FC2ブログ
絶品キムチの焼肉店~ソウル18
2006/08/30(Wed)
材料にこだわったキムチが食べられると定評のある店に行ってみた。材料がよければ美味しいというわけでもないが,サムギョプサルも食べられるとあってちょうどランチタイムに入った。尚,韓国では1軒の焼肉屋で牛肉も豚肉も同時に味わうことはできない。牛肉,豚肉,鶏肉それぞれの焼肉専門店がある。サムギョプサルなら豚肉専門店となる。サムギョプサルは豚の三枚肉で,脂身がそこそこあり,薬味をたくさんのせてサンチュで巻いて食べるとこの上ない美味しさがある。韓国の人は,肉の中で牛肉を一番食べているように思っているかもしれないが,実は豚が一番である。ランチタイムだからといって韓国にランチサービスはなく,値段は夜と同じ。それでも比較的リーズナブルな値段なので,サラリーマンもけっこう入っていた。キムチの味は酸味が少し強く,辛味は思っていたほどはなかった(写真4番目)。韓国に行くと,毎日唐辛子の洗礼を受けているのでびくともしないが,慣れない人ならちょっと辛いだろう。こちらを日本人とわかっているらしく,肉を焼いたり,食べ方を教えたりしてくれるが,ソウルに通算20日近くもいると,食べ方もすべてわかりきっているので,いささか有りがた迷惑に思え,「こちらのペースに任せてくれ!」と叫びたくなる。パジョンも頼んでみたが,辛さはほどほどで日本人好みの味だった。韓国ではニンニクを焼いて食べることが多いので,毎日ニンニク臭かった気がするが,みんな臭いので気づかなくなるらしい。それゆえ,歯磨き粉の消臭力はすごいらしいことを聞いた(明洞・世宗ホテル裏にある「三金」)。【2006/8/30(水)午後9:06】

↓外観
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/10/18617910/img_0


↓店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/10/18617910/img_1


↓サムギョプサル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/10/18617910/img_2



↓パジョン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/10/18617910/img_4

関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(3) | TB(0) | ▲ top
広い道路は渡れない~ソウル17
2006/08/28(Mon)
景福宮の光化門前には,ソウルで最も幅の広い道路がある。片道8車線。両方で16車線(写真1番目は西側車線,2番目は東側車線,3番目はT字で交わる12車線道路)という途方もない道路である。車優先社会の韓国だけに,このような広い道路に横断歩道などはつけない。といってすぐそばに横断地下道もないので,ここを渡ろうとすれば,西側に200mほど歩いた地下鉄3号線の景福宮駅に一度もぐり,向こう側に渡るしかない。ソウルにはこのような道が多く,横断地下道を余儀なくされることが多いので,歩行者,とくに足腰の弱い老人にはきつい。また地下道にエスカレーターがついていることもほとんどなかったが,ようやく一部の駅で地上までのエスカレーターやエレベーターなどが設置されるようになってきた。ソウルのドライバー,とくに一般タクシーや乗合バスのドライバーは運転マナーが概して悪いので,国際運転免許証を取得すれば日本人でもソウルで運転することは可能だが,かなり恐いと思われる。8車線もあったら車線変更はどうすればいいのだろう?
その後,この通りの真ん中に公園ができ,車線数は半分に減ってしまった。ドラマ『アイリス』でイ・ビョンホンやキム・テヒがテロ集団とドンパチをやったのはこの通りだ。当日は終日通行止めにして撮影したということで,日本のドラマとはスケールが2まわりほど違う。かつての『西部警察』さえ敵わない。【2006/8/28(月)午後9:46】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/18462519/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/18462519/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/19/18462519/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
猫空への道7~台北35
2006/08/27(Sun)
ここから先は一瞬木がうっそうと茂り,薄暗い区間があったが,それを過ぎると左側の景色が久々に素晴らしくなった,といっても遠景は霞んであまり見えず,この界隈の茶畑だけであるが。少し途絶えていた茶芸館がポツポツと目につくようになったが,開いている店は相変わらずなかった。各茶芸館のテラスからの茶畑の眺望がいいので,このへんでゆっくりお茶を楽しみたかったが,まだ午前10時にはなっていないため無理そうだ(写真2~4)。人は見かけたが,すれ違う車はなく,歩くこと30分。ふと眼下に,24時間営業という看板を出していた茶芸館が見えたので,これぞとばかり,舗装された小路を降りていった。猫空バス停まであと数百メートルを残し,ようやく念願の茶芸館にたどりつくことができた。この少し先には,台北市の鉄観音博物館があり,烏龍茶の歴史などが学べるらしいが,時間の都合で今回は割愛した。【2006/8/27(日) 午後 3:27】

↓景色が素晴らしい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/43/18363243/img_0


↓閉まっている茶芸館多し
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/43/18363243/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/43/18363243/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/43/18363243/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
猫空への道6~台北34
2006/08/27(Sun)
バスを「樟湖」バス停で降り,歩き始めたが,午前9時半では開いている店もなかなか見つからず,ようやく開いている店を見つけると,こちらが望みもしない茶や菓子を押し売りしてくるので,そこはすぐに退散し(店名は伏せます),さらに前進。本当にこっちの方向でいいのかと(地図などの準備はなかった),心細くなるほどの淋しい道をひたすらてくてくと進んだ。起伏は多少あるが比較的歩きやすい道である。15分ほど行くと分岐点があり,正面に茶芸館の案内看板が目白押し。左に行くと10ほどの茶芸館がある(緑続緑,美加茶園,伝生茶園など・・・「猫空への道4」MAP参照)ことがわかった。右へ行くと猫空方面だが,16:00以降バスは今歩いてきた道は通らずに,左方面からこの分岐点を経て猫空に向かい(たぶん暗い山道はバスの通行に危険なので),そのまま折り返さずに,岐山方面に抜け,木柵に行ってしまう(一方通行にもなる)ので確認と注意が必要。三玄宮というお寺がここにはあるが,見ている暇もないので,猫空に向けまた前進。【2006/8/27(日) 午前 8:45】

↓てくてくと歩くしかない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/51/18343351/img_0


↓茶芸館の案内看板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/51/18343351/img_1


↓左に進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/51/18343351/img_2


↓猫空方面
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/51/18343351/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
島の教会~ギリシャ・エーゲ海46
2006/08/26(Sat)
エーゲ海の島々には教会が極端に多い。ギリシャでは,キリスト教の一派・正教会という宗派が信仰されている(ギリシャ正教)。見たところ,カトリックほど厳格ではなく,大らかな感じを受ける宗派である。その分,島の人々はかなり信仰心に篤く,かならずどこかの教会の信者になっているらしい。ちょっと街歩きをするだけで数箇所の教会を見つけることができるほどなので,飽和状態とも見て取れるが,写真の被写体としては絶好で,青い空,白っぽい教会と合わせて撮ると素人でもそれなりの写真が撮れてしまうところは不思議である。
サントリーニ島には,海に面した教会が多く,フィラタウンよりはイアの街(写真1・2はイアの教会)に目だって多かった。一方,ミコノス島では,島全体で420の教会があるといわれ(写真3・4はミコノスタウンの教会),8000人~10000人といわれている島の人口を考えると,教会一つ当たりの信者は20人くらいになってしまい,経営が成り立たないのでは?と心配してしまうが,信仰心が篤いので,きっと人々は複数の教会に属し,それぞれに寄付をしているのだろう,と理解する。【2006/8/26(土) 午後 7:45】

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/38/18310738/img_0


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/38/18310738/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/38/18310738/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/38/18310738/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
国宝第一号はココだ!~ソウル16
2006/08/26(Sat)
南大門は韓国最古の木造建築で,1398年に創建され(1448年に改修),正式名称は崇礼門(スンネムン)とよぶ(写真1)。南大門を「なんだいもん」と日本語でいう人も多いが,「ナムデムン」と読んでもらいたい。以前はこの門はロータリーの中心で,自動車がこの門を回るようになっていて,門に進入することはできなかったが,2005年にロータリーを廃止して,ソウル駅の方から道路を横断せずに門に入ることができるようになった。そして日中は門番を立て,観光に力を入れるようになった(写真2)。ここで門番と一緒に写真を撮ることも可能である。色鮮やかな衣装を着た門番は,隣に並んでも顔色ひとつ変えず,また姿勢をくずすこともなく,無言で写真に撮られてくれる(写真3)。笑わせてみたい,といういたずら心も出てくるが,30℃の炎天下の中,耐えて働いているので,今回はよそう。ここから南大門市場は横断歩道を渡ればすぐである(写真4)。ソウルには他に東・西・北に門があったが,現在は西大門がない。東大門は市内にある(地下鉄東大門駅を降りるとすぐ見える)が,北大門はソウル北部の山にあり,一般には公開されていないが,ようやく近々公開されるということである。【2006/8/26(土)午後5:40】

国宝第一号の南大門
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/00/18304000/img_0


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/00/18304000/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/00/18304000/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/00/18304000/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
人民路を歩く~上海16
2006/08/13(Sun)
上海の冬は空気が澄んでいそうだが,工場の排煙などによる空気の汚れは予想以上で,空はきれいには晴れ渡らない。そのためか晴れていても日射が弱く,気温以上に寒く感じられる。人民路は豫園と南京東路との中間くらいを東西に走る道路である。道路に沿って公園があり,人民路の歩道を歩かずにこちらを歩く人がほとんどである。この通りには,ボタン,ファスナー,糸など衣類を作る上で必要な道具や部品を扱う問屋や小売店が多い(写真2)。そのわりには買いに来ている人も見当たらず,店の人々はトランプに興じたり,煙草をふかしてぶらぶらしている。バスの通行が多い通りで,日本の都市交通からは姿を消したトロリーバスも健在である(写真3)。上の架線から電気をとって走る環境に優しいバスなのだが,架線のあるところしか走れず,また架線も都市部ではいろいろと邪魔なので,今は東ヨーロッパの国々や中国・モンゴルなどで見かける程度である。【2006/8/13(日) 午後 8:16】

↓公園に沿った舗道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/34/17183734/img_0


↓小売店もちらほら
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/34/17183734/img_1


↓トロリーバス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/34/17183734/img_2


人民路を一歩,道をそれると本当の中国の姿が見られる。無数の物干し竿が窓から外に突き出ている光景である。これが万国旗だったら,何かめでたいということにでもなるが,これは日常生活に欠かせないことなので,外国人の目に奇異に映るだけである。

↓脇道は物干し竿だらけ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/34/17183734/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/34/17183734/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
やっぱり夜市は面白い~基隆4
2006/08/13(Sun)
海に面した街だけに,海産物の屋台が多く,カキやタコ,イカといった具材を焼いて食べさせてくれる。まだそんなに暗くないのと平日なので人は少なかったが,学校帰りの高校生や近所の人などが目立った。通りはL字型のメインが1本だけのわかりやすい夜市である。店が両側にびっしりと並んでいると,どれを食べようかと目移りしてしまう。台湾の人々はあまり家で食事を作らないので,屋台を含めた外食産業はかなり盛んだ。日本では,都心でさえもつぶれそうなそば屋やラーメン屋などがひしめいているのに,台湾では無関係のようだ。【2006/8/13(日) 午前 11:04】

↓通りの様子
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/17132744/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/17132744/img_1


お腹がすいたので,新鮮なカキを食べようと思い,カキを焼いている店に入った,というより屋外なので,簡単なテーブルについた。北海道の大きなカキには及ばないが,宮城や広島のカキよりは大きく,味も濃い感じで,生臭さはほとんどない。10個くらいはすぐにペロッといく。他にどんなものがあるのだろうかと,まわりを見渡したら,まずは豚足,アジアでは中国,タイ,韓国などどこでも食べる一品。もう一つ,一番下の写真に注目していただきたい。望遠で撮ったので,あまり写りはよくないが,新鮮な魚(刺身か?)を並べてあるそばの大きな水槽?にいるのは... たぶん食用だと思うがこんな大きなものは見たことがない。

↓焼きガキ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/17132744/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/17132744/img_3


↓豚足
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/17132744/img_4


↓太ったカエル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/44/17132744/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(5) | TB(0) | ▲ top
いざ夜市へ~基隆3
2006/08/12(Sat)
基隆の夜市は駅から東に500~600m行った辺り(仁三路・愛三路・愛四路付近)に広がっている。そこまでの道のりは,すすけたコンクリートの商店街や住宅が続く街並みで,途中に慶安宮というお寺があった。そうこうしているうちに夜市に到着する。入口付近に海の安全を願ったお寺・尊済宮がある。拝むそばから売り子の掛け声が響く。確かに寺の目の前からすでに店が並んでいる。基隆の夜市はこじんまりしていて,台北のような派手さはないが,海に面しているので新鮮な海の幸や天ぷら,三明治(サンドイッチ),トロピカルフルーツなどが味わえる。この日は平日なので人出は少なかったが,夕食をここですませる近くの住民も多かったようだ。【2006/8/12(土) 午後 7:58】

↓交差する道路が仁三路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/33/17056933/img_0


↓商店街や住宅が続く街並み
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/33/17056933/img_1


↓慶安宮
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/33/17056933/img_2


↓尊済宮
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/33/17056933/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
猫空への道5~台北33
2006/08/12(Sat)
「指南国小」からバスに乗り,「樟湖」というバス停で降りた(ほんの5~6分)。この辺りはすっかり山の上になっていて,茶芸館もいくつか点在していたが,まだ午前10時前ということもあり,閉まっているところばかりだった(10時~11時から開くところが多い)。24時間営業の茶芸館もあるということだったが... バス道路は,たまにバイクや車が通る程度の一本道である。下を見下ろすと茶畑が一面に広がり,茶の葉を集めて,乾かしている人をみかけた。天気がよければ台北101などが見えるのだが,生憎の曇り空で遠くが霞んでいて,展望はいまいちだった。バス停に近い「六季香茶坊」は日本人に人気があるが,隣の「農ぎ(目編に義)茶坊」にも惹かれるものがあったが,閉まっていた。猫空への道はまだ続く。【2006/8/12(土) 午後 1:33】

↓猫空らしい景色
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/67/17016667/img_0


↓一本道沿いに茶芸館が点在
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/67/17016667/img_1


↓一面の茶畑
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/67/17016667/img_2


↓茶園の人
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/67/17016667/img_3


↓目移りする茶芸館の多さ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/67/17016667/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ