FC2ブログ
バンコクの街角~バンコク9
2006/05/30(Tue)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

都心部の歩道は形ばかりで,幅もまちまちでけっこうでこぼこしている。歩道のない道路では,スコールが降ると水溜りができて歩きにくくなる(写真1番目)。トゥクトゥクもこのような道では,乗っている人間へのショックが大きい。メイン道路を一歩入ると食べ物の屋台を多数見かける。フルーツ(とくにドリアン・・・臭いゆえホテルへの持込が禁止されているところも多い)や麺・ご飯などの食事が多い。デザート系は氷を使うので,衛生面が気になるが,煮たり焼いたりしたものは,食べてみなければわからないということもあるが,だいたい大丈夫である(写真2番目はフルーツ屋台・・・台湾でもフルーツのカット売りは至る所にある,写真3番目は食事系の屋台・・・パクチーやレモングラスなどの香草を入れるのは定番)。

8月のバンコクはスコールがあるが,雨量はたいしたことはない(ベトナム・ハノイよりは降りが少ない)。どこかで雨宿りをしていればじきにやむ。東京の場合,下手に雨が降って止むと蒸し暑さがぶり返すが,バンコクは雨が降った後は意外と涼しい。夜も風が吹き,東京の暑さよりはよほど涼しい。熱帯のバンコクよりも暑いとなると,夏の夜の東京の暑さは世界一かもしれない。尚,バンコクの正式名は,「クルンテープマハナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティエット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット」である。最初の6文字をとって「クルンテープ」ということはある。【2006/5/30(火) 午後 9:14】
 

関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東大門市場2・偽モノ売り方3段活用~ソウル14
2006/05/28(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

ここでも偽ブランドは横行している。○ィトンを筆頭に,日本人好みのブランドの偽物が堂々と売られている。しかし,あまり大っぴらにはできないと見えて,店頭ではあきらかに偽モノとわかる商品を並べ,それを見て立ち止まった相手に,さらに品質の良い偽モノがあると言葉巧みに売り込みをかけてくる。ここで偽モノ売り方3段活用を紹介しよう。まず,日本人には「本モノの偽モノあるよ!」と話しかけてくる。そして店に並べてあるあきらかな偽モノを見せ(市価の20分の1程度・活用第1段階),後方から少し上等品を出してきて,「こっちの方が本モノに近い」などと誘ってくる(市価の10分の1程度・活用第2段階)。そして買うのを渋っていると,「本モノそっくりのがあるよ」と話しかけ,この場所にはないからと同じフロアーの別の場所に連れていく(人通りも多く,けっして危ないことはないので)。目立たない店の奥からおもむろに商品を出してきて,「これこそ本モノの偽モノ」といわんばかりに触らせてくれる(市価の4分の1程度・活用第3段階)が,バッグの場合,やはりファスナーなどが少し違い,遠めにはわからないが,近くでよく見るとちょっと違うのがわかる人にはわかってしまう。ここで納得しないと,活用第4段階(番外)としてこの上をいく商品があり,さらに高い値段になるが(市価の2分の1~3分の1程度),より本モノに完璧に近い偽モノがあることをのたまう(これは見せてもらわなかった)。 とにかく日本人と見たら,「完璧な偽モノあるよ」が合言葉となっている。東大門市場には本モノのブランド品は存在しないので,間違えて買わないようにしたい。よく見れば偽モノだと判別はつく。正式なブランド品を買いたければ,ロッテなどの百貨店や免税店に行くのが正しい選択。以上。写真は2点とも東大門市場のイメージ。【2006/5/28(日)午後9:31】

関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラの香り~神代植物公園
2006/05/28(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

昨日・今日と天気がぐずつき,行楽には向かなかったが,今日は午後から晴れてくると天気予報に出ていたので,それを信じてバラを観に,調布の神代植物公園に行った。雨こそ降っていなかったが,どんより曇っていた。その方がむしろ写真を撮るには適した明るさと光量であった(写真1番目・2番目)。バラのシーズンたけなわなので人出は多く,バラ園はかなり賑わっていた。雨のしずくがついたバラばかりで,雨のせいかほとんどのバラがうなだれていた。バラを見終わったころ,青空が広がり急に晴れてきた。深大寺を参拝しながら門前を散策。昼食後なので,深大寺そばは控え,だんごを食べた(写真3番目)。帰りがけに,門前で気に入ったバラを見つけたので,買ってきた。「パパ・メイアン」というフランス原産の香りバラ(四季咲き)で,確かにまわりじゅうに強いバラの香りを漂わせていた(写真4番目)。ちなみに我が家でも先週からやっとバラが咲いた(写真5番目)。【2006/5/28(日) 午後 4:21】

関連記事
この記事のURL | Diary | CM(0) | TB(0) | ▲ top
南京東路の賑わい~上海14
2006/05/28(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

上海で最も賑やかな通りといえば南京東路である(写真1番目)。週末ともなれば地方からもたくさんの人が出てきて,また若者もウィンドウショッピングで幅の広い道路も人でいっぱいになる。さすが14億人の人口を抱える国だと感心してしまう。この通りを東に歩いていくと浦東地区の高層ビル群が見える川岸に行ける。人民広場から東隣の地下鉄駅まで歩いても1kmくらいなものだが,道路をおサルの電車を大きくしたような華やかな乗合自動車が走っている(写真2番目)。人ごみの中を走るのだが,人々はこの乗り物に轢かれないようにうまく避けていく。
通りにはデパート・飲食店・ホテルなどが林立し(写真3番目),中国ということを一瞬でも忘れてしまうが,漢字が簡略字なので違和感があり,日本と異なることに気づいてしまう。安い中国衣料品の浸透で,かつての人民服を着ている人はいないし,ユニクロ(写真4番目)など日本企業の進出でファッションについてもかなり意識するようになってきた。若いカップルも羞恥心がなくってきて,人前で手をつないだり,いちゃいちゃしたりすることもありふれた光景となってきた。
中国の物価は日本と比べるとまだだ安いが,上海の物価は地方よりは高い。それでも大都市にあこがれて上海への人口流入は増え続けている。【2006/5/28(日) 午前 0:30】

関連記事
この記事のURL | 中国(中華人民共和国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミコノスの夕景~エーゲ海37
2006/05/27(Sat)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ミコノスタウンで夜景を撮るとすると,ベストポイントはミコノス港を見下ろす丘になる。しかし,ミコノスタウンは白が強調された街ゆえ夜でも相当明るく感じられるので,写真には適した街である。どこを撮っても絵になるのは以前述べたが,それが夜になっても変わらない。小路はどこも同じような風景になるが(写真1番目・2番目),港はちょっと趣が変わる。漁船が係留された午後8時ごろの港は,波打ち際にカフェがオープンし(写真3番目),ペリカンが遊び(写真4番目),長い夜の始まりを告げている。遠くには白壁の家々が,斜面に並び,それらが薄暮の空に浮き上がって見える(写真5番目)。闇の中でも白はたぶん浮き上がるだろうが,夕景の方が青色に白なので,色彩的には美しい景色となる。ミコノスに行ったら,ぜひ夜も積極的に外出して,散策をしてみることをオススメする。【2006/5/27(土) 午後 10:25】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
東大門市場1~ソウル13
2006/05/27(Sat)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

日本では市場文化が発達していないが,アジアの国はどこも市場でものを買うのがふつうである。ソウルの東大門市場はその究極の形で,大きなビルにショップが数千軒も入り,夜間も営業している。これは顕著な例であるが,少なくともここにある斗山タワー,フレヤタウン,ミリオレ東大門などの大型ビル(写真1番目)には1日では見切れないほどのショップが入っている。一方で古くからの市場である総合市場や平和市場,徳運市場など(写真2番目),商品別の市場が分散し,総店舗数が何万になるかわからないほどの世界一といってもよいほどの市場タウンを形成している。日本の感覚だと,市場というと平屋の長屋で生鮮食料品が主体と思いがちだが,ここはありとあらうるものを扱い,業者だけではなく個人売りも同時に行っている。同じような商品構成のショップが切磋琢磨し値段も牽制しあって市場が成り立ってきたと推測する(写真3番目)。大型ファッションビルのエントランス広場には屋外ステージが設置され,週末はそこそこのミュージシャンやダンサーのステージが披露されている(写真4番目)。そのせいか若者が多く,地下鉄の運転が終了した夜間でも賑わっている。むしろ午後8時くらいの人混みは序の口で,午後10時過ぎから本格的な営業になるらしい。【2006/5/27(土)午前0:13】

関連記事
この記事のURL | 韓国(大韓民国) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
デロス島もうひと頑張り~エーゲ海36
2006/05/26(Fri)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

デロス博物館(写真1番目)を後にして,さらに山の方へ行ってみる。帰りの船まであと1時間。その後にも船はあるのだが,ミコノス島に戻って午後はまた別の行動があるので,そんなにのんびりはしていられない。道端にはいろいろな花が咲きほこり,春爛漫である(写真2番目)。高さ100mちょっとの山のすぐ麓まで上り,今度は方向を変え,船着場の方へ向かって下りていく(写真3番目)。ここからは遺跡も多くなり(写真4番目),密集した住居跡が広がってくる。石垣も高くなり,迷路のようで,ここでかくれんぼをしたら面白そうである(写真5番目~7番目)。この島は下船してすぐの小屋で入場チケットを買うが,帰りはフリーパスである。人数のチェックもないので,どこかにかくれていて,この島で野宿をしようと思えばできてしまう。ただし,この島は無人島なので明かりはまったくなく,いるのは数匹の猫だけである。お腹をすかした猫だけに,夜は襲ってくるとも限らないので,泊まりは避けた方がよい!3時間の滞在のあと,船に乗ってミコノス島への帰途についたが,ロマンのある島であった。この島が約2000年前に廃墟となるまでの数百年栄えたのが,まるで嘘のようにひっそりとしていた。夏場はミコノス島からの船は1日数便あるが,冬場は来る人もいないと見えて1日1~2便しかないので,行く前日にでもミコノス港・タクシーターミナル近くにある船会社のオフィスの時刻表を確認しておいた方がよい。【2006/5/26(金) 午後 10:58】
 

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
感激!デロス博物館~エーゲ海35
2006/05/25(Thu)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

デロス博物館にはこの島から出土した当時の彫刻などがたくさん保存されている(写真1番目~3番目)。島の中央の小高いところにあり,こじんまりしているが,中の美術品は変な話,ルーブルやメトロポリタンと肩を並べるのではないか?と思えるくらいのラインナップで,この中の一体くらい家に欲しいと思うが,現実かなり大きいので家に置くとかなり邪魔になるので一考が必要である。写真に撮って画像でがまんするしかない。海外の博物館ではフラッシュ及び三脚さえ使わなければ,写真撮影はほとんどOKである。芸術品を知らしめるために寛大な措置がとられているが,日本では禁止も多い。だからカメラを構えづらいがどんどん撮っておくことをオススメしたい。デジカメならフィルム代もかからないので,たくさん撮ることにためらいはないが,屋内なのでやはりぶれやすい。感度が上げられるなら上げて,両手に持って,1枚1枚確実に撮るしかない。そこで撮った写真は上記のようになる。多少ボケているのはご勘弁を。どれも素人目には一級品に見えるがそうではないのだろうか。こんな辺鄙な博物館に時間と金をかけて見に来る人は少ないと思えるのだが,世界遺産に指定されているだけあって,これからは増えるだろう。現在は空いていて,混雑して見にくいということもない。彫刻のうち,屋外にあるライオン像はレプリカ(写真4番目)で,本物はこの博物館内にある。これだけは間近で見られないので,遠くから盗み撮りさせてもらった(写真5番目)。【2006/5/25(木) 午後 10:24】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
のんびり遺跡散策~エーゲ海34
2006/05/24(Wed)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

大理石の建物は日本でも現代建築でいくらでも見ることはできるし,触れることもできる。しかし,2000年以上前には建物だった大理石を目の前で見て,遠慮なく触れることができるのは感動的である。世界遺産の島・デロス島,以前,このブログ『神々の島』で紹介したが,日帰りで十分楽しめる島なので,ミコノス島に行ったときは,半日この島のために空けておくことをオススメしたい(写真1番目は海から見たデロス島で,あちこちに柱が見える)。さて,屋外は大理石の柱などが至るところにころがり,初めて見たときは学校の美術室にある彫刻がころがっているかのような錯覚をおぼえたが,まさに目の前にあるのは本物で,いままでずっと雨ざらしにされてきたのかと思うと,保存状態がもっと悪くてもいいと思うのだが,大理石の白色をきちんと保たれている。島全体が屋外博物館である。世界遺産に指定されるのもうなづける(写真2番目~5番目は島内の遺跡)。ローマやギリシャの遺跡でいつも思うことは家屋に壁はあっても屋根がないことである。当時の屋根はどうだったのか,見る機会にめぐまれたことはない。まさか屋根なしの家だったとは思えないし,謎である。またこの島に関していえば,川はないのに飲料水はどうしていたのだろう,とかいろいろ考えることは多い。むしろ,こういった謎を考えながら見て回るのが遺跡めぐりの心得だと思う。しかし,これらの問いに答えてくれる文献などは乏しく,島の中央にある博物館にも学芸員らしい人はほとんど見当たらないし,帰りの時間が迫ってくる。【2006/5/24(水) 午後 9:35】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小樽散策1~道央2
2006/05/23(Tue)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

小樽はかつて札幌よりも発展していて,北のウォール街と呼ばれていた。今は観光で生きる街に変わり,運河のあたりを中心に週末や観光シーズンは混雑している。小樽の見所は古い建造物が街のあちこちで見られることである。旧○○銀行,旧○○商店など,数多くの建造物があり,それらは現在も使われ,新聞社や土産屋などとして営業している(写真1番目~3番目)。小樽は日本海に面し,かつてはにしん漁でも活気を呈していたが,その面影は海沿いの倉庫街から見て取れる。しかし,これらの倉庫街も飲食店や土産屋に変わり,観光化が顕著である。言葉を悪くすれば俗化してしまい,運河を見に来たのか,土産を見に来たのか区別がつかなくなってしまった。観光シーズンになると,運河沿いの大きな駐車場に大型バスが40~50台並ぶこともあり,観光客も自分の乗るバスを探すのに一苦労するほどである。それを考えると,札幌から近いこともあり,札幌に宿をとり,日帰りでゆっくり時間を費やすのがベターである。快速電車なら40分ほどなのでたいへん便利である(写真4番目はランプの温かみのある小樽駅舎内)。パックツアーだと,寿司屋も指定され,選ぶ楽しみがなくなってしまう。ガイドブックやネットの口コミと地図を頼りに自分で美味しい店を探すのが旅行通というものである。【2006/5/23(火) 午後 9:29】

関連記事
この記事のURL | 北海道編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ