FC2ブログ
アテネのショッピング街4~アテネ6
2006/04/28(Fri)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

アテネのエレフテリオス・ベニゼロス国際空港(写真1番目)とアテネ市内との間は現在,地下鉄とバスで結ばれているが,ちょうど間に高い山があり,鉄道も道路も大きく迂回している。バスでは1時間近くかかってしまう。地下鉄もバスもチケットを持って乗っていないと突然車内で抜き打ちチェックがあり,見つかると不正乗車扱いになってしまうので,くれぐれもチケットは購入してから乗るように。地下鉄はシンタグマ駅かモナスティラキ駅で降りる。バスはシンタグマ広場前(写真2番目,写真3番目はバスの時刻表)が終点である。ギリシャ人だけではないが,バスの乗車のマナーは非常に悪く,まず並ばない。われ先にと乗車し,降りてくる人のことは頭にない。中国でも同じような風景を見たが,整列先進国のアメリカ・日本などとは大違いである。シンタグマ駅周辺は政府機関も多く,アテネの中心でもあるが,ギリシャの中心でもある。このあたりでよく見かける光景は,タクシーの相乗りである。道路に飛び出してまで,ヒッチハイク風にタクシーを止め交渉する(写真4番目)。安く済ませたいのか,台数が少ないのかわからないが,相乗りという風習は日本では相容れない。隣の韓国は当たり前なので,規則性はとくにないようだ。【2006/4/28(金) 午後 10:22】

関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ギリシャ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アテネのショッピング街3~アテネ5
2006/04/27(Thu)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

プラカ地区にはローマ時代の遺跡もところどころにあり(写真1番目は「ローマン・アゴラ」),パルテノンに行く道すがら,ちょっと立ち止まったりしながら歴史に触れるのもよい。2000年以上の前の遺跡が繁華街にあるのだから,日本でいえば,東京の原宿や大阪の心斎橋に大理石造りの建物跡が広く分布している感覚である。古代ギリシャ遺跡と古代ローマ遺跡が同居するアテネは,気候も温和で,数日のんびり過ごすには適したところである。日本からの直行便が現在のところないので多少不便であるが,来ただけの見返りはある都市である(写真2番目はプラカ地区を南側・パルテノン神殿の下より写す,写真3番目は同じ場所より古代アゴラを写す・・・中央のパルテノンに似た建物は「アタロスの柱廊博物館」)。【2006/4/27(木) 午後 10:59】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アテネのショッピング街2~アテネ4
2006/04/26(Wed)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アテネで街としてもっとも活気があるのは,プラカでも東の方で,こちらの地区にはさまざまな物販店やカフェがあり,人出も西地区よりも明らかに多い(写真1番目・2番目)。ふと皮革製品の店に入ったが,ここの主人は日本びいきで,壁には日本の女優のカレンダーが飾られ(写真3番目),日本語は話せないが,流暢な英語を話し,わかりやすいようにゆっくりしゃべってくれるので理解しやすかった。靴やカバンなどがおいてある店だったので,勧められた皮のサンダルを買った。大きさにはずいぶん相談にのってくれた。日焼けし,ずいぶん茶色が濃くなったが,家で愛用している。ミコノス島にも皮革製品の店が数店あったが,ギリシャの皮は品質の割に値段がリーズナブルでお買い得である。ミコノス島ではベルトを買った。【2006/4/26(水) 午後 9:42】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アテネのショッピング街1~アテネ3
2006/04/26(Wed)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

2004年に夏のオリンピックが開かれ,地下鉄の延伸や道路の拡張など社会資本が拡充した。アテネで古い町並みを残しつつも,商業地区として発展しているのはプラカ地区である。パルテノン神殿の北東に位置し,オープンカフェも賑わっているが,ギリシャゆえ・ギロピタ店も人気である。ギロピタは肉とヨーグルトがマッチして,日本人向きだと思うのだが,商売を始める人はいない。いつ出てくるかと待っているのだが,東京・高田馬場の1店舗しか聞いたことがない。絶対病みつきになるギリシャ・バーガーである。さて,モナスティラキ駅を降りると,プラカでも西の方の地区になる(写真1番)。屋台ではフルーツやパンなどが売られ(写真2番目),小路には土産を売る店が多い。パルテノン神殿に近いほど上り坂になってきて,シャレたレストランなどが目立つようになる(写真3番目)。【2006/4/26(水) 午後 8:59】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フィラ・タウンの街歩き4~エーゲ海23
2006/04/25(Tue)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

フィラの街には観光地ゆえ土産屋やホテルが多いが,日本の観光地とは違い,温泉などはなく,町全体がオシャレで,道路にゴミなどが散らかっていない。不思議と生活する住人がいる割にはきれいな街である(写真1番目・2番目)。土産屋の店頭を賑わす菓子の類も見当たらない。ありとあらゆるネーミングで菓子が売られているのは世界中でも日本だけである。日本の常識は世界の非常識ともいえる。喫煙大国・日本では考えられないが,歩行喫煙者は見当たらない。法律で禁止されているかどうかはわからないが,旅人のマナーはしっかりしている。サントリーニ島を5月ころに訪れる人はけっこうお年寄りが多い。老後を悠々自適に旅をしているのだろう。夏になるとヨーロッパ各地から若者が大挙押し寄せ,この島も賑やかになるが,それを避けてこの時期に島を訪れ,ゆっくりと時が過ぎ行くのを楽しんでいるかのようだ。街の小さなスーパーマーケットには食料品は一通り売られている。目につくのは乳製品のチーズやヨーグルトの種類の多さである。こちらのヨーグルトはかためで,そのくせ滑らかさがあり日本では味わえない。ギロ・ピタにもヨーグルトソースがかかっているが,このあたりはブルガリアやカスピ海も近く,ヨーグルトはよく食べられているのだろう。野菜・果物などは,おそらく大陸から運ばれてきているのだろうが,種類は思ったより多い(写真3番目)。【2006/4/25(火) 午後 9:50】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フィラ・タウンの街歩き3~エーゲ海22
2006/04/24(Mon)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

西側の崖っぷちの道路は人間専用(ロバも)で,エーゲ海を見ながらの散歩には適している。そこから一歩東側の小路に入ると,物販店が多くなる。衣類,雑貨,土産品などを扱う店が並ぶ。このあたりの土産は,オリーブ石鹸(だいたい1個0.8ユーロ~),エーゲ海の油絵(大きさは各種あり,B2サイズで40ユーロ,地元の素人が描いた絵),絵葉書,Tシャツなどエーゲ海にちなんだもので,色彩もきれいで見ているだけでも楽しい(写真1番上・2番目・3番目)。夜は8時過ぎまで営業しているところが多い。ミコノス島同様,サントリーニの家々も基本的には白色で道路と同様,白い路地が続く。物販店の続く路地のところどころにレストランやカフェがあり,昼時はそこそこの人が入っている。5月上旬でも,晴れれば,エーゲ海のあたりは日差しが強く,1日でかなり日焼けをする。日焼け予防は念入りにした方がよい。そして短い距離でもアップダウンが多いので,ミネラルウォーターは必須で,ときどきはカフェで水分をとって休むことも必要である(写真4番目はエーゲ海が一望できるオープンカフェ)。フィラの街はミコノスタウンのように道路が放射状ではなく,案外,南北と東西の道路が直角に交わっているので,複雑ではないが,暑さと白さと坂の上り下りでかなり歩き疲れると思う。ただ湿度が低いのであまり汗はかかない。夏場は混むので,旅行に向いているシーズンといえば,5月中旬~6月,9月くらいで十分だと思う。混んでいてもいいのなら,太陽が真上からさんさんと照りつける7・8月がエーゲ海を存分に満喫できるだろう。最近はヨーロッパ各地からはともかく,日本人観光客よりも台湾人観光客が多いように思う。北海道も最近では台湾人観光客が多く目に付くが,台湾人はけっこう金を持った人が多いのだと思う。【2006/4/24(月) 午後 9:05】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
物売り娘?ギャラリー~ハノイ15
2006/04/23(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ベトナムでは移動販売(行商?)が今でも多く,ハノイ市内でも一日中女性が物売りをしている。この国は男性があまり働かないと聞いたが,その分家計を支えるため,女性がせっせと屋外を歩き回り,物を販売しているのである。形態は前後に棒で担ぐのが多いが,自転車もあるし,小脇に抱えているのもある。実にさまざまなものを売っていて,フルーツや野菜,軽食など,商店主には店を空けずに物が手に入れられるので重宝しそうだが,街を歩いていて売買を目撃したことは極めて少なかった。商売になるのだろうか?写真は,物売り娘(とは言い難い人が多かったが,「かつて」は娘だったのだから,ここではあえて娘としておく)たち。【2006/4/23(日) 午後 8:06】

関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(3) | TB(0) | ▲ top
フィラ・タウンの街歩き2~エーゲ海21
2006/04/23(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

街中のレストランも,エーゲ海の景色を意識して場所を設定している。ホテルの屋上や,小高いところにテラスを設け,立地の良さを武器に観光客を呼び寄せている。確かに絶景を見ながらのティー・タイムは気持ちいい。北に行くにつれて高度が増すので,街の北の方に位置するレストランやカフェは,坂を登りきってちょっと休みたい人で賑わう。このあたりは街を南に見下ろす位置にあり,夜景も含めて,写真を撮るには絶好の場所である。崖に建物が並んだ街を真正面から見ることは不可能である。強いて可能なのは,海の上から見ることであるが,近くだと300mの絶壁を上目に見なければならないし,島から遠く離れると小さくて見えない。そこでこの北側のビューポイントは希少価値が高い。少し海にせり出した感があるので,向かって右側に海が見えながら,中央から左に向かって斜めながら崖にへばりついたような街の全貌が見えるのである(写真1番上,写真2番目は同じ場所からの夜景)。崖の下にはクルーズ船が着く船着場がある(写真3番目,写真4番目は船着場にあるロバ乗り場)。300mの高低差を結ぶ交通機関は,ロープウェイ(写真5番目)とロバである。料金はどちらも同じだが,どちらを選ぶかは自由である。オススメはロープウェイで降り,ロバで上ってくること。ロバは最初は,いつ落とされるかと不安であるが,責任感が強く?必ず上まで運んでくれる。誰もついてはくれないので,とにかく乗った人の涙ぐましい努力は必要である。さて,海に面した船着場であるが,クルーズ船は沖合いに停泊し,小さなボートで観光客は船着場にやってくる。この人々はせいぜいサントリーニ島日帰り観光か,泊まるにしても沖合いのクルーズ船が宿泊地なので,サントリーニ島を時間をかけて観光することは無理である。よって,船を下りるとほぼ100%ロープウェイでフィラの街まで上る。船着場にはアテネなどからの荷物も運ばれてくる。これらを運ぶのはロバの仕事で,人間を運ぶだけでなく,ロバは一日中何かを運んでいることになる。フィラの街中ではよくロバに出くわすが,必ず背には荷物を積んでいる。ロバが荷物を運ぶのは,観光客に気をつかってか,朝か夜である。その時間帯に街,とくに崖っぷちを歩くとときどきロバに出くわす。写真6番目は朝早くに崖を降りていくロバたち。【2006/4/23(日) 午後 5:37】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フィラ・タウンの街歩き~エーゲ海20
2006/04/23(Sun)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

サントリーニ島(アメリカ人や日本人はこう呼ぶが,ヨーロッパ人とりわけギリシャ人はティラ島と呼ぶ。国際航空時刻表の空港名もティラとなっている。)の中心・フィラの街は海から300mの崖の上に位置する。街のすぐ西に崖があり,その崖っぷちに街が南北に乗っかっている。東にかけてゆるやかな斜面になっていて,島の中央部はほぼ平らな台地である。フィラは小さな街だが,都市機能は一通り揃っていて,バスターミナルとタクシーターミナル(写真1番目)が街のほぼ中央にある。ショッピングタウンは崖に沿って街の西側に南北に伸びる。一番崖に近いところはホテルやレストランなどになっていて(写真2番目・3番目),物販店はそこから東に道路を一本あるいは二本入ったところに多く位置している。フィラのホテルは平地に建っているものもあるが,西の崖の斜面(といっても海面に対して50~60度以上の角度)に洞窟を掘って部屋にした洞窟ホテルも多い。そのようなホテルは,いたるところにあるが,たいていは崖の上に入口があり,ホテルの施設までは外階段を下りていく形をとっている。部屋のテラスやバルコニーからはエーゲ海が一望でき,景色は申し分ない。リーズナブルな値段設定の洞窟ホテルなら街の中に,高級リゾートっぽいホテルなら,街の北端のはずれに多く位置している。洞窟ホテルは,ロケーションには何ら問題はないが,中は少し湿気があり,快適性はいかがかと思う。また,島ゆえ水は貴重なので,バスタブはあまりなく,シャワーのみというところが多い。しかも水の出はすこぶる悪く,またお湯にならないこともしばしばで,水事情はあまりよくない。それでも絶景とそれを見ながらのbreakfastで癒しを感じたいのなら,一度は泊まってみることをオススメしたい。写真4番・5番目は洞窟ホテルの部屋。ドアを開けると,テラスを挟みながら,エーゲ海が一望できる。【2006/4/23(日) 午後 1:45】

関連記事
この記事のURL | ギリシャ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
酷暑ゆえか省エネに無関心な街~ハノイ14
2006/04/22(Sat)

イメージ 1

イメージ 2

ハノイにはインターネットカフェ・巨大市場などに冷房装置はない。ないから開けっ放しなのだろうと思っていたが,小奇麗なカフェで冷房装置がついているところでも開けっ放しである。省エネに気を配らない国だなと思ったが,日本も高度経済成長の時は環境などには見向きもしなかったので,40年ずれているが,経済発展の方が重要であるらしい(写真1番目・2番目はそれぞれ休憩で入ったカフェ内から撮ったもの。扉は開けっ放しで,外気温37℃がそのまま伝わってくる)。暑さに弱い人はベトナム,とりわけハノイはやめた方がいい。冷房の効いた店など皆無に近い。あえて言えば,「スーパーマーケット」だけは生鮮食料品もあるので冷房が効いている。

電力需給はなんとかなっているようで,滞在中停電はなかったが,夜の街はとにかく暗い!ネオンがない以前に街灯がまともに完備されていない。とくに旧市街は店を閉めてしまうと急に暗闇になり,ひとり歩きは危ない。街灯の数は極端に少なく,首都とは名ばかりで,社会資本に関しては,まだまだである。

ノイバイ国際空港に夜10時過ぎに着いて,市内に向かう車からは明かりはほとんど見えなかったので,田舎に行くと,夜はどうしているのだろうか。

関連記事
この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ