FC2ブログ
市民のオアシス・二ニ八公園とは?~台北61
2007/02/28(Wed)
「二ニ八」とはちょうど60年前の今日・1947年2月28日に起きた,当時の政治に反対する自治権要求の暴動(ニニ八事件)をさす数字である。当時の政府(国民党)が中国から来た人間ばかり優遇して,もともと台湾に住んでいた中華系の人間を冷遇したのが事の発端である。この事件で行方不明になった人も多く,言論統制で15年前まではこの事件を口にすることすらできなかったということである。その出来事を後世に残すために記念館が建てられ,まわりも整備されたのがこの公園である。台北駅から近く,屋外公会堂なども設置されていて市民のアオシス的存在である。都心なのに緑も多く,朝は太極拳をする人も多いようである。ちょうど通りがかった時は夕方になっていたが,屋外のステージではバンド演奏の準備が行われ,平和そのもので,そのような事件があったとは信じがたい公園であった。【2007/2/28(水) 午後 8:17】

↓記念館と新光三越ビル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/99/29440799/img_0


↓公園内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/99/29440799/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/99/29440799/img_2


↓屋外ステージ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/99/29440799/img_3


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
押鴎亭洞を歩く3~ソウル57
2007/02/27(Tue)
ようやく押鴎亭洞に入ってきた。押鴎亭洞は地下鉄網が整っているソウルでたまたま地下鉄が中心部を通っていない地域なので,少し不便である。ここに買い物に来るような人たちは車だろうから,地下鉄は関係ないのだろう。街の雰囲気は東京でいえば原宿と青山の中間くらいであろうか。車の往来は多いが道路が広いのでゆったり感があるのは,東京の中心部と異なる。歩道が異常に広く,駐車場かと思うほどで,車が何台も駐車していた。北側の漢江との間にはアパート群があり,東に歩いていくと現代百貨店がある。財閥・現代グループの小売部門である。場所柄,高級品の割合が高く,江南マダムが買い物をするデパートのようである。【2007/2/27(火)午後9:04】

↓レンガの部分が歩道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/73/29396373/img_0


↓現代百貨店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/73/29396373/img_1


表通り沿いはセンスのいい店がわりと多いが,高級店オンリーという感じではない。庶民的な店とハイセンスな店が同居する地域である。ただし,この地域の面積はかなり広く,わりあい狭いソウルの中にあっても東京のような窮屈さは感じない。高層ビルはあまりなく,中層のビルが中心なのでゆったり感があるのだろう。日本同様,ドミノ・ピザがあったり,フィットネスクラブがあったりして半ば庶民的な街である。

↓日本でもおなじみの「ドミノ・ピザ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/73/29396373/img_2


↓フィットネスクラブ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/73/29396373/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
多摩は春間近
2007/02/25(Sun)
昨日は風が強く寒い1日だったが,今日は風もおさまり,気温こそ上がっていないがよく晴れている。今週後半からはいよいよ3月に入り,巷でも転勤,引越,上京・帰省など人民大移動が予定されている。何につけてものんびりした多摩丘陵ではあるが,農作業はすでに始まっていて,農家の人が朝早くから畑に出てなにやらやっている。川崎市の飛び地・岡上(周りを町田市と横浜市に囲まれている)でも,南部に広大な畑作地帯が広がり,ウメの花が咲き誇る中で農作業に精を出す人を見かけた。ここは東側にTBS緑山スタジオ,それ以外の方向がすべて住宅地となっていて,いつまでこの畑地が残るかわからないが,このへんのスーパーで売られている地野菜はこの岡上地区が担っているといっても過言ではない。さて,さらに南西に足を進めると,町田市内に芹が谷公園という,字の通り谷間にできた公園がある。繁華街から数分のところにあるのだが,谷にあるので,周りをすべて緑に囲まれた自然豊かな公園である。公園内には町田市立国際版画美術館があり,所蔵品が多くけっこう楽しめる。ここにも春の気配がいたるところで感じられる。木々には葉こそないが芽が出てきているし,清流の岩場を見てもとても2月下旬とは思えない。このまますんなりと春にはならないと思うが,刻一刻と春に近づいていることには間違いない。散策するなら3月あたりが人も少なくもってこいだと思うが,花粉症も本番なので対策はしっかりして出かけたい。マスクをして公園を散策していたら怪しいかな?【2007/2/25(日) 午前 9:04】

↓川崎市岡上地区
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/98/29274998/img_0


↓町田市内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/98/29274998/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/98/29274998/img_2


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(8) | TB(0) | ▲ top
押鴎亭洞を歩く2~ソウル56
2007/02/24(Sat)
この辺りは日本食の店がわりと多いが,値段は?というと思ったより安い。概して外国で食べる日本食はまずくて高い!味こそ実際に食べてみなとわからないが,ショーウィンドウに提示されている値段は日本の3分の2ほどか。世界的円安,とくにウォンに対してこの2年くらいで30%も円安が進み,韓国の物価上昇分を含めると,今ソウルの物価は東京などと変わらなくなってしまった。それを考えるとやはり安い。かといって外国で日本食は勘弁してほしい。昔,パリで食べた和定食とロサンゼルスで食べた麺類のまずさは忘れられないので,それ以来外国で日本食を食べることはなくなったし,食べたくはない。外国に行って何日も日本食を食べなくても,日本食が恋しいなどとは思わなくなったので,たぶんどこの国でも暮らせると思う。【2007/2/24(土)午前7:47】

↓和食店のショーウィンドウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/86/29228986/img_0


まだ本当の押鴎亭洞の手前であるが,それでも少しはシャレた店もあることはある。しかし,まだ若い人になじむような店構えではない。オープンカフェも午前中ということもあって閑古鳥に近く,開店休業状態の店が続く。なかにはボロボロのビルに入っている店もあるが,新しい街・江南にもこのような築30~40年経つような老朽化したビルもあるものだと感心してしまう。とてもハイセンスな街にはみえないが,とにかく押鴎亭洞は近い。それにしても午前中だというのに,気温はうなぎのぼりで上昇し,すでに30℃に近い。が,大陸の韓国だけにこのような都心でも日陰はひんやりしてしのぎやすい。日本の夏とはまったく異なる点である。だから夏の訪問でも苦にならないのは助かる。

↓押鴎亭洞の手前のシャレた店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/86/29228986/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/86/29228986/img_2


↓なかにはボロボロのビルもある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/86/29228986/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
押鴎亭洞を歩く1~ソウル55
2007/02/23(Fri)
PSY(サイ)の歌「江南(カンナム)スタイル」(Youtube再生回数32億回【2018年11月25日時点】)で,世界ヒットした江南だが,漢江(ハンガン)の南側という意味である。1988年のソウルオリンピックの少し前から急速に発展した地域で,現在は高層アパートやハイセンスなショッピング街などがある。江北(本来のソウル都心)に比べ,住宅費も高く,韓流スターの多くはこの界隈に住むらしい。江南で最も著名な街・押鴎亭洞(アプクジョンドン)に行ってみた。どちらかというと夜になるにつれて賑やかになる街なので,午前中に行っても人はまばらで,あまり活気のない街ではある。
地下鉄押鴎亭駅は押鴎亭洞からはだいぶん西に位置し,本来の押鴎亭洞に行くには駅から1kmほど東に進まなければならない。地下鉄構内の地図でみると,上(東)方向が押鴎亭洞。左(北)方向には現代(ヒュンダイ)アパートが立ち並び,アパートのさらに北側には漢江が流れている。。押鴎亭洞はセンスのよいオシャレな街として有名だが,そこにたどり着くまではソウルの普通の街並みが続く。裏通りを歩くと,和食の店があったり,薬屋があったりと,何の変哲もない街である。本当にこの先にセンスのよい街があるのだろうかと思うが,まだ先は長い。暑い8月の炎天下を歩くのは疲れるが,タクシーに乗るほどの距離でもないし,ウォッチングが目的なのでタクシーに乗ってしまったら元も公もない。【2007/2/23(金)午後10:36】

↓地下鉄押鴎亭駅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/79/29216279/img_0


↓地下鉄構内の地図
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/79/29216279/img_1


↓裏通りを歩く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/79/29216279/img_2


↓和食店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/79/29216279/img_3


↓薬屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/79/29216279/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
台北のタクシー事情~台北60
2007/02/21(Wed)
台北のタクシーの車体はすべて黄色である。運転の上手さ,応対の良さ等は千差万別であるが,比較的安全・安心である。また料金がもともと安いので,MRT駅がない場所に行くときはできるだけ使った方が賢明である。日本語も英語も原則通じないので,正しい発音で行く先を言わなければならないが,筆談にも応じてくれる。台湾の漢字は中国本土の簡略字体とは異なり,本来の漢字を使っているので日本の漢字に近い。むしろ旧字が割合多いが見ればだいたいわかるものばかりである。「台北」は本来「臺北」と書く。タクシーにのる場合,ドライバー任せでは遠回りされた場合に気付かなかったり,反論できない。まずは万が一に供えてナンバーを筆記しておく(または筆記するふりをする)。少なくとも地図を常に持参し,自分が乗車したところ,途中進んでいる方向(晴れていれば太陽の方向でもわかるが),行き先の方向,をしっかり頭に入れていなければならない。ただし,台湾は右側通行で,台北市内には一方通行が少なくないので,行き先の方向に進んでいないからといって途中ですぐに文句をいうことはできない。様子をみながら明らかに変であれば,降ろしてもらうなどの対抗措置はとれる。夜は方向感覚がわからなくなるので,タクシー利用は気をつけたい。ただし,安全面は前述のようにほぼ大丈夫である。利便性はいいので,気軽にタクシーは使って時間を節約したい。流しも多いので比較的簡単に拾えるのも有難い。台北市内であれば本道に出ると,必ずといっていいほど短時間で拾える。これはタクシー台数の過剰によるものだと思う。タクシーが自動ドアなのは日本だけである。どこの国でも自分でドアを開けて乗るのが当たり前である。【2007/2/21(水) 午後 8:17】

↓台北駅北口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/17/29109617/img_0


↓基隆駅前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/17/29109617/img_1


↓台北駅周辺であるが,黄色い車=タクシーがいかに多いかがわかる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/17/29109617/img_2

 
https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(8) | TB(0) | ▲ top
氷像の競演~道北7
2007/02/20(Tue)
北海道の雪まつりというと札幌雪まつりがあまりにも有名だが,北海道では各地で1月~3月の間にさまざまなスノーフェスティバルが開かれている。旭川冬まつりもその一つで,札幌雪まつり同様に大きな雪像がつくられ,子どもたちが寒さをものともせずにはしゃいでいる光景を見かける。旭川冬まつりの会場は常盤公園という石狩川沿いにあり,駅からは少し離れているし,夜は明かりも落とされ人気がない。一方で旭川駅から延びる買物公園には,氷像コンテストの優秀作品が雪まつり期間中に飾られている。買物公園は旭川の中心街にあるので,昼夜問わず道行く人は氷の像を眺めていく。夜はライトアップされ,4色の光によって浮かび上がる氷の芸術を見ることができる。雪が積もってしまい,せっかくの氷像の一部が隠れてしまっているが,ライトアップされた部分は鮮やかで,寒さを我慢してでも見たい?気にさせる。最近ではこのようなライトアップさせる雪像や氷像が増え,雪国ならではの楽しみをかもし出している。氷で作ったランタンに火を灯し,いくつも並べるスノーランタンフェスティバルなどもここからさらに北に行った下川町でつい先日まで開かれていた。冬は寒い北海道であるが,楽しみはいっぱいで,心温まる行事が目白押しである。話題の旭山動物園も営業しており,ペンギンの行進が見られるのは冬だけである。写真はすべて2006年撮影。【2007/2/20(火) 午後 10:56】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/92/29069292/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/92/29069292/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/92/29069292/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/92/29069292/img_3


関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マイホームは高層住宅が常識~ソウル54
2007/02/19(Mon)
ソウルには約1000万人が住んでいる。その割に居住面積は東京に比べてはるかに狭い。周りを山に囲まれた盆地になっているので,広がりようもないのが実情である。よってマイホームといっても一戸建てに住める人は限られ,高層住宅に住むことが余儀なくされる。ただし,分譲の高層住宅は一戸建てに匹敵するほど,内部はかなり広く作られており,1戸あたり100平方メートルを超える物件が圧倒的に多い。高層住宅の平均の広さでは日本をはるかに凌いでいる。江南(漢江の南側)にはとくに1980年代ごろからたくさんの高層住宅が作られ(オリンピック特需の影響も大きい),地方から出てきた人を吸収していった。漢江沿いを車で走ると高層住宅群がいくつも見られる。ソウルに住む人の約半数が高層住宅に住んでいると言われている。日本のように瀟洒なマンションもあるにはあるが,高層アパートといった表現が適当な高層住宅が圧倒的に多い。芸能人の多くもこのような普通の高層住宅に住んでいるらしい。その点,日本の芸能人よりははるかに庶民に近く,好感が持てる。この高層住宅は古くても価格は相当するということだ。韓国の物価はウォン高もあり,上がり続けている。大手企業の新卒初任給は日本を越えたといわれている。日本も高いが住宅に関しては韓国もメチャ高いようだ。【2007/2/19(月)午後10:32】

↓龍山(ヨンサン)の高層住宅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/29/29017229/img_0


↓汝矣島(ヨイド)の高層住宅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/29/29017229/img_1


↓狎鴎亭洞(アプクジョンドン)の高層住宅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/29/29017229/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ミコノスタウン総集編2~ギリシャ・エーゲ海59
2007/02/17(Sat)
ミコノスタウンの昼下がり。街の中心部まで10分ほど。見るものすべて白が主体で青い空,緑の低木とマッチしてため息が出る美しさである。ホテルからしばらくの間はまだ家もまばらで,空いているところは公園などになっている。相変わらず石垣が続くが,石垣もやはり白が中心である。石灰岩なのだろうか。シエスタの時間帯からかすれ違う人はいない。まもなく児童遊園があった。ここにも子どもの遊ぶ姿はなかったが,遊具は色とりどりで,日本の遊園地にもこのような色合いは見られるものの数は少ない。できれば子どもたちの遊ぶのが見たかった。さらに進むと,街中に入ってくる,といってもまだ中心部ではなく住宅街である。真っ白に塗り固められた地面と家々。家のどこかには必ずといっていいほど花が飾られ,左側の家の2階の入口にはリースも添えられている。青い手すり,青いドアとすべて白が映えるようになっている。個人の邸宅も見られるが,門があり,その上には家紋らしい(こちらで何というかわからないが)マークが付けられている。小さいながらも2階にベランダがあり,イスとテーブルが並べられている。屋根の後方に煙突らしきものが見えるが,エーゲ海の冬は相当冷え込むであろうから,暖炉のようなものが家の中にあるのだろう。【2007/2/17(土) 午前 9:14】

↓白い石垣
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/61/28886361/img_0


↓児童公園
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/61/28886361/img_1


↓青が映える白壁
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/61/28886361/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/61/28886361/img_3


関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(9) | TB(0) | ▲ top
掟ありの寿司屋
2007/02/16(Fri)
銀座線浅草駅A4出口を出てすぐのところに「光寿司」がある。刺身を死ぬほど食べたい人にオススメである。夜は午後6時と8時の交代制なので,午後6時では2時間という制限がつくが,午後8時なら2時間以降もいられる。【掟1】必ず予約を入れることが原則となる。次に【掟2】最初の注文は必ず刺身の盛り合わせ(\6,000)をする。寿司屋だからといって寿司を頼んではいけないし,他のメニューも禁止。盛り合わせは1グループで一つなので,量からいって4人以上が望ましい。種類もさることながら量もすごい。このメニューの後は何を頼んでもいいが,【掟3】握りは最後の注文で受け付ける。よってひたすら刺身,焼き魚などを食べ続けなければならない。ウニを頼めば箱で出てくるし(\1,500くらい),サバの刺身を頼めば一匹が解体されて出てくる(\1,300くらい)。店内は賑やかなので落ち着いた雰囲気ではないが,下町の余韻に触れ,質より量,話題性という点ではオススメできる店である。ランチもあるが,予約はいらない分数量限定となるので,早くから並ぶ必要がある。【2007/2/16(金) 午前 8:56】

↓刺身の盛り合わせ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/87/28837587/img_0


↓箱で出てくるウニ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/87/28837587/img_1


↓サバの刺身は一匹単位
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/87/28837587/img_2


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ