FC2ブログ
港北ニュータウンでショッピング
2006/07/30(Sun)
港北は多摩,千葉などと並ぶニュータウンで,首都圏最後で最大の住宅都市である。横浜市営地下鉄沿いに高層の住宅や戸建があり,古い民家も並存していて,緑がひじょうに多い。その中で,センター北駅からセンター南駅にかけては商業施設が立ち並び,都心とは違った雰囲気の街歩きが楽しめる。センター南駅前にある「港北東急」はゆったりしたつくりで,何でも揃うショッピングセンターである。新しい街の建物だけに近代的でシャレている。売られているもののセンスもよく,都心の百貨店と遜色はない。道路も混まないので,気軽に車で来て買い物ができる。都心まで足を伸ばす必要もない。やはり住むなら緑の多いところが心地よい。【2006/7/30(日) 午後 8:16】

↓センター南駅付近
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/74/14836474/img_0


↓「港北東急」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/74/14836474/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/74/14836474/img_2


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | Diary | CM(5) | TB(0) | ▲ top
古い建物と活気ある人々~基隆2
2006/07/30(Sun)
基隆の街並みは台北以上に古めかしい。港町として早くから発展したので,台北より歴史が古く,長く住みついている人が多いのだろう。すぐ背後に山があり,平地が少ないため,道路が狭く,一方通行が目立つ。その割に車が多く,人々がたくさん行き来している印象を受ける。駅前はとくに人や車の往来が激しく,物販店・飲食店などショップが立ち並ぶが,大型店はなく個人経営の店がアーケードに沿ってたくさん並んでいる。昼を過ぎ,お腹がすいたので,軽食の店に入ってみた。レパートリーは豊富な店で,テイクアウトもOK。店内に入り,麺と小籠包,スイカジュースを注文した。値段は1品40元ほどで,B級グルメとしてはごく普通の値段。客は少なく,屋内とはいえオープンエアなので,冷房もなく扇風機がまわっているだけで,30℃くらいの室内は汗が止まらない暑さだが,座って食べられるだけまだいい。中国や台湾では暑さの中でも熱いものを食べるので,ひんやりしたジュースがありがたい。とくに水分補給にはスイカジュースのように,甘さもある水分がよい。麺は薄味だが,だしに肉を使っているので,見た目よりも旨く感じる。小籠包も当たり障りのない味だが,少なくともはずれではなかった。日本では入った店の当たりはずれが顕著だが,台湾ではそれがないので安心できる。【2006/7/30(日) 午後 4:07】

↓台北以上に古めかしい基隆の街並み
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/01/14805901/img_0


↓車も人も多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/01/14805901/img_1


↓麺と小籠包
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/01/14805901/img_2


↓店内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/01/14805901/img_3


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
オープンテラスが似合う条件~ギリシャ・エーゲ海44
2006/07/29(Sat)
ミコノス島にはオープンテラスの飲食店が多い,というより基本的に店にはオープンテラスがある。パリのカフェと似ているが,パリのようにオープンテラスと屋内で値段が異なるということはない。日本では近年,カフェでオープンテラスにしているところもあるが,湿気の多い熱風の吹く夏に,屋外ではとても快適な気分でコーヒーを飲むというわけにはいかないし,また都心では空気が悪いので,日本では,とくに都心ではオープンテラスは似合わないどころか適さない。誰も居心地がいいとは思っていないだろう。オープンテラスの立地条件としては,湿度の低いところが前提だと思う(湿度が高いほど居心地感が低下する)。その点でエーゲ海の島々の飲食店はピッタリである。街の中心部には車が入ってこないので,空気も良く,安心して食事を楽しめる。さらにまわりの景色も落ち着いているので,文句なしである。サントリーニ(ティラ)島の中心・フィラタウンは通りが狭いので,道路沿いよりは建物の屋上にオープンテラスを作ることが多い。どちらの島も青い海,青い空,白い建物を見ながらの心地よい食事が期待できる。【2006/7/29(土) 午後 4:00】

↓ミコノス島のオープンテラスの店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/13/14656913/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/13/14656913/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/13/14656913/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/13/14656913/img_3


↓サントリーニ島のオープンテラスの店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/13/14656913/img_4


関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
日本から船でも行ける基隆港~基隆1
2006/07/26(Wed)
基隆(キールン)と高雄(カオション)である。一般にキールンと英語読みされるが,地元の人はジーロンと呼ぶ。台鉄基隆駅を降りるとすぐに港が見える。潮の香りはとくにしない。台湾を代表する港で,入港中の日本の船に出会うこともある。台北からは自強号で40分ほどなので,まっすぐに行ってもよいが,人気の観光地九份経由で瑞芳から基隆へバスで移動して台北に戻ってくるプランがオススメ。観光案内所が駅を出てすぐ右側にあり,日本語のパンフレットが用意されている,係りの人に日本語を話せる人がいるので相談にのってくれる。日本からの船が入っていることもある。【2006/7/26(水) 午後 9:49】

↓台鉄基隆駅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/38/14191238/img_0


↓台鉄基隆駅前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/38/14191238/img_1


↓港が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/38/14191238/img_2


瑞芳駅から基隆駅行きのバスは頻繁に出ていて料金は40元(時間は約40分)。曲がりくねった山合を走るため,このバスは未だかつて経験したことのないほど上下左右前後に揺れる。バス酔いの危険のある人は覚悟した方がよい!我慢できずに途中で降りても,アップダウンが多いので,瑞芳へ戻るにも,基隆に向かうにもけっこう大変である。またタクシーも頻繁には通らない。さあどうする?

↓瑞芳駅前のこのバス停が目印
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/38/14191238/img_3


↓基隆客運バスの車内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/38/14191238/img_4


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国立故宮博物院~台北24
2006/07/25(Tue)
故宮博物院(「館」ではなく「院」である)はイギリスの大英博物館,フランスのルーブル美術館などとともに世界四大博物館に数えられる。北京にも故宮博物院はあるが,実はこちらの方が内容ははるかに充実し,優れた作品が多い。もともと故宮博物院は,台湾に逃れてきた国民党が日中戦争の戦火を逃れるため,本来の中国の宝をあちこちに移動させ,結局は台湾に運んできたのが始まりで,どちらかといえば価値の低いものが北京に残り,価値の高いものが台北にきてしまったのである。「先見の明」があるといえばそれまでだが,よって台北の故宮博物院は,中国の歴代皇帝のコレクション約60万点が所蔵される大博物館である。現在はリニューアル工事の最後に入っているので,全館を楽しめるにはもうしばらくかかるが,台北初心者にはぜひ行ってもらいたいところである。今回の工事は台湾の公共施設ではあまり進んでいないバリアフリー化がメインで,IT大国らしく,展示物の見せ方にどんな仕掛けをしてくるか楽しみである。【2006/7/25(火) 午後 9:17】

↓正門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/95/14006995/img_0


↓全景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/95/14006995/img_1


↓周辺の景色
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/95/14006995/img_2


↓敷地内にあった孔子の像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/95/14006995/img_3


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
故宮博物院への道~台北23
2006/07/23(Sun)
士林駅を前の方に降りると,東西に伸びる大きな道路(中正路)にぶつかる。そこにバス停がある。国立故宮博物院に行くには,ここで304というバスに乗る。数字はバスの前方上部に掲げられているのですぐにわかる。国立故宮博物院までは10分くらいで15元である。MRT共通のカード悠遊カード)を使うと小銭が必要なく便利である。「博愛座」と書かれた席は日本でいうシルバーシートにあたるので,座らないようにしたい。夏はとくに冷房がガンガン効いているので,車内はかなり寒いが,すぐに汗もひくので10分くらいならちょうどよいかもしれない(304バスの車内〔バスの競争が激しいので車内はたいへんきれいである〕)。実はこのバスは台北駅付近も通ってくるので,そこから乗ってもよいのだが,台北駅付近はバス停が分散し,バスの数も多いので,ここで乗り継いだ方が賢明である。もしこのルートを使いたいのであれば,
に載せているバス指南本を買い,バス停を確認した方がよい。ちなみに台北駅から乗った場合は2区間乗車になるので30元必要になる。MRT→バスの乗り継ぎの方が全体の料金は高くなるが(日本円で100円以下の違いである),時間の短縮にはなるので,オススメだが,もっと時間を短縮したいならタクシーがもっともよい。ただし,帰りがけに,故宮博物院のそばで声をかけてくるタクシーはけっこうふっかけてくれるので,故宮博物院を少し離れてから拾った方がよいので覚えておきたい。【2006/7/23(日) 午前 11:12】

↓士林駅出口1番改札付近
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/13569679/img_0


↓改札口を出た辺り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/13569679/img_1


↓改札を出たところにあるショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/13569679/img_2


↓中正路のバス停
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/13569679/img_3


↓304番バス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/13569679/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/13569679/img_5


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
エーゲ海のショップ~ギリシャ・エーゲ海43
2006/07/23(Sun)
海綿はこの地方では土産の定番になっていて,店先の一番いい場所に置かれている(写真4番目)。そもそも海綿は熱帯の海に生息する動物であるが,エーゲ海付近では生息している。細かい網目状の海綿質繊維からなる骨格が天然スポンジとして使われる。肌に優しいので,肌の弱い人には最適で,かつ人気がある。ミコノス島のメイン通りにはアクセサリーショップが立ち並び,ビーチとしても人気があるので,水着も売られている。写真はアクセサリーショップ前で,さまざまなポーズをとる艶かしいマネキン嬢たちである(写真5番目)。ショーウィンドウもなく,毎日開店とともに外に出して並べるのであろうが,その都度ポーズが微妙に変化していくだろうことは想像がつく。【2006/7/23(日) 午前 10:09】

↓玄関ホールに置いた絵
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/81/13561681/img_0


↓土産の数々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/81/13561681/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/81/13561681/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/81/13561681/img_3


↓店の前を賑わすマネキン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/81/13561681/img_4


関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
近未来的ショッピングセンター・京華城~台北22
2006/07/21(Fri)
京華城(ジィンホアチォン)は実に不思議な建物で,未来を予感させる。こんなユニークなものを作ってしまうのは未来志向の台湾人のセンスなのだろう。L字型の建物の二辺に囲まれた部分に球形(直径60m)の建物が挟み込まれ,二つの間を空中エスカレーターが行きかう。斬新なインテリア,広い館内は,近未来映画のワンシーンのような雰囲気である。日本にはない発想のショッピングセンターで,外観だけでも行ってみたい気がする。普通のビルはどのフロアーも原則同じ床面積だが,この球体部分は直径の大きい中間階(5・6階あたり)の床面積が一番広く,それより上や下の階に行くと,狭まっていく。売り場面積約20万平方メートル,1000以上の国内外のブランドが揃う。地下3Fのフードコートはオススメ。MRT板南線「忠孝敦化」及び「国父記念館」駅から送迎バスが出ている。【2006/7/21(金) 午後 9:41】

↓京華城
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/13334853/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/13334853/img_1


↓空中エスカレーター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/13334853/img_2


↓近未来映画のワンシーンのような雰囲気
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/53/13334853/img_3



関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日本版韓定食?~近所のそば屋
2006/07/20(Thu)
自宅から車で7~8分行ったJ1川崎フロンターレの練習グラウンド(川崎市麻生区)の隣に,古い民家を移築したそば屋がある。オーナーは川崎フロンターレのファンらしい。門をくぐると,右側に池があり大きな鯉が何十匹も泳いでいる。奥に店の入口があり,注文すると(そばが圧倒的に多いが),テーブルの上のおかず(常時20種以上)が食べ放題で,ときどき汁粉やカニ汁もおまけでついてくる。つまり1000円以内で20種以上が食べられる。さしずめ韓定食の日本版といったサービス満点の店である。天ザルのてんぷらも普通の店の倍の量が出てくるのでお持ち帰り自由になっている。店の入口付近ではトマトやパイナップルやねぎなどがダンボールで販売されていて,市価の3分の1から4分の1くらいだろうか。食後はオープンテラスでコーヒーが飲める(セルフサービス)。営業時間は11~14時で,土日はすぐにいっぱいになるくらいの人気店である。途中に看板はなくわかりにくい場所にあるが,昭文社の都市地図(1万分の1)には記載されている。【2006/7/20(木) 午後 9:28】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/32/13156432/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/32/13156432/img_1


↓食べ放題のおかずは20種類以上
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/32/13156432/img_2


関連記事
この記事のURL | Diary | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今はもう見られない新光三越展望台からの眺望~台北21
2006/07/19(Wed)
新光三越ビルであった(51階建て・244.15m)。そこの46階に展望台があり,台北の展望が360度楽しめたものであるが,最近ついに展望台を閉じてしまった。「台北101」に客を取られて商売にならなくなったものと思える。こちらは台北の西部がよく見え,淡水河もよく見える(川を渡ると西隣の三重市,中央が616mの観音山でその右の裾野付近が東シナ海につながる淡水)。もちろん「台北101」も見える(中央)。真下には台北駅が見えるが,さすがに大きく感じられる。小さな黄色い点はすべてタクシーである。台北のタクシーは車体が黄色に統一されていて目立つのでひろいやすいメリットがあるが,あたりはずれも結構あるらしい。南側には中正紀念堂(中央の白い建物)や二ニ八公園,総統府などが見えるが,このときは総統府の化粧直しで幌がかかっていた)。展望フロアーは台北101と同じく真ん中にエレベーターがあり360度周遊できるようになっている。お守りコーナーがあり,日本語も多数書かれていた。受験戦争が熾烈なので,合格祈願が多かった。展望台は神社ではないのだが,高いところと願掛けは何か関係しているのだろうか?【2006/7/19(水) 午後 9:16】

↓川を渡ると西隣の三重市(現在の新北市三重區)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/83/12984283/img_0


↓「台北101」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/83/12984283/img_1


↓台鐵台北駅舎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/83/12984283/img_2


↓中正紀念堂
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/83/12984283/img_3


↓総統府
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/83/12984283/img_4


↓合格祈願
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/83/12984283/img_5


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ