FC2ブログ
イア歩き総集編8~ギリシャ・エーゲ海55
2006/12/31(Sun)
前回の「イア歩き総集編7」で紹介したカフェを少し離れて下の方から撮ると,立地が崖っぷちで,景色のよさそうなのがわかる。こんな店なら長居もしたいが,あちこち回らないともったいないという考えが先に浮かぶ。この日は,イア2回目だったが,前回は曇りがちで眺望もいまいちだったので,天気のいいこの日は,動き回らなければ損。とりあえず,カフェを後にし,また行動を開始する。それにしても,この辺りからの崖っぷちに立ち並ぶ家々の,なんとカラフルなこと!青空とカラフルな外壁は見ていて飽きないし,ついついカメラを向けてしまうアングルである。また,少し小路めぐりをする。民家も多く,各家には必ずといっていいほど花が飾られ,同じ地中海に面したスペインなどと通じるところがある。ライト,壁の色,どれをとってもオシャレというか美しい。別に高級なものではないが,全体の景観に溶け込んでいるといった方がいいだろう。目の保養にはピッタリのイアの散策は,歩けば歩くほど新しい発見が増え,疲れもとんでしまう。【2006/12/31(日) 午後 7:38】

↓イアの街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/02/26446602/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/02/26446602/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/02/26446602/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/02/26446602/img_3


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ギリシャ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
大晦日の風情
2006/12/31(Sun)
今日大晦日は午後から最寄り駅周辺に行った。ちょっとした買い物をしようと思ってのことだが,メインストリートの人出は普段の土日よりは少なかった。しかし,ショッピングセンターの食料品売り場だけはすごい人だかりで,おせち料理や夜食などの買い出しに,家族総出で来ているのが多数見られた。ここは原則車で買い物に来るところなので,仕事に忙しい家庭は大晦日に大量買い出しをやるらしい。しかし,大晦日になると,青果物や加工食品が値上がりして,かまぼこなどは普段の倍の値段になる。「寿」の文字はいらないから安くしてほしいと願うところである。駅の入口付近では特設売り場が設けられ,年越しそばが売られていた。いよいよ今年も終わりだとようやく実感できた散策であった。来年はどんな年になるのだろうか!?【2006/12/31(日) 午後 4:53】

↓小田急線新百合ヶ丘駅南口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/26439071/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/71/26439071/img_1


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
映画パンフはただ!~韓国9
2006/12/31(Sun)
日本ではロードショーで,映画の詳細なパンフレットが発売される。安くて500円,高くて800円くらいの値段設定になっている。実は韓国映画にはこの手のパンフレットは存在しない。その代わり,4~6ページもののリーフレットが無料で配られる。ページが少ないながら,事細かにストーリーや出演者のことが書かれ,写真も多く,映画のポイントがよく押えられている(と思う・・・ハングルは読めないので)。オールカラーで,紙も厚めで,なかなかよくできたものである。日本のパンフレットを見たら,その豪華さから,日本の方がいいと思うだろうが,ただし買わなければ手に入らない。韓国のリーフレットならタダである。どちらがよいかは個人の趣向の問題だが,日本でも世界一高い映画料金をとっているのだから,作ればよいと思うのだが,そうすると数百円するパンフレットの売り上げが落ちることは確実で,金儲け第一主義の映画配給会社では絶対にやらないことだろう!ちなみに韓国の映画料金は7000ウォンである(2006年)。写真は2006年夏公開の韓国映画のリーフレット。【2006/12/31(日)午前10:53】

↓無料の映画パンフレット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/02/26424002/img_0

関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
韓定食を食べてみたい・『トゥレ』前編~ソウル40
2006/12/30(Sat)
仁寺洞(インサドン)にある『トゥレ』という店に行ってみた。この店の韓定食は現代風の趣向も取り入れているので,当時はトウガラシがなかったのにもかかわらず,キムチが出たりする。少し邪道ではあるが,とにかく1回くらいは韓定食を食べなければ,韓国に来た意味がないので,とりあえず近場で食べることにした。店構えは伝統建築で,裏通りの小路にあるので人もまばらで静かである。 門からして風情のあるこの店は韓国伝統建築(韓屋)を利用した店で,玄関では靴を脱いで入る(が,呼べどもなかなか店員が出てこない。2~3分待って,通された部屋にはすでに女性2人が韓定食にチャレンジしていた。10畳ほどの部屋に卓が4つ。天井や柱・梁は日本の建築と似ていて,居心地がよい。ただし,畳ではなく板の間なのが日本とは違う。こちらが食べているときに,隣の卓におじさんが一人来て食べ始めた。ランチなので,夜よりは安いが,けっこうなお値段なので,夜は主に接待に使われ,一般ピープルはランチを楽しむらしい。肝心の料理であるが,正月スペシャルとして年明け2007年1月1日に一挙公開する予定。お楽しみに!【2006/12/30(土)午後4:37】

↓仁寺洞の小路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/65/26386565/img_0


↓『トゥレ』の入口の門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/65/26386565/img_1


↓玄関から見たレジ周辺
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/65/26386565/img_2


↓女性2人が韓定食にチャレンジ中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/65/26386565/img_3


↓日本建築と似ている造り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/65/26386565/img_4


↓食べるおじさんと給仕のおねえさん
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/65/26386565/img_5

関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
超繁忙期的献血
2006/12/30(Sat)
今日はかねてから予定していた献血に行ってきた。たいがいは新宿東口の献血ルームに行くので,会社帰りなら近いが,今日に限っては家から向かったので,到着まで1時間を要した。午前10時オープンの数分前に入ったが,予約者が10人ほど居て,その後にまわされた。場所柄かここはいつも若い人が多い。例のごとく,血圧,問診,血沈などを済ませ,いざ400mlの全血へ。体調がいいときにしたことはないが,体調の悪さは数値には出ず,いまだかつて何らかの影響が出たことはない。3年前からの体質変化で冷え性になってしまい,冬場は常に手が冷たいので,血液の出は悪く,夏場の1.5倍の時間がかかった。終わった後は,ミスドのドーナツやアップルパイ,ハーゲンダッツのアイスクリーム,クッキー類が自由に食べられるが,あまり食欲もなく,水分だけたっぷり採って帰宅した。今年も年3回の献血をこなし(1200ml),お役御免である。【2006/12/30(土) 午後 2:10】

↓新宿東口の献血ルーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/59/26381559/img_0


↓献血手帳
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/59/26381559/img_1


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
台鉄で松山へ~台北48
2006/12/30(Sat)
台北駅の改札口は地下にあるので,キップを買ったら地下に移動して,改札を入る。改札口の上には,列車名や発車時刻が電光表示されている。概ね発車15分前にならないと入場できない。乗る列車が表示されたらようやく改札から入ることができる。列車の定時運行は少なく,数分から20分くらい遅れていることが多い。ぎりぎりに行ってもゆうゆう乗れそうだ。プラットホームは「月台」と呼ばれ,地下2Fにあり,3A・3B(第三月台),4A・4B(第四月台)の2面4つのホームがある。第一と第二は近々新幹線ホームができるので,そこに充てられるのだと思う。ホームは薄暗く,アナウンスもなく列車が入ってきたり,発車したりする。冷房が入っているので夏でも涼しい。ホームに数字が書かれているが,それが号車ナンバーなのでそこに並んでいればよい。土日は混雑するが,平日の昼間には乗る人は少なく,ホームは閑散としている。東隣の松山駅までは10分~15分間隔くらいで頻繁に列車が出ているので,待ち時間は少ない。夕方は列車が入ってくると,どこからともなく人が集まり,ちょっとしたラッシュになる。台鉄の台北市内を走る部分はほとんど地下化されているので,松山駅に行くときは,列車は台北駅を出て10分ほど地下を走り,地上に出たらすぐそこが松山駅となる。【2006/12/30(土) 午前 8:47】

↓台鉄台北駅の改札
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/26371053/img_0


↓台北駅ホーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/26371053/img_1


↓ラッシュ時の電車
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/26371053/img_2


↓電車内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/26371053/img_3


↓博愛座は優先席
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/26371053/img_4


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬ソナの舞台は北村にあり~ソウル39
2006/12/29(Fri)
「冬のソナタ」に登場する春川(チュンチョン)第一高校はなぜかソウル北部の高台(北村〔ブッチョン〕とよばれる地域)にあった(実はソウル中央高校というミッション系の男子校)。地下鉄3号線「安国(アングク)」駅3番出口をまっすぐ東方向に進み,最初の角を左に曲がってまっすぐ進めば,この学校にぶつかる)。ただし,前半は平地だが,後半は上り坂になる。夏休み期間とはいえ,門は開きっぱなしで自由に校庭に立ち入ることができる。日本では学校への不審な侵入者を食い止めるため,門を閉めてあったり,防犯カメラなどセキュリティばっちりの学校が増えたが,この学校は「どうぞお入りください」と言わんばかりのサービス精神に満ちた学校である。ファンへのサービスだろう。校門の手前には未だに「冬のソナタ」グッズを売る店があり,アジュンマ(おばさん)がしつこい客寄せを行っている。観光シーズンたけなわだというのに,韓国客はまばらで,「冬ソナ」ブームの終焉を暗示するかのようだった。【2006/12/29(金)午後8:24】

↓・ソウル中央高校の校舎と校庭
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/26348824/img_0


↓校庭から正門を見たところで観光客に日本人はいなかった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/26348824/img_1


校門を出て右折し,50mくらい上り,左側に入る道を進むと,なんとチュンサンの実家がある。何もバスで学校に通わなくて歩いて2分のところに自宅があったのだ。この日は訪れる人もいなくてひっそりとしていた。以前は家の中を見学できたそうだが,今は門を閉ざし入ることはできない。高台だけにここからの眺めはよく,ソウルの北部の街並みが一望できる。

↓チュンサンの実家
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/26348824/img_2


↓左がチュンサンの家で,右側の電柱のすぐ横に見える三角屋根の大きな建物がソウル中央高校の校舎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/26348824/img_3


↓右側の白っぽい大きな建物は大東情報産業高校
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/24/26348824/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
太っ腹!ノースウエスト航空
2006/12/29(Fri)
アメリカのノースウエスト航空が,もう3年くらい前から『ニッポン500マイルキャンペーン』という催しを行っている(現在は合併したデルタ航空に受け継がれている)。これは,自社でなく,日本の国内線の半券のコピー1枚につきノースウエスト航空のマイルに500マイル加算してくれるというものである。もちろんノースウエストのマイレージ「ワールドパークス」に入会していないと始まらないが,国内線は航空会社を問わず,JALでもスカイネットアジア航空でも何でもよい。国内線に乗っているのに,その航空会社とは提携関係のないワールドパークスに500マイル加算してくれるとは,何とも太っ腹である。年間で10回分まで,つまり5000マイルまでワールドパークスに貯めることが可能である。仮にJALに乗ると,自社へのマイル加算もOKなので,1回でJALとノースウエストの両方のマイルが貯められるという優れものである。一応毎年4月から翌年3月までの1年間限定の実施であるが,今までずっと延長されてきている。ワールドパークスは期限がないので,このキャンペーンがさらに続き,国内線もそこそこ乗る人は,何年間か経てば,一度も乗ったことの無いノースウエストの特典航空券をGETできてしまうかもしれない。【2006/12/29(金) 午後 7:42】

↓ノースウェスト機(成田国際空港)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/95/26346995/img_0


関連記事
この記事のURL | エア&エアポート | CM(4) | TB(0) | ▲ top
新ソウル駅VS旧ソウル駅~ソウル38
2006/12/22(Fri)
旧ソウル駅は,アムステルダム中央駅を模して大正時代に建てられた東京駅に倣って建てられた。その旧ソウル駅に替わって2004年新ソウル駅が旧ソウル駅の南側に新築された。コンコースはたいへん広く,総ガラス貼りなので照明がなくても明るく,日本にはないタイプの駅である。というのも,駅ビルにデパート,大型スーパー,などが入り,駅=買い物に来るところ,というイメージを定着させているところである。東京駅には大丸デパートがあるが,さすがに大型スーパーマーケットは入居していない。同じようなコンセプトの駅が同じソウル市内にある龍山(ヨンサン)駅である。ソウル駅はプサン・大田(テジョン)・大邱(テグ)方面へのKTX(韓国新幹線)の始発駅であり,ヨンサン駅は光州(クワンジュ)・木浦(モッポ)方面へのKTXの始発駅である。新ソウル駅はイ・ヨンエの映画『親切なクムジャさん』のシーンでも使われたので,見たことのある人もいるだろう。2Fにキップ売り場・KTX以外の列車の改札・待合室,3FにKTXの改札と待合室がある。3Fには飲食店街やフードコートがあるので,出発の前に好きなものが食べられる。【2006/12/22(金)午後11:04】

↓旧ソウル駅は保存され博物館になっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/25977817/img_0


↓新ソウル駅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/25977817/img_1


↓新ソウル駅のコンコース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/25977817/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/17/25977817/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
新宿サザンテラスのイルミネーション
2006/12/20(Wed)
いよいよクリスマス間近。今日は会社帰りに珍しく新宿を散策した。新宿は通勤途中の駅なのに,あまり降りることはない。しかし,季節柄イルミネーションがどんなものかと思い,サザンテラスに足を踏み入れた。新宿駅の南口からすぐの場所ではあるが,ここは渋谷区になる。向い側の「新宿タカシマヤ」も渋谷区である。であれば,新宿駅前タカシマヤとつけるべきだが...こっちがひねくれているのだろうか。イルミの方は数年前より数段パワーアップし,タカシマヤ側よりサザンテラス側の方がきれいになった。サザンテラスからタカシマヤに行く跨線橋のたもとに,ドーナツ屋がオープンしていてたいへんな混雑ぶりだった。100人どころの行列ではなかった。何はともあれ,今日もノルマの5kmを歩き通した。【2006/12/20(水) 午後 9:20】

↓新宿サザンテラス(渋谷区である)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/62/25864962/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/62/25864962/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/62/25864962/img_2


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ