FC2ブログ
2007年は有難うございました。
2007/12/31(Mon)
2007年は,ヨーロッパ,アジア,アメリカとバランスのとれた海外旅行ができました。2008年も,素晴らしい景色,楽しいネタでブログを盛り上げたいと考えておりますので,よろしくお願いいたします。それでは,良いお年をお迎えください。【2007/12/31(月) 午後 4:50】

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | Diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメダ珈琲店その2~コメダ珈琲普及委員会編
2007/12/31(Mon)
先日,コメダ珈琲店町田鶴川店に行った。月に1回は行ってのんびり時間をつぶしてくる。12月に入って,出張,渡航,忘年会,残業などであわただしく,なかなか行けなかったが,何とか時間を確保し,行くことができた(車で10分ほど)。ここは駐車場も広いし,少し高台にあって雰囲気がとてもよい。シロノワールとアイスシェークという奇妙な取り合わせでオーダーした。シロノワールはコメダの名物メニューだ。レギュラーサイズは1人で多ければ,ミニシロノワールがある。暖かいパンにバニラアイスがかかっていて,熱いものと冷たいものが同時に舌にのる組み合わせだ(アイスクリーム入りの天ぷらと同様)。のどごしも熱くひんやりして癖になる。【2007/12/31(月) 午前 10:07】

↓シノワール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/15/39634915/img_0


アイスシェークはコーヒー牛乳のシャーベットだ。冷たすぎて,あわてて食べるとコメカミが痛い。容器が変わっていて,まるで哺乳瓶のようだ。ふたを開けて,スプーンですくって食べる。量はかなり多いので,暑い夏にはいいかもしれないが,冬場は,屋内がいくら暑くてもどうかと思う。他にも変わった容器に入ったメニューが多く,そんな容器に入ったものをオーダーし,出てくるときは感動ものだ。

↓アイスシェーク
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/15/39634915/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/15/39634915/img_2



関連記事
この記事のURL | Diary | CM(10) | TB(0) | ▲ top
オランダの空から
2007/12/09(Sun)
オランダには山らしい山がなく,また森林も少ない。専ら畑や牧草地が多く,水面下の土地も多い。昔からオランダは水との戦いを強いられた。そのため排水用に風車が完備されたのである。基本的に平地の大地なので,自転車にとっては都合がよく,自転車の利用がさかんだ。自転車専用道が数百kmもあるので安心して乗ることができる。車との相撲?もないのは幸せだ。狭い歩道を我が物顔で走る某国とは大きな違いである。【2007/12/9(日) 午後 1:40】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/99/39138799/img_0


空から見ると,川や運河も多く見られる。ヨーロッパは昔から水運の発達が著しく,相当内陸まで船で行くことができる。それも起伏が緩やかだからできるのであって,日本のような起伏がある土地では無理なことだ。オランダは日本よりも緯度が高いが,北大西洋海流と偏西風の影響でわりと暖かい(中学の地理教科書にも出ている知識)。夏は日本よりは涼しく,住むには適していると思われる。山好きの人には耐えられないかもしれないが,そうでない人は水と緑に囲まれた,いい環境にある。ただし,物価の高いのが難点で,これは付加価値税(日本でいう消費税)などの税金が高いからで,実際に住むとなると生活費が異常に高く,観光客として訪問するのが精一杯となるだろう。環境には関心がきわめて高く,風力発電のプロペラがたくさん設置されていて,ドイツに次ぐ風力発電大国だ。風力発電が盛んということは風が強いということにもなるので,冬は気温以上に寒いかもしれないところだ。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/99/39138799/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/99/39138799/img_2



関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(10) | TB(0) | ▲ top
ミコノスタウン総集編9~ギリシャ・エーゲ海66
2007/12/09(Sun)
ミコノス港の岸辺から南西にまた迷路を歩いていくと,やがて西の海に出る。そこがリトルベニスと名づけられたところである。さらに南西に風車群が見える。手前は岸辺に沿って飲食店が並ぶ,グルメ銀座だ。北側は海に建物が突き出した屋内のバーやレストランで,南側は岸辺ぎりぎりまでテーブルが置かれたオープンレストランだ。【2007/12/9(日) 午後 1:16】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/01/39138401/img_0


日は傾き,午後8時前だ。5月上旬の日没は午後8時10分ごろなので,夕日がとてもきれいだ。夕日と海を目の前にしながら食事ができるとあって,どのレストランも混み始めていた。ようやく席を確保し,ギリシャ料理に舌鼓を打った。まわりに日本人はおろか東洋人はいない。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/01/39138401/img_1


始めは定番の「カラマリア」。イカのから揚げである。レモンを絞ってかけるだけのシンプルなメニューだが,イカが柔らかく香ばしい。ギリシャでもマルタでも,イカもタコも食べるが,どこで食べても柔らかい。日本の,とくにタコはなぜに噛み切れないほど固いのか?イカとタコは生を除くと地中海に軍配が上がる。次に,「グリークサラダ」。フェタという山羊のチーズが載っているので,フェタサラダともいう。ドレッシングはもちろんオリーブ油だ。フェタチーズ自体はパサパサして美味しいというものでもないが,オリーブ油には相性がよさそうだ。そして,メインは「海の幸スパゲッティ」にした。量が多く,2人でお腹いっぱいになる。魚貝類がたくさん入っていて,そのエキスも出ているが,それ以上にソースがとても美味しく,病み付きになりそうな旨いスパゲッティである。過去に食べたスパゲッティで一番旨いといえる代物だった。ここのスパゲッティはまた食べてみたい。締めは,「グリークコーヒー」だ。苦味が強く,少し粉っぽさが残るが,エスプレッソに近い,個人的には好きな味であった。お腹もいっぱいになり,日も沈んだので宿に帰ることにした。午後8時半では,ミコノスの夜はまだ序の口で,これからレストランが混み始めるということだ。

「カラマリア」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/01/39138401/img_2


「グリークサラダ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/01/39138401/img_3


「海の幸スパゲッティ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/01/39138401/img_4


「グリークコーヒー」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/01/39138401/img_5



関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
イルミよりドーナツ?
2007/12/09(Sun)
イルミネーションを見ると,年の瀬だなと感じるが,年々暑い期間が前後に長くなり,秋に気づかないうちに冬を迎えているような気がする。季節感がだんだんなくなってきていることは確かだ。今に日本(北海道を除く)は夏と冬だけの気候になるだろう。夏は獄暑で,冬は温暖となり,大陸のように暑さで死ぬ人もたくさん出てくることは間違いない。冬は温暖なほうがいいが,死人が出るほどの暑さのところには住みたくない。【2007/12/9(日) 午前 10:19】
新宿南口はいつ行っても人でいっぱいだ,12月の週末はとくに,歩けないほどの人出で,イルミネーション目当てでサザンテラスやタカシマヤ界隈に来ている人も多いだろう。毎年,JR線を挟んでイルミネーションが輝きあっているが,サザンテラスは紫や緑を使ったやや暗めのイルミネーションに対して,タカシマヤは赤や黄など暖色系で明るめのイルミネーションで,両者の傾向はまったく異なる。異なるイルミネーションを2つ楽しめるのはいいのだが,それにしても人が多い。人混みが嫌いな人には耐えられない空間である。まあ,そういう人は来なければいいだけの話しだが。

↓サザンテラス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/16/39135216/img_0


↓タカシマヤ前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/16/39135216/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/16/39135216/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/16/39135216/img_3


サザンテラスの一角にアメリカから上陸したドーナツ屋がある。名前は知らないし,知りたくもない。オープン以来,行列状態で,長いときは,陸橋の上まで列が延び,一番後ろはもうタカシマヤが目の前というところまできていることもある。長い時間並んで食べるほどの味かと思うのだが...とにかく日本人は行列好きだ。

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
この記事のURL | Diary | CM(6) | TB(0) | ▲ top
一万軒の巨大市場4 一般店舗市場>南部・裏通り~ソウル88
2007/12/09(Sun)
南部と西部の裏通りは青果・魚・肉などの生鮮食料品が多い。とはいえ,雑貨や衣料などの店も混在し,肉を売っている隣で衣類が売られたりしていて,人々の活気も他の場所よりはあるように思える。東京よりカラッとしているとはいえ,真夏の炎天下でも,屋外で魚が売られている。日本と同じような魚を食すので,見ていても何ら違和感は覚えず,日本の市場と見間違うほどである。タコ,イカ,タチウオなどおなじみの魚ばかりである。韓国伝統菓子を売る店もある。韓国の菓子は餅米を使うものが多く,それに餡やナッツを組み合わせたりするので,日本の菓子とはちょっと違うが,ケーキの部類とはまったく違い,日本には近い。甘さは和菓子よりもあるので,甘党ではない限り,たくさんは胃袋に入らない。【2007/12/9(日)午前9:52】

↓魚市場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/39134719/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/39134719/img_1


↓韓国伝統菓子
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/39134719/img_2


このあたりの裏通りは,表通りよりは狭い(写真4番目)。食品を売る店と飲食店(といっても屋台に毛の生えたよう店だが)がひたすら並び,店主がそばで待機しているのだが,午前中は来客もまばらで暇そうにしている。ここが混雑するのは朝の早いうちと夕方だろう。奥に入っていくと暗い通りもある。仕事をしているのかしていないのかわからないほど,シーンとしていて。時折,出前を運ぶおばさんが通り過ぎるくらいの路地である(写真5番目)。出前は頭の上に載せて運ぶのが基本で,どこかしら東南アジアを髣髴させる光景だ。さらに南下すると,アーケード上の食堂街に達する(写真6番目)。通りを挟んで両側にカウンターだけの小さな店が20店ばかり並んでいる。夕方ともなると,ちょっと一杯とおつまみ目当てに来る人も多い。日本の屋台感覚だが,値段はこちらは激安で,ぼったくりはまずないので,安心して食べたり,飲んだりすることができる。他にも安い店が多く集まっているので,南大門市場でお腹がすいたらこの辺りで食べるのも一案である。

↓裏通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/39134719/img_3


↓出前を運ぶおばさん
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/39134719/img_4


↓市場の食堂街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/39134719/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
会社発海外行
2007/12/08(Sat)
マルタへの旅は,二度目の,会社から成田空港直行となってしまった。願わくばやりたくないのだが,スーパー多忙会社員は非常手段としてこの手を使うしかない。前回はソウルへの短距離だったし,羽田出発だったので気が楽だったが,今回は午前中出勤し,仕事場のある千代田区から成田に電車で移動し(荷物は業者に頼んでおいた),空港でラフな格好に着替えて,という段取りで,無事夕方発の便に間に合った。今度は成田→香港→ロンドン→マルタという遠回り経路なので,体力勝負というところがあり(とくに香港→ロンドンの夜行便は14時間もかかる),仕事をした後に3便連続で飛行機に乗るのはつらかった。【2007/12/8(土) 午後 0:30】

↓成田空港第2ターミナル72番搭乗口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/54/39116054/img_0


最近は短期強行軍のツアーをよく目にする(行ったわけではないが,旅行パンフレットに頻繁に目を通すので)。グアムへ金曜の夜に出発して,月曜朝に帰ってくるツアーは以前からある。宣伝文句に「会社を休まなくても行ける」と言っているが,若い人でない限りつらい。やはり,日々忙しい会社員を旅行に行かせようという旅行会社の魂胆が見え隠れする。今年からはチャーター便がよく出るようになったマカオでも同じパターンがあり,金曜深夜に羽田を出発,月曜未明に羽田に帰ってくるというものである。せっかく海外旅行に行くなら,旅行の前後に1日でも休みが欲しいものだが,3年前にギリシャに行ったときは,9日間の旅行を終え,家に夜中12時近くに帰ってきて,翌日は5時半に起きて会社に行ったという強行軍もあり,旅行に行くと心身ともに疲労感だけが残るようになってきた。年をとったと感じるこのごろである。

↓羽田空港の国際線ターミナル搭乗口(ソウル〔金浦〕と上海〔虹橋〕行きが実質の定期便)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/54/39116054/img_1



関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ヴァレッタの日曜市は何でもあり(中編)~マルタ22
2007/12/06(Thu)
日曜市をバスターミナル側から見ていくとまずお菓子屋がある。マルタ独特の甘いクッキー系やヌガーが並んでいるが,買おうとする人は見当たらない。マルタのCDやシーツ,レースやデニムのバッグ屋やTシャツなど衣類の店がバスターミナルの手前側には多い(写真2~3番目)。【2007/12/6(木) 午後 9:29】

↓菓子屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_0


↓衣類の店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_2


その次には映画のビデオテープ。日本ではもう当たり前になったDVDというのは見当たらず,「ブルース・リー」などの相当古い映画のビデオが多く売られていた。ビデオテープというのがレトロな証拠でもあるのだが...(写真4番目)次にがらくたのオンパレード。ただし,レトロなインテリアとしてはオシャレなものもあるので,よく見てモノを見極める必要がある(写真5~7番目)。

↓ビデオテープ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_3


↓がらくたのオンパレード
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_6


次に置物などのインテリア関係,タオルなどの実用品,おもちゃなどゆっくり見てまわるとかるく1時間はかかってしまうであろうオープンマーケットである。売れる,売れないは二の次といった雰囲気がひしひしと感じられるマーケットでもある。

マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/91/39080591/img_7



関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
コメダ珈琲店がやってきた
2007/12/04(Tue)
『コメダ珈琲店』,愛知県や愛知県寄りの岐阜県,三重県にお住まいの人なら知らない人はいないだろう。フランチャイズで100店舗以上を持つ珈琲店チェーンだ。近年,関東への進出が始まり,まずは東京多摩地区から開拓が始まった。すでに橋本,町田森野,町田鶴川などに出店しているが,先日,稲城向陽台にもオープンした(写真1~2番目,JR南武線南多摩駅か京王相模原線稲城駅下車)。そして時期は前後するが今年は多摩川を渡り,東京23区(大田区蒲田)へも進出を果たしている。【2007/12/4(火) 午後 9:07】

↓コメダコーヒー稲城向陽台店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/93/39032393/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/93/39032393/img_1


この店の特徴は,郊外店の場合,山小屋風の喫茶店(けっしてカフェではない)で,固めのソファに座ってゆったりとお茶や軽食ができる。朝メニューには「モーニング」があり,昔ながらの喫茶店という雰囲気を色濃く残している。ブレンドコーヒーは400円で,酸味のほとんどない苦味系である。またコールドドリンクは,変わったガラスの容器(長靴の形をしたグラスなど)に入って出てくるが,それは見てのお楽しみである。写真はオープンメニューのチリ・ドッグである
ここで最も特筆すべきことは,この店独自の「シロノワール」である。暖めた丸いクロワッサン生地の(直径15cm)の上にバニラアイスクリームを乗せ,メイプルシロップをかけて食べるという代物で,相変わらずの人気ナンバーワン商品である。暖かさと冷たさのハーモニーが楽しめるので,季節を問わないデザート?だ。パンとアイスクリームなので,主食かデザートか判別がつかないが,女性には人気だ(560円)。これも実物は見てのお楽しみ。

↓ブレンドコーヒー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/93/39032393/img_2


↓チリドッグ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/93/39032393/img_3


↓店舗リスト
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/93/39032393/img_4



関連記事
この記事のURL | Diary | CM(10) | TB(0) | ▲ top
沖縄の食の宝庫~石垣島3
2007/12/04(Tue)
石垣市の離島さんばしの西端の北に730交差点がある。そこを北に進み,左に八重山郵便局が見えたら,手前を左折すると「あみぱやモール」というアーケード街が見えてくる。アーケードはあるものの,左右には物販屋台が並び,この地方のありとあらゆる食料品や雑貨が売られている。売人は地元のおばあちゃんが大多数で,まるでソウルの市場を見ているようだ。本土では見ることのない食べ物が多い。ここは石垣島の食の宝庫といえる。中間あたりに公設市場もあり,そこでは土産物としての高級素材も売られている。売られているものを見ると,乾燥のパパイヤ(野菜と果物の2種類ある),パッションフルーツ,塩(石垣でも与那国でも宮古でも塩の精製が行われている),ウコン,しまとうがらし等がある。ウコンはこちらでは「うっちん」と呼ばれ,野草茶として飲まれている。もともと肝臓にいいとされ,酒飲みには絶好の植物だが,胃炎や食欲不振にもよいとされる。八重山の不老長寿に関係があるかも(写真3~4番目)?アーサはアオサのことで,岩海苔である。汁に入れてアーサ汁にして食べるのが一般的である。紅いも粉,黒糖(菓子代わりで食べるが,泡盛のつまみとしても重宝する),ドラゴンフルーツ(キウイのような味と食感はくせになる。これから東京も熱帯化するのでぜひドラゴンフルーツを栽培してほしいものだ)もある(写真5番目)。海ぶどうは海草だ。プチプチ感があり,くせのない味だ。居酒屋メニューに必ずあるので,こちらを訪れた人は飲みに行けば食べられる(写真6番目)。【2007/12/4(火) 午後 8:18】

↓「あみぱやモール」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/45/39031045/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/45/39031045/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/45/39031045/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/45/39031045/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/45/39031045/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/45/39031045/img_5



関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ