FC2ブログ
陸マイラー,念願の10万マイル達成!
2008/02/27(Wed)
2007年11月9日に8万マイルを達成してから約4ヶ月弱,ついにANAのマイルが2月22日に10万マイルに到達。2006年4月1日から始めて1年と10か月と21日目での達成。目標が2年だったので,かろうじてセーフ。10万マイルでは,中国なら5回,アメリカ合衆国なら2回分の特典航空券がゲットできる。貯めた10万マイルのうち,実際に飛行機に乗ったマイルは1万マイルほどなので,残りの9万マイルは,陸マイルということになる。次の目標は15万マイルだが,来年の3月までに25000マイルほどが消滅してしまうので,それまでにとりあえず近場に行って使ってしまうかもしれないので,15万という数字を稼ぐのは今後苦しくなるだろう。初心にかえってまた貯めていくしかない。【2008/2/27(水) 午後 9:07】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/07/41111407/img_0



関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | エア&エアポート | CM(12) | TB(0) | ▲ top
広州のとあるスーパーマーケット~広州5
2008/02/20(Wed)
中国にも市場経済が組み込まれ,スーパーマーケットで自由に物を売り買いできるようになっている。広州のごく普通のスーパーマーケットに入っても品物は中国特有の物があるにしても,並べ方や棚の配置などあまり変わったところはない。冷凍食品もさかんで,大きな冷凍庫にたくさん用意されている。ただ,米などが量り売りになっていて,好きな量を自分で量って袋に入れるようになっている。こんな米の売り方は,日本では米屋に行かないと無理だが,スーパーで実践しているのだから中国らしい。【2008/2/20(水) 午後 9:25】

↓広州市内のスーパーマーケット内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/24/40933124/img_0


豆腐花(トーファ)は中国の代表的なデザートだ。家庭で作るとなるとそれなりの用意が必要となる。ところが,中国のスーパーマーケットにはその手間を省く豆腐花のインスタントが売られていた。袋入りで,水に溶いて冷やすだけという何ともお手軽なものだ。中国は漢方の国なので,漢方や亀ゼリーの素(粉末)が格安で売られていた(もちろん買ってきたが)。台湾価格の4~5分の1の値段だ。スナック系の菓子もすっかり定番となり、欧米や日本と変わりがない。

↓インスタント豆腐花(豆花)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/24/40933124/img_1


↓漢方や亀ゼリーの粉
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/24/40933124/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/24/40933124/img_3


スナック系菓子
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/24/40933124/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/24/40933124/img_5


スーパーでの買い方は,買い物籠を持ち,商品を入れ,レジに持っていって精算する。日本とまったく同じである。ベトナムなどのスーパーでは万引きなどが未だに絶えないので,店に入る前に専用ロッカーに持ち物を入れてからでないと店に入ることができないようになっている。それだけ中国も先進資本主義国並みになってきたのだろう。もちろんレジはPOSシステムである。

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
シカ肉の味はいかに~道央13
2008/02/19(Tue)
雪まつり会場には大雪像の他に小さな雪像や氷像もある。氷像はむしろ彫刻に近い作り方をする。大きな塊の氷をのみなどを使って削っていくものである。札幌雪まつりでも一部で氷像が立ち並ぶ場所がある。光の加減で青みがかった色に見える氷像は,雪像よりも美しく見える。一方で寒々しさも感じるのか,氷像を見ている人はまばらだ。【2008/2/19(火) 午後 9:21】

↓動物の氷像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/15/40905115/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/15/40905115/img_1


↓竜宮城の氷像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/15/40905115/img_2


細長い大通り会場のほぼ中央には,飲食のできるスペースが設けられている。イートインといっても氷点下の屋外であるから,冷たいものを食べる人はいないが,メニューにはなぜかある。最近のメニューで特筆すべきは,シカ肉だろう。道東ではシカが増えて,農作物などへの被害が増えているので,シカの狩猟がさかんになり,肉を処理するために知事すら消費を奨励している。道東にはシカ肉バーガーを出す店もあるほどだ。シカ肉はヨーロッパあたりではメジャーだが,日本では珍しい。肉は柔らかく臭みもないので,すんなり入っていける肉だ。その肉を使ったさまざまなメニューが雪まつり会場でも供給されている。北海道に住んでいると,シカだけでなく,クマ,トドなどの肉を食べる機会もある。ヒツジ肉のジンギスカンが数年前から東京でもヒットしたので,今度はシカ肉がヒットするかもしれない。さすがにヒツジ肉は子どものころから食べているので,20代のころにはすでに飽きてしまった。

↓飲食スペース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/15/40905115/img_5


↓シカ肉メニューの数々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/15/40905115/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/15/40905115/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
新旧の街~上海18
2008/02/16(Sat)
上海は中国でもっとも経済発展が進んだ街だ(香港を除く)。平均収入も中国一で,金持ちの数も多いが,未だに貧富の差は大きく,古い家屋と新しい高層マンションが混在している。都心部,豫園から西の地域は,築数十年の長屋風住宅が立ち並び,古きよき中国を観察できるところだが,必ずといって遠くには日本でも増えてきたタワー型マンションが見え,写真に撮るとその対比が絵になる。マンション価格は東京と変わらないほどの高額なので,物価水準からいうと,一般の人間にはとても買えず,商売で大当たりした成金長者だけが買える代物である。【2008/2/16(土) 午後 9:11】

↓遠くにマンション
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/39/40827439/img_0


マンションでは屋内に乾燥機などがあるのは当たり前で,洗濯物は屋内かベランダに干すだろうが,一般の中国人の家にはベランダなどはない(といって庭もない)から,洗濯物は物干し竿を,2階の窓から直角に出して干すのが習慣だ。それだけならまだしも,並木の木に干してしまうつわものもいるようだ(写真2)。そのあたりは自由奔放なのか,ルーズなのか知るすべもないが,日本とは文化や習慣の違いに驚く。

↓物干し代わりの街路樹
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/39/40827439/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(12) | TB(0) | ▲ top
プサン地下鉄に乗る~プサン3
2008/02/14(Thu)
プサンには地下鉄が3路線ある。キップの買い方や乗り方はソウルと全く同じであるが,自動販売機のウォン札の読み取りが悪く,ピン札を使っても認識しないことがあり,機械の読み取りの悪さは日本と比べてかなり悪そうである。切符は黄色で裏側に磁気がついた茶色の帯がある。船の絵が描かれているのはプサンらしい。携帯電話OK(アジアの常識です),物売り人ありはソウルと同じで,ソウルの地下鉄を乗ったあとにこちらに乗っても違和感はないが,日本との比較ではかなり違和感があるだろう。また,真ん中にホームがあるような,上下線どちらにも乗れるようなホームにはなっていない。まず上下線別に改札があるので,改札を入る前に確認が必要である。【2008/2/14(木)午後9:44】

↓キップの自動販売機
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/52/40777752/img_0


↓プサン地下鉄のキップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/52/40777752/img_1


↓自動改札機周辺
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/52/40777752/img_2


ソウル同様,短い区間しか乗らなかったが,案の定プサンでも車内で突然モノを売り出す人がいたが,見慣れてしまっていたので,「またか」という程度だった。

↓1号線の電車とホーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/52/40777752/img_3


↓1号線車内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/52/40777752/img_4


↓突如話を始めるモノ売りおじさん
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/52/40777752/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(8) | TB(0) | ▲ top
漢方茶のドリンクスタンド~広州4
2008/02/11(Mon)
「涼茶」といって,中国では漢方を煎じて飲むお茶が店頭販売されている。いわばドリンクスタンドだ。これは中華圏すべてに共通していることで,華人の多い,マレーシアやシンガポールに行っても漢方を使ったお茶がもてはやされている。
店先のカウンターにお茶の種類の張り紙がしてあり,症状によって,飲むお茶の種類も異なる。お茶は仕込みされていて,ヤカンからそのままコップに注がれ,客はそこで一気飲みして立ち去る。テイクアウトでもいいのだが,臭いのある漢方を手にして何かをするわけにもいかない。漢方が入っているのでけっして美味しいものではないが,ハーブのような快さがあり,喉越しはよく,飲んだ後はすっきりする。「涼茶」と呼んでいるのだから,当然だが,体調が悪ければ試してみたいドリンクだ。中国本土には街角にわりとあるが(台湾では市場や夜市が中心なので,都心部では探さなければ見つからない),さすがに最近の中国の若者は涼を求め,このようなお茶を飲むことはない。欧米の食文化もかなり浸透してきて,アイスクリーム類や冷たいフルーツデザートなどをテイクアウトして食べるのが若者の流行である。
ちょうどストリートで見かけたお茶スタンドにはヤカンが5つほど並び,お茶の名前が書かれている。とくに目を引いたのは,左端の特効感冒茶だ。亜熱帯地域で真夏に風邪を引く人がいるのかと思うのだが,字のごとく1杯飲めばたちどころに治ってしまいそうなネーミングが気に入った。日本にも冬場にあってほしいお茶だ。ただし,店先で飲むか,歩きながら飲まなければならないのは落ち着かない。お茶をゆっくり飲む習慣のある中国で一気飲みでは,本来の中国ではないが,街頭では仕方がないだろう。ゆっくり味わいたければ店に入って,普通の茶葉を使ったお茶を味わうしかないのだが,この辺りでそんなお茶を飲めるような店は見かけなかった。しかし中国のお茶文化は奥が深く日本の比ではないはずだ。【2008/2/11(月) 午後 3:33】

↓「涼茶」スタンド
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/33/40684533/img_0


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
南大門が全焼!~ソウル91
2008/02/11(Mon)
昨日,ソウルの中心部にある南大門(ナンデムン)が不審火で全焼してしまった。国宝第1号で創建から600年の歴史をもつ貴重な建築物が,心ない人間によって失われてしまった。南大門については,このブログの「ソウル16(2006年8月26日アップ)」で説明してあるが,国宝の第1号に指定されるほどだから,もちろん1級の芸術品である。下部が石造りなので,そこは燃えることはなかったが,上部の木造部分はすっかり灰になってしまった。復興に2~3年かかるということだが,せっかく作り上げても,それは21世紀の建造物であって,もはや600年の歴史は土台に残るのみである。観光名所にもなっていたので,これから2~3年は立ち入りもできなくなるのはなんとも残念だ。南大門市場への西の玄関もさびしいものとなる。【2008/2/11(月)午後2:12】

↓消失する前の南大門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/72/40682872/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/72/40682872/img_1


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
札幌雪まつり~道央12
2008/02/10(Sun)
札幌雪まつりを見に行くことになったが,札幌は宿がとれないこともあり,旭川から入り,函館から出るという旅になった(2泊3日)。近年は冬の北海道の人気は高く,とくに韓国,台湾,中国,オーストラリアからの観光客が急増し,いろいろな言語が飛び交っている。昨日も函館駅前のコンビニで夜10時ごろに買い物をしていたら,「コマウォー」という言葉が聞こえてきて,ここは韓国?と思ってしまったほどだ(コマウォーは「ありがとう(友達や恋人同士で使う)」。
昨日の日中は札幌にいた。時間があまりないので,40分ほど大通り公園の雪まつりを見てきた。天気もよく,東京とあまり変わらない気温なので,人出は多く,会場によっては身動きがとれないほどだった。今年はいつになく雪像が小規模になった気がしたので,関係者に聞いたところ,札幌市の財政が厳しいので,多少は縮小されているのでは,とのこと。確かに札幌市が金を出しても,札幌市に一銭も入らず,業者に行くだけだ。観光だけのために仕方なくやっているらしい。国際的なまつりだけに止めるわけにもいかないだろう。【2008/2/10(日) 午後 10:59】

↓大通会場の大雪像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/23/40668923/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/23/40668923/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/23/40668923/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/23/40668923/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
サトウキビ畑~与那国島7
2008/02/05(Tue)
「♪ざわわ,ざわわ」と森山良子の歌が聞こえてきそうなサトウキビ畑を目の前にすると,沖縄にきたという実感がわいてくる。2月の風はここちよく,まもなく田植えが始まるという時期だ。沖縄には本島だけでなく比較的大きな島ではサトウキビ作りが行われている。沖縄本島であれば島の南部に畑が多いが,与那国島では東部にサトウキビ畑が多くなる。人の背丈ほどに伸びるサトウキビは,刈り取り時期がいちばん忙しいので,このシーズンには全国規模でアルバイトを募集する(若者向けのアルバイト情報誌に載るそうだが,アルバイトに来る人は情報誌掲載1回につき2~3人だそうだ)。与那国島で会った31歳の国立大出のバイト君は,西表島で訪ねた農家でも働いていたそうで,各島を転々としているとか... 刈り取りの仕事は,腰を曲げて行うのでたいへんな重労働だが,仕事自体は午後4時ごろには終わっているので,畑のオーナーやアルバイト仲間が集まって,屋外の縁台で黒糖を肴に泡盛を飲むのがいつものことらしい。冬でも20℃以上の屋外は,酒を飲むには最高のオープンカフェである。【2008/2/5(火) 午後 9:05】

↓東崎に行く途中で
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/74/40538574/img_4


↓お邪魔したお宅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/74/40538574/img_1


↓宴会の料理[黒糖に泡盛が定番〕
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/74/40538574/img_2


夕方5時ごろお邪魔したあるサトウキビ農家では,すでに宴会が始まりかけていて,サトウキビ作りの話をききながら,たいそうごちそうになってしまった。初めての人間でも受け入れてくれる沖縄の人々の暖かさを感じることができた。サトウキビは黒糖の原料になるので,石垣島にも与那国島にも製糖工場があり,年に数ヶ月(主に冬場)稼動している。けっして複雑な工程ではないが,工場の装備はかなり大きいもので,見学するには30分くらいかかってしまう。次から次にトラックで刈り取られたサトウキビが運び込まれ,大きなサトウキビの山ができている。一般人が製糖工場の見学をすることはほとんどないらしい。

↓工場内に運び込まれたサトウキビ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/74/40538574/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |