FC2ブログ
旧市街を歩く8~タリン9
2018/07/28(Sat)
市庁舎の東側のヴィル通りがこの旧市街ではもっとも賑やかな通りだ。ショップが多く,飲食店も多い。正午を過ぎ,陽射も出てきたので,観光客は食事にカフェやレストランに入ったり,ウィンドウショッピングにも精が出てきた。ヴィル通りは新市街と繋がるわりあい広めの道路だ。他の城内と城外を結ぶ門は潜り抜けるタイプだが,ここはずいぶん開放的な門である。左右に潜り抜けできる門はあるが,中央の通路には遮るものはないので,違和感なく通り抜けができる。城外の右側には花のマーケットがあり,色とりどりの花が露店に並んでいる。値段は日本より高いかもしれない。すぐ左にはマクドがあり,その先オープンカフェが続く。この道路は新市街の繁華街やオフィス街へと続くが,今回の目的は旧市街のみの見物なので,範囲を広げると命取りと思い,方向転換し,また旧市街に戻ることにした。【2018/7/28(土) 午前 8:25】

↓ライコヤ広場からヴィル通りに向かう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_1


↓ヴィル通りは新市街に向かう道路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_2


↓店が多いので便利な通りだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_3



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_4



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_5



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_6



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_7



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_8


↓門が近づいてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_9


↓左右の潜り抜けタイプの門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_10


↓新市街のマクド
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_11


↓右側は花マーケット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_12


↓花は物価からすると高め
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_13


↓左側はオープンカフェ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_14


↓新市街から旧市街を望む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/59/58284059/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
スポンサーサイト



この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く7~タリン8
2018/04/13(Fri)
ポツポツとまだ雨が残っていても,空が明るくなって天気が回復してくると,飲食店は一斉に屋外テラスを再開させ始めた。ちょうどランチタイムにぶつかったので,テーブルや椅子を奥に閉まってあった場合にはセッティングが始まった。旧市街南部はカフェのない通りはないほど,路上や広場にたくさんのオープンカフェが営業している。せっかく屋外なのだから,日当たりのよい場所にあるカフェがいいのだが,日の当たらない北側の道路沿いにもオープンカフェは存在する。夏の直射日光はさすがに暑いので,日当たりのよいカフェはたいていはひさしがあり,上半身に直射日光が当たることはない。広場で行われている露店マーケットは,午前中の雨模様とはうってかわって,午後は晴れてきたので,活気が戻り,観光客も増え,込み合ってきた。雨の中ではゆっくりとウィンドウショッピングを楽しむことはできなかったが,天気がよくなると,傘も必要なくじっくり物を見ることができる。布のバッグ,衣料品(夏でもニットや厚手の衣類を売っている),旧市街の建物をあしらったコースターやマグネットなどの小物,木製の食器類,壁に掛ける陶器の飾り,ボトル水筒ケースなど実用品も多い。広場の南側には市庁舎が建っている。外壁の上の方にはドラゴンのオブジェが付いているのは,いかにもヨーロッパの古い建築物らしい。14~15世紀にかけて建てられたもので,高さ65mの塔には上ることができる。【2018/4/13(金) 午後 9:57】

↓ラエコヤ広場が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_0


↓少し明るくなってきたラエコヤ広場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_3


↓観光客や地元の人も増えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_7


↓市も賑わい始めた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_9


↓広場に建つ市庁舎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_10


↓市庁舎の壁から飛び出す竜(ドラゴン)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/04/58198504/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く6~タリン7
2018/04/01(Sun)
展望台辺りには屋外テラス席のあるカフェやレストランが点在するが,雨の中,外でコーヒーを飲んだり,食事をしている者は当然のことながら皆無である。木製の椅子やテーブルが雨ざらしになっていて,雨が止んでもしばらく使えそうにない。アレクサンドル・ネフスキー寺院の東側奥にある坂道(リュヒケ・ヤルク通り)を下って行き,門を潜ると,先ほどの展望台よりも低い位置で旧市街が見下ろせ,間近に聖ニコラス教会が見下ろせる。途中から階段で下に降り,少し歩くと聖ニコラス教会の目の前に立つ。あと50mも歩けば,観光案内所に戻る。ということはラエコヤ広場もすぐそこだ。小さな街なので,半日もあればそこそこは見て歩くことができ,まる一日あれば施設見学もできるのが,タリン旧市街のいいところかもしれない。雨は止み,雲の間から薄らと青空が見えてきた。風が強いので雲の動きは速く,黒っぽい雲をどんどん流してくれている。聖ニコラス教会の辺りは旧市街でも家々は新しく,ドイツっぽい建物の中に南欧風の建築も見られる。城壁内の北部がドイツの街並そのものだったが,南部はそのしばりがなくなってきているのか,ヨーロッパの普通の家並みだ。天気が回復してきたので,再びラエコヤ広場に行ってみることにした。【2018/4/1(日) 午前 8:10】

↓コフトゥ通りを戻る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_0



https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_1


↓アレクサンドル・ネフスキー聖堂の横を通り過ぎる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_2


↓雨があがったので,風景が心なしか明るい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_3


↓南の塔,「キーク・イン・デ・キョク」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_4


↓カフェはまだ開店休業中
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_5


↓聖ニコラス教会を見下ろし,見上げる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_7


↓リュヒケ・カルク通りをしばし歩く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_8


↓途中から狭い階段になる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_10


↓階段を下りると右に「アダムソン・エリック博物館」がある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_11


↓目の前に聖ニコラス教会が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_12


↓この辺りは南欧風の家が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_13


↓雨が止んだので,絵はがき売りも営業開始
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/58187795/img_14


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く5~タリン6
2017/05/03(Wed)
トーム・ペア城に向かって右側のコフト通りを進むと,大聖堂(トームキリク)があり,さらに右寄りに進んでいくと旧市街が一望できる展望台に行き着く。大聖堂はエストニアで最も古い教会で13世紀に建てられている。その後一度火災で焼けて,現在の建物は18世紀に完成したものだ。ここから展望台にかけての路地には土産屋などのショップが並ぶ。それらを見て歩いているうちに展望台に到着する。この場所のさらに北側にも展望台はあるが,もっとも人の訪れる展望台はここだ。トーム・ペア城のあるトーム・ペアはいわば山の手であり,ラエコヤ広場を中心に広がる町が下町,とされ,展望台から見ると城壁内の下町エリアが一望できる。建物が高くそびえ,道路が狭いので,近くの路上は見えても,ここから直線距離ではわりと近いラエコヤ広場は建物の陰に隠れてしまってまったく見えない。確かに旧市街の眺めだけでも世界遺産の価値はあると思える。展望台に着いたころから天候が急速に回復し,雲が多いながら旧市街が見渡せた。さらなる天候の回復を待って再度来ようと思い,数分で後にした。【2017/5/3(水) 午後 2:19】

↓コフト通りを進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_0


↓大聖堂
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_1


↓さらに進む
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_2


↓通りには土産物屋が並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_7


↓展望台が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_8


↓旧市街の眺望
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_11


↓遠くにはヘルシンキなど北欧各国へのフェリーが
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_13


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_14


↓遠くには新市街の近代的なビルも
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/62/57887762/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く4~タリン5
2016/09/19(Mon)
城壁内の下町エリアから山の手エリアにあるトーム・ペア城に行くには,ピック・ヤルク通りとリュヒケ・ヤルク通りの2つの通りがある。後者は途中階段になるので,車などは通れない。まずはすぐ近くのピック・ヤルク通りから坂道を上がっていくことにした。門を潜ると,ほぼ一直線に石畳の坂が続く。石畳の車道とコンクリートの歩道が並列している。坂を上りつめたところにロシア正教会のアレクサンドル・ネフスキー寺院がある。完成したのは1901年だから約100年前に建てられたものだ。ヘルシンキにあったウスペンスキー寺院よりもロシアっぽく,建物も大きいような気がする(実際はウスペンスキー寺院の方が大きい)。この裏手がトームペア城だ。元々はエストニア人の居城だったが,いつしか騎士団の城になり,ロシア統治下では女帝エカチェリーナ二世が改築を命じ,宮殿っぽくなって現在に至っている。時間の都合上,中に入ることはなく,外観のみの見学となった。【2016/9/19(月) 午後 3:55】

↓ピック・ヤルク通りに入る門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_0


↓上りが続くピック・ヤルク通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_1


↓振り向くと今潜ってきた門のある塔が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_2


↓「アレクサンドル・ネフスキー聖堂」が見えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_3


↓「ひったくり注意」という警告標識が壁に
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_4


↓小雨混じりなので,カフェの屋外席には誰もいない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_5


↓このカフェの看板は「足」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_6


↓地球の歩き方の地図にも出ているカフェ「ポガポット」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_7


↓「アレクサンドル・ネフスキー聖堂」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_11


↓「トームペア城」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/95/57646195/img_13


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く3~タリン4
2016/09/19(Mon)
ラエコヤ広場をそこそこ見て西に向かうことにした。西側にはトームペア城があるので,さらに城壁があり,また旧市街よりも一段高くなっている。そこを見学しようと(外観のみ),石畳を西に進むことになった。人はまばらだが,日程の都合からこの日に観光せざるを得ない人も多数来ていると思われる。観光客の半分くらいの人は建物の中のカフェで雨宿りを兼ねて休んでいるのかもしれないが,まだ午前中なので,レストランはオープンしているところは少なく,10時オープンのカフェがいくつか営業しているに過ぎない,雨の日はけっこう儲かりそうだが,訪ねる観光客も多少は減るので,そうでもないかもしれない。トームペア城に入っていく門の手前に来て,左側の道の先には店舗が多く見えたのでそちらに行ってみることにした。今日はホテルを出たのが早かったせいで,ホテルの朝食は食べられなかったし,乗った船は頻繁に揺れて気持ち悪かったこともあって,朝から何も食べていないことにやっと気づいた。といってもレストランなどはまだオープンしていないこともあり,どこか店はないかとキョロキョロしていたら,オープンしていたカフェバー風の店があったので,選択の余地なく入った(『Kompressor』という店)。【2016/9/19(月) 午後 3:48】

↓ラエコヤ広場を後にして,トームペア城方面へ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_1


通りに面して窓はたくさんあれども,雨で外はもともと暗く,屋内の照明も落としているので,薄暗い店内だ。客は数人。まだオープンして間もないとみえる。テーブルに座って待っていても,ちっとも注文を取りに来ないので,カウンターに行ってみたら,そこで注文するらしいことがわかった。といっても常時そこには店員はいないのだが。日中のカフェバーなのでカフェに毛の生えたようなメニューで期待はしていなかったが,メニューの写真にあるパンケーキがとても美味しそうに見えたので,迷わずそれを注文した。ほどなくして運ばれてきたパンケーキは相当に大きく,ベリーソースがかかっていて食べがいのあるものだった。小腹がすいたぐらいでは一人で食べるには量が多いといえそうだ。途中で,また数人客が入ってきたが,午前中ということもあり,常に空いていた。まったくやる気のなさそうな気持ちが顔にも仕草にも出ている若いウェイトレスのわりには,パンケーキの味は太鼓判を押せる代物だった。雨ということもあり,しばしここで休憩し(一度メニューを運んでくると二度と来ることはない店員だったので長時間いても追い出されることはない。),雨が少し小降りになってから,城壁の中をトームペア城方面に向かってゆるい坂を上ることにした。エストニアの物価は日本より安く,ずいぶんリーズナブルなパンケーキにありつけたと付け加えておく。

↓『Kompressor』の店内(補正して明るくしているが,実際は薄暗い)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_3


↓外は雨が降り続いていて,夏だというのに寒い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_4


↓大きなパンケーキは30EEK(クローン)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_5


↓店内でトイレを探したら,入口まで行かないと男女表示がわからないほど小さい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/84/57646184/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く2~タリン3
2016/09/19(Mon)
雨脚が強くなってきた中,さらに先に進むと,ツアーの一団。ガイドから教会の説明を受けている。ヨーロッパ諸国からのツアーである。ちょうどこの日は,JALがエストニアの南隣のラトビアの首都リガにチャーター便を飛ばし,その一行がタリン見物をする日であることも知っていたが,結局日本人のそのツアー団体に会うことはなかった。狭い城内だから,会ってもおかしくないのだが,会うのはヨーロッパ各国からのツアーだけだった,ヨーロッパのツアーでも,日本同様に添乗員兼ガイドが,ツアーの目印として旗などを手に持ち,ところどころ立ち止まっては解説を加え,次へ進むというお決まりパターンを繰り返す。雨が降り続く中では,団体の統率などが難しいと思えるが,そこはプロだけにテキパキとこなしていくようだ。やっとのことで,城内中央やや南側にあるラエコヤ広場に到着した。【2016/9/19(月) 午後 3:46】

↓雨が降りしきり,カフェはほとんど閑古鳥
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_0


↓観光客は足早に先を急ぐ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_1


↓ラエコヤ広場は人もまばら
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_2


晴れていれば,広場を取り囲むカフェの屋外テラスは人で埋まっているはずだが,雨のため閑古鳥状態で,ほとんど開店休業状態である。広場の中央では土産物を売る露店がたくさん並んで営業しているが,雨では見て歩くのもたいへんだ。値段は少し高いような気がするが,交渉すれば値引いてくれるかもしれない。この広場からさらに南西に1区画行ったところにインフォメーション(タリンの観光案内所)がある。雨脚が少し強くなってきたので,雨宿りにと思って行ってみた。中はそれほど広くはなく,たくさんの観光客でごったがえしていた。ひとまず,タリンに関する資料(英語)を集め,どうしようかと考えあぐねたが,ここにいるわけにもいかず,いったん広場に戻ることにした。気温は上がらず,10~15℃の間であろう。8月だというのに,日本の4月くらいの気温である。

↓カフェにはたまに人もいるが,あまりの寒さに外套を着こまなければならない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_3


↓広場に脇にあった目立たない両替所
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_4


↓街並みはドイツそのものだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_5


↓広場の裏手にある観光案内所…雨宿りにはいいかもしれないが,中は狭く,イスもない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_6


↓タリン・ヘルシンキ間のフェリーの時刻が調べられる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_7


↓ラエコヤ広場には雨にもかかわらず露店が軒を並べる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_10


↓広場内のオープンカフェの大半は開店休業状態
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/78/57646178/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エストニアのマトリョーシカ~タリン2
2016/09/19(Mon)
タリンに着いてからというもの,雨は止みかけたり,雨脚が強くなったり,天候の回復は期待できそうにない。時々,雨宿りを兼ねて土産物屋に入りながら,南へ移動する。建物内に入らなければ雨宿りをするような場所はないのが旧市街だ。とある土産屋に入った。エストニアの名産は何かと思ったら,民芸品の最たるものは何とマトリョーシカである。ロシアの民芸品が,独立した今も民芸品のトップのようだ。マトリョーシカの数々は現代風にアレンジされ,飾り棚のもっともよい位置に並んでいた。マトリョーシカはロシアであれば,ロシアの民族衣装を着たイラストやロシア風のデザインが描かれているものだが,エストニアの土産屋では,もちろんそれはあるものの少数で,「ハリー・ポッター」「セサミ・ストリート」「くまのプーさん」「オバマ大統領」などの人物あるいはそれに類するイラストになっていて,アメリカ・西ヨーロッパを強く意識したデザインだ。【2016/9/19(月) 午後 3:43】

↓土産屋に並ぶキャラクター・マトリョーシカ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_1


↓巨大なマトリョーシカ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_2


↓土産屋の前の街並み
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_3


なぜかそのそばには,携帯用の小さなマッチ箱が売られている。柄を楽しむもので,中身のマッチそのものには何の関係もない。絵柄はすべて人物イラストで,「カストロ・キューバ国家評議会議長」「ヒラリー・クリントン」「マリリン・モンロー」「サダム・フセイン」「オサマ・ビンラディン」「ブッシュ元アメリカ大統領」「オバマ大統領」「プーチン大統領」「ダイアナ妃」「ベッカム」「マドンナ」「スターリン」など,政治家,それもロシアあるいはロシアと関わりのある(あった)政治家あるいは独裁者などの悪者が多いように思える。あまり明るい土産とはいえない。パロディーとして買っていくものだろう。グラスやハンディベルのようなグッズにはさすがにこのような柄は使えず,オーソドックスなエストニアのドイツ風建造物などのイラストになっている。別の店では(そこは土産専門店ではないが),ディスプレイウィンドウに実に25のマトリョーシカが入っている巨大マトリョーシカが飾ってあった。もちろん客寄せパンダであって,売り物ではないと思うが,ここまで多いと,切っても切っても金太郎飴を連想してしまう。25のマトリョーシカがずらり並んでいるのは圧巻だ。名前は似ているが,チェブラーシカが並んでいなかったのは言うまでもない。

↓有名人の絵柄のマッチ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_4


↓数が異常に多いマトリョーシカ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_6


↓街角インフォメーション
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_7


↓雨が降りしきるタリン旧市街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/73/57646173/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧市街を歩く1~タリン1
2016/09/19(Mon)
エストニアと聞いて思い浮かべるものといえば,大相撲に興味がなくても,エストニア出身の元大関「把瑠都(バルト)」の名くらいは出てくるだろう。それ以外といえば,あまり知られていないが,ICT先進国で,「スカイプ」の発明国であるとともに,15歳以上の国民全員にIDカードが配られ,会社の登記や納税を含む全ての行政手続き,選挙の投票,銀行決済から学校の宿題までPC+インターネットで処理できてしまうのだ。これを聞くと,日本はマスコミがおだてるほどICT国家ではないことがよくわかる。
ヘルシンキからの船を降りて歩き出すこと5分,右側(西)にかつて何かの工場だったらしい古びたレンガ造りの建物が見えてくる。ロシア支配下の名残だろうか。まだ独立して20年ほどしか経っていないので,ロシア時代の残骸も多く残っているようだ。市民ホール周辺は木立があり,公園緑地になっている。そんな景色を見ながら,市民ホール港で船を下りてから歩くこと7~8分で,車の通行量が多いプフヤ大通りの横断歩道に到達した。それまで車とすれ違うこともなかったが,ブフヤ大通りはエストニアで見る初めての車の往来だ。長い間ロシア支配下にあったとはいえ,東欧で旧ソ連の影響下にあった時代から作られてきた古びた車が走っているわけではなく,ドイツ系などの高級外車もたくさん走っている。どちらかというと小型車が多い印象だ。国土面積が小さいことや起伏があまりないことから馬力のある車は必要ないらしい。左側(東)に進むと,リンダ・ライン以外の船会社が発着するタリン港がある。車の往来が多いので,歩行者用信号はすぐに替わってしまい,待たされる時間が長いので,横断歩道を渡るにも時間がかかる。横断歩道を渡り終え,トラムの線路を横切り,石段を上ると,ようやく城壁が目の前に迫る。『ふとっちょマルガレータ』と呼ばれる,確かに,太った塔が城門(グレート・コースト・ゲート)の東側に建っている。この塔は。16世紀に建てられた砲塔で,直径は24mもあり,砲塔としての役目を終えてからも,倉庫や牢獄などに使われていたそうだ。現在の役目は何と海洋博物館だ。ここから城壁内(旧市街)に入っていくのが,ヘルシンキから船を使って観光に訪れた場合のお決まりコースだ(タリンの旧市街を出る時はここの門から出るとは限らない)。。【2016/9/19(月) 午後 3:39】

↓ロシア時代の名残だろうか
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_0


↓プフヤ大通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_1


↓ブフヤ大通りの横断歩道を渡り,旧市街へ向かう
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_2


↓視界に旧市街が入ってきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_3


↓左を見ると新市街のビル群が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_4


↓振り向くと,旧市街に向かう観光客
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_5


↓旧市街のお出迎えは「ふとっちょマルガレータ」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_6


↓「ふとっちょマルガレータ」の右側から旧市街に入る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_7


旧市街に入ると,石畳の道が南に向かって続く。ピック通りだ。両側はほとんど中世のドイツと変わらない街並みに一変する。歩道は狭く,あってもないようなものだ。路上に駐車してある車はほとんど真新しい。古めかしい車は停められていない。先ほどリンダ・ラインから降りた客もほぼ一緒に進んでいく。入城して間もなく,右側にほぼ同じ形の木組みの家が3軒並び,お互いが寄り添うようにくっついているのが見えてくる。これが「三人姉妹(スリー・シスターズ)」と呼ばれる建物群だ。女性的な柔らかさのある建物だから付けられた名前である。現在は改装され,3軒繋がってホテルになっている。城壁内のライ通りには「三人兄弟(スリー・ブラザーズ)」と呼ばれる建物群もある。見比べるとその名前の違いがはっきりわかるだろう。圧倒的に,スリー・シスターズの方が人気が高いようだ。

↓旧市街はドイツのような街並みだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_8


↓「ピック通り」は家の壁に案内がある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_10


↓石造りと木造の建物が混在する街だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_11


↓今はホテルになっている「三人姉妹(スリー・シスターズ)」と呼ばれる建物
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691255/63/57646163/img_12


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | エストニア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |