FC2ブログ
チャイナタウンを歩く~シンガポール14
2017/09/17(Sun)
中華系の人々が多いシンガポールでも,「チャイナタウン」という街は存在する。地下鉄「チャイナタウン駅」を降りると,すでにチャイナタウンのど真ん中にいる。日本にもアメリカにもチャイナタウンは存在するが,漢字の看板や販売している商品には中国らしさはあれど,建物はその国独自のものになるので,中国らしさからは少し遠ざかる。シンガポールのチャイナタウンの建物はプラナカン造りだ(マレー文化と中国文化の融合)。異国情緒たっぷりの建物とわりあい身近な中国らしさが街全体の雰囲気だ。日本人がいってもほとんど違和感はない。【2017/9/17(日) 午前 8:48】

↓地下鉄「チャイナタウン」駅の出入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_0


↓駅前のパゴダ・ストリート
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_5


↓突如,インド建築出現
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_8


↓サウスブリッジ・ロード
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_9


↓「佛牙寺」という中国寺院
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/46/58016646/img_10


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
スポンサーサイト



この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラッフルズ・シティでお買い物~シンガポール13
2017/08/16(Wed)
MRTシティホール駅から直結し,ラッフルズホテルの南西隣りにあるショッピングセンターが,「ラッフルズ・シティ」だ。地下1階・地上3階建ての建物は,中央に大きな吹き抜けがあり,そこに上り下りのエスカレーターが配置され,屋根は日が入るようになっているので,照明なしでも明るい。ロビンソン百貨店を核に,流行の商品を扱う店舗が入り,高級感のある造りとなっている。日本の場合,イオンモールなどに高級感はなく,百貨店では敷居が高く入りにくく,このような雰囲気のショッピングセンターは存在しない。フードコートも充実しているので,屋内で何でも用が足せるのは重宝する。【2017/8/16(水) 午後 4:25】

↓ラッフルズ・シティ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/11/57987611/img_0


↓店内は大きな吹き抜けがあり,広々している
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/11/57987611/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/11/57987611/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/11/57987611/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/11/57987611/img_4


↓牛が目印「カフェ・スイス」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/11/57987611/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャイナタウンの中のヒンドゥー寺院~シンガポール12
2017/05/01(Mon)
シンガポールには大きなチャイナタウンがある。街並は中国そのもので,看板が漢字なので,日本人が足を踏み入れるとホッとする。そのチャイナタウンを歩いていると,突如ヒンドゥー教のスリ・マリアマン寺院が姿を現す。派手な彫刻を施した門が特徴的で,インド系住民がひっきりなしに参拝に訪れている。観光資源にもなっているので,信徒でなくても入場はできるが,土足厳禁なので門前で靴を脱がなければならない。このスリ・マリアマン寺院は,病気を治す力で知られる女神マリアマンを祀り,1827年に創建されているので,すでに200年近い歴史を持つ寺院である。【2017/5/1(月) 午前 11:05】

↓ヒンドゥー寺院は門の上の彫刻が特徴的
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_3


↓まわりは典型的な中国の街並だ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_5


↓門前で靴を脱がなければならない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/02/57885502/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移動に便利なMRT~シンガポール11
2017/02/04(Sat)
シンガポールの移動には,ここ数年で路線が増えたり,延伸されたMRTが便利だ。郊外では高架を走り,都心では地下に潜るので,日本の「地下鉄」とさして変わりはない。台湾でも香港でもそうだが,このような都市交通を地下鉄とは呼ばないのは共通している。切符売り場(自動販売機)は地下1階にあり,改札を入って地下2階にあるホームに下りていくというのが,駅の構造の基本だ。自動販売機でスタンダードチケットを購入して,自動改札機にはそれをタッチして入場する。ホームのある地下2階と改札のある地下1階は吹き抜けになっていることが多く,なっていないにしても天井は2階分の高さがあるので,日本の地下鉄のような圧迫感はない。さらにフルスクリーン型オートドアの設置で,日本のように飛び込み自殺や目の不自由な人が事故に遭うこともない。この駅の構造といい,すべての駅にオートドアがあることなどは台湾のMRT(台北・高雄)とそっくりだ。シンガポールの地下鉄はまるで台湾のMRTを真似たのかも...車内はロングシートで,通路の真ん中に棒が立っていて,つり革は通路の上にある。車両の端には優先席が設けられているのは日本と同じだ。【2017/2/4(土) 午後 7:35】

↓MRTの自動販売機
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_1


↓スタンダードチケット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_2


↓自動改札機
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_3


↓チケットをタッチして入場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_4


↓地下2階のホームに下りていく,地下1階とは吹き抜け
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_5


↓フルスクリーン型オートドアゆえ,事故なし,空調効きよし,電車の風圧なし
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_6


↓ホームの天井は高いので圧迫感なし
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_7


↓ロングシートの車内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_8


↓端には優先席
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_9


乗る時に購入したスタンダードチケットは,降りるときに自動改札機では回収されない。それを自動販売機に挿入すれば,購入時に上乗せして支払ったデポジット代が返金されるからだ。デポジット代を上乗せして売らなくても,改札機で回収すればいいと思うのだが。いちいち降りた駅で,自動販売機に行って回収してもらうのはとても面倒だ。とはいえ,シンガポールのMRTは移動にとても便利で,快適な乗り物だ。

↓降りたらデポジットの返還を忘れずに
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/60/57799460/img_11


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ホーカーズ」という名のフードコート3~シンガポール10
2015/11/28(Sat)
MRT東西線ブギス駅を北西に降りて,ブギス・ストリートを抜けた辺りにホーカーズがある。「Albert Centre」という建物の1階にあり,外との壁はない。ブギス界隈は,東にムスリムが住むアラブ・ストリート,北にはリトル・インドィアがあるのに,このホーカーズは中華料理が多く,地元住民だけでなく観光客らしき人も食べにきている。吹き抜けになっているので,ゴチャゴチャしている中にも狭さをそれほど感じさせない。屋台の数こそ30~40軒の中規模のホーカーズだが,美味しそうな店を探す楽しみもあるので,ローカル色豊かなホーカーズもよいと思う。【2015/11/28(土) 午後 10:07】

↓ローカル・ホーカーズ「Albert Centre」
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_0


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_1


↓天井は高いので窮屈感はない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_3


↓直接各屋台で注文し,支払う
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_5


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_6


↓タレのかかったチキンライス
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_7


ホーカーズの横には,人力自転車が牽くトライショーがたくさん停まっていたが,客はさっぱりだった。以前は庶民の乗り物だったが,今では観光客向けのそれもけっこう高い乗り物になってしまった。料金も交渉性なので,最近ではあまり客もいないようだ。

↓トライショー
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/07/57239107/img_8


この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ホーカーズ」という名のフードコート2~シンガポール9
2015/09/23(Wed)
「ホーカーズ」はシンガポールにたくさんあれど,平屋の単独建築物というホーカーズはそれほどはない。そのひとつ,チャイナタウンにある「マックスウェル・フードセンター」に行ってみた。チャイナタウンには,MRTチャイナタウン駅に近い「チャイナタウン・コンプレックス」の2階に150店ほどの大きなホーカーズがあるが,中国系の料理が多いので,さまざまな地域の料理が食べたいなら,「マックスウェル」がお勧めだ。「マックスウェル」は屋台の数が100ほどあり,中華,マレー,インド系,プラナカン料理があり,人気店は,昼時などに行列ができる。建物の南側は半分野外なので,明るく開放的な雰囲気で,地元の人だけでなく,旅行者も少なくない。テーブルは丸型で、テーブル一つにつき,イスは5~6脚ある。混んでくると当然相席になるが,回転もいいので,座れないということはない。屋台を梯子し,いろいろなメニューを運んできて食べるのは,レストランではできないフードコートの楽しさである。店によって営業時間は異なるが,朝は7時くらいから,夜遅い店で22時くらいまで。すべての店が朝から夜まで営業しているわけではないが,昼食時はほとんどの屋台がフル回転である。【2015/9/23(水) 午前 8:37】

↓「マックスウェル・フードセンター」全景
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_0


↓「マックスウェル・フードセンター」横の入口
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_1


↓フードコート内
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_3


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_4


↓バンコクのようにクーポン制ではないので,店舗ごとに現金で支払う
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_5


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_6


↓タイガーをつけても7~8シンガポールドル
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/15/57137215/img_7


この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ホーカーズ」という名のフードコート1~シンガポール8
2015/09/13(Sun)
アジアにはフードコートが充実している都市が多い。台北,ソウル,バンコクなどはその典型だ。また,朝食を家で食べない習慣があるアジア(ガラパゴス日本を除く)では,屋台も充実している。シンガポールのフードコートは「ホーカーズ」と呼び,大小を合わせると,市内の至る所にある。商業ビルの中にあったり,平屋の家屋であったりする。シンガポールは中華系,マレー系,インド系を主とする多民族国家なので,「ホーカーズ」の料理は実にさまざまで,安い値段で,さまざまな料理を少しずつ食べられるのが利点だ。朝食はもちろん,昼食,夕食とすべてを「ホーカーズ」で済ませる強者も少なくないだろう。香辛料が多く,わりと手間のかかる料理を何品も家庭で作るのはたいへんなので,有難い存在だ。「ホーカーズ」は屋台の集合体といってもよい。それぞれ屋台には得意分野があり,それが麺だったり,チキンライスだったりする。何品か注文するには,いくつかの屋台をまわらなければならないが,屋台の数が多いので,人は分散し,また回転も速いので,それほど時間が必要になることはない。しかし昼時はとくに混んでいるので,料理のGETより,食べる場所の確保のほうが重要問題だ。まずは食べる場所を確保し,それから料理探しを始めるのがコツだ。グループで訪れて,作業分担するのが望ましいが,単独のバックパッカーではなかなか難しいが,シンガポールを訪れたらぜひ試したい。【2015/9/13(日) 午前 11:34】

↓オーチャードロードの伊勢丹に入っている「ホーカーズ」へ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/24/57121624/img_0


↓午後2時でこの人込み
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/24/57121624/img_1


↓食事はしたのでかき氷の店へ
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/24/57121624/img_2


↓無果汁のシロップがけの日本の詐欺かき氷よりはましか
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/24/57121624/img_3


この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インド人街の本格カレー~シンガポール7
2015/01/11(Sun)
シンガポールでの初めての宿泊はインド人街の真っただ中にあった。ムスリムとインド系住民の多いMRTブギス駅よりは,MRTリトル・インディア駅に近く,街歩きをすると圧倒的にインド系の人が多い。インド系以外の人はほとんど歩いていないような街だった。日本人も買い物などで来ているのだろうが,夕方以降は,街がインド系の人々であふれ,まったく気づくことはないのだろう。シンガポールでカレーというのもどうかと思ったが,インド人街なら本格的なカレーが食べられるだろうと思い,オープンエアーのカレー専門店に入った。とにかく混雑していて,注文をなかなか取りに来なかったが,注文してから料理を持ってくるまでは早く,さすがに手馴れていた。味もまずまずで,満足したが,値段はシンガポール価格なので,けっして安くはなかった。日本で食べるのとあまり変わらなかった気がする。こうしてシンガポール1日目(シンガポールに着いたのは,この日の午前0時30分)は終わった(シンガポール到着18時間後のことである)。【2015/1/11(日) 午後 6:57】

↓店内といってもほとんど外だが
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/40/56733640/img_0


↓インド人街のカレー
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/40/56733640/img_1


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/40/56733640/img_2


↓飲食店は多い地区で,ベリタリアンのレストランも普通にある
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/40/56733640/img_3


この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界最大級の観覧車はシンガポールにあり2~シンガポール6
2013/10/14(Mon)
シンガポール・フライヤーは,団体ツアーのコースに組み込まれているので,午前10時以降は,乗車するにも待ち時間がかかり,気長に待つ覚悟が要りそうだ,と思っていたが,観覧車の規模が大きいためか,高い料金で敬遠されているためか,たいした混雑には至らないことがわかった。平日であればどの時間帯でもほとんど待たされることはなさそうだ。さて,観覧車にはインド系の家族(総勢5名)と一緒になった。途中,カメラのシャッターをせがまれて2~3枚撮ってあげた程度で会話らしい会話はしていない。車体の安定感があるので,日本のごく普通の観覧車(大阪・天保山や東京・よみうりランド)よりは,もっとも高い位置に行っても怖さを感じることはほとんどない。観覧車というのは360度の眺望が楽しめるが,シンガポールの観覧車は立ったまま乗れるので,座って乗る観覧車よりも,360度の展望が見やすい。さらに上から下までガラス張りなので,視界は広い。【2013/10/14(月) 午前 10:19】

↓観覧車に乗って下を見るとこんな感じ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_0


徐々に高度を上げると,シンガポールの眺望が広がってくる。この日は雨がポツポツ降ってくるあいにくの天気だったが,近場はよく見え,南北東には高層住宅,北には金融街の摩天楼,真下には高速道路,と見ていて飽きない景色だった(初めてということもあるが)。残念ながら,金融街の方に見えるマーライオンは修理中で,観覧車から見ることはできなかった。たとえ見えたとしても,双眼鏡でもないと見えないほど小さいので,マーライオンは間近で見る以外にない。あっという間の30分だが,一度は乗ってみることをお勧めするが,最近はマリーナ・ベイ・サンズからも同等の景色が見られるので,判断に迷うのも確かだ。

↓南側には「マリーナベイサンズホテル」と建設中の「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」(現在は開園中)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_1


↓北東には高層住宅が遠くまで見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_3


↓北西にはラッフルズホテルなど著名ホテルやショッピングモール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_4


↓真下に見えるイースト・コースト・パークウェイは片側4車線
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_5


↓頂上まで来ると隣もよく見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_6


↓南西には金融街の摩天楼が見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_7


↓「マリーナベイサンズホテル」の展望台の高さは超えられない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_8


↓西には,エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ(手前のドーム)や国会議事堂・最高裁判所など国の機関が並ぶ(奥)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/27/55883327/img_9


この記事のURL | シンガポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
憧れのラッフルズ・ホテル~シンガポール5
2013/09/08(Sun)
シンガポールでいちばん有名な場所はマー・ライオン像のある場所かもしれないが,宿泊なら,どんな有名なホテルが進出してこようとも絶対にラッフルズ・ホテルだろう。あの有名なカクテル「シンガポール・スリング」発祥のホテルでもある。【2013/9/8(日) 午後 3:20】

↓シンガポールでも小さな部類のホテルだが,全室スイーツである
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_0


表玄関の路上ではインド系ベル・ボーイが必ずタクシーのドアの開け閉めを行っている。この姿はあまりにも有名である。1887年に建てられたコロニアル調のシックな佇まいは多くの著名人に愛された。

↓ベルボーイは代々インド系の人の仕事
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_1


本館ロビーとレストランまでは,宿泊者以外でも何とか入れるが,チェックは厳しく,おいそれと部屋の方へは行くことができない。雰囲気を味わうには,ラッフルズ・ホテルのアーケード街の方に中庭があるので,そこのカフェでゆったり過ごすのがいいかもしれない。

↓ホテルの入口のチェックも甘くはない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_2


↓ラッフルズ・ホテル・アーケードの中庭のカフェもおすすめ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_3


この記事のURL | シンガポール | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ