FC2ブログ
ハイセンスな信義副都心~台北13
2006/06/28(Wed)
新光三越(台湾の保険会社・新光との合弁)が4店舗を構え,さらに拡張している。台湾の三越,とくに信義(シンイー)副都心店は,ゆったりした店内で,高級感が漂う。値段も日本の同じものより若干安い程度で,物価水準を考えるとかなり値が張るが,台湾の上流階級では,楽に買える金額なのだろう。台湾は外貨準備高が世界有数で,富裕層やニューリッチなどは相当数いると思われる。また,在留邦人も多いので,高級デパートも十分成り立つ。まして日本びいきのお国柄なので,日本のモノとあれば少々高くても買うのである。三越以外は若者向きのワーナー・ビレッジニューヨーク・ニューヨークなどのファッションビルや映画館があり,週末を中心に賑わう。 また今年,台湾一大きなスペース(3300坪)を持つ誠品書店信義店が24時間営業でオープンし,話題を集めている。台北に行ったら,「台北101」見物のついでにこの辺りは一度寄っておくとよい。【2006/6/28(水)午後9:16】

↓MRT板南線市政府駅付近の忠孝東路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/9870179/img_0


↓新光三越信義副都心店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/9870179/img_1


↓同居する東急ハンズ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/9870179/img_2


↓「ワーナー・ビレッジ」はシネコン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/9870179/img_3


↓「ニューヨーク・ニューヨーク」はパルコのような雑居ビル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/79/9870179/img_4


関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
完全地元密着型夜市・景美2~台北12
2006/06/24(Sat)
景美夜市は衣料品を扱う店の比率が多い。チェーン店はなく地元に根ざした店で,Tシャツ・パンツなどが一律100元,靴下は5足で100元などお買い得価格にはなっているが,買っている人の数は少ない。男性用の下着がぶら下げてあったが,超ハデで本当に買っていく人がいるのかどうか疑問だが,話のタネにはなるし,なかなかシャレて?いる。この夜市は日中から営業している店がほとんどで,夜市というには変だが,夜になると人出は多くなる。夜でも25度を越えてくると冷たいスイーツが欲しくなってくる。スイーツにも自助(セルフサービス)の店がある。。通りがかりに入った店「景美自助冰」は,冷たいスイーツ専門店で,容器を渡され,好きなものを好きなだけそこに入れれば,氷をシロップをかけてくれる店であった。トッピングが多すぎて,これもあれも,とたくさん盛りたいが,容器の大きさからみて20種類のトッピングでもきつい!。盛り付けるのがけっこう楽しめる。上に冰がのっているので,食べていくにしたがってトッピングが見えてくる。店が忙しく,店主にかまってもらえない犬が店の奥でちょこんと座っていた。【2006/6/24(土)午前10:15】

↓衣料品
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_1


↓男性用下着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_2


↓「景美自助冰」はセルフサービス
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_3


↓トッピングは40種類
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_5


↓犬が店番
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/73/9283873/img_6


関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(8) | TB(0) | ▲ top
完全地元密着型夜市・景美1~台北11
2006/06/22(Thu)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

景美(ジィメイ)はMRT新店線にある駅である。駅を出て東側に出るとすぐに夜市が広がる。ここは他の夜市と違い,観光客はまずいない。それは,日本からの2~3泊のツアーでまわれる夜市が士林と饒河街など2~3に限られ,この景美は規模や利便性からその中に入ることはないからである。また日本のガイドブックにもほとんど扱われていないので,観光客は存在を知らない。以上のことから,地元に根ざした夜市で,日本の縁日を大きくしたような感じがするが,そこは台湾パワーで,食べもの屋などでは活気がみなぎり,エネルギッシュな人々で賑わっている。しかし,混雑もなくのんびりした雰囲気が漂い,ゆったりした気分でまわれるのもいい。ここでは水前包というミニ肉まんが名物で,早速「上海前包」という看板を掲げた店で買ったが,冷めるまでにほどなくかかった。味は抜群である!縁日風のゲームコーナーでは,専ら子どもたちが熱心に遊んでいた。小籠包の店などは,若者がカフェ代わりに使える気軽さであった。【2006/6/22(木)午後9:55】

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
これって出るときどうするの・駐車事情~台北10
2006/06/21(Wed)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

台北の街には駐車場が極端に少ない。そのため道路に縦列で駐車するときは,できるだけ車が停められるよう前後の車との間を極端に狭める。監視員があちこちにいて,駐車の指示を与えているのだが,疑問なのは「車を出すときどうするのだろう?」ということである。前後の車とほとんど間隔がないのに,車を出すことは空を飛ぶしかあり得ないことになる。どんなに小まめに切り返しても到底抜け出せない。台湾7不思議のひとつである。写真は3枚とも住宅街の駐車状況。写真1番目のシルバーの車と2番目のシ
ルバーの車は同じ。さあ,あなたならどうする?!【2006/6/21(水)午後9:46】

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ゴミ回収の謎~台北9
2006/06/20(Tue)

イメージ 1

イメージ 2

台湾ではゴミを外に出しておくことは禁止されている。台北などの大都市では歩道などが狭くゴミ袋を置いておくところがない。そのため,ゴミ収集車がきたら,ゴミを持って出て行って収集車内に投げ込まなければならない。ゴミ収集車はある場所に少し留まり,人々がゴミを収集車に放り投げるのしばし待っている。ゴミの収集は主に夜間に行われる。昼間も行われるが,夜間は車や人通りが少なくなるので集めやすいのだろう。つまり早寝の人はゴミが処理できないことになる。また一人暮らしもゴミ処理に関してはたいへんな苦労を強いられる。ホテルで就寝していたら,午前0時ごろ外から「ゴーッ」と音が聞こえてきたので,外を見ると確かに数分停車して,ゴミ収集をしていた。概ねゴミ収集は午後10時~午前1時にかけて行われているらしい。ゴミ袋は市の指定のものを買って,それに入れて出さなければならない。33リットル一袋が30元するので,日本よりはるかに高い。そのせいもあって,台北の街は,台北に行ったことのない日本人が考えているよりはきれいである。東京都心などよりはるかにきれいな街だといえる。写真1番目は午前0時,2番目は午後4時ごろのゴミ収集の様子。【2006/6/20(火)午後11:17】

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
まだまだ自転車社会~上海15
2006/06/19(Mon)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

一昔前まで,中国=自転車というイメージがあったし,そう思っている人もまだかなり多い。確かに都会の上海でさえまだ自転車は数が多く,あふれているというほどではないが,近年自動車やバイクが増えたといっても,まだ尚,庶民の貴重な足である(写真1番目)。
信号が青になると交差点に流れ込んできて,自動車,バイク,自転車がバトルを繰り広げる。自転車は車両であり,歩行者であると,勝手に認識していて,信号が何でも交差点に乗り入れる。自動車に乗っている者からすると危険きわまりない。日本でも同じ現象があるが,台数が半端でないほど多いので,事故も日常茶飯事らしい。自転車は専ら年配の人が多い。若者はバイクに乗るようになってきているため,どうしても年齢層が高くなる。自転車は移動手段であるとともに,荷物を運ぶ運搬手段でもある。自転車にリアカーをつけて荷物を運んでいる人や荷台にいっぱい積んで運ぶ人が目に付いた(写真2番目)。最近では近隣の台湾やベトナム同様,バイクの浸透が進み,自転車に迫る勢いである(写真3番目)。いつか自転車を駆逐する日がやってくるかもしれない。
しかし上海を離れ田舎に行くと,自転車はますます意気盛んで,昔にイメージしていた中国=自転車が蘇ってくる。【2006/6/19(月) 午後 9:40】

関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(5) | TB(0) | ▲ top
イアの裏通り~ギリシャ・エーゲ海41
2006/06/18(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

どの通りが裏かといわれても定義はないが,バスターミナルから岬に最も近く行けるルートが表通りだろう。確かに店も多く,人も多いのでそう定義づけたい。一方,裏通りは表通り以外の通り,観光客よりも地元民の往来が多い通りとなろう。旅行の楽しみはそのような通りを歩くことになる。その際に意外な発見や地元民の生活を垣間見ることができる。表通りは店や人が多いので,どうしてもそちらに目がいってしまい,冷静にかつ客観的に物を見ることができづらくなっている。それを矯正する意味でも裏通りはぜひ歩きたい。写真1番目は,人通りのない裏通り。車の通行もできないようになっている。写真2番目は裏通りにあった店のマネキン。何が売り物なのかがわからない。写真3番目は豪邸。壁の色はあくまでも白い。ワンちゃんが顔を出していたが,人がめったに通らないからだろうか,こちらに吼えまくっていた。【2006/6/18(日) 午後 0:50】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
流行のウェディングフォト~台北8
2006/06/17(Sat)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

台湾では,婚約するとフォトアルバムを作るのが現代の流行で,写真館に頼んで,さまざまな服装やシチュエーションで撮ってもらう。撮った物をアルバムにして記念とする。このアルバムを作る写真館が多数並ぶ通り(通称ウエデイング・ストリート)が,中山北路二段の沿ってある(写真1番目)。MRTだと淡水線雙連駅を降りて東に150m行き左に曲がってしばらく行くと,通りの両側にたくさんの写真館が軒を連ねているのが見えてくる。入口の脇には,「こういうアルバムができます!」といった見本が置いてあり,新郎・新婦の,見ている方が恥ずかしくなってしまうヤラセポーズもある。当人たちは真剣なのだろうが,歯が浮いてきそうな写真も多い!けっこうこのアルバムに金をかけるのが当たり前のようである。結婚が決まったら,台湾旅行をして記念にアルバムを作ってくるのはどうだろうか?!写真2番目~5番目は,新郎・新婦の素晴らしい!ポーズの数々。【2006/6/17(土)午後11:14】

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
一度行くと止められない・士林夜市飲食編・追伸~台北7
2006/06/17(Sat)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

美食広場の飲食店では原則アルコールを置いていない。よって,チキンカツを食べるときにビールが欲しいとなれば,向かって一番左の入口を入ってすぐのショップ(トイレの隣なのですぐわかる)に缶ビールを置いてあるので,そこで買ってきて外で飲むとよい。香辛料の辛さとビールの苦味の相性は最高である(写真1番目)。店先に檳榔(びんろう)と書いてあるが,これは,熱帯アジアや南太平洋諸島で広く栽培されている植物で,実(小さなキュウリのような形)を噛むと,ドラッグ代わりになるらしく,タク
シーの運転手などが買って噛んでいる。合法ドラッグである。噛んだ後は舌が真っ赤になり,実を道路にペッと吐く姿は,血を吐いているように見えるということである。週末は人でごったがえす士林だが,平日になるとだいぶん人は少なくなる。それでも閑古鳥が鳴くということはなく,宵っ張りの台湾の人たちは夕食を食べにどこからともなくやってくる(写真2番目~4番目)。【2006/6/17(土)午後7:33】

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝まで営業・地元小売店御用達服飾市場・五分埔~台北6
2006/06/17(Sat)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

台鉄松山駅の北側には饒河街夜市(ラオフーチエイェスー)があって夜遅くまで楽しめるが,南側には五分埔(ウーフェンプー)服飾特区がある(写真1番目・2番目)。ここは衣類の問屋街で,1000軒を超える店が400m四方にぎっしりと軒を並べている。市内の他の市場に並ぶ衣類もここから仕入れていることが多く,日本や韓国・中国の衣類も入ってくる卸売市場であるが,全店小売もやっており,しかもほとんど1日中営業している(午前中のみ休む店はあるが)。しかも年中無休。買った衣類を大きな袋に入れて持ち帰る若者もよく見かける(写真3番目)。日中はそうでもないが,日が暮れてからが賑やかになり,北側の夜市同様に夜遅くまで地元の若者や観光客でごったがえす。とにかく広い。通りが何本もあり,間口が狭いが奥行きのある店が多いので,2~3時間で網羅することは不可能に近い。市場ゆえ値段は安く,Tシャツ類は100元~,ジーンズも200元~など衣類以外にバッグなどの小物もある。何枚かまとめると安くしてくれることもあるが,一枚ではほとんど通用しない。高級品やブランド品はないが,掘り出し物が見つかることもある。また試着はできないのと,カードが使えないという制限はあるが,女性にはけっこう楽しめる。滞在が4~5日あるようなら2回は行ってみたいところである(写真4番目・5番目・・・商品は吊るしもあるが,袋に重ねられていることが多く,これらを一つ一つ探していったら,2~3時間でも足りない 写真6番目・・・マネキンをコーディネートする店のスタッフ)。屋台も出ているので,お腹がすいたら食べるのもよい。最寄り駅は松山駅になるが,MRT板南線の後山埤から歩いても5分くらいなので,MRT側(南部)から行って,五分埔を見て,松山駅南口に抜け
て,線路を渡って饒河街夜市に行くのがベストプラン。夕方からスタートすると夜中までかかるかもしれないので,終電車があるうちにホテルに戻りたいが,もし終電車に乗り遅れたら,タクシーを使いたい。安いし,比較的安全である。【2006/6/17(土)午後3:29】

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ