FC2ブログ
伝来の地で食べるハンバーガー
2006/11/28(Tue)
長崎県佐世保はハンバーガー伝来の地と言われている。今でも米軍基地があり,アメリカ文化の影響を色濃く受ける佐世保にハンバーガーが伝わったのは約50年前。マクド(マック)が1970年代に日本1号店を開くはるか昔から、佐世保の人たちはハンバーガーを食べていたのである。そのため現在でもその味に慣らされていて,佐世保ではマクド(マック)は不振である。その「佐世保バーガー」であるが,ボリュームがすごい(その分値段もいいが)。行った店は老舗の「ハンバーガーショップヒカリ」。テイクアウトのみの店で,繁華街からははずれるが,車で買いに来る人も多い。注文を受けてから出てくるまで15~20分は見なくてはならない。土日はけっこう込み合うということだ。今日は平日であるが,それでも番号札を渡され,車の中で待つ人が数人いた。気になる中身だが,お勧めを聞いたら,特製ハンバーガー460円だったので,それを注文した。マヨネーズとトマトケチャップ味で,甘さと酸味がある。上から,バンズ,レタス,トマト,タマネギ,ベーコン,タマゴ,パテ,バンズとなる。マヨネーズが液状になっているので,ポタポタ垂れて,手はベトベトになる(食べるときはきれいな服は避けたい)。タマゴが味をまろやかにして,今までにない新鮮な味がする。ソースは店によってさまざまらしい。これで上の値段は損か得か?東京にも中野に佐世保バーガーの店が1店舗ある。場所は佐世保市矢岳町1-1,営業時間は10:00~20:45だが、売り切れ次第閉店となる。【2006/11/28(火) 午後 11:15】

↓「ハンバーガーショップヒカリ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/44/24646344/img_0


↓注文を受けてから作る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/44/24646344/img_1


↓特製ハンバーガー(460円)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/44/24646344/img_2


↓ハンバーガーの中身
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/44/24646344/img_3

関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | Diary | CM(6) | TB(0) | ▲ top
イア歩き総集編4~ギリシャ・エーゲ海51
2006/11/25(Sat)
岬の展望台にすぐには向かわず,右手の方に進むと,小さな風車がある。よくグラビアなどで目にするイアの岬の写真に出てくる風車である。もともとは粉挽きに使われていたのだろうが,今は店に改造してしまっている。足場があるのはちょうど壁の塗り替えの時期にきたからだろう。この島に限らず,エーゲ海の島の人々は,景観を守るため,年に2回壁のペンキ塗りに精を出す。ふと,足元を見ると,花が咲いていた。まだ5月の上旬,ようやく春を迎えたティラ(サントリーニ)島でも断崖に吹く風はまだ冷たく,風自体も強いので,こんな場所で生育していくにはたいへんである。しかし,家のベランダなどに花が多いのに,自然に咲く花を見かけなかったので,心温まる気分である。行く手に教会が見えてきた。その手前に公衆電話がたっていた。こんな断崖沿いの道端で電話をかける人がいるのだろうか?と疑問に思うが,心なしか絵になる風景ではある。奥に進んでいくと,行き止まりになった。左側にもう使わなくなったのか,風車をはずしてしまった元風車がある。右側には小さな民家が並ぶ。平屋なので,ずいぶん小さく感じる家である。はたして人が住んでいるのだろうか?夏季には観光客も増えるこの辺りだが,ふだんはシーンと静まりかえり,歩いている人もいない。岬の展望台でも見えるが,この辺りは夕日のベストスポットで,「世界一きれいな夕日」という触れ込みもあるイアの岬付近である。【2006/11/25(土) 午後 3:45】

↓小さな風車
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/92/24449792/img_0


↓道沿いに咲く花
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/92/24449792/img_1


↓公衆電話
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/92/24449792/img_2


↓民家
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/92/24449792/img_3


関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
台北駅近くのケーキの美味しい店~台北45
2006/11/25(Sat)
新光三越近くの裏通りにおいしいケーキ屋を見つけた。店名は「Berry Milk」。店名通り,イチゴ専門のスイーツを扱った店で,ケーキ及びドリンク系のメニューがふんだんにある。メインはイチゴケーキらしく,値段も手ごろで(日本の半値くらい),夜10時近くになっても女の子で込み合っている。台湾の女性も例にもれず甘さには勝てない。しかし,スイーツのレベルの高い台湾では,女性は皆舌が肥えていて生半可なケーキでは売れない。また,スイーツ大好きの国民性ゆえケーキはおやつに欠かせない。アジアでも東南アジアについていえば残念ながらケーキが平均して美味しい国はない。一方東アジアでは台湾は日本と争える唯一の国ではないかと思う。中国・韓国が今後どのくらいレベルを上げてくるか未知数だが,台湾のケーキは太鼓判が押せる味だった。台湾は質は別として,スイーツの種類の多さは世界一を疑わない。【2006/11/25(土) 午前 9:45】

↓「Berry Milk」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/85/24434885/img_0


↓ショーウィンドウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/85/24434885/img_1


↓テイクアウトしたイチゴのスイーツ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/85/24434885/img_2


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(5) | TB(0) | ▲ top
駐車ボーイ・駐車ガール~ソウル33
2006/11/24(Fri)
日本でいえば駐車場の整理をする人なのだが,それを誇大化し脚色して,出入り口で案内をするマスコットに育ててしまったのが,「駐車ボーイ」「駐車ガール」とよばれる人々である。日本で若い人が駐車場の整理をやることはあるが,パフォーマンスまでして派手に案内をすることはない。まして,信用が第一の百貨店であればなお更である。業務は駐車場への案内が中心で,店舗外でのインフォメーションといえよう。夏の炎天下では,駐車ボーイが中心に働き,駐車ガールは時々姿を現す程度で,常にいるとは限らない。きれいな女性に外でにっこりされたら,男性にとっては気持ちいいものだし,女性でも,イケメンににっこりされたら,悪くはないと思う。日本では仕事に就けない若者が多いのだから,積極的にこのようなサービスを行う大手百貨店が現れてもいいと思うのだが,パフォーマンスが下手な日本では無理らしい。彼らは車を見送るときには深々と頭を下げ,韓国の礼儀正しさを強調しているかのようだ。ちなみに写真は南大門市場の隣に位置する「新世界百貨店(シンセゲペッカジョム)」の前の様子である。【2006/11/24(金)午後11:54】

↓駐車ボーイ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/94/24420894/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/94/24420894/img_1


↓駐車ガール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/94/24420894/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/94/24420894/img_3

関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
万華鏡の世界~道央6
2006/11/23(Thu)
5年ほど前に田舎(北海道)に帰省した際に小樽に立ち寄った。ガラス工芸の店も多い小樽だが,ふと入った店に万華鏡の数々が置いてあった。久しぶりに万華鏡なるものを見たが,値段もピンからキリまであり,あまりにきれいではまりそうになってしまった。デジカメで撮れるかどうか微妙だったが,撮ってみるとなかなかきれいだったので,お見せしたい。その店の前には,確かヒグマの剥製?が置いてあって,入口からして力の入った店だと記憶している。オルゴール館の交差点にあるので行けばわかる。札幌からJRで行く場合は,小樽の一つ手前の南小樽で降りると,下り坂を7~8分で行けるので,楽である。【2006/11/23(木) 午後 7:40】

↓万華鏡の中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/78/24349578/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/78/24349578/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/78/24349578/img_2


↓入り口前のヒグマの剥製
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/78/24349578/img_3


関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「Dr.コトー」の港~与那国島2
2006/11/23(Thu)
この港(久部良港)には与那国漁業協同組合があり,毎日というわけではないがカジキマグロの水揚げがある。水揚げされたカジキマグロはその場で解体し,本州などに送られるもの,島内で販売されるもの,などに分けられる。漁協に所属している漁師は50~60人ほどで,小さな漁船で近くの魚場まで行き,カジキを追いかける。1匹が数十万円以上するので,捕った漁師は満面の笑みを浮かべ,凱旋寄港する。水揚げや解体作業は朝のうちに終わるので,日中は人の姿もなく,のどかな南国の港の風景が見学できるだけにすぎない。この辺りは,日本最西端の与那国島でも最も西に位置する集落である。よって,ここにあるものはすべて,「日本最西端の○○」ということになる。与那国島には信号が2つあるが,この集落にもそのうちの1つがある。小学校・中学校(もちろん日本最西端)があるので,信号を設置することが不可欠なのである(例え,車が通らなくても)。日本最西端の信号になるが,渡っている人を見たことがなかった。【2006/11/23(木) 午後 7:19】

↓与那国島久部良港
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/31/24348631/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/31/24348631/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/31/24348631/img_2


↓島に2つある信号の一つは久部良集落にある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/31/24348631/img_3


関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
日本のホワイトハウス~与那国島1
2006/11/23(Thu)
「ホワイトハウス」といえば,アメリカ・ワシントンを指すが,オキナワ(日本)の最も西に位置する与那国島にもホワイトハウスがある(2008年当時)。ホテル名であるが,ただ白い建物だからという理由しか見当たらない建物である(写真1番目)。人口1700人の島で数少ないホテルと名のつく宿泊施設であるが,実態は民宿の延長上にあると考えた方がよい。現在放送中の「Dr.コトー」のロケ中のスタッフ・出演者の定宿である。2月にここを訪れたときは,驚いた。ホテルの前で甲羅干しをしている水着姿の女性がいたからである。オキナワといえども海開きにはまだ早い2月である。確かに気温は27℃くらいはあったように記憶をしているが,さすが台湾に近いだけのことはあると思った。このホテルの食事は民宿風で,オキナワ色がほとんど出ていないが,さすがにマグロだけはその日に港で獲れたものを出すらしい(写真2番目)。その日水揚げがなければ冷凍ということになるが。空港からは車で4~5分ほどで,町の中心部にも徒歩圏なので何かと便利である。与那国行くなら記憶に留めておくホテルの一つだろう。※「ホワイトハウス」は既に閉館となっています。【2006/11/23(木) 午後 6:53】

↓「ホワイトハウス」外観
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/42/24347242/img_0


↓「ホワイトハウス」夕食
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/42/24347242/img_1


関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
イルミネーション輝く街
2006/11/23(Thu)
横浜市青葉区の住宅街に,毎年今頃から忽然と明るい街が出現する。閑静な住宅地で,近くに商店などもない。いつからか,どこの家から始まったかわからないが,参加する家は年々増加の一途をたどり,現在では,隣接する約50~60軒の住宅が,イルミネーションを競い合うようになってきた(隣接するすべての家が参加しているわけではない)。このイルミネーションを見ようと,普段の夜は人通りも少ないこの住宅街に,土日ともなると,たくさんの見物客が訪れ,車の通行もしにくくなることがある。我が家の近くでも,イルミネーションを飾る家が徐々に増えてきて,隣の家でも3年くらい前からやっているが,今年はパワーアップし,家全体にイルミネーションが広がり,うちの前の道路は異様に明るく,タクシーで帰ってくるときにはいい目印となる。【2006/11/23(木) 午後 5:19】

↓横浜市青葉区のとある住宅街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/77/24342677/img_0


↓デコレーションされた家々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/77/24342677/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/77/24342677/img_2


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フードコート・新光三越編~台北44
2006/11/23(Thu)
大きなショッピングセンターにきまってあるのがフードコート。以前に紹介した「TAIPEI101(タイペイ・イー・リン・イー)」のフードコートは台湾最大の1200席もある。デートの待ち合わせに使われることも多いのだが,慣れないと,メニューを受け取ったはいいが,相手の座席を探すのが大変なほどフロアーが広く,探しているうちに料理が冷めてしまう危険もある。台北駅周辺では,「新光三越百貨」地下のフードコートがメニューの多さから一番人気があるようだ。フードコートのしくみは日本と同じで,食べたいメニューのある店で注文,精算し,料理を受け取ったら,空いている席まで運んで食べる(写真1番目・・・店舗,写真2番目・・・飲食スペース)。しかし,日本はファーストフードや軽食が多いのだが,台湾では本格的なメニューが多いのが特徴である。セルフサービスであるが,言葉もとくに必要なく,時間も値段も気にせず,マイペースで食事ができるので,日本人観光客にも人気がある。結局,迷ったあげく選んだのが,麺とスープのセットで,値段は120元。うどんのような麺と,肉の詰まったワンタンのスープであったが,量的には十分なものだったし,味もけっして悪くはないので,台北駅周辺でお腹がすいたときは利用するとよい。【2006/11/23(木) 午後 2:24】

↓フードコートの店舗
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/24335166/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/24335166/img_2


↓飲食スペース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/24335166/img_1


↓注文した料理
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/66/24335166/img_3


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドリアンはカフェで~ハノイ21
2006/11/23(Thu)
ベトナムの乾季は暑い。湿気があり,街歩きは持久力勝負となる。フランスの影響を受けたベトナムでは,街にカフェが多い。暑いときにはカフェで冷たいものを飲んだり,食べたりして,涼むのが一番である。しかし,カフェの多くはオープンタイプで,外との隔たりがない。あっても窓が開けっ放しという状態が普通である。よって,涼みたい!と思って入っても,暑い中で一応は冷たいスイーツやドリンクを味わうハメになる。念のために知っていた方がショックはないと思う。【2006/11/23(木) 午前 11:22】
ホアンキエム湖畔をウォーキング中,暑さでばてて,カフェに入った。店名は「Kem dac biet」(ベトナムは自前の文字を持たないので,表記にはアルファベットを使う)。やはりオープンカフェであった。しかし,メニューの飾りつけはかわいらしいものが多く,女性好みのカフェであろう。目移りして,幾つも頼みたいところを抑えて頼んだのが,「ドリアンアイス」。ドリアンはその臭いゆえに,ホテルへの持込が禁止されているフルーツである。それまで食べたことがなかったので,少し慣れておこうという思い,決心したのだが,香りはほのかに臭う程度で不快感はないが,後味に臭みが残り,水が不可欠なスイーツであった。タイには「ドリアンチップス」なる菓子があるが,今度はそれに挑戦して,その次は生のドリアン,と考えている。

↓ホアンキエム湖畔の公園と街並み
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/24327242/img_0


↓o-オープンカフェのメニュー
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/24327242/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/24327242/img_2


↓これが「ドリアンアイス」
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/24327242/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ