FC2ブログ
グリンデルワルトへ1~スイス12
2016/09/19(Mon)
グリンデルワルトまでの鉄道の旅は続く。車窓の右側にはユングフラウから続く高い山々。左側には下の方に山合の村々。左右でまったく異なる車窓なので,座席を移動しながら,その雄大なスイスの景色に感動する。近くにさしたる大きな街もなく(登山基地のインターラーケンに行くまでもとくに冬場はたいへんだ),不便なところであるが,それは日本人の感覚で言っているのであって,ここに住む人たちの考え方とはたぶんずれがある。車窓からもわかるように環境は素晴らしく,人混みの日本と比べると,少なくとも対人関係においてはストレスを感じさせない要因があるとは思えない。【2016/9/19(月) 午前 11:39】

↓ユングフラウから続く高い山々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/78/57645878/img_0


↓山合の村々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/78/57645878/img_1


スイスといえば酪農である。1990年ごろまでの中学校の地理で習ったと思うが,「移牧」といって,季節によって垂直方法に牛を移動させて放牧する方法で酪農を営んでいる。乳製品の生産も多く,この辺りは場所柄,酪農に従事する人が多そうだ。建物は日本でいう山小屋風の木造の建物と近代的なビル(といっても高層はない)風の建物が混在する。一般的な住宅は前者の方だ。牧草地と木造の家屋,遠くに雪をいただいた山々。まさにスイスを代表する風景の一コマである。クライネシャイデックを発ち,途中アルピュグレンという駅を経て,約千メートルを鉄道で降りてきた。まもなく,グルントという谷間の駅に着く。ここはスイッチバックになっているので,進行方向が変わり,後ろに進んでいく。グリンデルワルトまではすぐだが,降りてきた電車が今度はまた登っていく。

↓山と牧草地と木造の家
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/78/57645878/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
スポンサーサイト



この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ9~スイス11
2016/09/19(Mon)
クライネシャイデックでランチをとり,あとは下山だけである。ラウターブルンネンからクライネシャイデックまで乗ってきたヴェルゲルンアルプ鉄道で今度はグリンデルワルトに向けて出発する(クライネシャイデックはヴェルゲルンアルプ鉄道の中間に位置するので,来た方向とは違う方向へ進む)。アイガーの北壁を南東に眺めながらの列車の旅となる。クライネシャイデック駅舎は風雪に耐え,かなり年季の入った建物である。クライネシャイデックは建物に乏しいところなので,2棟のホテルとこの駅舎だけが建物らしい建物である。無人駅ではなく,ちゃんと駅員もいる。髭を生やした立派そうな駅長さんらしい人が小まめに動いている。【2016/9/19(月) 午前 11:38】

↓クライネシャイデック駅舎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/76/57645876/img_0


↓貫禄ある駅員なので駅長かも…
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/76/57645876/img_1


グリンデルワルトまでは35分ほど車窓が楽しめる。上りの勇壮な景色は相変わらずだが,民家も見え隠れし,牧草地には牛も放されている。多くは下りだが,アップダウンがあり,遠くに行き違いの電車が見えるのは,日本のケーブルカーでの行き違いを連想する。グリンデルワルトは標高約1000メートルなので,35分で1000メートルほどを下る電車の醍醐味は,上りの電車以上である。スピードは遅いがジェットコースターにも似た感覚で,楽しい旅である。

↓グリンデルワルトまでの下りの車窓から
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/76/57645876/img_2


↓遠くに見える行き違いの電車
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/76/57645876/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ8~スイス10
2016/09/19(Mon)
ユングフラウヨッホの余韻が残るうちに1時間ほどの滞在で,クライネシャイデックに電車で降りてくる。ここは「行き」では電車の乗継だけの駅だったので,散策する時間もなかったが,ここは駅舎とホテルなどが4~5棟あるだけの集落にもならないところであるが,夏山トレッキングの基地となっている。ここまで電車で来てトレッキングしながら下山するか,他の山から下りてきてここから電車で下山するか,どちらにしても一度はこの辺りで休憩をする。そのため太陽が高くなってくると人も増えてくる。ユングフラウヨッホでもそうだったが,ここでも紫外線は強く,太陽光線がサンサンと降り注ぐ。写真を撮ると,光の加減で虹が映り込み,色合い豊かな写真が撮れる。空気はまだ少し冷たく,5月とはいえ半袖になるような暖かさではない。オープンテラスのレストランが営業を始めていて,ユングフラウヨッホ観光や周辺をトレッキングする人たちの休憩に一役買っている。ここが標高2700mであることがウソのようで絵になる。展望抜群のアルプスカフェで飲むコーヒーは旨いに違いない。【2016/9/19(月) 午前 11:37】

↓左がアイガー,右がメンヒ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/72/57645872/img_0


↓オープンテラスのレストラン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/72/57645872/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/72/57645872/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ7~スイス9
2016/09/19(Mon)
ユングフラウは周辺とともに世界遺産に指定されているが,その周辺のひとつにあたるのが南斜面に位置するアレッチ氷河である。スイス最長で24kmもある。ここではスキーやトレッキングなど様々なアクティビティができるが,2006年には,ティーショットでホールインワンという企画があり,120mの距離をホールインワンすると,900万円相当のスイス時計がもらえることになっていたが,はたしてどうだったかは不明。【2016/9/19(月) 午前 11:36】

↓アレッチ氷河(ユングフラウとともに世界遺産に登録されている)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/68/57645868/img_0


ユングフラウヨッホには日本の赤いポストがある。ここは日本のポストが立つ最高地点だと思う。投函すると無事に日本に着くらしいが,なぜスイスの山の上に日本の旧式ポストがあるの?という疑問が出てくるが,実は富士山五合目簡易郵便局(標高2305m)と山岳郵便局提携をしているためなのである。今こそほとんど見なくはなったが,何かホッとする置物?である。ユングフラウでは赤い色のものをもうひとつ見ることができる。それは当然ながらスイスの国旗である。群青色の空に赤が映える。紫外線が強すぎて,眩しい限りのユングフラウヨッホだった。

↓なぜか日本のポストが…
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/68/57645868/img_1


↓スイス国旗
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/68/57645868/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ6~スイス8
2016/09/19(Mon)
地下にあるユングフラウヨッホ駅(標高3454m・電車としてはヨーロッパ最高地点)に着くと,乗客はいざ出陣と電車を降り,思い思いに散っていく。ここでは駅からどこに行くにも地下トンネルを通り抜けていく。トンネル内は夏でも氷点下に近く,5月の下界から2時間で一気に真冬になるので,防寒対策が必要だが,施設内にはしっかり暖房が入っている。クライネシャイデック側の奥に進むと,アイスパレスがあり,氷のトンネル内に氷像などが並んでいる,このときは相撲の彫刻があったことを記憶している。【2016/9/19(月) 午前 11:34】

↓アイスパレスへの通路
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/67/57645867/img_0


プラトーと呼ばれる雪原に出ると,ユングフラウ3山の一つ・メンヒ(標高4099m・「僧侶」という意味)が目の前に迫り,手が届きそうだが,実際にはまだ600m上らねば頂上にはたどり着けない。すでに雪原には足跡がついていて,歩き回る観光客も多々いる。紫外線が思った以上に強く,目を開けていられないほどの眩しさで,30分ばかりの外歩きでけっこう顔が焼けてしまった。ぜひ「日焼け止め」は持っていった方がよい。5月上旬に会社で日に焼けて真っ黒な人間は奇異に見られがちである。さて,反対方向を見ると,ユングフラウそのものが目に飛び込んでくる(標高4158m)。トンネル内を戻り,『トップ・オブ・ヨーロッパ』と呼ばれる展望ロビーからは雄大な稜線が見られる。こんなことをしていたら,高山病の初期の頭痛も吹っ飛んでしまった。

↓メンヒ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/67/57645867/img_1


↓ユングフラウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/67/57645867/img_2


↓雄大な雪景色
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/67/57645867/img_3


 このサイトのαバージョンもご覧ください!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a4/fe/laxjfk2002/banner/banner.gif?1273917524

「Yukky’sワールドウォッチングα」へ(文字をクリック)


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ5~スイス7
2016/09/19(Mon)
クライネシャイデック駅から10分ほどでクライネシャイデック駅は小さな点になってしまう。ユングフラウ鉄道は今までの2つの鉄道より勾配はより急になるが,電車はいとも簡単に上っていく。その理由はラック式といって,二本の線路の間にもう一本,歯型のレールを敷設し,車両の床下に設置された歯車とかみ合わせて走っているからである。スイスの登山鉄道ではよく見られる。日本にかつてあった信越本線の横川・軽井沢間もこの方式だった。【2016/9/19(月) 午前 11:33】

↓クライネシャイデック駅が遠く下に見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/65/57645865/img_0


↓ラック式鉄道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/65/57645865/img_1


しばらくすると,アイガーグレッチャー駅(標高2320m)に到着する。ここで景色を楽しんでもらおうと数分の停車となる。乗客は電車を降り,お好みのくりぬき窓から外を眺めてしばし時間を過ごす。数分後に電車は動き出す。さらに十数分でアイスメーア駅に到着する。トンネルの中にある駅で,外が見えるようにトンネルの一部がくりぬかれている。ここはアイガーの裏側にあたり,トンネルのくりぬき窓からは一面の銀世界が広がる。ここはすでに標高3160mにもなっている。先ほどから少し頭が痛いが,明らかに高山病の初期である。短時間に急激に高い所に移動すると,このような症状が出る。ユングフラウヨッホ駅まではもうすぐだ。

↓アイガーグレッチャー駅からの眺望
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/65/57645865/img_2


↓2つめの停車駅はアイガーの目の前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/65/57645865/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ4~スイス6
2016/09/19(Mon)
ヴェルゲルンアルプ鉄道の旅ももうじきおしまいである。ヴェルゲルンアルプ駅を過ぎると,少し起伏はゆるくなるが,相変わらず山岳鉄道ゆえの急勾配で上っていく。右手に乗っていると真正面にユングフラウ連峰が見える。ようやく肉眼でも,右側の尾根線の谷間に建物が見えてくるが,これがこれから向かうユングフラウヨッホの展望台であるスフィンクステラス(標高3573m)である。富士山の標高に100mほど及ばないが,ここまで鉄道で行けるのは驚愕に値する(駅は展望台の地下にある)。ほどなくして,乗り換え駅のクライネシャイデック駅(標高2061m)に到着する。ここで今まで乗ってきたヴェルゲルンアルプ鉄道を降りて,ユングフラウ鉄道に乗り換える。駅付近からは,今まで乗ってきたヴェルゲルンアルプ鉄道を遠くに小さく眺めることができる。やはり遠めに見てもかなりの勾配である。【2016/9/19(月) 午前 11:12】

↓ユングフラウ山
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/38/57645838/img_0


↓クライネシャイデック駅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/38/57645838/img_1


↓ヴェルゲルンアルプ鉄道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/38/57645838/img_2


↓ユングフラウ鉄道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/38/57645838/img_3


↓今まで乗ってきたヴェルゲルンアルプ鉄道
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/38/57645838/img_4


駅前に大型犬が一頭座り込んで,観光客と会話をしている?きっとこの犬,クライネシャイデック観光協会のガイド役なのだろう。そんな光景を見ながら,インターラーケンから3本目の鉄道に乗り込み,いざユングフラウヨッホへ向かう。

↓観光協会のガイド犬?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/38/57645838/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ3~スイス5
2016/09/19(Mon)
ヴェンゲルンアルプ鉄道の旅は続く。ラウターブルンネンからクライネシャイデックまでの約40分は,何度もヘアピンカーブが続き,見える方向がすぐに変わる。しかし,ユングフラウヨッホまでの3路線では最も景色に変化があり,緑の山合から雪山,民家まで40分では足りないほどの素晴らしい車窓があふれている。ヴェンゲン(標高1274m)を過ぎ,ヴェンゲンアルプ(標高1873m)までの間は,進行方向右手にはいつまでもラウターブルンネンの谷間が高度が上がるにせよ見え続ける。まだ民家もあり,のどかな風景が続く。しかし,右斜め前にはユングフラウが近づきつつあり,雄大な雪山の景色が目に飛び込んでくる。望遠レンズを通してみると,雪の中に険しい岩肌もあり,あそこまで電車で行けてしまうのはたいへんラッキーである。【2016/9/19(月) 午前 11:10】

↓ラウターブルンネンの谷間
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/35/57645835/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/35/57645835/img_1


↓山間の長閑な風景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/35/57645835/img_2


↓これから登るユングフラフ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/35/57645835/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/35/57645835/img_4


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ2~スイス4
2016/09/19(Mon)
ラウターブルンネンの駅では気づかなかったが,駅を出ると右手にスイス第二の滝・シュタウプバッハの滝が見えてくる。左手に教会が見え,よくパンフレットに使われる景色である。途中下車ができたら,そばまで行ってみたいものだが,ツアーゆえ諦める。滝つぼの後ろ側に回ることのできる滝らしいと聞いた。なお更,興味が沸いてくる。【2016/9/19(月) 午前 11:06】

↓シュタウプバッハの滝
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/30/57645830/img_0


しばらくすると山肌に朝日があたったきれいな風景が現れる。時刻はまだ朝の8時であるが,日出からはもう4時間近く経っていて,気温は上昇中である。しかし,遠くの山にはまだ雪が残り,針葉樹の葉はようやく新緑を迎えようとしている。列車は蛇行を繰り返しながら,高度を上げていく。先ほど出発したラウターブルンネンの町が下に見えてきた。この町は標高が800m,人口が1000人にも満たない小さな町である。谷間になっていて,滝が数多くある。また町はずれにミューレン方面に向かうケーブルカーの駅があり,ここで降りてケーブルカーでトレッキングに向かう人も多い。ヴェンゲンを過ぎ,いよいよ山岳路線になってきた。クライネシャイデック(標高2061m)まで標高差約1200mも登るのだから,日本の箱根登山鉄道の比ではない。

↓山肌に朝日があたる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/30/57645830/img_1


↓残雪と針葉樹林
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/30/57645830/img_2


↓眼下のラウターブルンネンの町
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/30/57645830/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユングフラウヨッホへ1~スイス3
2016/09/19(Mon)
ユングフラウヨッホはユングフラウ(4158m)とメンヒ(4099m)の間にある展望地点で,標高は3454mで,富士山の頂上よりは300mほど低いが,ここまで鉄道が開通したのは1912年で,すでに100年が経とうとしている。現在ヨーロッパ最高地点の駅である。インターラーケン(標高567m)からユングフラウヨッホまでは鉄道を3本乗り継いで2時間余りで行ってしまう。インターラーケンには2つの駅(インターラーケン・ウェスト駅とインターラーケン・オスト駅)があるが,ユングフラウヨッホへ向かう鉄道は普通はオスト(東)駅から出発する。朝のオスト駅は午前中にユングフラウ観光を楽しもうとする人たちであふれている。【2016/9/19(月) 午前 11:02】

↓オスト駅舎
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/27/57645827/img_0


↓出発前のオスト駅ホームの様子
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/27/57645827/img_1


オスト駅からラウターブルンネン駅まではベルナーオーバーラント鉄道,そこからクライネシャイデックまではヴェルゲルンアルプ鉄道,最後のユングフラウヨッホ駅まではユングフラウ鉄道を乗り継ぐ。鉄道会社としてはこの3本とも同じユングフラウ鉄道会社だが,わざわざ鉄道名を変えて,魅力を醸し出しているようだ。オスト駅を出ると,すぐに並行して川が見えてくる。周辺の新緑が見事であるが,朝は山影になるので,日が当たってくるとさらに美しく見えることだろう。途中のツヴァイリュッチーネン駅でグリンデルワルト行きの車両を切り離し,20分余りでラウターブルンネンに到着する。まだこの路線は山岳路線という感じはしてこない。ラウターブルンネンでは,今まで乗ってきた茶とクリーム色の車両から,緑とクリーム色の車両に乗り換えである。数分の乗り換え時間なので,駅を見てまわる時間はない。また,降りる人もなくほぼ全員が乗り継いだ模様である。いよいよ山岳観光の始まりである。

↓オスト駅を出てまもなくの車窓
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/27/57645827/img_2


↓ラウターブルンネン駅で左のベルナーオーバーラント鉄道から右のヴェルゲルンアルプ鉄道に乗り換え
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691251/27/57645827/img_3


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | スイス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ