FC2ブログ
チャイニーズ・シアターでスター探し~ロサンゼルス1
2017/10/21(Sat)
ハリウッド大通りにある大きな劇場「チャイニーズ・シアター」。命名権がころころ変わり,現在は中国の家電メーカー「TCL集団」が命名権を得て「TCL・チャイニーズ・シアター」となっている(2023年まで)。中国寺院風の建築で,観光では,前庭にある俳優や女優のサイン・手形・足型のプレートが有名だ。ここにプレートが埋め込まれれば,一流の俳優・女優になったという証でなる。実在しない人物でも,ミッキー・マウスのような場合もある。英語が読めれば,よほどひどい筆記体でない限り誰のサインかはわかる。今や200以上のスターのサイン・手形・足型が埋め込まれている。【2017/10/21(土) 午後 8:21】

↓チャイニーズ・シアター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/59/58046659/img_0


↓ブルース・ウィリスのサイン・手形・足型
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/59/58046659/img_1


↓アーノルド・シュワルツェネッガーのサイン・手形・足型
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/59/58046659/img_2


↓エディ・マーフィのサイン・手形・足型
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/59/58046659/img_3


↓シルベスター・スタローンのサイン・手形・足型
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/59/58046659/img_4


↓ミッキー・マウスのサイン・手形・足型
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/59/58046659/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
スポンサーサイト



この記事のURL | アメリカ合衆国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬でも温暖サンタモニカ~サンタモニカ
2017/10/14(Sat)
サンタモニカはロサンゼルスの西にある,太平洋に面した小都市だが,地中海性気候に属し,年間の9割近くが晴天で,冬でも温暖という気候からちょっとしたリゾートとなっている。海岸には砂浜が広がり,夏場はマリンスポーツを楽しむ人で賑わうが,暖かいとはいっても11月下旬では,海に浸かる人はほとんどいなくなり,海岸にある遊園地や,砂浜散策,近くのショッピンセンターでウィンドウショッピングというのがレジャーとなる。海岸に沿った通りには熱帯性の街路樹が植えられ,冬でも観光客や近隣から訪れる人が後を絶たない。かつてサンタモニカ滞在中に,勤めていた企業を失業したことがある。失業を前に,残った有給を使って,次の仕事までの10日ほどをアメリカで過ごそうとやって来ていたので,たまたま失業日にアメリカにいただけのことだが。【2017/10/14(土) 午後 1:25】

↓サンタモニカの海岸
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_4


↓熱帯街路樹のある通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691249/90/58040590/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | アメリカ合衆国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アメリカなんだから取り敢えずステーキでも~オアフ島34
2016/12/12(Mon)
ホノルルはハワイ(州),ハワイ(州)はアメリカ合衆国。ハワイ伝統料理は好きになれず,中華料理,韓国料理あるいはハンバーガーばかり食べていたが,やはりステーキを食べなければアメリカ(一応)に来たことにはならない,と思ったのかどうか定かではないが,夕方通りががりの店に入ってステーキを食べた。夕方6時を過ぎていたが,店内は閑散としていて,客は他に1組だけ。レストランというのは混んでいてもサービスは低下するは,騒々しくて話が落ち着いてできないは,でいいことはないが,閑散としているというのもあまりいいものではない。取り敢えずステーキ!と思って入ったが,どうでもよい味だったので,さっさと食べて出てきたのは言うまでもない。【2016/12/12(月) 午後 9:29】

↓夕方のホノルル市内
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/50/57743450/img_0


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/50/57743450/img_1


↓夕方とはいえ閑散とした店内
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/50/57743450/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/50/57743450/img_3


↓味はいまいちのステーキとサラダ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/50/57743450/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/50/57743450/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マカプウはボディボードのメッカ~オアフ島33
2016/09/19(Mon)
オアフ島の南東部に位置するマカプウ・ビーチは波が大きく,海水浴にはあまり適さないが,ボディーボードには最適で,眺望もいいことから,人気のビーチの一つである。高いところから見下ろすと,海がどこまでもダークブルーで,目には眩しい。ビーチの向こうにマナナ島(通称ラビット・アイランド)とその右手前にカオビカイプ島が見え,観光でも絶景ポイントの一つになっている。向かって右側の高台にはマカプウ岬があり,そこまでは歩道が整えられ,ハイキングコースになっている。【2016/9/19(月) 午後 3:32】

↓マカプウ・ビーチ(クリックで拡大)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/53/57646153/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/53/57646153/img_1


↓マカプウ岬方向
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/53/57646153/img_2


↓マナナ島(通称ラビット・アイランド)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/53/57646153/img_3


↓波打ち際のボディボーダー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/53/57646153/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/53/57646153/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
奥深いハワイアンキルト~オアフ島32
2016/09/19(Mon)
キルトにはいろいろあるが,ハワイアンキルトも歴史は長い。ハワイの植物(ハイビスカス,パイナップル,レッドジンジャーの他,オアフ島の花のイリマや,ククイ,パンの木など)をモチーフとした簡素なデザイン(8つ折や4つ折に対称)ときれいな色使いが人気である。「パンの木」には成長や豊穣,「パイナップル」には歓迎などの意味も込められている。オリジナルティが高いデザインは何度見ても飽きが来ない。もともと1820年ごろイギリス宣教師の妻たちが持ち込んだイギリスのパッチワークが原型である。タペストリー,ソファーカバーなど,どんなに大きくてもすべて手作りなので,ベッドカバーなどは10万円以上する。が,製作期間も数ヶ月かかるので,これだけで食っていくことはできない。日本にもハワイアンキルトのショップがあちこちにあり,けっこう値段は張るが,手作りだからの値段設定である。近年は,バッグや小物入れ,などさまざまなアイテムが作られ,ちょっと高いがハワイ土産にもなっている。【2016/9/19(月) 午後 3:30】

↓ハワイアンキルト作り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_0


↓キルトのデザインになるハワイの植物
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_3


ナラニという女性が,今ハワイでもっともハワイアンキルトで権威のある人だ。この人の許可を得て,デザインを入手したり,教えたりすることができる。しかし,オリジナルを考え出す人もいて,儲けるなら,デザインを作る方が,実際にキルト作品を作るより儲かるかもしれない。ハワイには日本人がキルト教室を開いている例が多い。自らデザインを作り,型紙等を販売しながら,生徒を集め教室を開いている。最も著名な日本人は,ガイドブックにもよく載っている木元氏の開いている「メア・アロハ」だ。カラカウア通り沿いのワイキキ西部,カピオラニ通りを渡ったところにあるセンチュリーセンタービル1F101号室でキルト教室を開き,販売も行っている。この人はもと寿司職人だというから驚きだ。型紙や小物,セット材料も売っている。初心者には無料の教室を開いているので興味があれば行くとよい(日休10:00~18:30)。
他にもホノルルにはワイキキを中心に,ハワイアンキルトを教えてくれる場所は少なくない。教室のオーナーはなぜか日本人が多く,それも女性が圧倒的だ。とにかく機械処理はなく,原則すべて手縫いなので,時間がかかるのが常識で,そこがいいといえばいいのかもしれない。自分のデザインを型紙にして売れば,けっこう高い値段で売れるらしく,このような教室には必ずといって,オーナーのデザインした型紙が売られている。この世界はデザイン勝負の世界で,デザインの権利をたくさん所有している者勝ちである。割合,年配者に人気のある手芸だが,最近は若い人でも挑戦することが多い,ただ,前述のように時間がかかるので,忙しい人にはちょっと難儀であるのが欠点だ。ただし,色合いが他のキルトより鮮やかなので,見ていて飽きないのは幸いだ。アン藤原さんの主催するハワイアンキルト・スタジオ&ショップでは日本人向けの講習会が常時実施されている。ワイキキの中心部にある牛角の入っているビルの808号室に教室はある。アンさんはJTBのオプショナルツアーにも登録されていて,2時間の講習を受けることができるが,教室の見学はいつでも可能なので,個人で行っても大差ないのではないかと思える。教室内ではキルト・パターンも即売されている。他にも「ワイキキ・ショッピング・プラザ」2階に「トレーディング・ポスト」という店があり,キルト・パターンを販売している。とともに火曜と金曜の17:30からキルト・レッスンを行っている。かかる費用は材料費の実費だけということだ。キルトを始めた人にとっては,さまざまなキルト・パターンが欲しくても,日本では売っている店が限定され,値段も高いので,ハワイで買い集めてくるのが一般的だ。

↓アン藤原さんの教室
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_5


ハワイアンキルトを学ぶ人,教える人ともに,ハワイにたいへんなほど興味を持つので,造詣も深くなり,ハワイへの訪問機会も自然と多くなる。フラ・ダンスまで身につけてハワイアン化しようとする人さえいるのが現況だ。人間の嗜好まで変えてしまう奥の深い手芸である。キルト用の生地は,ワイキキの西,カラカウア大通り1631番地(ドンキ・ホーテから2分)にある「ファブリック・マート」(年中無休9:00~19:00)が有名だ。ホームページでネット販売があるが,ここで買う方が実際に色や肌触りがわかるので確実だし,安い。日本で買う生地の3分の1の値段だろう。本店はアロハスタジアムの方にあるのでちょっと遠いが,ここならワイキキから歩いて行くこともできる。ぜひカラフルなハワイアン・プリントを買うならここがオススメだ。型紙や生地のセットも売られていて,ハワイアンキルトに使うグッズはすべて揃う店だ。たとえキルトができなくとも,テーブルクロスなどにハワイアンのデザインは部屋を明るくするので,時間があれば寄ってみるのも面白い。この店の隣はムームーの専門店「CC Fashions」(日休10:00~19:00)だ。フラの衣装もあり,ハワイにどっぷり浸かりたいなら,この店に寄るのもいいだろう。裏通りに総合ディスカウントショップ「ドンキ・ホーテ」があるので,この3店をセットでまわると,半日は過ぎてしまうかもしれない。

↓ハワイアンキルト生地の殿堂「ファブリック・マート」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/47/57646147/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マカダミア・ナッツの直売店でコナ・コーヒーを試飲~オアフ島31
2016/09/19(Mon)
コナ・コーヒー (Kona coffee)とは,ハワイ島西岸のコナ・コーストで主に栽培されているコーヒー豆の総称だ。キリマンジャロ,モカと並び,世界3大酸味コーヒーである。酸味好きにはたまらない貴重なコーヒーといえる。それだけに,もし安いコナ・コーヒーが売られていたら,別の品種とブレンドされていると思っていい。100%コナはけっこう高いはずだ。アメリカ合衆国では商業ベースでは唯一のコーヒー豆なのでホワイトハウス御用達になっている。また日本企業のUCCやドトールコーヒーがコナ・コーストに観光農園を持っている,ので日本でも比較的手に入りやすいコーヒー豆だろう。【2016/9/19(月) 午後 3:27】
さて,ジュラシック・パークのロケ地で有名なクアロア牧場のそばに,マカダミヤ・ナッツの直売店(「マカダミア・ナッツ・ファーム・アウトレット」)があり,そこではコナ・コーヒーの試飲ができる。オアフ島でコナ・コーヒーとは栽培している島はちがえど,ハワイのコーヒーであることはまちがいない。オプショナルツアーではよく立ち寄る場所である。

↓「マカダミア・ナッツ・ファーム・アウトレット」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_0


↓コナ・コーヒーの試飲ができる屋内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_1


↓屋外ではココナッツ・ジュースが飲める(有料)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_2


↓地元フルーツの即売も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_3


↓園内でも小規模にコーヒー豆の栽培が行われている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_5


↓園内は緑に包まれ,様々な熱帯植物が植えられている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/43/57646143/img_6


マカダミア・ナッツの方だが,主産地はもちろんハワイだが,原産地はオーストラリアである。19世紀末にハワイに持ち込まれ,栽培が始まったが,試行錯誤を繰り返し,商品化に成功したのは1920年代ということだ。今では世界の80%がハワイ産だ。ハワイ島,マウイ島,カウアイ島などに大農園がある。オアフ島でもノースショアに行く途中の北部に農園がある。加工商品のいちばん人気はチョコレートで,コーティングしたものであることはご存知のことと思う。グアムに行っても,シンガポールに行っても,マカダミヤ・ナッツチョコが土産として売られているが,元を明かせば,ほとんどがハワイ産のマカダミア・ナッツである。

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワード・センターは土産物ショッピングに最適~オアフ島30
2016/09/19(Mon)
通称「ワード・センター」(正式名「ビクトリア・ワード・センターズ」)はアラモアナセンターの西方にある。ショッピングモールの総称で,区画を超えて,いくつもの建物に分かれている(ワード・ゲートウェイ・センター,ワード・ファーマーズ・マーケット,ワード・エンターテインメント・センター,ワード・ヴィレッジ・ショップス,ワード・ウエアハウス,ワード・センターの6棟から構成されている)。高層のビルはないので,アウトレットモールのような感じだ。ショップ数120,レストラン23,映画館併設で,アラモアナ・センターに匹敵する人気スポットで日本人観光客も多い。広々していて,ゆったり買い物ができるという点ではアラモアナ・センターよりオススメである。【2016/9/19(月) 午後 3:23】

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_0


↓点在する「ワード・センター」の建物
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_2


いちばん東寄りのアラモアナ・センターに近い建物がワード・センター,中央の最大の建物が倉庫を改造したワード・ウェアハウス,その北側にワード・ファーマーズ・マーケット,ワード・エンターテインメント・センターなどが続く。ワード・センターは2階建てでわりとこじんまりしているが,大きな書店や音楽ショップや雑貨屋などが入っていて,飲食店も複数ある。飲食店はハンバーガーの他,寿司やラーメンといった日本の食事が多い。一方,ワード・ウェアハウスは店舗数60余りでショップは充実している。オススメの店は東側の端にあるハワイアンキルトグッズの店『マイ・リトル・シークレット』(アイランドスタイルのキルトやクッション,カントリースタイルのキッチン用品が人気),さらに西の端にあるハワイアングッズ及びブックスの店『ナ・メア・ハワイ・ネイティブ・ブックス』,北側の東寄りにある『ホノルル・クッキー・カンパニー』(一つ一つ梱包され,ギフトボックスもかわいい)。ワイキキ・ビーチ・ウォークにもあるが,そちらは店内が狭いので,こちらの方がゆったり買い物ができる。が,いつも日本人で賑わっているので,それほど広くも感じられないのが残念だ。テイクアウトの飲食店は建物の西側に店が集まり,フードコートを形成している。日本でもお馴染みの『サブウェイ』,寿司,コリアンBBQなど手軽に食べられるものばかりだ。帰りのアラモアナ・センター方面のワイキキトロリーのイエローラインのバスストップはワード・ウェアハウスほぼ中央の北側とワード・センターほぼ中央部の北側にある。アラモアナ・ビーチ・パークのある南側にはトロリーは停まらないので気をつけたい。また,運転間隔が45分も空くので時刻をよく調べておいた方がよい。待っている間にJTBトロリーが何台も通過していくのを見るのは何とも悔しい。

↓「ワード・センター」には飲食店が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_5


↓「ワード・ウェアハウス」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/35/57646135/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハワイでイタリアン・ジェラート~オアフ島29
2016/09/19(Mon)
「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」には飲食店がいくつか入っている。世界のビールが100種以上飲めると銘打った店もあるが,ハワイでビールというのはちょっとピンとこない。ハワイならトロピカル・カクテルだろう。食事ではないが,イタリアン・ジェラートの店『モンド・ジェラート』も入っている。アイスクリーム類は気温27℃を超えると急に消費が増えるといわれている。ハワイは12月でも日中はこの気温をクリアーするので,散策の途中でちょっと寄りたくはなる。この店の特徴はテイスティングができる点だ。テイスティングしたらそのまま注文せずに帰るわけにはいかないだろうから,冷やかし客も減るわけで,いい作戦だ。であればいろいろ味見して,最後に気に入ったものを一つ注文すればかなりお得である。店には陽気なハワイアンガールがテキパキと対応してくれて店の雰囲気はよい。イートイン用の座席が12ほどしかないのは,熱帯のハワイだけに外で持ち歩きするだろうと想定しているからだろう。確かにアイスクリーム類は暑いところで食べなければ,意味がないのは当たり前だ。【2016/9/19(月) 午後 3:21】

↓『モンド・ジェラート』前の「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/30/57646130/img_6


ジェラートというだけあって,トロピカルフルーツとチョコ以外の原材料はイタリアから取り寄せるほどの凝りようで,脂肪分が80%カットされているにもかかわらず,そこそこ美味しい。常時24~25種類のテイストがあるので,迷ってしまうが,そのときはダブルフレーバーやトリプルフレーバーを頼んでたくさん食べればよいことだ。5フレーバー食べても本来の1フレーバー分の脂肪分だから安心だが(ちなみに1つのフレーバーで小さな塊が2個重なってくるので,5フレーバーなら10個の塊だ),カロリーとは別問題なのでお忘れなく。営業時間は8:00~23:30で年中無休だ。さすがに12月の夜間は20℃を下回り肌寒いこともあるので,冬場の夜間は訪れる人も少ないようだ。

↓『モンド・ジェラート』の店構え
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/30/57646130/img_7


↓チョコレート系のカップ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/30/57646130/img_8


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オアフ島にある「ワイメア渓谷」~オアフ島28
2016/09/19(Mon)
総合旅行業務取扱管理者試験(私は合格済だが旅行業には一切タッチしていないので全く無駄な資格)の海外旅行地理で出題が予想される観光資源に,カウアイ島のワイメア渓谷がある。たいへん有名であるが,実はオアフ島にも同じ名前の渓谷がある。場所はオアフ島北部のノースシェアからさらに海沿いを東に向かっていった右方向にある。コオラウ山脈の北側に広がる。観光化されていて,『ワイメア・フォールズ・パーク』という広大な自然公園がある。園内には「ネイチャ・センター」があり,ワイメア川やその上流のワイメア滝などを自然散策できる。渓谷の崖上には,現存する中ではオアフ島最大の古代神殿プウ・オ・マフカ・ヘイアウの跡があり,1792年にワイメア川の水を汲もうとしたイギリス人水夫が生け贄として捧げられた場所といわれている。つまりここには古代からハワイの原住民が住んでいた地域だ。南部の開けた地域と違い,まさに熱帯のジャングルだが,わざわざこんな地域に住むというのもなぜ?と考えたくなる。【2016/9/19(月) 午後 3:20】

↓この先がワイメア渓谷である
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/28/57646128/img_0


オプショナルツアーの数は少なく,ノースショア見学と組み合わせたハイキングツアーがある程度だ。ほとんどは通り過ぎるだけの観光ポイントだが,個人旅行なら,静けさに満ちた熱帯雨林の谷を巡ることも可能だ。オアフ島のツアーでは熱帯雨林を歩くツアーは少ないので価値はあると思う。わりあい整備されていて庭園では世界の6千種以上の植物を見ることができるので,植物好きにはたまらない場所かもしれない。また野鳥も多く,熱帯バードウォッチングも楽しめる。

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伝統ハワイ食が食べられるフードコート~オアフ島27
2016/09/19(Mon)
アラモアナ・センターのマカイマーケット(フードコート)はありとあらゆる世界のB級グルメが味わえるところだ。ここでは,ハワイの素材を使った現地の人が食べるものが盛り合わせになったプレートも人気が高い,というより旅行ガイドブックに載っているので,一度は注文する料理だ。ハワイに行って現地料理を食べない手はない。ローカルフーズが食べられる店『ポイ・ボウル』で伝統料理を味わってみた。【2016/9/19(月) 午後 3:18】

↓マカイマーケットのフードコート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_0


↓『ポイ・ボウル』
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_1


一つ一つ紹介すると,左上から時計回りに,まずは『ロミロミ・サーモン』…サイコロ状に切ったサーモンやトマトのほか,オニオンなどにソルトやレモン汁を加えてマリネにしたさっぱり味のサラダ風アペタイザー。さっぱりしていて,この6種類の中ではいちばん美味しいかも。「ロミロミ」とは,ハワイ語で揉みほぐすという意味。『カルア・ピッグ』…ルアウと呼ばれるハワイの祝宴の席に欠かせないメインディッシュ。豚をまるごとバナナの葉やティーリーフでくるみ,地中に掘った穴(イム)で蒸し焼きにする料理。脂っぽさはなくなっているので一見蒸し鶏といった感じだ。『ハウピア』…甘さ控えめのココナッツプリン。ココナッツミルクにシュガーを加え,コーンスターチなどで固めたもの。ココナッツの味は濃厚。スーパーなどではインスタントのハウピアも売られている。『ラウラウ』…豚肉や鶏肉をタロイモの葉とティーリーフで包んで蒸し焼きにしたもの。タロイモの葉はホウレンソウに似た味で甘みがある。カルア・ピッグと似ていないわけではない。『チキン・ロング・ライス』…太目の春雨と鶏肉,ネギを煮込んだ具だくさんスープだが,汁はあまり入っていない。味付けはソルトのみ。最後にプレートからはみ出た『ポイ』…タロイモの根を潰し,水を加え蒸してペースト状にしたハワイの主食。とろっと糊状で無味に近い。少し発酵させてあるのでほのかに酸味がある。ミネラルやビタミンが豊富で栄養価は高いので,ハワイでいちばんの健康食品かもしれない。ということで最近見直されてきているらしい。 以上6品の伝統ハワイ料理がプレートランチで食べられる(ただし,ロミサーモンとチキンロングライスは移民時代を迎えてからハワイに入ってきた食材なので,厳密には伝統ハワイ料理とはいえない)。ちなみに値段は7.95ドル。こうしたハワイアンフードは,特別な催しだけでなく,日常生活の中にしっかりと根づいている食事で,原材料を見てもわりあいヘルシーだ。ハワイというとけっこうメタボな人が多いが,これはアメリカ本土から入ってきたハンバーガーやコーラ,ステーキなどカロリーのきわめて高いものを大量に摂ることによるものだと思われる。もともと,熱帯に暮らすと,体温と気温の差があまりないので,新陳代謝がなく,それほど食べなくとも,カロリー過多で太る傾向があるのだ。ただし,ハワイ伝統の食べものは日本人の口には,慣れないと美味しくは感じられないのが素直な感想である。

↓ハワイ伝統料理プレート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691257/27/57646127/img_6


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | ハワイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ