FC2ブログ
守りの要・聖エルモ砦~マルタ18
2007/09/26(Wed)
ヴァレッタは要塞都市である。半島の先端部が軍艦のようになっていて,城壁に囲まれた都市がその上に載っている。要塞ヴァレッタは海から眺めると全体が台地上になっていて,塀がそびえているように見える。半島の先端部の海に突き出ている部分が守りの要となった聖エルモ砦である。もともと小さな砦があったのを,聖ヨハネ騎士団が強固な砦に作り直したものである。ここでの戦闘はすさまじかったといわれ,1ヶ月にわたって戦いが続いたということだ。堅固な砦と勇敢な騎士たちの活躍で聖ヨハネ騎士団が守り抜き,オスマン・トルコを退却させたということである。土日にはここの見学ができるようになっている。ここから先はガイド付きツアー(土曜は13:00~17:00,日曜は9:00~16:00に毎時15分出発)でまわるのだが,上部に行くと,エリザベス女王も訪れたという見張り台にたどり着く。【2007/9/26(水) 午後 9:19】

↓要塞ヴァレッタ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/16/37231416/img_1


↓砦の入口付近から見たヴァレッタ市内の方向
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/16/37231416/img_2


↓砦の外側・砲台が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/16/37231416/img_3


それとは別に砦の北側に国立戦争博物館があり,第二次世界大戦の武器,軍服,軍用車や各種資料が陳列されている。『ヘリテッジ・マルタ』の施設なので,年末年始を除きほとんど開館している。中世の戦闘に関しての資料を見学したければ,ヴァレッタ市内のほぼ中央部にある騎士団長の館の武器庫に行けば,だいたいのものは揃っている(写真撮影も可能である)。この辺りから湾を隔てて眺めるスリーマ地区はとても美しい。

↓国立戦争博物館の入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/16/37231416/img_4


↓スリーマ湾
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/16/37231416/img_0


マルタの地図(自作)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/16/37231416/img_5



関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | マルタ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
マルタ十字の秘密~マルタ17
2007/09/25(Tue)
マルタに来て必ず目に付くマルタ十字。家々の飾り,身につける装飾・工芸品,エアーマルタのマークなど様々なものにこの印が付けられている。国旗以上にマルタの人々が誇りに思っている印である。そもそもマルタ十字のルーツは,聖ヨハネ騎士団が8つの言語地域の騎士から成り立っていたことにある。マルタ十字を見たらマルタの象徴だと思えるようになれば,マルタ通といえる。街並みにマルタ十字をたくさん見たければ,聖ヨハネ騎士団が最初に住み着いたスリーシティーズに行けばよい。ここでは建物のあちこちにマルタ十字が描かれ,掲げられ,否応なしにマルタ十字を目にする。きっとマルタ十字が目に焼き付けられるだろう。イムディーナの国立自然科学博物館のエントランス(屋外)の地面にも大きなマルタ十字が地面に書かれていた。お土産品も敢えてマルタ十字を印刷したTシャツや刺繍小物などが必ず売られている。マルタ十字を見て,「あれはマルタで使われている十字だ!」と言える日本人はマルタに行ったことのある人だけである。日本でマルタ十字のTシャツを着ても,マルタとわかる人がいないのは淋しい限りである。【2007/9/25(火) 午後 9:55】

↓国立自然科学博物館のエントランス(屋外)の地面
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/10/37200710/img_2


↓Tシャツにもマルタ十字
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1572899/10/37200710/img_1



関連記事
この記事のURL | マルタ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
久しぶりのウォーキング
2007/09/24(Mon)
夏の間は暑くて,長距離歩行ができなかったので,久しぶりに朝早くにウォーキングをした。とはいっても完全に秋になったとはいえず,できるだけ朝早く出ないとすぐに気温が上昇し,熱中症の心配が出てくる。今回は足慣らしのために歩行距離は約12kmに抑えた。多摩はアップダウンがあるので,実際の距離以上に脚力が必要である。近頃腰痛がひどかったので,アップダウンはとくにきつかったが,リタイヤーせずに歩けた。突然ウォーキングしてもまだ大丈夫であることが証明された。【2007/9/24(月) 午後 2:56】
今回の出発点は調布駅南口。家を午前5時台に出て電車で移動し,午前6時30分スタート。東京郊外に来ると,何でも売っている青果店がよくある。意外と値段が安く,重宝する店だが,朝6時半すぎにはもう店が開いている。コンビニの弱い分野の品揃えを補っていると思う。まもなく,角川大映撮影所が見えてくる。映画最盛期は大映の単独だったのが,業界そのものが斜陽で角川と提携した撮影所になってしまった。お出迎えはいわずと知れた「大魔神」である(真ん中の映画はどうでもよいので無視を)。左側の大魔神が普通だが,右側に白い大魔神もいた。夜ここを通るとちょっと恐そうだ。特撮モノに出てくる怪獣類は必ず目が光ることになっている。

↓調布市内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/67/37159167/img_0


↓角川大映撮影所
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/67/37159167/img_1


多摩川に出ると,河川敷ではサイクリングやランニングが盛んだ。少年野球などの運動も活発で,朝の多摩川べりは早起き人間で賑わっている。運動はやはり朝するのが自然だろう。中国の太極拳しかり。多摩川は先日の台風による水かさの上昇で,上流からたくさんの土砂が流れてきて,水が引いた今も土砂が溜まり,景色はあまりよくない。

↓多摩川の河川敷
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/67/37159167/img_2


↓多摩川
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/67/37159167/img_3


多摩川を渡り稲城市に入ると,自然が多くなり,栗も実りはじめ,実が茶色になれば収穫だ。稲も穂が垂れて,実がたくさんついているので,稲刈りは目前だろう。それにしても,この米は自給用だろうか。市場で東京米というのは聞いたことがないし,食べたいとも思わない。

↓栗の実
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/67/37159167/img_4


↓稲穂
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/67/37159167/img_5



関連記事
この記事のURL | Diary | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ズーラシアに行ってきた3(最終回)
2007/09/20(Thu)
ズーラシアの動物図鑑も3になるとは思いも寄らなかった。早く終わらせたいのだが,700枚も写真を撮ってしまったので,少し公開しておかないと見せる機会を失ってしまうので,3回に分けて載せることにしたわけである。【2007/9/20(木) 午後 9:06】

前回『日本の山里』から『アマゾンの密林』に向かうときに大仏の頭を発見した。まず,最初はオオアリクイである。檻に入っていて,常に動き回っているので写真には撮りづらかった。このゾーンには休憩場所として,冷房完備の「アマゾンセンター」がある。暑いときにはしばしここで涼むとよい。その先からはアマゾンの密林が始まる。入口で水の中で口を開けているワニに出会う(コンクリート製)が,まわりにはコインがたくさん沈んでいる。ひょっとしてここをローマと間違っているのだろうか?!アマゾンの密林と見間違えるほどの景色にただただ感服する。

↓オオアリクイ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_0


↓右側「アマゾンセンター」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_1


↓ワニ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_2


↓アマゾンらしき景観
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_3


ここを抜けると,『わくわく広場』と名づけられた子どもの遊び場に出る。主役はやはりオカピーだ。恐竜もここでは健在だ。暑いというのに子どもは元気に遊んでいる。付き添いの親は暑くてたいへんだ。

↓『わくわく広場』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_5


しばらく歩くと,最後のゾーン『アフリカの熱帯雨林』に入っていく。入口付近がインディー・ジョーンズばりで演出が凝っている。ここでは休憩所も,さも熱帯雨林の中にあるかのように作られている。アカイノシシの親子が寝転んでいた。アフリカでイノシシというのもイメージがわかないが,このゾーンにいるのだから,アフリカにいるのだろう。次はアフリカタテガミヤマアラシだ。一見,頭がどこにあるのかわからないが,目らしきものが左側についているのがわかる。そしてトリは,ズーラシアの顔ともいうべきオカピーだ。オカピは何の仲間?と聞かれたら何と答えるだろうか?見た目にシマウマというのが最も多い答えだが,実はキリンである。どこが?と聞きたくなるだろうが,舌の長さを見れば納得する。キリンの舌も長いが,オカピーの舌もキリンくらいの長さがあるようだ。

↓最後のゾーン『アフリカの熱帯雨林』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_7


↓アカイノシシ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_8


↓アフリカタテガミヤマアラシ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_9


↓森の貴婦人オカピー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_12


園内にひとつ,園外にひとつギフトショップなるものがある。ここでもやはり看板のオカピー関連商品が多く,それももじりがすごい。柿の種はカキピーならぬ『おかピー』,オカピーの枕は『オカぴろー』。写真はないが,ここで販売されているドーナッツは何と『ズーナッツ』という。というわけで,ズーラシア訪問記を終わりたい。

↓『おかピー』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_13


↓『オカピロー』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/68/37055868/img_14



関連記事
この記事のURL | Diary | CM(7) | TB(0) | ▲ top
ズーラシアに行ってきた2
2007/09/19(Wed)
横浜ズーラシアに行くのは2回目である。前回は3年前の3月だったので,まだ寒々としていて,冬眠からまだ覚めていないのか,眠い眼の動物が多かったのだが,今回は暑さでダウンしている動物ばかりで,日本の気候にはついていけないようだ。それは人間とて同じである。トンネルをくぐり抜けると,『亜寒帯の森』である。暑い日にこんなタイトルの場所に来たらさぞかし涼しいだろうと思ってみても,やはり暑さは変わらず,寒いところからやってきた動物たちには酷である。ざっと動物を紹介しよう。【2007/9/19(水) 午後 8:20】

↓ゴールデンターキン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_0


↓ユーラシアカワウソ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_2


↓フンボルトペンギン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_4


↓ミナミアフリカオットセイ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_5


↓ホッキョクグマ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_6


昼にはまだ少しあるが,食事できるのはここだけなので,入ったのが『オージーヒルレストラン』。「オージー」というのだから,肉は「オージービーフ」だろうか。日本の動物園には似つかわしくない,カフェテリア式のこぎれいなレストランで,ジャージャー麺とビールを頼んだ。午前中からビールが飲めるのは休日の特権だ。

↓『オージーヒルレストラン』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_7


↓ジャージャー麺とビール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_8


腹ごしらえができたら,次は『オセアニアの草原』である。オセアニアといえばオーストラリア,有袋類の動物たちに会える場所である。エミューもいたらしいが,目に入らなかった。

↓アカカンガルー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_9


↓セスジキノボリカンガルー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_11


次は『中央アジアの高地』。中国奥地をイメージしていただきたい。

↓キンシコウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_12


↓チベットモンキー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_13


↓モウコノウマ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_14


次は『日本の山里』。わりと平凡なレパートリーだ。

↓クロヅル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_15


↓ハクビシン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_16


↓ニホンザル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_17


次の『アマゾンの密林』目指して歩き始めると,なぜか道端に大仏の頭らしきものが... オブジェらしいが意味不明。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/13/37025613/img_18


ほとんど動物図鑑と化したブログになってしまった。次の3も動物図鑑が続く。

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ズーラシアに行ってきた1
2007/09/17(Mon)
今日は朝起きてふと動物でも見に行くかと思い,車で40分ほどの『よこはま動物園ズーラシア』に行ってきた(横浜市旭区)。ここは動植物が一体化して,気候帯ごとに展示されている。園内は緑が茂り,園の外とは隔絶された別世界に仕上っている。歩道に沿って,ヤシやガジュマルなどがびっしり植えられていると,ディズニーワールドのアニマルキングダムに来たかのような雰囲気になる。時折,人工的な霧が発生し,臨場感を醸しだしている。都心の動物園(上野動物園など)では味わえない開放感があり,休憩できる場所が多いので,子どもや老人には助かるのではないだろうか。はとバスのコース(横浜中華街とセット)にも入っていて,外人の姿もちらほら見えた。【2007/9/17(月) 午後 4:09】

↓チケット売り場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_0


↓入口付近
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_1


入口を入ると,まず「アジアの熱帯林」というテーマで動物の展示が行われている。

↓歩道沿いの熱帯林
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_2


開園15分後に,入口から2分くらいの場所でインドゾウのショー(「エレファントライブ」)が行われていた。2頭のゾウが飼育係の人と演技をこなすのである。

↓ゾウの像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_3


↓ゾウのサッカー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_4


↓ゾウの行進
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_5


その後は順路に沿って,マレーバク,スマトラトラ(インドネシア),シシオザルなど,が見学できる。檻に入れられた動物は,暗くてわからない場合もあるが,屋外だと探せば見つかるが,今日は残暑厳しく,人間でさえ木陰が恋しいくらいなので,動物たちも木陰を好み,あまり動こうとしない。教訓1・・・動物園には暑い日に行かないこと,である。

↓マレーバク
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_6


↓スマトラトラ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_7


↓シシオザル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_8


途中に『ジャングルカフェ』があり,ドリンクやホットドッグなどの軽いものは置いてある。水分補給は大切なので,暑い日には休み休み歩きたい。

↓『ジャングルカフェ』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_9


↓熱帯の花
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_10


「アジアの熱帯林」の次は「亜寒帯の森」だ。そこに行くにはトンネルをくぐらなければならない。風が通り抜け,ひんやりしたトンネル内は暑い日には絶好の場所だ。

↓トンネル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/36956971/img_11



関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
JATA世界旅行博2007
2007/09/15(Sat)
今日は東京ビッグサイトで開催される『世界旅行博2007』に朝から行ってきた。もうかれこれ10回以上行っているので常連である。年を追うごとに来場者は確実に増えている。今年は会場を昨年よりも広げたが,午後になると混雑はすごく,真っ直ぐには歩けない箇所もあった。今年の参加国・地域は134で過去最高である。開門すると,来場者それぞれがお目当てのブースに我先にと急ぐ。【2007/9/15(土) 午後 7:55】

↓東京ビッグサイト
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/82/36907682/img_0


今年は韓国観光公社のブースからスタート。一昨年はイ・ギチャンやパク・ソルミが来て賑わったが,今年は芸能人もなく混雑はとくになかった。台湾ブースでは観光大使のF4(エフスー)がお出迎え。皆180cmあるイケメンたちだ。日本の○○事務所のチビのお子様連中とは違う。

↓韓国ブース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/82/36907682/img_1


中国ブースでは午前11時ごろから民族舞踊がスタート。狭いスペースに十数人の女の子たちが舞を披露していた。

↓毎年恒例の中国の踊り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/82/36907682/img_2


インドブースでは映画大国ゆえ,エンターテイメント性の高いミュージカル映画を映像で流していた。

↓インドブース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/82/36907682/img_3


シンガポールブース前。シンガポール航空はエアバスA380(オール2階建て航空機)を導入するので,盛んに宣伝していた。

↓シンガポールブース前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/82/36907682/img_5


ヨーロッパのブースでは,ストリートミュージシャンやパフォーマンスが目に付いた。今回の旅行博では,5月に知らされてはいたが,マルタでお世話になった旅行会社(グローバルエアトラベル)がブースを置いていた。その時担当してくれた旅行会社の人と4ヶ月ぶりに対面。彼女は日本人(国籍はマルタ)なので,久しぶりの帰国だそうだ。それにしても横にいた社長と思しき人は丸っこく典型的なマルタ人だった。

↓ストリートミュージシャン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/82/36907682/img_4


今日集めた各国のパンフレットは,書斎のレターケース(20箱)に地域別に整理され,いつでも閲覧できるようになっている。今までの蓄積があるので,家にある旅行パンフレットやガイドブック等は膨大にのぼり,いつでも旅行会社を始められそうだ。

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

関連記事
この記事のURL | Diary | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ミコノスタウン総集編8~ギリシャ・エーゲ海65
2007/09/14(Fri)
デロス島への発着所に向かって歩いていくと,防波堤の袂に教会が居座っている。防波堤に行くことを阻止しているかのようなこの教会はセント・ニコラス教会という。ミコノス島にある教会はこのようなミニ教会ばかりで,信者がいるのだろうか,と首をかしげてしまいそうだが,人口を教会の数で割ると,実は1教会当たりの信者数は20人に満たないことになる。どうやって教会の経営が成り立っているのだろうか?たいへん不思議だ。【2007/9/14(金) 午後 9:17】

セント・ニコラス教会
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/37/36882837/img_0


この教会にいたる港に面した道路には飲食店や土産物屋が多い。日が翳り,日陰になってきたとはいえ,開いている店は少ない。これから,この界隈は人が増えてきてたいへんな賑わいになるというのに,稼ぐ気はないのだろうか。海から1本裏側の道路に入るとまた教会が出くわした。小さな島に400近い教会はもはや飽和状態だが,住民の集会所と思えばこんなきめ細かい民間サービスもないだろう。午後7時を過ぎたというのにまだまだ明るい。エーゲ海時間では夕食には早いが,すでにオープンレストランで食事を始める人もちらほら出てきている。教会と白い壁の家を見ながら,夕暮れ時のオープンレストランで過ごすのはとても心地よい。とくに空気が乾燥し,暑くもなく寒くもないのでこの上ない気分になる。ここで海の幸に舌鼓を打つのは最高の贅沢だろう。反対側の海岸に出ようとさらに先へ進むと,人影のない道が続く。住宅街が間に挟まっているので,もうすでにひっそりしていて,人の気配がまったくといってない。といってもあと2~3分も歩けばまた賑やかな海岸に出るのでその前の一時的な静寂だと思えばよい。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/37/36882837/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/37/36882837/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/37/36882837/img_3



関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
トラピスチヌ修道院~道南2
2007/09/12(Wed)
函館の観光名所・トラピスチヌ修道院は,1898(明治31)年にフランスから派遣された修道女が設立した日本で初めての女子修道院である。函館の郊外,湯の川温泉や函館空港に近いところ(空港から車で5分)にあるのでレンタカードライブなどでは,飛行機の時間に合わせ,最後に少し時間が許せば寄ることができるので便利だ。落ち着いたたたずまいの修道院は屋外は見学可能だ。修道女達は,祈りと勤労奉仕を日夜行い,院内の工場では有名なクッキー(『トラピスチヌクッキー』)などを作って,自ら販売もしている。最近はこのクッキー,近くの高級?スーパー・オダキューOXにも置かれている。この修道女達にも当然選挙権があり,団体で投票所に行くことを目撃したことがある。世間を知っているのかどうかわからないが(テレビは禁止だろう),投票権はあるので,それを当然のごとく行使していることになる。似た名前にトラピスト修道院があるが,別の場所にあり,男子の修道院である。こちらは酪農製品を作っていて,『トラピストバター』がとくに有名である。【2007/9/12(水) 午後 8:57】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/06/36821806/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/06/36821806/img_1



関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
安く化粧品を買うなら南大門?~ソウル84
2007/09/10(Mon)
明洞は化粧品チェーンの激戦地で,安いことは安い。が,質も高く,値段ももっと安いものを求めるなら南大門市場がよい。しかし,この市場は衣料や食品などが中心で,化粧品店はきわめて少ない。クーポンなどはないが,思わぬ激安品に遭遇することもある。南大門市場にもクォン・サンウをモデルに使った「THE FACE SHOP」(クォン・サンウが目印)などの店舗が出店し始め,激戦の様相を深めている。「THE FACE SHOP」は昨年,日本にも上陸した(東京・渋谷)が,どれだけ知られているかは不明(アジア中に進出しているが,日本は後発)。明洞と南大門市場は大きな通りを挟んで隣同士で,移動もすぐなので(ただし信号や横断歩道はなく地下道のみ),化粧品を買うならどちらかでよく見極めて買おう。50000ウォン以上のお買い上げで,顔のエステをしてくれる店もあるので,女性には堪らない街である。韓国の化粧品は質・値段ともにきっと満足するので、ソウル来たなら女性は必ずコスメショップへGO!【2007/9/10(月)午後8:38】

↓南大門側のゲート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/36757917/img_0


↓高麗人参などの漢方を使った化粧品のセット売りが割と安い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/36757917/img_1


↓黄土を使った化粧品
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/36757917/img_2


↓高麗人参を使った化粧品
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/36757917/img_3



関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ