FC2ブログ
マカオ名物のバカ旨アーモンドクッキー~マカオ16
2009/10/31(Sat)
官也街ストリートのほぼ中心に「鉅記手信(コイケイサウソン)」がある。マカオに数店舗あり,土産はここで買うのが王道らしい。CSの「旅チャンネル」などでも紹介され,中国本土からの観光客の土産品トップを誇る店である。ここの「杏仁餅」と呼ばれるアーモンドクッキーはとても美味しい。マカオの関門やフェリーターミナルに行くと「鉅記手信」の手提げ袋を持った人を必ず見かける。店内はわりと広くいろいろな菓子を扱ってはいるが,何といってもアーモンドクッキーがいちばん人気だ。一箱35元だが,4箱買うと100元にするという。一箱25元なら超お徳だ。香港のチェクラップコック国際空港で買うと一箱100元に跳ね上がるので,何と4倍の値段差がある。店頭では製造作業が見られる。クッキーとはいっても,アーモンドや緑豆の粉を油で固めて,型押しし乾燥させて作るので,焼いたりはしない。【2009/10/31(土) 午後 6:51】

↓来店者の多い「鉅記手信」の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_0


↓これが「杏仁餅」と呼ばれるアーモンドクッキー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_1


↓日本語で「アーモンドビスケット」と書かれているが,下の英語では「ミニアーモンドクッキー」と描かれている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_6


↓製造作業
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/48/51206148/img_5


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | マカオ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アイス・カチャンを食する~クアラルンプール20
2009/10/30(Fri)
マレーシアのひんやりスイーツといえば,アイス・カチャンだ。これはいわゆるマレーシア風かき氷のことだ。豆(カチャン)や細切りゼリーののった氷に甘いシロップがかかっている。これらをかき混ぜて食べるのは韓国のカキ氷と似ている。日本のカキ氷は,シロップと練乳だけで固体が入っていないので混ぜる必要もない。
セントラル・マーケットの2階にはフードコートがある。けっこう広い空間で,中華,マレー,インド,イタリア,日本料理が味わえるが,デザート系も充実している。腹もそれほどすいていなかったので,ここらでアイスカチャンでも食べておこうと,中央にあるドリンクスペースでオーダーした。店の人がカキ氷の上にいろいろとトッピングをしていく。支払いはそれぞれの店で行い,テーブルはどこでも自由だ。見た目派手な色彩のカキ氷で,日本と根本的に違うのは豆などの具がのっていることだ。このへんは台湾,香港,ベトナムなどと共通する。氷に赤や黄色の色が付き,すでに具がその中に混ざっている。氷の割合が多いので,かき回しても,何が入っているのかわからないが,食べているうちに量が減り,氷が解けてきると,こんなものが入っていたのだと気づくのは,それで楽しいというものだ。【2009/10/30(金) 午後 7:47】

↓フードコートのあるセントラルマーケットの2階から1階の中央通路を見る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_0


↓2階の半分はフードコート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_1


↓アイス・カチャンを注文
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_2


↓アイス・カチャン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_3


↓氷が解けてくると,隠れていたものが次々と露出してくるアイス・カチャン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_7


 隣席で,インド系の女性とマレー系の女性,はたまた反対側ではマレー系の女性と中華系の女性が食事をしながら話をしていた。こういう光景はなかなか見られるものではない。イスラム教徒,ヒンズー教徒,仏教徒が同席する多民族社会を目のあたりにできるのがマレーシアだ。

↓料理を盛るマレー系の女性
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_4


↓インド系とマレー系の女性
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_5


↓マレー系と中華系の女性
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/54/51201254/img_6


関連記事
この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハジャーイム神殿のお隣イムナイドラ神殿~マルタ50
2009/10/25(Sun)
ハジャーイム神殿を見た後では,同じように見える岩の数々はよほど興味を持つ人でないと飽きてくる。気温は上昇し,暑くなってくると,イムナイドラ神殿までの何もないコンクリートのゆるい坂道は苦痛である。入口まで来ると,管理人が連れてきているのだろうか,2頭のイヌが通路をふさぐように寝そべっていた。入口の幅が狭いので踏んでしまいそうだが,噛み付かれるのはいやなので端をそろっと中に滑り込んだ。ハジャーイムよりは小ぶりな遺跡で,もうすぐ海という場所にある。海が見えるが民家は近くにはない。南部の海岸はほとんど断崖になっていて砂浜海岸はほとんどない。その断崖の上にイムナイドラ神殿はある。ドイツ語が聞こえてきたので,ドイツ人の団体だろうか。20人くらいの老若男女がガイドの解説に耳を傾けていた。日本の団体と違い探究心旺盛で,解説を聞いた後は思い思いに石を触ったり,写真を撮ったりと学習に専念していた。【2009/10/25(日) 午前 9:47】

↓ハジャーイム神殿から見たイムナイドラ神殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_0


↓イムナイドラ神殿までの下りの一本道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_1


↓イムナイドラ神殿の入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_2


↓イムナイドラ神殿から見える景観の表示板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_3


↓イムナイドラ神殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_6


↓周囲にはサボテンが多く自生する
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_7


↓ドイツ人の団体
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_8


↓ハジャーイム神殿までの上り道・・・犬は2頭ともまだ寝ている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_9


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/18/51171718/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きらきらみちのく下北
2009/10/25(Sun)
下北(しもきた)といえば,東京では下北沢の略語として認識する人間が多いが,仕事で何回か青森県下北半島に行く人間にとってみれば,下北沢と結びつけることはまずない。10月3日に仕事で下北半島に出張することになった。いつもは羽田から三沢空港(青森県)に飛んで,その後は列車利用だが,今回は往路が新幹線+在来線,復路が三沢から飛行機という行程にしてみた。新幹線は八戸止まりなので,その後は,八戸から野辺地まで特急,野辺地から下北(むつ市)までは普通列車かバスということになり,乗り換えが多くたいへん不便である。家からドアツードアで7時間30分もかかるのだから,家から成田を経て上海に行くのと同じくらいかかる。ところが10月3日は土曜日で,八戸から下北まで乗り換えなしで走るリゾート列車があることを見つけ,指定券だけ買っておいた。その名も「きらきらみちのく下北号」である。ねぶたの塗装が鮮やかな3両編成の列車で,座席は1列+2列で,予約した指定券はたまたま1列の方。その座席は45度回転するので,車窓からの景色が横向きに眺められるという特典付きだ。まわりの乗客は観光客ばかりで,スーツを着た人間はいないので,たいへん浮いた状態で乗るハメとなった。八戸を出て,しばらくは穀倉地帯を走るので,黄色く実った稲穂がたなびく景色が,遠くには来年開通する東北新幹線の八戸・新青森間の高架橋が見えた。【2009/10/25(日) 午前 9:08】

↓下北までのキップ・・・けっして下北沢までのキップではない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_0


↓八戸から乗った「きらきらみちのく下北号」の指定券・・・快速列車なので特急料金などは不要
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_1


↓「きらきらみちのく下北号」の先頭車(3号車)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_2


↓ねぶたの派手な塗装が目立つ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_3


↓3号車の車内・・・2号車は座席が畳のコンパートメント風
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_4


↓八戸・三沢間の景色・・・遠くが工事中の東北新幹線
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_5


さて,本来の乗り換え駅の野辺地に停車。車窓を眺めていたら,テレビで目にする顔が外を通っていった。この列車に乗って撮影をするらしい。スタッフ5名ほどと乗り込んできて,各車両で撮影開始。窓の外は津軽湾の景色が素晴らしい。遠くには津軽半島の山並みも見える。途中,2両目では津軽三味線の演奏会があったり,リゾート列車そのものなのだが,やはりスーツというのは違和感がある。下北に着く20分前からは強風のため徐行運転になり,下北到着は約10分ほど遅れたが,仕事前にきれいな景色を堪能することができ,休みの日の出張もまんざら悪くないと思えた。この撮影内容が映るテレビ番組が昨日(24日),テレビ東京午後7時からの旅行番組であった。その俳優がちょうど隣の席に座ったのにもかかわらず(話はしていない),このシーンも含め3号車全体のやりとりがカットされた。やはりリゾート列車にスーツ姿が映っていてはまずいのだろう。

↓野辺地駅から乗ってきた辰巳琢郎(この日は五所川原からの移動)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_6


↓3号車で撮影する辰巳琢郎・・・この3号車の撮影場面は本番ではすべてカット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_7


↓津軽湾と津軽半島
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_8


↓徐行中・・・運転席横から前が見えるようになっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/73/51171573/img_9


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ピラミッドより古いハジャーイム神殿~マルタ49
2009/10/20(Tue)
ハジャーイム神殿はマルタ島南東部にあり,エジプトのピラミッドよりも古いとされている。しかしゴゾ島のシュガンティーヤ神殿よりは新しく,石の積み方にも進歩が見られるということである。マルタにある3つの世界遺産のひとつである。古代神殿はマルタに複数あり,ここは比較的保存状態のよいものだ。入り口でイムナイドラ神殿との共通チケット(7ユーロ)を購入すると,販売員の男性が「アリガトウ」と日本語で言ってくれた。どうして日本語なのかマルタにいる間ずっと疑問に思った。中国人かもしれないし,韓国人かもしれないではないか。そんなに日本人という顔をしているのか?日本人を顔だけで区別できるとしたらマルタ人の判別能力はすごい。【2009/10/20(火) 午後 8:13】
この神殿,岩を積み上げて作られているが,これらの巨大な岩をどうやって積み上げたかはまったくの謎である。近くに寄ると確かに巨大な岩である。最大で一つの石が20トンもあるといわれているので,数十人がよってたかっても持ち上げるのは無理に思える。ここから出土した女神像(「マルタのヴィーナス」)の彫刻や壺などはヴァレッタの考古学博物館に展示されているが,頭がなく,どんな顔をしていたかはわからない。女神像は太った妊婦像で,この像で豊穣を祈ったらしい。

↓ハジャーイム神殿
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_5


パノラマ(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_6


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/62/51147362/img_7


関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
官也街を歩く~マカオ15
2009/10/18(Sun)
食街(フードストリート)として有名な官也街はタイパ島の中央部よりやや南西側にある。マカオ半島からタイパ島に行く場合は,マカオ半島とタイパ島を結ぶ3本の橋(いずれも2000m以上の長大橋)のいずれかを通っていかなければならない。タクシーでもバスでも島に渡るときに料金が加算される。マカオ半島部以外の島ならバスよりもタクシーの方が早く確実だ。官也街は高層住宅が建ちならぶ一角に低層の通りがあり,その両側に飲食店や菓子屋,土産屋などが並んでいる。わずか100mほどの通りだが,観光客には人気のある通りだ。通りの真ん中にはベンチがいくつか配置され,買った物を座って食べられるようにはなっているが,混雑している時は,ベンチの数が少なすぎて,席をゲットするのがたいへんだ。土産屋には,マカオのトランプや絵葉書など定番のグッズが置かれているが,ここのお目当ては食べものなので,グッズに見向きをする者はいない。菓子屋では,試食ができるので,とくに有名なアーモンドクッキーはいろいろな味があるので,食べ比べてから購入したい。スイーツは歩きながら食べることができるので,気に入ったものを見つけて散策方々賞味したい。【2009/10/18(日) 午後 6:13】

↓官也街入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/04/51135204/img_0


↓官也街ストリート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/04/51135204/img_1


↓喫茶店?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/04/51135204/img_2


↓官也街ストリート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/04/51135204/img_3


官也街の手前で交差する道路沿いにも店はあるが,官也街ほどの密集度はない。コロアネ島からタクシーで移動したので,ほんの10分ほどで着いてしまったが,マカオ半島(リスボアホテル周辺)からバスで来ると15~20分ほどだろうか(タクシーなら10分ほど)。タイパ島で観光客が必ず寄る場所は,ここと近くのタイパハウスくらいだ。そのくらいタイパ島の観光名所の代名詞が官也街だ。

↓官也街と交差するストリート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/04/51135204/img_4


↓こちらはカレー屋やコンビニが並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/04/51135204/img_5


関連記事
この記事のURL | マカオ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大型ショッピングセンター~広州19
2009/10/17(Sat)
広州市内には百貨店もあるが,ショッピングセンターという形をとる大規模店が多い。地下鉄1号線長寿路駅の上に建つショッピングセンターもかなり大きく,近代的だが,核となる店がとくになく,比較的小規模な店がたくさん入居している。地下2階の広場では靴の特売が行われていたが,物価に比べて特別安いというわけではなかった。むしろ商店街の店舗のセールの方が安いと思う。このショッピングセンターは人はまばらで,店員もあまりやる気がないようだ。接客販売もせず,ボーッとしている店員も多い。空調は効いているので,外の蒸し暑さは伝わっては来ず,快適な館内ではあるが,人がまばらな館内はむしろ寒々しい。意外と,近くの商店街の方が賑やかで,閑古鳥が鳴いているのは,値段の差ではないだろうか。商店街はセールをやっており,廉価品が目白押しなのに,ショッピングセンターの方は赤札もなく,たいした割引もしていないようだ。規模が大きく,店も多い割には役立たずのショッピングセンターである。センター内の売り場は,日本のようなごちゃごちゃ感はなく,その反対でずいぶんと殺風景である。やたらと空いた空間があり,人も少ないのでそう感じるのかもしれない。【2009/10/17(土) 午後 0:35】

↓広州地鉄「長寿路」駅入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_0


↓長寿路駅の上にある大型ショッピングセンター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_1


↓吹き抜けになった館内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_3


↓地下2階で行われていた催し場のセール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_4


↓2階フロアー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_5


↓地下1階はガラガラ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_6


↓安売り店(ホンモノなのか?)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_7


↓アストロボーイも怪しい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_8


海外資本もこのようなショッピングセンターに出店している。けっして安くはないが,よほどメジャーで,それほど高くないブランドに人気が集まっているようだ。従来の市場や市場の延長の商店街の方が人が集まっており,まだまだ上流階級でないと,ショッピングセンターや百貨店では買えないのだろう。

↓従来型の市場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_12


関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セントラルマーケット~クアラルンプール19
2009/10/16(Fri)
かつてはクアラルンプール随一の「生鮮マーケット」だったセントラル・マーケットは,現在はマレーシアのクラフト製品などを売るお土産マーケットに変貌を遂げている。建物は薄いブルーでレトロっぽく,ヤシの木に囲まれているので,トロピカルムードも漂う。外の暑さとは裏腹に,屋内は完全冷房で,ひんやりしていてお買い物には十分な環境だ。南側にあるのが中央口らしいが,東側にもいくつか出入り口がある。中は冷房完備で涼しい。中央部が吹き抜けになっていて,東西に店舗が分かれている。いちばん北側の玄関を出ると,アネックス(別館)がある。こちらは,絵が並んでいて,とくに見るべきものはない。こじんまりした建物だ。物販店は1階で,2階はフードコートやレストランなどがある。疲れたらフードコートにドリンクが豊富にあるので何時間でも長居はできる。1階の中央部にはワゴンがたくさん並び,日用品,観葉植物,ぬいぐるみ,食品など,あまりお土産にはなりにくいものまで売っている。観光マーケット化しているが,2階に大きなフードコートもあるので,地元民もたくさん訪れる場所である。もちろん,アジア各地,欧米からの観光客もたくさん来ているので,主となる3民族の土産は充実していて,バティック(ロウケツ染め),金や銀の糸で織るマレーシアの伝統生地「ソンケット」,マレーシア特産のスズを使った合金ピューター製品(値段は目が飛び出る?ほど高い)を始め,民芸品や生地など100店舗以上の店が入っている。【2009/10/16(金) 午後 8:44】

↓「セントラルマーケット」中央入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_0


↓「セントラルマーケット」横
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_1


↓「セントラルマーケット」1階
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_9


↓「セントラルマーケット」周辺
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/51125552/img_11


関連記事
この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「マンゴー・タンゴ」~バンコク29
2009/10/15(Thu)
マンゴーはタイではごくふつうに食べられているフルーツだ。生でカットして食べるのが日常だが,デザートとしてマンゴー三昧が味わえるのが,香港発のマンゴーデザート専門店「マンゴー・タンゴ」だ。何もバンコクまで来てこの店に入ることはないのだが,マンゴーに目がないので,惹かれて入ってしまった。場所はサーヤムスクエアの一角。サーヤム・スクエアは,その南隣にあるチュラロンコーン大学(タイの東大といわれる)の土地を借りて開発された大規模な街だ。東京でいうと原宿や渋谷,青山あたりの雰囲気に似ている。しかし道路は広めにとってあり散策するにはもってこいだ。BTSサーヤム駅を南側に降りてすぐのところにある。店内は狭く,座席数は20くらいだろうか。【2009/10/15(木) 午後 8:21】

↓「マンゴー・タンゴ」の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/51120343/img_0


↓ショーウィンドウに並ぶマンゴー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/51120343/img_1


訪れた時は午後のティータイムということもあり満席に近く,何とか奥の席をゲット。従業員がせわしなく動き回っていて,注文を聞いてくれそうになかったので,入口に近いカウンター越しに注文をした。この店の一番人気は店の名前がそのままついた「マンゴー・タンゴ」だ。生マンゴー,マンゴープリン,マンゴーアイスクリームの3点セットになっている(85B)。しかし,メニューの中身がわからず結局頼んで出てきたのは「マンゴー・コンボ」(85B)になってしまった。こちらはマンゴー入りフルーツポンチといった感じだが,ドラゴンフルーツやスイカなども入り,贅沢なフルーツスイーツだ。屋台のマンゴーなら1個40B前後で食べられるので,マンゴー1個の半分しか使っていない「マンゴー・タンゴ」はちょっと割高である。しかし,テイクアウトで食べるのと,屋内のイス席で食べることの違いと考えれば納得できる値段だ。なにしろ若者に大人気なので,若いファミリーとカップルがほとんどを占め,多くは一番人気の「マンゴー・タンゴ」を注文していた。この店はメニューのネーミングが面白く,カットフルーツにマンゴープリンが載った「マンゴー・ルンバ」,柑橘系の果肉にココナッツミルクとマンゴー・ソースのかかった「マンゴー・アロハ」などがある。味はどれもいいのだが,店内がかなり狭く,時間帯にもよるがいつも混雑している(この時はほぼ満席状態)ようだ。店内は通路もろくにないので居心地は悪く,ゆっくり味わうという場所ではなかった。話のタネには行ってみてもよいが,やはり本家本元の香港のショップの方がよいだろう(11~22時,休みなし)。

↓店内の様子
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/51120343/img_2


↓「マンゴー・コンボ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/51120343/img_3


↓店の紙ナプキン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/51120343/img_4


↓「マンゴー・タンゴ」のある通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/43/51120343/img_5


関連記事
この記事のURL | タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
李朝の王様気分のお土産~ソウル107
2009/10/14(Wed)
仁寺洞(インサドン)は土産物屋が多い。その中でも最近目を惹いたのが,いわゆる着せ替え人形である。といっても若干凹凸があっても平面の人形にどうやって着せ替えするのかといえば,これがIT大国の考えることはすごい。これをフラットスチャナーでパソコンに取り込み,そこで着せ替えをするようなのだが,着せ替え用の服も買わなければならず,金がかかりそうだ。と思っていたが,実はスキャナーで取り込むところまでは間違いなかったが,その後は,顔の部分を自分の写真などに差し替えて,王朝気分を味わい,満足するらしい。確かに面白い発想だが,この平面人形はけっして安くはない。8000ウォンくらいするので,お気に入りを一つ買えば充分である。自分がどういった職位や服装になるのがいいのかよく想像して買う必要があるので,考える場所として街頭はあまりにも落ち着かない。【2009/10/14(水)午後8:23】

↓仁寺洞の土産屋の店頭で売られている着せ替え人形
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_1


↓オプションも各種揃っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_3


↓やっぱり買うならコレダ!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_4


↓掘り出し土産がきっと見つかる仁寺洞のメインストリート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/51114424/img_6


関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ