きさでは東大門店の方が大きい。東大門店は16フロアに2000軒もの店舗が入っていて,1店舗3分で見ても,全部見るのに100時間を要する。つまり1日,2日ではとても見終わることができないということだ。これらの店舗はひとつひとつが問屋兼小売である。個人で買いに来る人もいれば,また売りするために大量に買い入れに来る人もいる。午前中に4~5時間営業を停止している他はフル営業で,とくに買い入れが活発な夜間10~2時くらいがいちばん賑わう。値段は交渉で決まるので,市場がビルになったような感覚にもなる。同じフロアーには同じような店が入っているので,値段が高ければどんどん別の店をまわるにこしたことはない。衣類のフロアーではあまり日本人が声をかけられることはない(あまりに客が多いので)が,バッグや時計などの売り場に行くと,いの一番に声をかけられるのは日本人である。ここには本物は一切売られていないので,ブランドだと言われても100%偽モノである。中国ではオリンピックを控え,当局が偽モノの撲滅に力を入れていたようだが,韓国はのんびりしたもので偽モノが堂々と売られていても当局は一切関知しないようだ。【2010/1/20(水)午後9:06】

↓『ミリオレ東大門』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_0


↓『ミリオレ東大門』内の売り場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/46/51621446/img_12


関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ