FC2ブログ
屋内で夜桜見物!
2008/03/30(Sun)
3月28日は,会社の有志による定例の夜会(飲み会)。今回は幹事なので,花見を兼ねて神楽坂にあるBar&Dining『BANBINO』を会場にした。巷は桜満開で,飯田橋あたりは夜桜見物の人もたくさん見られたが,ちょうど夕方から雨がパラパラ降ってきて,夜桜には最悪の天気。にもかかわらず,夜桜を堪能できた夜会であった。それもそのはず,今回の店は天井一面に桜が咲き乱れる,という天候に左右されない夜桜見物の絶好地。店はこじんまりしているが,夜桜を屋内で楽しめるとあって,満員に近い盛況で,有志の満足度も高かった。この桜,ソメイヨシノではないが,桜には違いない。歓談中に上から花びらが落ちてきて,赴きは最高の店である。料理は創作だが,味は保証できる。桜はまさしく本物なので,見られるのも4月10日くらいまでだということだ。【2008/3/30(日) 午後 4:08】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/00/41851700/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/00/41851700/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | Diary | CM(6) | TB(0) | ▲ top
物価は日本の5分の1以下~広州7
2008/03/29(Sat)
中国でも上海などの海側の都市は経済発展が著しい分,物価も高い。内陸に入れば入るほど,田舎に行けば行くほど物価は安くなる。広州は大都市ではあるが,上海ほど物価はまだ高くはなく,香港の隣のシェンチェンよりも安い。とはいえ,屋台や市場など旧来の販売スタイルの店は格段に安いが,欧米風の飲食店などはけっして安くはなくなっている。日用雑貨や衣類の値段は日本の3分の1~10分の1くらいだろうか。以前,上海の街中の店舗で食べた麺が1杯2元だったが,これは格安の部類である。だんだん物価が高くなってきて,魅力も落ちてはきたが,それでも日本と比べれば,安いことは間違いない。大売出しになると,女性用のミュールや衣類が10元など,とても考えられない価格だ(1元はだいたい15円ほど)。
日用品や衣類は,日本で売られているものも大半は中国製なので,本場中国でこのようなものを買っても,あまり意味がないが,何しろ安いので,着の身着のまま中国に来て,現地調達で衣類を買い込むということは可能である。帰りの荷物が増えてしまうのが問題だが...食べものも断然安い。麺類が3元くらいからあるが,それは安食堂での話。レストランに行けば同じものでも値段が上がり,5~10元くらいになるようなことは日本でも同じだ。広州では飲み食いだけなら1日20元で十分まかなえそうだ。バッグパッカーには堪えられないが,これでも本来の中国価格ではない。あくまでも都心部での価格でこのくらいだから,郊外に行けばもっと安いことは間違いない。【2008/3/29(土) 午後 7:55】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/10/41835410/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/10/41835410/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/10/41835410/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
パンパカパーン!今日でブログ開設2周年
2008/03/24(Mon)
昨日はわりあい好天に恵まれ,近所の大きなしだれ桜も5分咲きになっていた。道路沿いなのに,たまにこの下で花見をしている学生らしき人を見かける。ここのシダレ桜はソメイヨシノより早く散るので,今週いっぱいが見ごろだろう。【2008/3/24(月) 午後 8:20】
いよいよ花見シーズン到来。今週末は会社の有志で夜桜見物を計画中。といっても夜はまだ寒いので,早めに店に入って飲むのに専念したほうがよい。久しぶりの幹事なので,神楽坂の洒落た店を予約し,準備万端。さあ,飲むぞー!

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/17/41723517/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/17/41723517/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/17/41723517/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | Diary | CM(13) | TB(0) | ▲ top
台北駅周辺散歩・美味しいB級グルメがいっぱい~台北80
2008/03/23(Sun)
台湾ではA級はもちろんのこと,B級グルメが何をどこで食べても旨い。ここが日本と大きく異なるところだろう。日本の場合はA級は高い金を出すのだから旨いのがあたりまえで(高くてまずい店も実際には少なくないのが日本の特徴だ・・・名前は控えたい),B級になると当たりはずれが大きくなる。それはオーナーや料理人が客へのサービスなどは二の次で,儲けのみを考えているからだろうし,腕前が一人前に達してもいないのに,平気で客に料理を出しているのだから,当然といえば当然である。近所にも,水っぽく,油でベタベタの焼ギョウザを出す,このうえなくまずい中華料理店がある。ただでさえ腕が下手なのに,夏場は店内テレビで放送されている巨人戦に気が向いているので,料理に集中できず,手を抜くというあるまじき行為が行われているのだから,中華料理店と名乗るにも値しない。はやく潰れてくれることを願うばかりである。4年前に一度行っただけだがまだ営業しているようだ。客もよほどの味音痴なのだろう。台湾では今までに20店ほど入ったがこのような店は未だにお目にかかっていない。
台北駅南側は,B~C級グルメ店が多く集まっている。それは予備校などが集中し,若い人が多いからである。昼でも少し薄暗い通りには,テイクアウトも含め,ありとあらゆる料理の店が集まっている。だいたい朝は8時くらいから,夜は23時くらいまで営業している。【2008/3/23(日) 午前 9:20】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_1


ずらっと並んだ看板を見るだけでも,飲食店と予備校らしい文字が目に入ってくるだろう。日本のチェーンや地元のハンバーガー屋もある。ドアを開けて入るという店ではなく,オープンエアな店ばかりなので,気軽に入れて,料理もすぐに出てくる。1店あたりの座席数が少ないので,外から混んでいる状態がわかり,待たされることもない。ファーストフード感覚が時間のない人には嬉しい限りだ。だから,銀座のOLのような人種には不向きというか,縁のない店だろう。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_5


駅から少し離れると,店の趣きは変わり,寛ぎ系になる。カラオケのある小吃店(「小龍包」のこと)や日本の居酒屋と何ら変わりのない定食屋など日本文化が深く浸透している店が増えてくる。台湾で刺身はちょっとどうかと思うが,それより日本のフードを台湾で食べると値段がやはり高いように思える。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/75/41688875/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
屋台に行こう!~ソウル92
2008/03/20(Thu)
立ち食いだけの屋台に対して,座って食べる屋台もソウルには存在する。テーブル完備なので屋台の域を少し超えているが,地面はアスファルトというインスタント設計なのでやはり屋台と呼びたい。南大門市場あたりはふっかけられるという話もきくが,東大門運動場付近の屋台は,日本人にとって写真入りメニューもあるのでわかりやすく,料金も比較的良心的である。テント式になっていて冷房はもちろんないものの,扇風機はテント内に数箇所ついている。夏でも日が暮れるとソウルは案外涼しいので,さらに扇風機もあると屋台内(テントの中)は意外と快適である。冬は半透明テントで密閉され,外気が入らないよう工夫されている。【2008/3/20(木)午前9:53】

↓東大門運動場付近の屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_0


↓テント屋台の中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_2


注文は壁に貼ってある料理でも,備え付けのメニュー表に載っている料理でも指差しで簡単にできる。テント内には手洗い・調理兼用の流し台,冷蔵庫,テレビ,手拭用のトイレットペーパーなどが備わっている。値段は1品3000ウォンくらいから。リーズナブルのわりに思ったよりも量があるので,一人は避けた方がよい。たとえ二品程度でもとても一人で食べきれたものではない。何人かで行ってシェアするのが賢い方法である。座席につき,韓国人ならいきなり瓶のチャミスル(韓国焼酎)で1杯となるが,ここで酔っては夜の街歩きに耐えられないので,アルコール分の軽いビールを飲むことにした。

↓写真付きメニュー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_3


↓テント内の設備
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_4


↓外ではおでんも販売
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_5


着席すると,「お通し」としてスープが出てきた(無料)。豚肉が入っているがさっぱりした味だ。最初の注文は今まで食べてこなかった「スンデ」。「スンデ」は豚の血を固め腸詰したものだ。最近の若者はあまり食べなくなったということだが,年配者には好きな人が多いらしい。個人的には二度と食べたくはないが,こんなに大量に出てきて処理に困った。次に大好きな「チヂミ」と「豚肉の野菜炒め」を注文し,ビールにソフトドリンクと併せて日本円で15000ウォン程度だった。現在(2019年)は円安・ウォン高で3割ほど高いはずだ。

↓「お通し」のスープ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_6


↓スンデに初挑戦
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_7


↓定番チヂミ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_8


↓豚肉の野菜炒め
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/18/41623718/img_9


ソウル観光にはぜひ一度は立ち寄ってみたいテント型屋台だ。ここだけでなく,ソウルにはこの手の店があちこちにあるので,思いたったらすぐにでも飛び込もう。

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
メトロ・ロマンスカー乗車初体験
2008/03/17(Mon)
3月15日から小田急ロマンスカーが東京メトロ千代田線に乗り入れている(私鉄特急初の地下鉄乗り入れ)が,平日の運転は3日目の今日が初日だ。早速,特急券を携帯で予約購入し,17:50発に間に合うように大手町駅に行った。大手町駅の千代田線ホームには早くから乗り込もうという人が来ていて,北千住駅発のロマンスカーが入ってくるとデジカメ,携帯,ビデオカメラの嵐だった。『青いロマンスカー』の異名を持つ小田急の新型ロマンスカー(60000系)の内装は木を生かし,和風だった。一つ前の50000系から和風路線だ。【2008/3/17(月) 午後 8:13】
このロマンスカーは大手町駅を出ると,霞ヶ関,表参道に停車し,ほぼ満席で代々木上原から小田急線に入る。代々木上原では乗務員の交代でドアは開かないが停車はする。ここから先は本来の小田急線で,最初の停車駅は成城学園前だ。実は特急が営業運転でこの駅に止まるのは,この列車が始めてだ。昨日,一昨日は成城学園前駅停車の列車が走っていないので,初めてだ。駅のホームに特急券の自販機を設置したが,1日1本のみの停車なので,発車間際に駅員が自販機のシャッターを閉めているのが見えた。1日1本の停車のために自販機を取り付けるとは,ケチの小田急にしては珍しいことだ。
やがて新百合ヶ丘駅に着き,多摩線に入って唐木田が終着駅だ。新百合ヶ丘では3番線の多摩線ホームに入る。下り町田方面の1・2番線の混雑とは裏腹にわりあい空いているので,混乱もなく青いロマンスカーは離れていったが,写真を撮りながら見送る人も多く,いつもの光景とはわけが違った。大手町・新百合ヶ丘間は42分なので,缶ビールを飲みながらちょっと寛ぐと着いてしまうので物足りないが,とにかく楽なことは確かだ。

大手町駅に入ってくる『青いロマンスカー』,出迎える人でホームはいっぱいだ。
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_0


横からのフォルム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_1


車内の様子(前から)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_2


大手町駅停車中の客室入口付近
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_3


大手町停車中の駅名表示
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_4


モケット,オレンジのカバーが目立つ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_5


肘掛,テーブルが格納されている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_6


背の物入れ,左の輪はなんと傘立て
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_7


客室内の停車駅表示
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_8


新百合ヶ丘を唐木田に向けて発つロマンスカー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/37/41563037/img_9


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | Diary | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マルタはバスの宝庫1~マルタ25
2008/03/16(Sun)
鉄道の走っていないマルタでは公共交通の要は路線バスである。マルタ島・ゴゾ島両島合わせて数百台のバスが走っているといわれている。【2008/3/16(日) 午前 10:28】
バスの車体の色はマルタ島内は下半分がイエロー(上),ゴゾ島内では下半分がグレー(下)になっている。行き先は表示されていない。ルート番号が前窓に貼ってあるので,それを頼りにするしかない。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/72/41528172/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/72/41528172/img_1


ヴァレッタのバスターミナルのi(案内所)では『MALTA BUS ROUTES』というリーフレットが無料でもらえる(右側にあるのはバスチケットの自動販売機)。ルートはわかってもバス停の場所はわからない。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/72/41528172/img_2


シティゲートに向かって右側のはずれに掲示板があり,各ルートの時刻表が貼られているが,これはマルタ政府のHPにある時刻表ををプリントアウトしたもので,すべての路線が貼られているわけではない。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/72/41528172/img_3


ヴァレッタのバスターミナル前にある噴水は『トリトンの泉』とよばれ1953年に作られたもの。若者の格好の待ち合わせ場所となっている。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/72/41528172/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
雑感
2008/03/16(Sun)
トロットにも通じるメロディーがいつまでも耳に残るパク・ジホン(V.O.S)の『ポゴシッポンナレン(会いたい日には)』が韓国ヒットチャートの1位になった。歌の上手さがものをいう(当たり前だが,日本では通用しない)K-pop界では正統派の歌手だ。ソロとしてははじめての曲なので,これからが楽しみである。【2008/3/16(日) 午前 9:16】
昨日の土曜日は山梨県へ行ってきた。行きの特急の車内は,好天に恵まれた影響で,まわりは行楽客ばかりで,花粉症もとくにひどく憂鬱な気分だった。東京の今年のサクラの開花予想は3月26日だが,甲府盆地はさらに1週間くらい後なので,今はウメくらいしか咲いていない。山梨県はモモの生産量が日本一だけに,県内とくに一宮町ではサクラとほぼ同時にモモの花が咲く。濃いピンク色でサクラと違って雨の中でも映える。

↓一宮町のモモ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/36/41527036/img_0


花粉症5年目の今年はひどい。内服薬はずっと「アレジオン」を飲んでいる。初期のころの「ゼスラン」はとても眠くて仕事にならない。ただし「アレジオン」は薬価が1錠210円するのでかなり高めの薬だ。点眼薬は効き目の弱い「インタール」から「リボスチン」に変えた。また点鼻薬もにおいの強い「フルナーゼ」から無臭の「アルデシンAQ」に変えた。今は医者に行けば60日までは薬を処方してもらえる。2ヶ月くらいの花粉期間には,早めに医者に行って60日間分の薬をもらっておけば,医者に行くのはシーズン1回で済む。

↓花粉症薬3点セット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/36/41527036/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | Diary | CM(5) | TB(0) | ▲ top
マヌエル島のヨットハーバー~マルタ24
2008/03/11(Tue)
重度の肩こり症で,長時間のPC操作が困難なため,フォトブログに特化し,テキストデータはキャプション+α程度にする。きれいな景色であれば見るだけで納得してもらえると思うが,いまいちのものはキャプションだけではたぶんわからないと思うが仕方がない。また,アップの頻度も,週1から月2~3くらいに落とし,「最近アップしていないあ」と気付いた時にアップする程度になると思う。というわけで,今回は,スリーマに近いマヌエル島のヨットハーバー。【2008/3/11(火) 午後 9:47】
 
↓ヴァレッタとスリーマに挟まれた小さな半島であるマヌエル島のヨットハーバー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/49/41424649/img_0


↓ヨットハーバーから見える向こう岸のヴァレッタ南部
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/49/41424649/img_1


↓夕暮れ時のヨットハーバー散歩(進入禁止になっているがお構いなし)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/49/41424649/img_2


↓ヨットハーバーの東側に接岸していた客船
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/49/41424649/img_3


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/49/41424649/img_4



関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
場末の映画館~広州6
2008/03/10(Mon)
中国映画は金をかけるし,俳優の演技のレベルも高い。第一,空を飛べること自体がすごい。時代物の韓国映画で最近ようやく飛べるようになった韓国人であるが,日本人はまったく飛べないのが現状だ(もちろんワイヤーを使っての話である)。あまりに多くの人を使うので,エキストラは現地調達をする。かといってオーディションがあるわけではない。演技がまわりと調和しない下手なエキストラは即刻首になり自然淘汰されていくらしい。
中国では日本とは比較にならない規模の映画が作られていることは既成の事実である。いくら壮大な映画の多い中国映画だからといって,中国で中国映画ばかりが見られているわけではない。ハリウッド映画も日本と同じようにごく普通に見られている。ただし,日本の「映倫」のような団体が(といっても中国共産党が絡んでいるのだろうけど),中国共産党の理論や党則などに抵触するような映画を上映させないか,その部分を大部分カットしてから上映していると思う。映画館の数が多いのかどうかは調べたわけではないが,人口がもともと多いのだからきっと多いのだろう。しかし場末の小さな映画館までは混雑していないところをみると,需要と供給がつりあっているのだろうか。中国では,こんなところに?というようなところに映画館がある。たいしたショッピング街でなくても,こじんまりした映画館はあちこちに存在するようだ。【2008/3/10(月) 午後 9:11】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/16/41400316/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/16/41400316/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/16/41400316/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |