FC2ブログ
コンビニにくちばしが~広州16
2009/06/30(Tue)
広州にもかなりのコンビニが出店し,とくにセブンイレブンはここでも強い。店内の印象は日本と基本的にはかわらないが,思ったよりも通路が狭く,鴨かあひるかにわとりかわからないが,脚やくちばしがレトルトパックで売られている。透明のパックなので形が色とともにそのままでたいへんリアルである。中国では屋台で鶏の脚や頭がごく普通に売られているので,コンビニのような店舗でも売られていることは珍しいことではない。食に関しては,たとえコンビニであろうと,何が売られていても驚いてはならない。四足のあるものは机やイス以外は何でも食べてしまう中国であるから豚や牛の頭がそのへんにころがっていても何ら不思議ではないし,驚く人もいない。市場を見慣れてしまえば,コンビニにあるものはむしろ相当控えめなので(生鮮品が売られていない),大丈夫だが,逆にコンビニを見慣れたからといって,その次に市場を見ると,動物解体のすさまじさに少しはショックを受けるだろう。【2009/6/30(火) 午後 8:51】

↓レトルトパックが吊り下げられた店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/80/50354280/img_0


広州の道路地図がなかったので,コンビニにあった15元の広州道路地図を購入した。ようやく今まで歩いてきた道路と方向がわかったので収穫だった。方向もわからないで歩くのは,何とも心もとない。この辺りの街歩きには,すでに日本の旅行ガイドブックはどこも対応していない。早めに地元で地図を購入して,歩くのが道に迷うことも少なく,効率的である。まして湿度90%以上の中では,無駄な歩行は絶対に避けなければならない。

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ズリーからブルーグロットへ3~マルタ43
2009/06/29(Mon)
もうすぐ海に出るというところで,ふと下を眺めると小さな公園があり,野ウサギの逃げていくのが見えた。野ウサギを見ることは初めてだ。北部の都市部に対して南部は人口も少なく,自然にあふれている。人口の少ないのは,南部は断崖が多く,港が確保できないことと関係があるようだ。低木の乾燥した土地が続き,温暖で住むにはとてもよさそうだが。ようやく海に出ると断崖に遊歩道が整備されていて,下をのぞきこむとブルーグロットが一望できる場所がある。ガイドブックの写真でよく見る風景で,海の色がエメラルドグリーンになっている部分が見える。これからあの洞窟に船で入っていくのかと思うと,はやる気持ちを抑えられなくなってくる。しばし絶景を眺め終わると,さらに下の船着場までへ降りていかなければならない。遠くにフィルフラ島が見える。もちろんマルタに属する島だが無人島である。あの切り立った崖がある島に住む者がいるはずもない。 さらに遠くを眺めると地平線の丸いのが見え,地球が球体であることも実感できる。まさに絶景なのだが,人の気配のまったくない場所だ。少し先にヴァレッタからのバス停がある。あと1時間もすればヴァレッタからの一番バスが着き,船着場を目ざす人もいるだろう。意外と無視されやすい絶景ポイントである。【2009/6/29(月) 午後 8:13】

↓海と遊歩道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_0


↓船着場とフィルフラ島(いちばん上)が遠くに見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_1


↓遊覧ボートの案内板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_2


↓上から見たブルーグロット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_3


↓上から見たブルーグロットのアップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_4


↓遠くに丸い水平線とフィルフラ島が...
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_5


↓青いペンキを流したような水の中にひときわ際立つエメラルドグリーン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_6


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/24/50339024/img_7


関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ショウブは終わっていた
2009/06/28(Sun)
町田の薬師池公園に行ってきた。ここはショウブの名所なので,久しぶりに写真を撮ろうと勇んで向かったのだが,ショウブは見ごろが5月下旬~6月下旬らしく,すでにシーズンを過ぎてしまっていて,広いショウブ園にはショウブがぽつぽつと見られるだけで,とても名所とは言いがたい景色になってしまっていた。病気等による9ヶ月のブランクは大きく,花の見ごろの時期を読み誤まるほど,季節には鈍感になってしまったようだ。仕方なく園内のアジサイを撮ってきたが,やはりショウブが撮れなかった事で(咲いていたものは少し撮ったが),今後の写真撮影にも影響が出そうだ。カメラを買い換えたわりに以前より撮らなくなったのは,引きこもりの癖がまだ抜けていないからだろうか。まだまだこの傾向は続きそうだ。【2009/6/28(日) 午後 1:24】

↓町田を代表する湿生公園の薬師池公園・・・とても東京とは思えない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_0


↓かろうじて咲いていたショウブ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_3


↓ハス田もシーズンを過ぎ寂しい限りだった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_5


↓アジサイだけがひとり気をはいていた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/27/50321127/img_11


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ズリーからブルーグロットへ2~マルタ42
2009/06/27(Sat)
ブルーグロットまでの道路沿いには春の野花が咲き,春爛漫といいたいところだが,もともと温暖な気候のため,春は盛りを過ぎ,なぜかカボチャの花まで咲いていた。石垣を積んだ畑とサボテンという組み合わせはマルタ全土に共通に見られる風景である。道路は途中からガードレールもしっかりしてきて(当初は石垣だけだった),オープンカーでのドライブなら最高のロケーションだが,下りのはずなのに一部上りもあって徒歩ではけっして楽ではないが,空気は澄んでいて,湿気もないので,絶好のハイク日和ではある。木々の緑は濃く,見るものすべて目には優しい。この区間を徒歩で移動した日本人は過去何人もいないだろう。ズリーを出ること20分ほどで,ようやく岩の陰から海が見えてきた。マルタ島の南の海なので,その先はアフリカである。ちょっと霞んでいるのが残念だ。【2009/6/27(土) 午後 1:12】

↓ズリーの街を左に見ながら降りていく
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_0


↓野花が咲き誇っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_1


↓カボチャの花が咲くということはすでに春ではない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_2


↓ガードレールの代わりは石垣である
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_3


↓途中にあった農場の入口,後ろ向きのナイトとパンダが不思議な組み合わせだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_4


↓遠くにうっすらと海が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_5


↓緑色が鮮やかで,ふと足を止める
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_6


↓石垣とサボテンはマルタのシンボル?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_7


↓道路は途中一箇所上りとなる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_9


↓岩場の間から海が見えてきた,ブルーグロットは近い!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_10


↓振り返ると,こんな感じ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_11


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/09/50308509/img_12


関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ズリーからブルーグロットへ1~マルタ41
2009/06/26(Fri)
早起きして路線バスでズリーまで来たのにタクシーが1台たりとも見当たらなかった。何としても船が出始める午前9時には着きたい。地図といってもマルタ全図のようなアバウトな地図しか持ち合わせていない…ズリーの位置とブルーグロットの方向だけはわかるが。そこで太陽の方向を頼りに,ブルーグロットの方向を判断し,3.5kmの散策を始めた。海抜高度が約100mのズリーの街からからブルーグロットの船着場の海抜高度0mまでの,下りのみの行程なので,40分くらいでたどり着けるだろうと予測した。ズリーの市街地を抜けるまでは,道路の両側にはびっしりと建物が建っている。道はけっこう曲がりくねっていて,方向を間違えやすい。200mくらい進んだところで,この方向で正しいかどうか,ちょうど家の外にいた古老に尋ねたところ概ね間違いはなく,古老も親切に道順を教えてくれた。マルタの人々は誰もが親切で,悪い人がいるのだろうかと思ってしまうほどだ。【2009/6/26(金) 午後 11:42】

↓マルタストーンの家々が続くズリーの街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_0


↓しゃれたドアの家が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_1


↓人もちらほら歩いているが,きわめて少ない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_2


↓また野菜販売車だ。おじさんが絵になっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_3


教えられた通りに進んでいく。まだ午前8時過ぎということもあって,人通りはあまりない。田舎町ということもあるだろう。5分ほど歩いてようやく市街地を抜けた。道路を挟んだ向こうにウレンディの街が見える。また,案内板に「ブルーグロット」の文字を見つけ,間違いなくブルーグロットの方角に向かっていることがわかり,一安心だ。あとは舗装された2車線の一本道だ。歩道もあり 景色のよい快適な道路である。この先はほとんど民家はないのだが,すれ違う人が何人もいる。その中にはジョギングしている人もいる。

↓家はきれいなのに,車はどれも埃だらけだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_4


↓マルタストーンの壁に色を塗っている家も少なくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_5


↓やっと市街地を抜け,まっすぐな道路に出た
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_6


↓隣町のウレンディが見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_7


↓ブルーグロットの表示があり,一安心!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_8


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/39/50301739/img_9


関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
焼きバナナ~バンコク19
2009/06/25(Thu)
タイの屋台で売られているものには,食材自体は日本にはあっても,料理法が日本では考えられないものもある。焼きバナナである。タイ語で焼きバナナをグェイ・ハッムクという。焼くと甘みと酸味が増すようだ。アフリカなどではバナナを頻繁に料理に使い,加熱することはあるが,日本では生か加工品でしか食べない。タイでは街頭でバナナを皮ごと焼いて売っている。色もそうだが,ほくほくしていてまるで石焼き芋を食べるような感覚で,熱々のバナナを皮を剥いて食べるのである。注文するとビニールの袋に入れ,長い爪楊枝のような棒を一緒につけてくれる。35℃近い暑さの中で,熱々のバナナは熱気が顔にかかり,なお更暑いが,タイの人はよく食べられるものだと感心する。熱を加えることで,味はよりいっそう甘さが強まり,ネトーッとした食感が舌に伝わる。直接触るのは熱いので,渡された棒でほじくって食べるのである。皮はごげて真っ黒で,そばで見ると,焼き芋を食べているようだが,味は全く異なる。焼きバナナはタイの人にとっては,おやつ感覚だろう。【2009/6/25(木) 午後 9:55】

↓ビニールの袋に入れ棒を付けてくれる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/58/50286158/img_0


↓サツマイモのようで味は絶品!
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/466074/58/50286158/img_1


タイのバナナは概して小粒である。しかし,甘さは強く,食感もよい。日本でタイ産のバナナを食べることはできない。それもそのはずで,日本のバナナ輸入国は,フィリピン,エクアドル,台湾の3つだけである。タイからの輸入はゼロであるから,タイのバナナはタイに行かなければ食べることができない。朝のホテルのバフェ(ラスベガスではバフェというので,我が家ではこの呼び名しか使えなくなったが,日本ではビュッフェと呼ぶらしい)でも,タイ産のバナナが食べられる。皮が薄く,ねっとり感があり,小さいので2~3個は軽く食べられてしまう。やはり,その国でとれたものはその国で食べるのが最適である。タイに来たらぜひバナナを賞味したい。小さくて色が悪いからと言って,味が悪いとは限らない。むしろ日本で食べるフィリピン産バナナより美味しいと思えるはずだ。タイはバナナの輸出に積極的ではないし,日本の業者も小さくて色の悪いバナナが売れるとは思っていないから,日本には入ってこないのだが,タイのバナナは味は絶品である。

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | タイ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マカオのスタバ~マカオ12
2009/06/24(Wed)
スターバックスの出店はアジア全体に広がり,マカオでも世界遺産・セナド広場に面したポルトガル様式のビルの1階に入っていた。間口は狭く,奥に細長いフロアーで,外との壁はなくオープンだが,外の高温多湿とは打って変わって中は冷房がガンガン効いていて,店内にいると寒々としてくる。コーヒーの値段は日本並みである。ということはマカオの物価水準よりはかなり高めで,地元の人は入っていない。むしろ観光で来た欧米人や日本人が入る店である。地元の人は道路を挟んだ向かい側にある,値段の安いマクドナルドに行ってしまうようだ。マクドナルドは2階全部がイートインフロアーなので,かなりの数のイスとテーブルがあり,数十人の収容が可能である。しかし,スターバックスはイスの数が店内で16,店頭のテラスで12のみである。マカオらしいドリンクはとくにないが,マグカップなどに「マカオ」という文字が印刷されているので土産にはなるが,これもまた日本並みの値段である。スタバファンには欲しい一品かもしれないが。ケーキなどを扱っているのはスイーツ好きには有難いが,こちらも観光客価格になっているのは仕方がないのか。外は湿度が高いが,一歩店内に入ると,ガンガン冷房が効いているので,冷気が少し感じられる屋外テラスあたりが席としてはちょうどよい。【2009/6/24(水) 午後 8:10】

↓セナド広場から進んでいくと,左がスタバ,右がマクドで互いに向かい合っている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_0


↓スタバの入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_1


↓スタバのメニューは日本語表示あり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_3


↓スタバの店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_4


↓しっかり求人の看板もある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_5


↓スタバから道路を挟んだ向かい側のマクド
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_6


↓マクドの注文カウンター(1F)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_7


↓マクドのイートインコーナーは2F
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_8


↓マクドの主なメニュー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1593870/74/50270574/img_9


アメリカではスタバが下降線だ。価格設定がもともと高く,マクドなどが安いわりには味のよいコーヒーを販売し始めたので,売り上げが減り,5%の店舗を閉めることになった。アメリカのスタバの最盛期はもう10年も前であり,仕方のないことなのかもしれない。日本のスタバは,今も強気で店舗を増やし続けているが,あと数年でアメリカの二の前になることだろう。ドトールなどに比べ,完全禁煙は評価するが,価格設定がやはり割高だ。OLには人気のようだが,男性にはあまり人気が高くない。マクドのプレミアムコーヒーはドトールの半額なのに,味は同じくらいだ。物がどんどん上がる時代には,価格は下にシフトするが,売れ筋としては高級品と廉価品の両極端となり,スタバや中途半端なドトールは苦しくなるだろう。

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | マカオ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
複雑奇怪な台北駅地下街~台北92
2009/06/23(Tue)
行く度に迷いがちな台北駅地下街。地理的センスを備えていてもわかりにくいのだから,方向音痴がここに紛れ込むと,脱出はできるだろうが同じところに二度と戻れないと懸念される地下街である。台北駅を中心に3方向に伸び,北にはMRT3駅(台北駅を含み)分が地下でつながり,それに沿って地下街がある。一方で台北駅をはさんだ南と北にそれぞれ線路に並行に西に延びる地下街がある。そしてこの2つの間にまた地下街がある。これらが見通せるようにつながっていれば問題ないのだが,それぞれの間は階段や間仕切りなどで独立していて,同じ地下にあるというだけで,地下1Fであったり,地下3Fであったりしながら,地下商店街がその間に紛れ込んでいる。東京でいえば,大手町から有楽町付近まで地下でつながっているのと同じだが,違うのはひたすら地下部分は商店街が連なっていことである。通路だけならわかりやすいが,同じような店が並んでいると,よほど特徴のある店をマーキングしておかなければ,さっぱりわからなくなる危険性をはらんだ地下街といえよう。これには,台北に13日間滞在した筆者でも叶わない。【2009/6/23(火) 午後 8:43】

↓台北駅地下コンコース及び商店街へのエスカレーター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/33/50256233/img_0


↓台北駅地下西側商店街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/33/50256233/img_1


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
荒涼としたリゾートアイランド・コミノ島~マルタ40
2009/06/22(Mon)
マルタ島とゴゾ島の間にあるマルタ第3の島・コミノ島(2.5平方km)はわりあい平坦である。島は全体岩肌が露出していて植物がほとんど見当たらない。南側に監視台(サンメリーズタワー)がそびえ,マルタ島・ゴゾ島間のフェリーからよく見える。島内には宿泊できる施設が2つあるが,どちらも島の北側に位置し,島の南西を航行するフェリーからはほとんど見えない。民家はなく,原則定住する住民もいない。昔からハーブの一種・クミン(島の名の由来である)やハチミツを採ってきたということだ。騎士たちのいたころは,ウサギの狩場だった。その後海賊たちの隠れ家に使われ,海賊がいなくなった後も隔離病院が作られたり,イギリス軍の演習場所に使われたり,暗い過去を持つ島だが,周辺の海はたいへん美しく,ヨット,クルージング,シュノーケリング,フィッシングなどがさかんで,半日や1日のクルーズも行われている。今ではそのような暗い印象は一掃されている。【2009/6/22(月) 午後 8:32】
コミノ島でいちばん人気が高いのは,北側の海岸にあるブルーラグーンで,波の穏やかな海底はダイビングスポットとしてマルタでも一,二を争う。コミノ島では美しい入り江を使って映画『トロイ』が撮影された。ホテルはあれど店はないので,少なくともミネラルウォーター程度は持参しなければならない。クルーズの場合はランチなどが付くのでその心配はないが。

↓マルタ島・ゴゾ島間のフェリーからよく見えるコミノ島
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/52/50241752/img_0


↓樹木もなく,荒涼とした島だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/52/50241752/img_1


↓リゾート地ではあるが,人口はゼロである
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/52/50241752/img_2


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/52/50241752/img_3


関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「マッサジ」の呼び込み~クアラルンプール8
2009/06/21(Sun)
ブキッ・ビンタン通りの西側,KLモノレールのブキッ・ビンタン駅から西に歩いていき,BB(ブキッ・ビンタンの略)プラザを過ぎ,道路を渡ったあたりから,足裏マッサージ屋が数件並んでいる一角がある。看板には「足裏がマッサージ,体がマッサージ」という日本語が書いてあるが,「が」と「の」を間違えているようだ。足裏マッサージといえばタイが本場だが,いつのまにマレーシアに入ってきたのか?!ここを通り過ぎようものなら,とくに夕方以降はのべつ幕なし,マシンガンのような呼び込みがある。日本人と見ると,片言の日本語で声をかけてくるのだが,やはり発音がマレーシアなまり?だ。「気持ちいい」がどうしても「キムチイイ」と聞こえてしまう。朝鮮語の「キムチ」と日本語の「気持ち」が混ざっているような掛け声だ。40~50m歩道を歩く間,十数人の呼び込みがいる中で,この言葉を発するおばちゃんは一人だけで,他の呼び込みは日本語では声をかけず,ひたすら「マッサジ」「マッサジ」と連呼している。あまりの呼び込みの連呼に圧倒されるが,マッサージ屋に人が入っているのかというと,歩道からガラス越しに見える店内は,マッサージ嬢がイスに座り,暇そうに本を呼んでいるか,居眠りをしていて,どの店にも客の姿はない。これで呼び込みの人件費を払えるとはとても思えない。【2009/6/21(日) 午前 9:29】

↓日中は呼び込みの数も少なく,態度も控えめだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/23/50219823/img_0


↓日が暮れると,数に圧倒される
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/23/50219823/img_1


タイはマッサージであまりにも有名だが,マレーシアでマッサージというのは聞いたことがない。少なくとも旅行ガイドブック等にはコメントがない。最近,マレーシアの刑務所内で,社会復帰のために,足つぼマッサージを習わせているというのがニュースになっていたが,マレーシアはこれからマッサージ大国を目指すというのか?!尚,刑務所内のマッサージの練習台はいわずと知れた刑務官なので,ただでマッサージしてもらえることをいいことに,こんなことを始めたのだろうと推測するが,確かに,出所してマッサージ屋を開く人もでてきているらしい。マレーシアではマッサージ・ビジネスがまだ発展途上で,どこにでも店があるというものではない(バンコクには街中どこにでもあるが)。ブキッ・ビンタン界隈はその先駆なのか,それともただの観光客目当ての金儲けなのか,知る術もないが,あのけっこう強引な呼び込みを見るにつけて,後者と見る方が妥当だろう。何度もここを通ると慣れるが,もし呼び込みの攻勢がいやなら,ブキッ・ビンタン通りの北側の歩道を通れば,まったく呼び込みはいない。呼び込みがあるのは,店舗が数軒並ぶブキッ・ビンタン通りのごく一部だけなのだ。

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | マレーシア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ