FC2ブログ
快適!国立中央博物館~ソウル22
2006/10/29(Sun)
この博物館は見る人に優しい。まず料金であるが,大人(19歳以上)2000ウォンである(「でっかいゾ!国立中央博物館」のURL参照)。日本の国立博物館が500円くらい徴収する中で,リーズナブルな設定をしている(ソウルと東京の物価は円安の影響であまり差がない)。と同時に無料の日も設定されている。次に各展示室はもちろんのこと,広い休憩所が数箇所あり,全部あわせると数百人が休憩できるほどの余裕がある。ゆったりしているからか,かなり寛いでしまっている人もいて,博物館という堅いイメージを受けない。また,館内全体が広いこともあり,かなり人が入っても混雑している印象は受けない。この時は,夏休みということもあり,小学生~高校生が非常に多かったが,小学生からお年寄りまで,入場者の年齢層は広く,どの層もまんべんなく来ている印象を受けた。土器に始まり,韓国の歴史的美術品が凝縮されているが,お国柄,書や青磁などの磁器が多い。撮影の禁止されているものはなく,数十枚撮影してきたが,著作権の関係で見せることができない。数といい,質といい,国立博物館の名に恥じない1級品揃いだった。韓国や台湾といえば,百貨店やショッピングセンターに必ずといっていいほどフードコートが入っているが,ここにもしっかりとフードコートがあった。展示室は飲食禁止でも,腹が減っては何とやらで,お国柄か人が集まるところに必ず作ってしまうから,立派なもの。この博物館は南山の南側にある。南山の向こう(北側)が明洞や鐘路などのあるソウルの中心である。【2006/10/29(日)午前10:43】

↓休憩室
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/84/22785484/img_0


↓一番奥から入口方向
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/84/22785484/img_1


↓夏休み中ゆえ児童・生徒が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/84/22785484/img_2


↓フードコートもあり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/84/22785484/img_3


↓南山の南側に位置する
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/84/22785484/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
でっかいゾ!国立中央博物館~ソウル21
2006/10/28(Sat)
地下鉄4号線ニ村(イチョン)駅を降りて徒歩5分のところに,2005年秋にオープンした国立中央博物館がある。昨年12月にソウルの京東市場で会った40代のご夫婦から「年末(2005年)までは無料開放だ」と聞いたが,そのときは行く時間がなかった。ようやく今年の夏に行くことができ,念願を果たした。以前は景福宮(キョンボックン)内にあった旧朝鮮総督府の建物を使っていたが,政府の方針で壊されたので,近くで仮住まいをしていたが,ようやく米軍基地跡地のニ村の地に移転することになった。国の威信をかけて作っただけあって,豪華な造りと広さを持っている。広さに関していえば世界で6番目の広さを持つ博物館になった(それと比較すると,日本の東京国立博物館などはものすごく陳腐に見える。国の威信をかけて作る気なんてさらさらないようだ。)。建物は3階建てで,エントランスは1~3階の吹き抜けで,各展示室はかなりゆとりを持って造られており,車椅子だろうがベビーカーだろうが数十台が入ってもまだ余裕がある広さである。日本ではあまり浸透していないが,フラッシュさえ使わなければ写真はすべてOKの撮り放題で,美術品をカメラに納めている人がたくさん見られた(よってミュージアムショップでは絵葉書は売られていない。)。時間に限りがあったので,かなり急いで見て回ったが,それでも2時間近くかかってしまった。時間をかければ1日ではとても見切れないと思う。國立中央博物館→http://www.museum.go.kr/jap/【2006/10/28(土)午後7:23】

↓鳥瞰図
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/27/22749927/img_0


↓エントランス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/27/22749927/img_1


↓エントランスは1~3階の吹き抜け
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/27/22749927/img_2


↓各展示室の広さは余裕たっぷり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/27/22749927/img_3


↓撮影制限はフラッシュは禁止と言うことだけ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/27/22749927/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジンベエザメの海1~本島2
2006/10/24(Tue)
といっても屋内の話。名護の西側・本部町にある沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館の東洋一の大水槽では,ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぎ,人間が海の中にいるような錯覚になる。ここは「黒潮の海」と名づけられたアクリルパネルの水槽である(写真1番目)。アクリルパネルを何枚も貼り合わせ,高い水圧に耐えうる水槽ができたおかげで,水族館の水槽の巨大化が進んでいる。この水族館は大阪の海遊館や三重県の鳥羽水族館をしのぐ大水槽が売り物で,入場料1800円を払ってもぜひ見ておきたい水族館である(写真2番目・3番目も同施設)。那覇からだと車で1時間半くらいかかる。近くにはパイナップルパークやハブとマングースを戦わせる場所があったが,後者は戦い自体が禁止になってしまい,今は当時のビデオが見られるだけである。【2006/10/24(火) 午後 9:18】

↓沖縄美ら海水族館の大水槽
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/23/22506023/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/23/22506023/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/23/22506023/img_2


関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
庶民の味方・晴光市場~台北39
2006/10/22(Sun)
なんとも長閑でこじんまりした市場である。晴光市場はMRTだと民権西路駅から東に300mくらい進み,中山北路にぶつかったら道路の東側を北に進路を変えて200mくらいにある。通りから一本入るので静かな佇まいの市場である。あまりに長閑過ぎて,時間が止まったような空気である。売っているものは縁日にはほど遠く,実用的な雑貨や食品が多く,近所の人のショッピング街で,日本にも時折見かけるような小さなアーケード街である。食料品といえば,鶏が解体されて,足付きで売られているのは生々しい。時折,通路から丸見え状態でエステを行っているところに出くわすこともある。とにかく台北の人々の普段の生活が垣間見える市場である。【2006/10/22(日) 午後 0:21】
 
↓晴光市場南側入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/34/22342834/img_0


↓アーケードになっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/34/22342834/img_1


↓解体された鶏
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/34/22342834/img_2


↓公開?エステ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/34/22342834/img_3


東側に突っ切ると,万国旗が飾られた歩行者用の通りに出るが,ここは昼でこそ人はまばらだが,夜は雙城街夜市(スワンツェンチェイエスー)に変身する。規模は小さいが。あらゆる屋台やショップが集まり,かなり地元民向きのローカル夜市となる。まさにB級グルメの宝庫である。

↓東側の歩行者用通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/34/22342834/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/34/22342834/img_5


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(9) | TB(0) | ▲ top
ゲーセン一番人気はバスケ?~台北38
2006/10/22(Sun)
台湾でもゲームセンターには若者が多い。ほとんどが日本のゲームセンターをそっくり持っていったもので,オリジナルはほとんどない。とくにクレーンゲームは年齢を問わずプレイされていて,ぬいぐるみやキーホルダーなどを景品としているのは日本と変わらない。一方,年齢層を10代~20代の男性と限定すると,バスケットゲームの人気が俄然高い(写真4番目)。なぜバスケットゲームが盛んなのかは定かではないが,どこのゲームセンターにもゲーム機が置かれていて,若者がせっせと励んでいるのをよく目にする。台北は広い公園が少なく,あったとしても,お年寄りが太極拳か剣術をやっている程度で,ジョギングなどはみかけない。暑いところなので,運動を屋外で長時間行うということは無理なのだろうから,手軽に運動できるということで人気があるのだと推測する。しかし,バスケットボールをひたすら投げ続けることは運動になるような気はするが,歩行はきわめて少ないので,腕や背中・腹筋を使う程度の運動にすぎず,自分は運動をしているのだ!と自分に言い聞かせるor自分を納得させる,エクササイズの意義を持っているのだろう。夜市で台湾の若者と並んで汗をかくのもいいかもしれない。ぜひお試しあれ!【2006/10/22(日) 午前 10:53】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/22338463/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/22338463/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/22338463/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/22338463/img_3

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大教会周辺~ハノイ18
2006/10/22(Sun)
ベトナムはフランスの統治が長かったので,当然キリスト教の影響を受け,ホアンキエム湖の西側にも大きな教会がある。これは1887年に建てられたカトリックの教会で,ネオゴシック様式の2つの塔を持つ。「大教会」という一般名詞並みのネーミングは教会の数が少ないからできるのだろう。ハノイ観光では必ず一度は目にする建物である。【2006/10/22(日) 午前 9:22】

↓ハノイ大教会
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/22334142/img_0


この辺りはおしゃれな店が多い。どの店舗も年数こそ経っているが,フランス風の建築で,ちょっとのぞいて見たい気分にさせる。カフェもそこそこあり,暑さで疲れたときに逃げ込む場所としてはもってこいである。値段はコーヒー1杯せいぜい1万5000ドンが上限であろう。ただし甘いので口に合うかどうかは保証しない。とにかく外気は我慢できないくらい暑く,客のいない物売りやシクロの運転手が木陰でグターッとしている光景は日常茶飯事である。 南北ベトナム統一30周年の記念の休日(2005年4月30日から3日間ほど)が続くハノイの街のデコレーションは,社会主義国なので旗や幕は赤が基調で,木々の緑,建物の黄やクリーム色と相まって,街中がたいへんきれいな色彩であった。

↓ハノイ大教会周辺の街並み
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/22334142/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/22334142/img_2


↓中学生たちのネクタイも赤色
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/22334142/img_3


↓垂れ幕も赤色
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/313829/42/22334142/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ホッカイドウの最高峰~道北6
2006/10/21(Sat)
北海道で一番高い山はほぼ中央部にある旭岳(2290m)である。この旭岳ほかの峰を総称して大雪山ということが多い。山麓(海抜1000m)まで車で来て,ロープウェイで海抜1700mまでは行けるので,楽に登れる山である。中学校1年のときの林間学校で旭岳の頂上まで登ったことがあるが,実質の標高差600mほどなので登りやすかったが,硫黄の煙が噴出しているのでまったく安全という山ではなかった。ロープウェイを降りてしばらく歩くと「姿見の池」と呼ばれる,旭岳を写す小さな池がある。またこのあたりは高山植物の宝庫で,チングルマやコマクサなど代表的な花が6~7月くらいに咲き誇る。旭岳そのものに登らなければ,眺望もよく十分満足できる。ちょっと歩くには厳しいかもしれないが,ハイヒールで来られないこともない。できれば止めた方がよいが...北海道の夏も日中はけっこう暑い。しかし,海抜1700mは海抜0mとは0.6℃×(1700-0)/100=10.2より,約10℃低いので,ひんやりしている。ただし紫外線が強いので,あっという間に焼けてしまうので,女性は念入りな対策が必要だ。【2006/10/21(土) 午後 8:22】

↓旭岳と姿見の池
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/78/22304878/img_0


↓姿見の池付近から見た,ロープウェイ山頂駅方向
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/78/22304878/img_1


関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャングムでもお馴染み・昌徳宮の池~ソウル20
2006/10/21(Sat)
『チャングムの誓い』(韓国名『大長今』・全54回)を見た人なら知っているだろうが,最終回に近いころになると,チャングムが王様と話しながら池のほとりを歩くシーンが出てくるが,そのシーンを撮ったのが,世界遺産・昌徳宮(チャンドックン)の奥にある芙蓉池である。チャングムの映像を見て,王とチャングムがどこを歩いているかおわかりになるだろうか。芙蓉池は生い茂った林の中にあり,正殿からは少し距離がある。入口からはかなり遠いので,開門と同時に入り,真っ先にここをめざせば,人のいない静かな池を臨むことができるし,写真も人を入れずして撮ることができる。向かって左側には芙蓉亭があり,池を望む高台には宙合楼がある。陰陽五行説に従って建てられ,1階は本の収納場所,2階は読書ルームになっている。すぐ近くに売店があり,ここだけでしか買えない土産もあるので,寄ってみるのもよい。店の人は日本語も上手く,気軽に話し相手になってくれる。天気がいいときにぶつかれば,散策にはもってこいである。ぜひお試しあれ!【2006/10/21(土)午後3:02】

↓芙蓉池
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/45/22288345/img_0


↓芙蓉亭
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/45/22288345/img_1


↓宙合楼
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/45/22288345/img_2

関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
多摩ウォーキング
2006/10/21(Sat)
最近休日等に仕事がなければ,土曜日の日課となった多摩ウォーキング。薄がもの悲しそうにうなだれ,秋も半ば。昨日の金曜(20日)も先週同様に帰宅が遅かったが,今日も5時30分起床で,17kmほど東京の野山を歩いてきた。街道沿いは車も多く,空気が悪いので,山に入ることが多いのだが,今朝方入った山は,最初こそ1車線の舗装道路だったのに,それがいつのまにか砂利になり,土になり,最後には獣道すらなくなってしまう山の中に入ってしまった。うっそうと木が茂り,方向感覚をなくしてしまうくらい薄暗い森を1時間くらいさまよった。もちろん家もなく,人にも会わないので,落ち着いて歩くといった状態ではなかったが... ようやく人里に出てくると,そこも東京とは思えぬ農村部で,刈り取った稲を干す「はざがけ」が行われている,のんびりとした風景だった。東京は狭くて,家がびっしりと立ち並んでいるという先入観をもっている地方の方もいるだろうが,ところが,東京にもこのような風景がたくさんあることを知ってもらいたい。【2006/10/21(土) 午前 11:05】

↓東京都は思えない景色が続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/85/22276685/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/85/22276685/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/85/22276685/img_2


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
海の青さとオリオンビール~本島1
2006/10/15(Sun)
飛行機で行くと,国内なのに中国の上海より飛行時間がかかってしまう沖縄。まず着いて感動するのは海の青さである。江ノ島のような潮の臭いもなく,晴れていると空との境目がわからないくらい青々とした海が目に飛び込んでくる。日本近海なら,グアムにも負けないくらいの上質の海だと思う。6月の海はまだ波のうねりがあったりして,暑さは夏本番だが,泳ぐにはどうかと迷う日もある。名護は沖縄本島の中部に位置し,那覇からだと高速道を飛ばして1時間くらいである。沖縄随一といってもよい有力企業・オリオンビールの工場がある都市だ。日本でのシェアは低いが旨いビールである。ビールは産地の気候に合わせて作られている飲み物ゆえ,沖縄で飲むから旨いのであって,東京では空気が異なるので,オリオンビール本来の旨さは得られないような気がする。東京でもオリオンビールが売られているが,ほとんどはアサヒビールのライセンス生産によるものなので,沖縄産ビールではなく,本土産ビールである。缶や瓶に記載されているので惑わされないようにしたい。飛行機で出されるオリオンビールは信用もあるので,正当なものである。【2006/10/15(日) 午後 7:22】

↓沖縄の海(名護湾)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/78/21896878/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1516800/78/21896878/img_1


関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ