FC2ブログ
エスプラナーディ通りは地元ブランドショップが目白押し~ヘルシンキ29
2018/02/17(Sat)
ストックマン百貨店やスウェーデン劇場からマーケット広場までの約600~700m,東西に伸びるエスプラナーディ公園に沿った通りがエスプラナーディ通りだ。公園の北側を北エスプラナーディ通り,南側を南エスプラナーディ通りと通称呼んでいる。賑やかなのは,北エスプラナーディ通り沿いの方だ。この通りはフィンランド・ブランドのショップとカフェが並ぶヘルシンキ随一のメインストリートといってもよい。フィンランドを代表するテキスタイルブランド,マリメッコの旗艦店(この通りには2店舗ある),ガラス製品で日本でも知られているイッタラ,雑貨・小物のアーリッカなどフィンランドのデザインセンス満載のおしゃれな通りだ。カフェも多く,広めの歩道とはいえ,歩道にテーブルやイスが張り出した店が多い。観光案内所もこの通りのやや東寄りにある。西の端がストックマン百貨店,その東隣がアカデミア書店とカフェ・アアルトが入るビルなどショッピングには暇がない通りで,くまなく歩くと数時間取られてしまうのではないかと危惧される。とくに女性にとっては,この通りだけでヘルシンキ観光を済ませることができるかもしれないほど,中身の濃い通りである。【2018/2/17(土) 午後 4:27】

↓地元ブランドショップやカフェが並ぶ北エスプラナーディ通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_2


マリメッコの旗艦店は,ショーウィンドウを見ただけで入ることを掻き立てられる。この通りのショーウィンドウは閉店時もきれいにディスプレイされている。柄が華やかなので,光が当てられたショーウィンドウの中はまるでイメージフィルムの一コマのように輝いている。ウニッコ柄を筆頭に,明るく鮮やかな,それでいてけっして派手ではないデザインは,北欧ならではである。フィンランドでは街頭を歩く女性の約1割はマリメッコの服を着ているといわれる。とくに子ども服はマリメッコが断然優位だ。まるでユニクロ状態だが,ユニクロのような安っぽさは微塵もない。人が同じものを着ていても全然気にならないのが北欧ファッションだ。マリメッコの旗艦店は,1階と地下に店舗が広がり,アパレルだけでなく,布地や小物など一通りのマリメッコ製品を扱っている。お値段は日本より若干安いくらいなので,セールを狙うしかないだろう。ただし,品揃えは日本の比ではないので,どうしてもここにしかない商品なら買うしかないだろうが,市内に2つあるアウトレットを有効活用する手もあるので,どうしてもマリメッコが欲しいという人はアウトレット2店と既存店1店(例えばここ旗艦店)の最低3店舗に足を運ぶしかない。尚,この旗艦店は日本映画『かもめ食堂』で,もたいまさこ扮するマサコが買い物をした店だ。

↓マリメッコ旗艦店前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_3


↓マリメッコ旗艦店入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_4


↓マリメッコ旗艦店のショーウィンドウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_7


アーリッカは,モビュールなどインテリア小物を多く扱う。値段はかなり張るが見るからにセンスはいい。掘り出し物もあるので,やはり正規店に一度は入っておく必要がある。店内はそれほど広くはなく,冷やかしでも何もいわれない。ゆっくりと品物を見て,気に入らなければそのまま立ち去ればいいだけである。イッタラはガラスや陶器のカップや皿がメインだ。値段は東京銀座にある店舗の約6割の値段だから買いだが,イッタラブランドを持つアラビア社のファクトリーアウトレットが郊外にあり,そちらでは掘り出し物があるので,一度行ってみてから買っても遅くはない。アウトレットを持つブランドは必ずそこに行ってから市内の正規店も見るべきだ。マリメッコとアラビア(イッタラ)はアウトレットがあるので行かない手はない。

↓アーリッカ前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_9


↓イッタラ前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_10


↓イッタラのショーウィンドウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_11


↓マリメッコ旗艦店地下のカンプ・ギャラリアにあるムーミンショップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_12


↓その向かいのカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/17/58153517/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
スポンサーサイト



この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トゥルク大聖堂~トゥルク10
2017/07/29(Sat)
マーケット広場から歩くこと7~8分。アウラ川にかかる橋を渡り,左に折れると,高い塔を持った聖堂が目の前に現れてくる。トゥルク大聖堂だ。フィンランドは歴史こそ古いが,中世の建物はそれほど残っていない。その中でも,トゥルク大聖堂は1300年ごろに建てられた歴史ある建築物である。教会内にはカフェがあり,各種イベントも催されているらしい。すぐ北側のアウラ川沿いは天気がよければ絶好のデートスポットで,日の入りの遅い夏場には,カップルがたくさん見られる。この場合のカップルは必ずしも異性とは限らないのがヨーロッパである。【2017/7/29(土) 午後 9:23】

↓アウラ川にかかる橋を渡る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/73/57971973/img_0


↓橋を渡りすぐに左折
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/73/57971973/img_1


↓トゥルク大聖堂が見えてくる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/73/57971973/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/73/57971973/img_3


↓アウラ川沿いにはカップルの姿が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/73/57971973/img_4


↓夏のアウラ川沿いは格好のデートコース
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/73/57971973/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
marimekkoの社員食堂に潜入!~ヘルシンキ28
2017/03/03(Fri)
駅から徒歩数分でmarimekkoの本社・工場に到着。ツアーではなくグループで訪れる人も少なくない。もちろんお目当てはアウトレットだ。ヘルシンキ市内には正規ショップ以外のアウトレットは,ハカニエミマーケット内にあるだけだが,規模も品揃えもこちらが抜きんでている。アウトレットの入口は右端から2番目で,看板が立っている。販売されているのは圧倒的に女性用の衣類や生地,小物だが,仕事で使えるブリーフケースがあったので,迷わず購入した。正規ではこちらで18,000円だそうだが,値引きで12,000円ほどになり,さらにリファンド申請をしたので,税金が空港で戻ったので,実質9,000円ほど。日本で買えば,20,000円以下ではあり得ないので,たいそう得をした。生地の種類は正規ショップよりもはるかに多く,値段も日本の半値以下が多く,マリメッコに少しでも好感を抱いたら来るしかない。【2017/3/3(金) 午後 7:47】

↓マリメッコ本社・工場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_0


↓向かって右端がアウトレット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_1


↓アウトレットの入口は右端から2番目
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_2


↓リファンド申請は店内に日本語で書かれていた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_3


実は入口は右手にもあり,ここから入るとアウトレットは左手,社員食堂は右手となる。今から3年くらい前から社員食堂にはアウトレットに訪れた一般人も入れたが,その前に行ったので原則は入れなかった。しかし,アウトレットとは目と鼻の先だし,オープンスペースなので,社員?のふりをして,コーヒーを注文したらちゃんと出してくれた。もちろんお金はかかったが。

↓実は右側奥からも入れる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_4


↓入ると左手がアウトレット,真正面は社員only
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_5


↓そして右手がマリメッコ社員食堂
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_6


マリメッコの社員食堂は,テーブルクロスとカーテンに,マリメッコの生地をふんだんに使い,とても色鮮やかな空間になっている。ランチ(5.5ユーロ)は食べないまでも,カフェとしても十分な魅力的だ。食堂全体もこじんまりしていてアットホームな感じで,マリメッコの企業理念がうかがえる。

↓テーブルクロスが鮮やかなマリメッコ柄
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_8


↓厨房も丸見え
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_9


↓マグカップもオシャレ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_10


↓ランチは5.5ユーロ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_11


↓鮮やかなカーテンが窓側に並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_14


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/33/57826333/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
marimekko本社に行ってみよう!~ヘルシンキ27
2017/02/18(Sat)
marimekkoはフィンランドに本社を置く世界的なテキスタイル・ブランドだ。フィンランドでは若者・老人を問わず,女性はmarimekko生地のファッションを身に着けていることが多い。とくに日本でもおなじみのウニッコ柄は人気だ。ヘルシンキでは,日本人向けにJTBやHISなどが,イッタラとmarimekkoの2か所を訪問するツアーを実施している。車で回るのだろうが,料金もひとり数千円はかかる。ところがどちらも,公共交通機関を使っていとも簡単に回れてしまう。ヘルシンキはコンパクトにまとまった都市で,そんなに市域は広くはない。marimekko本社・工場もヘルシンキ随一の地下鉄で,市内中心部から10分ほど。下車後歩いて数分で行けるのである。ただし,迷わなければ,であるが,迷うほどの密集地ではないし,目印もあるので初心者でもけっして迷わない。費用は地下鉄料金だけなので,ツアーにかかったであろう金額分をmarimmekoでの買い物に回してもよい。実は本社には,marimekko最大のアウトレットも併設されている。さらに,今では社員食堂で食事もできるのである。ぜひ,自分の力で行ってみることをお勧めする!【2017/2/18(土) 午後 8:25】

↓ヘルシンキ地下鉄をHerttoniemiで下車
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_0


↓駅の地図
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_1


↓駅構内,地下鉄といってもホームからして地上にある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_2


↓駅を東側に出るとすぐバス乗り場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_3


↓バス乗り場右側の交差点を東南東の方向へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_4


↓交差点から駅舎を見る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_5


↓すぐに高速道路にかかる橋を渡り,渡り終えると左にスーパーマーケット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_6


↓そのスーパーの先を左折(この地点)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_7


↓そのまま100mほど進み右折
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_8


↓右折して数十m歩く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_9


↓右手に24時間営業のマクドが見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_10


↓そうしたら左斜め奥に見えるVOLVOに向かって進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_11


↓VOLVOに近づくと右手奥に「marimekko」の文字が
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_12


↓VOLVOの手前を右に折れ進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_13


↓左手にmarimekko本社の全体が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_14


↓marimekkoに到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/08/57813108/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「CARROLS」でハンバーガー~ヘルシンキ26
2017/01/29(Sun)
フィンランドでハンバーガーと言えば,トゥルク発祥の「ヘスバーガー」がダントツだが,ヘルシンキと言えどもそんなに店舗はない。そこで,ヘルシンキ中央駅に近い場所でハンバーガーを食べるにあたって,「CARROLS」というチェーン店に入った。「CARROLS」は実は「バーガーキング」のフランチャイズを手掛けている店で,本社はアメリカにある。「マクド」感覚で,アメリカとほぼ同類のハンバーガーが食べられるのである。ただし,フィンランドにカスタマイズされているのか,ハンバーガーは予想したより小さい,反面ドリンクはアメリカ資本のコカ・コーラであった。「味は二の次」というのもアメリカ資本だからか。【2017/1/29(日) 午前 9:32】

↓デザイン性の高い半円形窓の店舗
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_0


↓窓からは何のさえぎりもなく歩行者が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_1


↓オレンジ色のイスといい,イエロー系の壁といい,地下鉄の車内と似ている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_3


↓あまり美味しくは見えないハンバーガー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_5


↓アメリカの原材料をふんだんに使っているかも
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/19/57793019/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘルシンキ最大のショッピングモール3~ヘルシンキ25
2017/01/08(Sun)
散策は東の端に到達したので,Uターンして,駅のある西に逆戻りする。今までは1階を歩いてきたので,帰りは2階の店を見て歩く。2階があるのは,東西の2つの大きな建物のうちの東側だけのようである。東端にはマクドやサブウェイなど世界的ファーストフードチェーンがあり,人気もあまりないので,これらの店で寛ぎながらコーヒータイムができる。さらに,この辺りには子ども用の遊具があり,中でもトランポリンが自由にできるのには驚いた。安全のために手足をゴムで縛って固定するが,それでも最も高く飛び上がると2階の人間の目線まで達する。【2017/1/8(日) 午前 10:15】

↓「i」で位置を確かめよう
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_0


↓西の端まで到達したことがわかる ディスプレイはパナソニック製だ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_1


↓『SUAWAY』あり
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_2


↓ゆったり寛ぐフィンランドの人々
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_3


↓広々していて,人も少ないので,ベビーカーは我が物顔ができる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_4


↓大型遊具トランポリン
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_5


↓2階からの眺め
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_6


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_7


ヘアサロンなども興味深かったので覗いてみた。西館に戻り,出入口に行くとビン・缶・ペットボトルの回収機があった。お金が戻ってくるという仕組みである。さらに西館にあるSマーケットは,出入りが一方通行になって,入ってしまうと,レジを通らなければ外に出られないことになっていて,何も買わないのに四苦八苦した。北側の外に出てみた。真夏なので,ずっと室内というわかにもいかない。外は室内とはうってかわって,普通のショッピングタウンで,他の建物があり,そこにもショップがたくさん入っていた。この辺りは一大ショッピングエリアであることがわかった。それにしても混雑のないショッピングは快適だ。人口が日本の20分の1というのは,暮らすには適正規模かもしれない。日本,とくに大都市圏はあまりにも人が多すぎる。人口が日本以上に集中する,あの中国海岸部の人たちすら,東京の人の多さには驚いていると聞いたことがある。東京はあまりにも人が多すぎる。大企業も大学も中央省庁も強制的に地方に移転させるべきだと思う。それにしても,かつて話題になっていた首都移転という話はいつのまにか聞かなくなった。どうせ官僚連中が行くのだから,復興促進も兼ねて福島第一原発周辺がピッタリだろう。

↓ヘアサロンがあった
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_8


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_9


↓2階のない西館に戻ってきた
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_10


↓ウィンドウに貼ってあったチラシ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_11


↓容器回収機
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_12


↓最高で0.4ユーロが戻る
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_13


↓便利な『Sマーケット』
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_14


↓モールの外の眺め
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_15


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/50/57771350/img_16


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コーヒーチェーン「Robert's Coffee」~ヘルシンキ24
2017/01/05(Thu)
ショッピングモール「イタケスクス(itis)」を散策していたら「Robert’s Coffee」を見つけたので,入ってみた。「Robert’s Coffee」はフィンランドのコーヒーチェーンで,国内44店舗の他,北欧各国に進出している。実は福岡に日本第一号店もある。フィンランドは一人あたりのコーヒー消費量が世界一と言われ,一人一日平均7杯も飲むらしい。その当該国のコーヒーチェーンだから当たり外れはないだろう。注文すると必ずチョコレートが一つついてくる。実はチョコレートの消費量も世界のトップクラスで,コーヒーとチョコが一度に味わえるのでちょっと得した気分になる。フィンランドに来たら必ずお世話になるカフェである。【2017/1/5(木) 午後 9:01】

↓「Robert's Coffee」のロゴ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57768607/img_0


↓イタケスクス(itis)店の店先
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57768607/img_1


↓内装
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57768607/img_2


↓注文カウンター
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57768607/img_3


↓注文したコーヒー
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57768607/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘルシンキ最大のショッピングモール2~ヘルシンキ23
2017/01/04(Wed)
フィンランド最大のショッピングモール「イタケスクス(itis)」は東西に550mほどあるので,どこにも寄らずに分速80mで西端から東端まで進むと7分ほどかかる。そんなわけで,左右にある店に寄りながら,奥へ奥へと進むと,東の端まで1時間かかるのか2時間かかるのか正直わからない。入っている店舗は,ヘルシンキ中心部にある有名店の支店(イッタラ,マリメッコ,H&M,ストックマン,ティーマリなど)はもちろんのこと,飲食店も含めると150店舗ほどである。訪れたのが夏なので,サマーセール中の真っただ中。都心部の店舗で窮屈に見るよりも,ゆったりと,セール中の品物を品定めするには好都合のショッピングモールである。【2017/1/4(水) 午後 4:03】

↓モールのほぼ中間地点
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_0


↓バッグ類オール10ユーロ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_1


↓カフェ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_2


↓さらに奥(東)へ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_4


↓サマーセール中の店
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_5


↓フィンランド最大のストックマン百貨店も入っている
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_6


↓さらに奥(東)へ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_7


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_8


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_9


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_11


↓H&Mも
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_10


↓マクドも
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_12


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_13


↓この辺りが最も東の端
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/71/57766971/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヘルシンキ最大のショッピングモール1~ヘルシンキ22
2016/12/23(Fri)
ヘルシンキ地下鉄に乗って,ヘルシンキ中央駅から約15分。イタケスクス駅に隣接して,フィンランド最大のショッピングモール「イタケスクス(itis)」がある(東西約550m,南北約80mという大きさで,2フロアー)。冬の都心歩きは寒いので,ここに来れば,主だった店(ストックマン百貨店,イッタラ,マリメッコ,スーパーマーケット等)は入っていて,気候に関係なく買い物ができる。最近,「itis」という名称に変わった。【2016/12/23(金) 午後 2:16】

↓モダンな地下鉄に乗って
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_0


↓15分で郊外のイタケスクス駅に到着
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_1


↓地上から行くと,駅を出て,西へ2分
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_3


↓フィンランド最大と聞いていたが,建物には何の変哲もない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_4


↓自動ドアを開けると,長い通路が
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_5


↓手前にはスーパーマーケット
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_6


↓2分ほど歩くと人が増えてきた
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_7


地下鉄とつながった出入口が中ほどのあるので,地上から入ると人はまばらだが,途中から人が増えてくる。自動車でやってくる客も合わさって,平日でもそこそこ人は来ている。飲食店もいくつか入っているが,フィンランドNo.1ハンバーガー「ヘスバーガー」も店を構えている。おまけに「ヘスバーガー」のカフェ版「HES CAFE」も入っている。歩き疲れたら,この辺りで休むとよい。コーヒー1杯1.7ユーロとメニュー表には書いてある。日本でいえばドトール並みである。値段の表示は,4通貨表示で,上からユーロ(これはフィンランド用),クローン(エストニア用→ユーロになったので現在はなし),ラッツ(ラトビア用),リタス(リトアニア用)と,いわゆるバルト3国に配慮されている。

↓夏でも冬ものを着こなすマネキンたち
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_8


↓店を探すには,自動検索機「i」
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_9


↓「ヘスバーガー」はフィンランドのバーガーチェーン
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_10


↓品物は4通貨(現在は3通貨)表示
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_11


↓ヘスバーガーの系列「HES CAFE」発見
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_12


↓シナモンロールやサンドイッチなども
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_13


↓アウトレットもある
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/07/57753607/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トゥルクから鉄道で運ばれる日本車~トゥルク10
2016/11/26(Sat)
ホテルからタクシーで,フィンランド鉄道のトゥルク駅に着くと,駅前にキャリアカーが停まっていた。後部には10台ほどの新しい車が積まれていた。キャリアカーは日本でも見るが,10台も積めるような大型車はほとんどなく,6台というのが標準だ。道路幅の狭い日本では交差点などが曲がれないためだろう。ゆったり感のある道路幅を持つフィンランドでは,バスといいトラックといい,長さも幅も日本よりひとまわりもふたまわりも大きい。道路幅があるということは,何にでも余裕が生まれるというものだ。さて,トゥルク駅は人の乗り降りするホーム自体は4面しかないが,駅舎から見てホームの後方(北側)には線路が何本も敷かれており,人的輸送だけにとどまらず,貨物輸送も行っていることがわかる。そのため,キャリアカーが駅前に停まっているものと思えるが,貨物輸送の場合は荷降ろし用のホームとは普通は分離されている。ところが,1番ホームのいちばん駅舎寄りには,キャリアカーから下ろしたと見られる乗用車が十台以上並べられていた。客の乗るホームからは少し離れているが,駅舎の入口から見えるところで荷物が下ろされているのを見ることは日本ではまずない。ホームの端に並べられた乗用車は,どう見てもここで販売するわけではなく,これから貨物列車に積んで運ぶらしい。これらの並んでいる車を見て気づいたのだが,すべて日本車なのである。フィンランドには日本メーカーの工場があるのかどうか定かではないが,メーカーは混ざっているものの,日本でよく見る車種である。ホーム上に並べられているということは,これからどこかに運ばれると思うのだが,運ばれるとしても,一大消費地のヘルシンキかタンペレであろう。海外では日本車はどこでも見かけるが,SUVやスポーツセダンなどが売れ筋のようだ。【2016/11/26(土) 午後 2:52】

↓トゥルク駅は貨物輸送も多い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_0


↓駅前に停止中の大型キャリアカーには日本車が
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_1


↓ホームの端に並べられていく日本車
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_2


↓これから貨車で運ばれる日本車
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_3



https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_4



https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_5


↓左側はキャリアカーから降ろされた日本車、中央はトゥルク駅舎、右は発車を待つヘルシンキ行の列車
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691254/66/57725466/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

 
この記事のURL | フィンランド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ