FC2ブログ
『叫び』ケーキで『叫び』の余韻に耽る~オスロ42
2018/10/26(Fri)
2018年10月27日から東京でムンク展が始まったらしいが、この展覧会はオスロにある市立ムンク美術館に所蔵されているムンク作品の展示だ。もちろん『叫び』2点の展示もある。話はムンク美術館に戻り、ここには1階入口の左側にオープンカフェがある。もちろん屋内席もある。天気が良ければ外,悪かったり,寒ければ中と使い分けができる。観光客のお目当は『叫び』ケーキだ。現在はデコレーションがプレートになってしまって,つまらない飾り付けになってしまったが,数年前までは,このように『叫び』が描かれたちょっとした芸術品のケーキだった。このケーキの『叫び』は美術の教科書などに出てくる,オスロにある国立美術館所蔵のものなので,ムンク美術館所蔵のものとは異なるが,2点の『叫び』を見た後、このケーキを見て余韻に耽るのが,ムンク美術館の楽しみ方かもしれない。東京・上野のムンク展では『叫び』ケーキはもちろんないだろう。【2018/10/26(金) 午後 7:27】

↓ムンク美術館のカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_0


↓店内はガラス貼りでとても明るい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_1


↓隣にはミュージアム・ショップも
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_2


↓客席で世間話をしている?ので客かと思ったら
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_3


↓店の従業員だった
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_4


↓ショウケースには『叫び』ケーキが
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_5


↓これが世界でここだけにしかない「『叫び』ケーキ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_7


↓カフェの外から
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/57/58358157/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
スポンサーサイト



この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベルゲンカードを持っているなら「ホーコン王の館」へも~ベルゲン16
2018/01/27(Sat)
この建物は,13世紀半ばにホーコン・ホーコンソン王が建てた館で,当時は王の居城であった。ノルウェー産の石材を使った造りで,2階にはドーム状の部屋が複数あり,3階には500平方メートル弱の小ホールがある(長さ33メートル,幅13メートル,棟までの高さ17メートル)。当時,「石造りの大ホール」と呼ばれ,ホーコン王の王子の摂政マグヌス・ラガボーテル王の結婚式や戴冠式に使われていたということだ。ブリッゲン地区のすぐ北側に位置する「ホルメン地区」は,当時のノルウェーの政治的中心地で,このホールはこのような国家や王室の重要な儀式に使われていたが,その後デンマークがノルウェーを支配するようになってからは,この建物は廃れ,物資の倉庫として使われて時期もあったということである。第二次世界大戦中に近くでドイツ軍の船が爆発炎上し,その飛び火でこの建物は火災に遭い,石造りの壁だけになってしまったが,現在は復元され,一般に公開されている。2階の部屋は復元したため,当時の面影はないが,3階のホールは考古学的資料に基づいて復元されたそうなので,当時にきわめて近いらしい。現在でもコンサートなどに使われているということだが,中世そのままという雰囲気が伝わるので,バロック音楽などを演奏すると素晴らしいかもしれない。尚,この建物は1997年制作の日本映画「霧の子午線」(出演:岩下志麻,吉永小百合他)に出てくるらしい。【2018/1/27(土) 午前 9:03】

↓「ホーコン王の館」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_0


↓1階
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_1


↓2階
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_2


↓3階の小ホール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_3


↓小ホールの天井は高い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_4


↓ホールとして使用するのでイスが用意されている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_5


この施設はベルゲンカードに含まれ(無料で入場できる),ブリッゲン地区から3分くらいの場所にあり,さらには夏の観光シーズンにも関わらず訪問者はいたって少ない。隣の「ローゼンクランツの塔」の方が見どころは多いので,こちらには入場しないのだろうか。日本語のリーフレットもあり,見どころは前述のホールくらいしかないが,ゆったりした造りで,時間を潰すにはいいところだと思う。

↓小ホールの窓から見た対岸
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/49/58135649/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北欧建築がとくに美しいベルゲン~ベルゲン15
2018/01/06(Sat)
ノルウェーの個人の家は三角屋根でカラフルな板張りの造りが代表的だ。所有する土地が広いので,ゆったりと建てられている。また,総2階建てが多いので,一戸当たりの床面積もかなり広そうだ。日本ではスウェーデンハウスなるメーカーが似たような住宅を建てているが,仕様は北欧に近くても,いかんせん狭い日本の土地に建てるので,いかにも中は狭そうだ。それに比べればノルウェーの住宅は恵まれている。とりわけベルゲンはフィヨルドにあり,平地が少ないわりには,人口は希薄なので,都心部を除くと密集している場所はまったくない。ベルゲンの郊外に行くと比較的大きな住宅がポツンポツンと建っていて,家と家の間は牧草地だったり,森だったりして,長野県や群馬県の高原のような印象を受ける。ベルゲン市内の一戸建てでもそうだが,家の外壁の色は白が多いが,その他の色でも,木々の緑にマッチし,まるでおとぎの国のようである。日本の家の外壁のような暗い色(グレー,黄土色,ブラウン)の家はまずない。日本は古くからの料理や四季の自然には多彩な色があるのに,住宅の壁の色にはまったく無頓着だ。とくにメーカーの建売住宅に色の個性はまったく見られない。日本は色彩に関してはとても貧しい国といいざるを得ない。【2018/1/6(土) 午前 9:02】

↓山の斜面の家の壁は白が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/82/58115782/img_0


↓街中の裏通りは壁色がカラフル
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/82/58115782/img_1


フロイエン山の中腹に建つ家々はバックの山の緑が映え,市内中心部から見るととくに美しく見える。壁色は白が目立つが,屋年の色は実にカラフルだ。ギリシャのミコノス島のように白一色の街も存在するが,冬の長い北欧では,色を楽しむことも必要だからか,さまざまな色を使うのだろうか。札幌市郊外の当別町に「スウェーデンヒルズ」という広大な住宅街がある。前述の住宅会社が開発した街だが,ここは一戸当たりの床面積も広く,街並みを北欧風にし,壁の色もさまざまなので,確かに北欧に行ったような気分になるかもしれない。冬の長い北国には多彩な色が合っているようだ。ノルウェーハウスというメーカーはないが,スウェーデン同様,ノルウェーも美しく立派な家が多いことは確かなようだ。日本にももっと北欧風の家が広まってほしいものだ。とくに気候の近い北海道などは,そうなって欲しいものだ。壁の色が多彩になると,明るい街並みになることは確かだろう。

↓フロイエン山斜面の家並み
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/82/58115782/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/82/58115782/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)


 
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムンク美術館へ行こう3~オスロ41
2017/05/27(Sat)
オスロにあるムンク美術館には常時100点以上の絵画が展示されているが,よく見ていくと,ムンクの自画像も少なくない。紳士風の彼は?と思ってみるとムンク自身ということがよくある。多くの有名な画家は自画像を残しているが,ムンクは点数が多いようだ。この日見ただけでも下記の5点あった。真面目に描いているものもあれば,デフォルメもある。確かに真面目な自画像だけでは面白くないかもしれないが...ムンク美術館を訪れた際は,こんな視点で見ていくと楽しめるのではないか?!【2017/5/27(土) 午後 3:06】

↓ムンク美術館展示室
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_0


↓この日見つけられたムンクの自画像
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/06/57913506/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムンク美術館へ行こう2~オスロ40
2017/05/20(Sat)
午前10時,ムンク美術館がオープンした。比較的大きな荷物は地下のロッカーに預ける。それほど大きくはない美術館なので,入口の目の前が入場ゲート。平屋で常時100~120点ほどの絵画が展示されている。館内は海外では当たり前の,撮影OK(フラッシュはNG)。展示されているもの全てを撮影できる。ムンクの美術書でもお目にかからない絵画が見られるのは得した気分になる。ところで,ムンクの作品で最も有名は『叫び』は実は4点実在する。1点は日本の美術の教科書にさえも載っているものだが,オスロの国立美術館に常時展示されている。が,撮影不可だ。ムンク美術館には2点が常時展示され,撮影可なので,撮ってきた。よく見る『叫び』とは背景はほとんど同じだが,手前が異なっている。ところで残りの1点は個人が持っているので見ることはできない。少なくても,オスロを訪れれば,4点の『叫び』のうち3点の実物を見ることができるのである。【2017/5/20(土) 午後 7:23】

↓午前10時の開館
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_0


↓荷物は地下のロッカーへ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_2


↓展示室は撮影可
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_8


↓ムンク美術館にある『叫び』2点(ムンクは2014年に没後70年)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57906404/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムンク美術館へ行こう1~オスロ39
2017/05/14(Sun)
オスロといえば「ムンク」,「ムンク」といえば「叫び」というのが前提となる知識。オスロには国立美術館があり,そこにもムンク作品は展示されているが,量でいえばムンク美術館が圧倒的である。デッサンなどを含めると25,000点ほどの所蔵があるからだ。ムンク美術館へは,オスロ中央駅に隣接する地下鉄Jernbanetorget駅から1~6号線で2つ目のToyen(トゥーエン)駅で降りる。地下鉄は市内を走る1~6号線のどれに乗っても,Toyen(トゥーエン)駅までは行ける(この先2本と4本に分岐)。Toyen(トゥーエン)駅の地下通路は全面レンガ貼りで,日中でも薄暗く,人気はあまりない。地上に出ると,案内表示に従って,歩行者専用道路を,途中集合住宅を左に見ながら進むと5分ほどで,ムンク美術館入口に到着する。迷うことはまずない。開館時刻は曜日に関わらず午前10時なので,早く着くと入口前で待つことになる。美術館内にカフェを併設しているが,この日は朝から霧雨が降ったり止んだりしていたので,外に出ているテーブルやイスは雨で濡れていた。【2017/5/14(日) 午前 10:05】

↓オスロの地下鉄は3列,2列のボックスシート,路線によって外装も含め車両の違いはない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_0


↓Toyen駅のホームの駅名表示には「Munch-museet」(ムンク美術館)とある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_1


↓Toyen駅の地下通路はレンガ貼りで暗い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_2


↓ようやく改札口,といっても検札がないため駅員もいない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_3


↓オスロの中心街から地下鉄で2駅というのにまわりは完全な住宅地
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_4


↓集合住宅が緑の中に溶け込んでいる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_5


↓「Munch-museet」(ムンク美術館)の案内表示板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_7


↓駅から徒歩5分でムンク美術館に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_8


↓訪問者には東洋系も少なくない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_9


↓併設カフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/02/57899902/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カフェ天国オスロ~オスロ38
2017/02/04(Sat)
オスロにはカフェが多い。ヨーロッパはカフェ文化が進んでいるので,どの都市にでも,道路に張り出した,いやはみ出したカフェをよく目にする。目にするどころではなく,カフェ銀座のような通りがたくさんある。オスロのカフェ銀座はカール・ヨハンス通りだが,カフェは市内どこでも存在する。カフェにはアルコールもあり,日本のまがいもののカフェよりはドリンクの種類が多いし,料理も軽食から一品までわりあい揃っている。人々はカフェで何をしているのだろうか,ひたすら飲み物を味わっているだけという人もいるだろうが,何か目的をもって来ているはずだ。昔は人との話をするのにカフェが使われていたが,今は一人で来て,新聞を読んだり,本を読んだり,瞑想にふけったりしていると思われる。個人主義が主流になってきたので,カフェの雰囲気も変わったのではないだろうか。【2017/2/4(土) 午後 8:29】

↓混雑するカール・ヨハンス通りのカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_0


↓ムンクやイプセンが通い詰めたグランド・カフェ(2015年に141年間の営業を終了)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_1


↓グランド・カフェで寛ぐ人(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_2


カフェは本来,建物の中にあるのだが,夏場は日差しを求めて,道路にテーブルやイスを出して,オープンカフェタイプが登場する。北欧の人々は日光浴を第一に考えるので,オープンカフェは人気が高く,日のあたるカフェは外から席が埋まっていく。しかし,北欧でも夏の日差しは暑いこともあり,日中は日陰のオープンカフェも人気が高い。カール・ヨハンス通りのカフェは,国会議事堂の辺りやその西側に多い。オスロ中央駅に近い場所にはあまりない。道路があまりにも狭くなるからだろう。確かに,あまり道路にせり出してくると通行の妨げとなることは間違いない。道路に隙間があれば,ところ構わず,テーブルとイスを置いてオープンカフェにしてしまうのは,ヨーロッパの人々の気質か。ノルウェーでオープンカフェに人気が集まる大きな理由にはもう一つある。それは飲食店の屋内では一切喫煙ができない。これはもはや世界標準である。日本のように分煙などの設備はなく,屋内での喫煙は公共施設はもちろんのこと,飲食店でもすべて禁止である。だからといって,喫煙者がゼロというわけでもなく,吸いたい人間は外で吸うしかない。意外と屋外での喫煙マナーについては,ルールのようなものはなく,どこでも吸えるらしく,歩行喫煙も見かけるので,マナーは日本より悪いかもしれない。それでも道路に吸殻がほとんど見られないことから,始末はきちんとしているようだ。このように喫煙者にとってオープンカフェは唯一の救いになっている。

↓木陰のカフェでは昼間からアルコール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_3


↓オスロ大聖堂前のカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_4


夏の北欧の日差しは案外強い。しかし湿度が低く,昼間でもせいぜい25℃くらいなので,こと暑さに関してはたいしたことはない。太陽の恵みを夏の間にたくさん享受したい北欧の人はたとえカフェでコーヒーを飲むにしても,できるだけ日光のあたる屋外で飲む。1分でも多く太陽光を浴びていたいと思っているのだろう。健康面から考えれば,太陽光を浴びるとビタミンDの生成になるので,悪くはないが,日焼けはどうなのかと疑問に思う。ところが,北欧のような北緯60度では,熱帯直下よりは,太陽光は弱く,むしろ熱だけ伝わり,紫外線の影響はより少ないようだ。本当かどうかはわからないが,北欧で10日以上もほぼ毎日太陽光を浴びていたが,日焼けしなかったのはやはり紫外線が思ったよりも弱いからだろう。これなら,夏の間に太陽光をめいっぱい浴びても,身体への影響は熱帯あるいは温帯でも東京のような低緯度地域に比べて少ない。冬の間は,晴れていても1日に太陽が臨める時間が3~4時間くらいしかないオスロでは,太陽の恵みほどありがたいものはない。カフェなくしてオスロは語れない。

↓モーベンピック・カフェではアイスが売れる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_5


↓カール・ヨハンス通りの一本裏通りのカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/04/57799504/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アーケシュフース城2~オスロ37
2017/01/08(Sun)
城の中は迷路ということはないが,上に行ったり下に行ったり,複雑に入り組み,自分がどの辺りにいるのかはわからない。どこからこの城を出てくるかは探検してのお楽しみだ。城内は全体的に暗いが,それでも見学前半は明るかった。牢獄やバターや塩の貯蔵庫,クリスチャン4世ホール,礼拝堂,広間,応接間などがあり,城の中を歩く距離はけっこう長い。壁にはところどころ中世以降のリアルな肖像画が飾ってあって,TDRのホーンテッド・マンションにいるかのようだ。家具調度品は北欧らしいものが置いてあり,国賓クラスの人が訪れたときにここでもてなすらしいが,調理施設も見当たらず,ケータリングを頼むだろうか?【2017/1/8(日) 午後 7:06】

↓入口
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_0


↓こちらは別館 使用人の部屋か
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_3


↓通路
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_4


↓ホール
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_5


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_6


↓中庭
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_7


↓こちらは本館(城)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_8


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_9


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_10


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_11


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_12


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_13


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_14


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_15


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_16


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_17


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_18


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_19


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_20


時々窓から外を見ると,オスロの中心部やオスロ・フィヨルドが見え,眺望はまずまずだ。この敷地内では時々,王宮にいるような衛兵が見回りをしている。王宮と違い,あまり目立つところにはいないが,大砲の辺りにはちょくちょくやってくるので,しばらく港の景色でも眺めていれば会う可能性は大である。見学時間は30分~1時間ほどなので,埠頭に用事で行く前後に行けば,時間が有効活用できる。

↓窓から見える眺望
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_21


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_22


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_23


↓城の外から見える眺望
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/68/57771868/img_24


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アーケシュフース城1~オスロ36
2016/12/10(Sat)
オスロ市内南部の市庁舎の南東方向に,アーケシュフース城がある。ホーコン王5世マグヌッソンによって建てられた城だったが,一度消失し,デンマーク王クリスチャン4世によって宮殿に生まれ変わったが,19世紀に入ってからは国の行事等に使用される程度の城となってしまった。北側の門から入るのが,市内中心部からはもっとも近い。小高い城の敷地から下がった場所には馬が数頭飼われている。これは王宮の催しに使われる馬で,オーナーは王様ではなかろうか。見たところ,乗馬倶楽部でもないのでそう思うのだが。人が来ると寄ってくる馬もいて人懐っこい。【2016/12/10(土) 午後 7:28】

↓近くで飼われている王宮の馬
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_0


門を潜ると,広場がある。ステージがあり,左側にはこの城のインフォメーション・センターがある。芝生もあるので,欧米お決まりのカップル寝転びシーンも見られる。すぐ右側が城に通じる道である。門を潜って進んでいくと徐々に坂を登って行く。いよいよ城に入る最終の門という場所で,右側を見ると,大砲が置いてある。そこは港を望む眺めのよい場所である。すぐそばで,結婚式を挙げるカップルがドレスやスーツに身を包み記念撮影を行っていた。近くにリムジンも用意されているので,これからどこかで披露パーティーなのだろうか。さて,城の手前の最終の門を潜ると,城の中庭に出る。右側に城の中への入場口がある。小さいので目を落としやすいが,他に入場できる入口もないのでわかるだろう。オスロ・パスならここへは無料で入れる。

↓城までの道のり
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_3


↓池のほとりではのんびりできる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_4


↓欧米お決まりのカップル寝転びシーン
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_5


↓城のまわりで写真撮影をする新婚さん
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_6


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_7


↓リムジンも用意されている
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_8


↓城には不釣り合いな?女性の後ろ姿
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_9


↓オープンエアのカフェあり
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_10


↓城の建物
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_11


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_12


↓さらに門を潜って進む
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_13


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_14


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_15


↓ようやく城の本体が見えてきた
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_16


↓遠くには家々が見渡せる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_17


↓ここから屋内見学ができる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/92/57741092/img_18


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベルゲン鉄道の車窓から5~ノルウェー8
2016/09/21(Wed)
少しずつ畑も見えてきた。ということは海抜高度も下がり,農業ができる気候の地域に入ってきたことになる。15:50にホーネフォスに到着。ここから線路は左右に分かれる。オスロまでは,左,つまり北周りの方が近そうだが,幹線は右,つまり南周りのようで,そちらに大きくカーブしていく。ホーネフォスからオスロまで直進できたら30分ほどで行きそうだが,山を貫かなければならないので,ほとんどトンネルになってしまう。それを避けたのかトンネルは掘っていない。迂回するため,ホーネフォスからオスロまではさらに1時間30分もかかる。南下する沿線には,左側には麦畑が見え,大きな湖も見えてきた。ティーリフィヨルドだ。フィヨルドと名前が付いているが,淡水の湖で,ノルウェーでは5番目の大きさだ。このあたりでは,細長い湖をフィヨルドと呼ぶが,海水のフィヨルドとは異なる。ビニルハウスなどが点在する近郊農業地帯に入ってきた。オスロへの出荷が中心の農業地帯である。農家の家々とそのまわりに穀倉地帯が広がる。16:36ホックスウント着。【2016/9/21(水) 午後 9:56】

↓列車は東進を続ける
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_0


↓ホーネフォス到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_2


↓畑が広がってきた,ノルウェーの穀倉地帯だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_4


↓左側の車窓にティーリフィヨルドが見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_5


↓畑作地帯は続く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_6


↓ホックスウント到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_8


ここから左に大きく曲がり(東進),オスロを目指す。この辺はすでにオスロの通勤圏で,駅のホームはもはや,山中のだだっ広いコンクリート台ではなく,都会的に洗練されてきている。16:50ドランメン着。中層のアパートが多くなってきて,オスロ近郊の雰囲気が出てきた。今までの数千人の街から比べると大きな都市といえる。ホームには列車を待つ人も増えてきた。対面にはオスロを16:07に出発したベルゲン行の急行(シグニチュール編成)が入線していた。この列車がベルゲンに着くのは22:35である。17:08アスカー着。オスロはもうすぐだ。17:30定刻より2分早くオスロ中央駅に着いた。

↓遠くに団地が見え,オスロ都市圏に入ってきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_9


↓ドランメン到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_10


↓ベルゲン行き列車と行き違い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_12


↓「Aass」というブランドの醸造所が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_13


↓アスカー到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_14


↓2分早くオスロに到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_15


7時間2分の鉄道の旅立ったが,時間は長いが車窓を十分に楽しめ,また快適なコンフォートクラスだったので,思ったよりも疲れはなかった。長時間乗るならコンフォートクラスにするべきだろう。オスロ西部の郊外4~5km地点から地下に潜り,オスロ中央駅までは地下を走ってきた。西ノルウェー方面の列車はすべてそうなっている。オスロ中央駅は駅舎の北,南,西に入口があり,そこから入り,東側にホームが駅舎とは垂直に並んでいる。始発駅なので,西側はすべて行き止まりかと思ったら,数本の線路が西にも駅舎の地下に伸びていて,郊外で地上に出るようになっているのである。必ずしも発着がすべて東向きではない(地図ではそのように見えるが)。ホームから駅舎へは動く歩道の斜め版のようなスロープで上っていく。改札などはないのでそのまま,どこへでも行くことができる。

↓オスロ駅構内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_16


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/17/57649117/img_17


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ノルウェー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ