FC2ブログ
統治時代の建物~クアラルンプール45
2016/04/03(Sun)
イギリス統治時代の建物が多く残るクアラルンプールで,とくにコロニアル建築などが集中している場所は,ムルデカ・スクエア(独立広場)周辺である。クアラルンプール駅やその周辺にもあるが,ここが最も顕著な場所だ。代表的なムーア建築もここで見られる。旧テキスタイル博物館は1999年に閉館し,現在は国立織物博物館になっている。国立歴史博物館は,ムルデカ・スクエアの南側にあり,先史からのマレーシアの歴史と文化がわかる博物館である。スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧マレー連邦事務局ビル)は典型的なムーア建築で,全長が137mもある。中央に時計台があり,週末や夏期にはライトアップされるということだが,現在最高裁判所として使われているので見学はできない。ムルデカ・スクエアから眺めるのみである。【2016/4/3(日) 午前 9:16】

↓国立織物博物館(ムルデカ・スクエア南東)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_0


↓マレーシア労働裁判所(ムルデカ・スクエア東)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_1


↓スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧マレー連邦事務局ビル)(ムルデカ・スクエア東)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_2


↓国立歴史博物館(ムルデカ・スクエア南)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_3


↓クアラルンプール・シティ・ギャラリー(ムルデカ・スクエア南)

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_4


↓チャイナ・タウンからムルデカ・スクエア方面(右奥にマスジッド・ジャメが見える)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_5


このように,クアラルンプールを歩いていると,イスラム教の影響が色濃いムーア建築が随所で見られる。アジアの他の国ではなかなか見られない建築なので,たっぷり写真に撮っておくことをオススメする。

↓マレー鉄道クアラルンプール駅
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_7


↓マレー鉄道事務局ビル(クアラルンプール駅西)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/52/57418752/img_8


スポンサーサイト



この記事のURL | マレーシア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ホテルのブレックファスト~クアラルンプール44
2014/06/29(Sun)
クアラルンプールのホテルはほとんどが朝食付きだ。ほとんどのホテルがビュッフェだ(「バイキング」というのは帝国ホテルで始められた日本語である。またアメリカなどでは英語風に「バフェ」とよぶ。)。お国柄,さまざまな宗教の信者が泊まるので,食べ物には配慮が必要になってくる。見渡すと,ムスリムが多い。マレーシア自体,国民の3分の2近くがイスラム教徒だから,そうなのだが,マレーシアを旅行する人たちもイスラム教徒が多くなるのだろうか。欧米人もいないわけではないが,泊まったホテルは,日本のサイトで予約したわけではないので日本人の姿は見かけなかった。日本のツアーでは使わないホテルのようだ。日本語が聞こえてこないのは外国では有難い。マレーシアでは,肉はチキンかマトン,味付けはカレー味が多い。もちろん香辛料もそれなりに使うのだが,どれも同じような味付けで毎日同じホテルで食べると飽きてくる。今回は2回だけなので,飽きるほどではなかったが。フルーツはちょっと物足りないが,どこでもスイカはある。スイカは厳密には野菜だが,フルーツ扱いだ。アジアではトマトをフルーツ扱いする。フルーツのコーナーに分類されている。麺を食べたが,コシがまったくない麺で,うどんより固く,スープは淡白な味で日本人には物足りないだろう。2日目の朝食もマレー人が圧倒的に多く,マレー人のためのナショナルホテルのような感じだった(日本のツアーでは使われていない4つ星ホテルに宿泊のため)。【2014/6/29(日) 午前 11:26】

↓宿泊したホテルのレストラン
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_0


↓プレートに盛り合わせると,どこのホテルも変わりはない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_1


↓熱帯なのにフルーツが物足りない
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_2


↓日本でいえばうどん?
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_3


↓窓からは都心のオアシスが見渡せる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_4


朝食を食べて,すぐに外出した。モノレールのブギッ・ビンタン駅のエスカレーターを上がるときに,下に外で食事をしている女性が見えた。朝から営業している屋台のようだ。紙の皿におかずが盛り付けてある。ホテルの食事よりこちらの方が美味しそうだ。やはり,アジアでは朝食は付いていない方がいいと思う。ヨーロッパはこの逆だ。外で食べても美味しいものは期待できないので,ホテル内で1食でも好きなものを食べておいた方がよい。

↓モノレール駅下の屋台
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_5


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/56406631/img_6


この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
市民の足・LRT~クアラルンプール43
2013/09/28(Sat)
市内の公共交通LRTのクラナ・ジャヤ・ライン(プトラ線)は,KLセントラル駅を出ると,チャイナタウンのあるPasar Seni,インド人街の入り口Masjid Jamek,はたまた外国人の多い高級住宅街Bangsarなどを結ぶので,ひじょうにインターナショナルな鉄道かもしれない。KLセントラル駅のプトラ線乗り場はLEVEL2だ。キップは自動販売機で購入する。モニターに全駅の名称が表示されるので,行きたい駅をタッチするとキップが出てくる。自動改札機の色はシルバーで,日本になんとなく近い色だ。KTMコミューターの改札機がレインボーカラーならぬ6色も色を使い,KLモノレールはイエロー一色からすると,たいへん地味な改札機の色である。しかし車輌の外側の広告は文字の広告だけというものもあるが,一方で品物の写真を貼りこんだ派手なものもあるので,けっして地味とはいえない。駅によってはホームドアがあり,安全対策も行われているが,すべての駅というわけではないので,まだまだ発展途上の鉄道だ。【2013/9/28(土) 午後 3:52】

↓プトラ線は2両編成(KLセントラル駅)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_0


↓KLセントラル駅のキップの自動販売機
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_1


↓自動改札機周辺(KLセントラル駅)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_2


↓LRTの1回券はカード式
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_3


対するLRTのアンパン・ライン(スター線)は,雰囲気が日本の都市部を走る電車にもっとも近い。6両編成なので,ホームも長い。こちらもほとんどが高架で,景色はたいへんよい。前述のプトラ線とこのスター線,KTMコミューター,KLモノレールの4線を使いこなせば,クアラルンプール市内はだいたい回れるが,実はLRT,KTMコミューター,KLモノレール相互間の乗り換えは,KLクアラルンプール駅を除くとたいへん面倒だ。まずお互いが乗り換えしやすいような駅舎の構造になっていない。2つの線が交差すれば,その交差するところに2線の駅舎とも作り,接続の通路などを設けるのが当たり前だが,クアラルンプールの鉄道は交差する駅舎の位置がかなりずれて作られている。だから,降りてからしばらく歩いてようやく接続する駅に到着することが常である。さらに,高架が多い鉄道相互の乗換えでは,いったん地上に降りて,また上ることはざらで,空間をうまく利用できてはいない。炎天下で,乗り換えに時間がかかるクアラルンプールの鉄道はけっして使い勝手がよいとはいえないので,タクシーを使う観光客も多い。タクシーのディメリットは渋滞にぶつかることだが,クアラルンプール市内は朝と夕方近くに,場所によって(道路の狭いブギッ・ビンタンなども)渋滞が発生し,さらにスコールが降り始めると同時に渋滞が発生するので,時間に余裕を持ってタクシーは捕まえたい。郊外は渋滞はまずない。空港への高速道もガラガラ状態なので,リムジンバスも遅れることなく運行できるようだ。

↓Hang Tuah駅でのモノレールからLRTへの乗り換えはまずモノレールを降りて,下の道路に出る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_4


↓道路をしばらく歩くとLRTのHang Tuah駅の入口があるので,改札を入り,さらに下へ降りていく
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_5


↓垂直移動もあるので,同じ駅名でも乗り換えは辛い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_6


↓スター線は6両編成(Hang Tuah駅)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_7


↓Masjid Jamek駅にはホームドアが整備
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/18/55850818/img_8


この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生地屋が多いマレー人街~クアラルンプール42
2013/04/07(Sun)
「マスジッドインディア通り」の2本西側の「トゥンクアブドゥルラーマン通り」沿いがいわゆるマレー人街だ。この通りは交通量もわりあい多く,道路の両側に主にマレー人向けの店がたくさん並ぶ。北はSOGO辺りまで続く。1階が店舗で,2~3階が住宅という建物が並び,前面の壁の色は淡いパステル調で,これがマレーシアの典型的な建物なのだろう。この通りに多いのは,インド人街同様,生地屋だ。マレー人の衣装であるバジュクルンとかスカーフ(トゥドゥン)用の生地とバティックを専門に売る店が軒を連ねている。マレー人相手ではあっても,すべてをマレー人が経営しているわけではない。例えば,何店か目に付く生地屋「Nagoya」は,マレー人相手ではあるが,華人系の経営だ。生地屋以外では,書店やCDショップが目に付く。書店で売っている本の多くはイスラム書で,宗教に関する本も多い。また,CDショップの目玉は何と言ってもコーランだ。さまざまな人が吹き込んだ,コーランのあらゆる部分がCDになっている。コーランはある意味,癒しになる。あの独特の言い回しや声の響きは,耳にすんなり入ってきて,聞いているとなぜかホッとしてくる。思わず1枚買ってきてしまい,iPodに入れて朝のミュージックとして聴いている。【2013/4/7(日) 午前 10:45】

↓SOGOの南~東側がいわゆるマレー人街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_0


↓マレー人街
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_1


↓マレー人街を行き交うマレー系の人々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_3


↓生地屋の店先
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_5


↓「名古屋」と関係が?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_6


この辺りで売られている生地は種類・色ともに豊富で,日本と比べるとはるかに安い。1mあたり2リンギッくらいからある。飾り方がユニークで、巻いた生地を立てかけもしているが,メインは,高さ1m強の棒を包むようにかぶせ,垂らす飾り方だ。これはマレーシア独特のディスプレイだと思う。トゥドゥンを買う上で,棒が頭に見立てられているのだろう。たくさんある中でも一つ一つがたいへん見やすいディスプレイだ。マネキンには全身と首から上の2種類あり,どちらもトゥドゥンを必ず巻いている。たとえ人形でも頭は見せてはいけないらしい。トルコやチュニジアのような穏やかなイスラム教でもなく,また戒律の厳しいイランやサウジアラビアのイスラム教でもない中間くらいのイスラム教国家がマレーシアといえよう。ただし,前述のイスラム単独国家と違い,宗教の自由が認められている国だけに,それほど戒律も厳しくないのかもしれない。

↓マネキンもマレー色
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_7


↓屋台っぽい簡素な店もある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_8


↓靴屋の店先はこんな感じ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55475821/img_9


この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アロー通りで食べ歩き2~クアラルンプール41
2012/11/24(Sat)
ぶらぶら歩いていると,デザート系の屋台が目にとまった。アイスカチャンもいいが,「香港西米露」という看板にあるスイーツが美味しそうだった。「西米露」はタピオカ・ココナッツミルクのことである。屋台はまだ開き始めたばかりという店が多く,来るのがなにぶんにも早すぎたようだ。【2012/11/24(土) 午後 3:44】

↓タピオカ・ココナッツミルクのスイーツ屋台
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_0


ふと人の集まる店(窓口)を発見。「スポーツTOTO」と書いてあるので,一種のくじだ。1等が950万リンギットなので,日本の宝くじなみの賞金である。一方,隣のビデオCDショップは見事にもぬけの殻だ。この時間に人が入っていないのでは,これからも入ることはまずなかろう。

↓スポーツTOTOを買い求める人々
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_1


↓ビデオCDショップは閑古鳥
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_2


午後6時半を過ぎ,ようやく店にも客が増えてきた。中華料理はもちろん,タイ料理,マレー料理が入り乱れた屋台街である。200mほどの通りを一通り回り終えると,ようやく人出も増えてきたようだ。アロー通りは地元の人に交じって欧米人も多い。物価の安さと治安のよさ(といっても日本ほどはないが)がいいのだろう。どこかタイの屋台街と似ている。日が暮れるといよいよアロー街も稼ぎ時だ。

↓午後6時半を過ぎて,活気が出てきたアロー通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_5


↓軽トラックを使った屋台がポツポツと店開き
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/31/55182031/img_7


この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アロー通りで食べ歩き1~クアラルンプール40
2012/11/17(Sat)
ブキッ・ビンタン通りに並行して北側に走る200mほどの通りがアロー通りだ。KLモノレールのブキッ・ビンタン駅からは歩いて5分ほどだ。そこに多数の屋台が夕方くらいから並び,夜は人でごった返す。もともと中華系の飲食店が並んでいるのだが,日中はひっそりしていて,道行く人も少ないが,夕方から歩道にテーブルとイスを並べ,中華料理を中心にマレー料理も出す,オープン屋台街となる。東南アジア各地の味が満喫できるといっても過言ではない。【2012/11/17(土) 午後 0:48】

↓17:30のアロー通りは人もまばら
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_1


夕方5時半ではまだ早いかと思って行ったら,確かにまだ人はまばらで,テーブルはどこでも好きな場所を選べるが,店によって縄張りがあるので,気軽に声をかけてくれたおばさんに勧められるままにテーブルについた。どこの店が旨いとかまずいとかはわからないが,日本と違ってものすごくまずい店,日本によくあるはずれの店はなさそうだ。事実,食べた店もまあまあの味だった。午後6時半を過ぎると人出も徐々に増えてきて,外に並べてあるテーブルやイスはほぼ満席となる店もあるそうだ。混んでいる店ほど味に定評はあるらしいが,日本のように,マスコミによるおバカな話題性だけで混む店はないようだ。
サテーは日本の焼き鳥に似た料理である。竹串に差した鶏肉,牛肉,羊肉を炭火で焼いて甘いピーナッツソースのたれで食べる。個人的には七味がいいのだが,ここにはそれはない。マレーシアに行くときはMy Shichimi持産が必要かもしれない。ビールのつまみにたいへん合うが,チャイナ系の屋台街なのでビールはあるが,これがマレー系の人だとビール(アルコール)は飲めないので,ソフトドリンクで味わうのだろうか。東京・銀座にマレーシア・シンガポール料理の店がある。ここのサテーはマレーシア本来の味付けで,何本でもいけそうなくらい旨い。プラスいくらかで食べ放題になるので,これだけでアルコールがどんどん進みそうだ。さて,いちばん道路に近い席(もちろん屋根のない青空の下,プラスチックのテーブルとイスだ)につくと,数枚パウチされたメニューを持ってきた。時間が早いからか,残念ながらこの店に他の客はいなかった。メニューの一番上にあったのがアイスカチャン(マレー風カキ氷)だ。食事に来たので,最初から食べる気はなかったが,まるでハワイのシェイブアイスのような鮮やか色合いのフルーツ入りカキ氷だ。マレーシアならお勧めはやはりマンゴーである。4.5リンギットと値段もたいへんリーズナブルだ。サラダのアスパラも青菜もシャキシャキしていて美味しい。サテーは一口サイズで食べやすいが,サテーに関しては味は可もなく不可もなくだった。メニューはほとんどが日本語併記だったので,日本人もたくさん来ているのだろうと思ったのだが,さっぱりで,ゴールデンウィークの出国者予想では,マレーシアに行く日本人は5000人ということだったが,どこに行っているのだろう。やはり,リゾートのあるペナンやコタ・キナバルに行ってしまって,クアラルンプールに来ている人は1000人ほどかもしれない。さてお腹がいっぱいになり,散歩と翌日の下見がてら,アロー通りの屋台街を見て回ったが,この日はこの屋台街でついぞ日本人は見かけなかった。

↓タイ料理もあり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_2


↓定番のサテーはどの店にもあり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_3


↓とりあえず中華系の料理を食べることに
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_4


↓真っ先に見せられたメニューがアイスカチャン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_5


↓早夕食の中華風料理
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_9


↓アロー通りの多くは1階が店舗,2階以上は住宅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_11


↓屋台エリアもあり,早い時間から地元住民が寛いでいた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_13


↓午後6時半を過ぎて,だんだん賑わってきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_14


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/21/55166421/img_15


この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャイナタウン2~クアラルンプール39
2012/03/11(Sun)
チャイナタウンといえば中華料理,といってもこのチャイナタウンには高級店は少ない。その分安くて旨い屋台や小さな店が多い。日本にある中華街(とくに横浜)はどこも味はいいとしても,値段の安い店は少ない。アジア各地にあるチャイナタウンは味も値段も納得できるので,行って損はない。東南アジアに来ると定番メニューとしてチキンライスがある。シンガポールなどでも定番だ。マレーシアやシンガポールのように宗教が入り組み,豚肉がダメ(イスラム教徒)だとか牛肉がダメ(ヒンズー教徒)だとか,となると残るは鶏肉しかない。だから,定番メニューになっているのだと思う。チキンスープで炊いたご飯にチキンがのっているだけのシンプルメニューで,日本のチキンライスとは味も料理法もまったく異なる。けっしてトマトケチャップなどを使うことはない。他にも麺や粥など中国の軽食や,豆腐花などのスイーツが手軽に味わえて,台湾や中国本土に来た気分にさせてくれる。屋台はプタリン通りにもあるが,さらに1本西側の狭い通りにたくさんある。そこでは,場所がないので,通りに並ぶプラスチックのイスやテーブルで食べることになる。台湾なら大丈夫だが,屋台は衛生面が心配なので,あまりオススメはできないが,胃腸が丈夫なら食べても問題はなかろう。ただし,水はミネラルウォーターを飲むこと。【2012/3/11(日) 午前 11:59】

↓チャイナタウンの脇道には飲食屋台が並ぶ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_1


↓バラックの屋根付き食堂もある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_2


↓北側にはフルーツ屋台も目に付く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_4


↓ドリンクのテイクアウェイはタイ同様にビニル袋が常識
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_5


↓看板には漢字,マレーシア語,英語の3カ国語表記
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_6


↓ペタリン通り北側の門の近く
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/35/54587535/img_7


この記事のURL | マレーシア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
チャイナタウン1~クアラルンプール38
2012/03/04(Sun)
クアラルンプールのチャイナタウンはマレーシア国鉄クアラルンプール駅の北東方向に位置し,プタリン通りがいちばん賑やかな地域だ。この通りを中心として半径300mくらいがチャイナタウンの範囲だ。日本最大の横浜のチャイナタウンより大きく,もっと華やかだ。しかし,日本の中華街に見られるような朱塗りのこてこてした建物は見当たらず,モルタル造りの西洋の影響を受けた建物が中心だ。最寄駅でいうとLRTプトラ線パサール・スニ駅で,その東側に広がる。駅を降りてもすぐにチャイナタウンという雰囲気ではないが,駅からスルタン通りをまっすぐ東に歩いていくと,100mほどでまわりの様子がチャイナタウンらしくなってくる。漢字の看板,屋台,点心の店などが目に入ってくる。「JALAN PETALIN」と書かれた門が左に見えたら,そこからがもっとも賑やかで活気のあるプタリン通りだ。左に曲がらずにまっすぐ左にカーブしながら進むと,安宿の多い古い街並みになる。また,右に曲がっても,古めかしい商店街があるが,チャイナタウンには変わりない。【2012/3/4(日) 午前 8:58】

↓ショップハウス(1階が店舗,2階が住居)が並ぶチャイナタウン
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_1


↓両隣の壁は共有なので,店舗で使用するエアコンは入口の上にある店もある
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_2


↓チャイナタウンゆえ漢字があちこちに見える
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_3


↓玩具店では日本語で書かれた箱も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_4


↓ムスリム(イスラム教徒)もチャイナタウンには買い物に来る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_5


↓インド系ももちろんやって来る
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_6


メインストリートのプタリン通りには夕方から露店が並ぶという話だったが,日中でも露店は堂々と開いている。道路の両側に後ろの店舗を遮るようにさまざまな露店が営業している。日本人と見るや,声を掛けてくるが,売られているものは100%コピー商品だ。Tシャツやジーンズには偽物があってもたかがしれているので,冷やかしに見るのもよいが,必ずディスカウントを申し出よう。なかなかまけないなら,2個買うからと言って,1個当たりの代金を安くさせよう。

↓プタリン通りのに入る門
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_7


↓プタリン通りは夜の方がにぎやからしいが,昼間でもそこそこ混んでいる
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_9


↓移動式屋台はアジアの常識
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_10


↓衣料品店に並ぶマネキンとファッション
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_11


↓ムスリムやインド系も意識した衣類を並べなくてはならない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/25/54572725/img_12


この記事のURL | マレーシア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
やっぱりここでも亀ゼリー~クアラルンプール37
2011/07/02(Sat)
マレーシアで亀ゼリーにご対面。場所はチャイナ・タウンのスルタン通りとペタリン通りが交差する門にある「恭和堂」だ。テイクアウトもイートインもできるが,休憩も兼ねて,通りがかると必ず入ってしまった。台湾でもよく食べた亀ゼリーだが,味に違いはない。とにかくとことん苦いので,蜜をくれるが,アジア各国のチャイナ・タウンですっかり慣れてしまっていて,蜜はかけないで食べる。意外と量が多く,また陶器の重みもあるので,合わせれば500gを超えるだろう。手に持とうとするとうっかり落としそうになる。【2011/7/2(土) 午前 7:49】

↓陶器に入った亀ゼリー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/65/53895065/img_0


↓「恭和堂」の看板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/65/53895065/img_1


亀ゼリーは漢方なので,その薬効が壁に四字熟語で延々と書かれている。男女老幼,青春健康,効能卓越,長期服食...とたくさん書かれているが,これは薬効ではない。薬効としては暑いときに体を冷やす,コラーゲンが入っているので肌によい,亀の成分なので滋養強壮によい,などが挙げられる。漢方として食べるのではなく,デザートとして食べるとよいのだが,初心者にはさぞかし苦いことだろう。よく冷えていて,ぷるるんとしているので,のど越しがよく,蜜をかければなんなく1個はペロンと食べてしまうだろう。若い人の来店はきわめて少なく,年配者のみなので,気が惹ける店だが,暑さとの戦いに遠慮はしていられぬ。チャイナ・タウン以外でも,「恭和堂」はブギッ・ビンタン通りのBBプラザの西側にあるので,このへんに宿泊される方は夜でも気軽にイートインできる。

↓中華系の地元住民はよく来るようだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/65/53895065/img_2
 

↓マレーシアにいることを忘れてしまう壁面の漢字群
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/65/53895065/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/65/53895065/img_4


↓こじんまりした店構えだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/65/53895065/img_5


 比較的簡単に取ることのできる漢方だ。これに慣れれば台湾の苦茶にぜひ挑戦したい。こちらの苦さは半端ではないが,最近は一気飲みができるようになった。これができてこそ本当の台湾通だと思う。

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
この記事のURL | マレーシア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バクテーが食べたい~クアラルンプール36
2011/04/16(Sat)
漢方大好き人間としては,マレーシアに来たならぜひ「バクテー」(肉骨茶)が食べたいと思い,狙いをつけていたアロー通りの店に入った。ブキッ・ビンタン駅から行くと,アロー通りの入口の角にある「龍記為食街(ドラゴンビュー)」という店だ。24時間営業の中華の大衆食堂だ。店に入ったといっても,オープンエアで,頭上には幌があるだけだ。テーブルもイスも歩道にはみ出し,いちばん外側のテーブルからさらに50cmの距離には駐車中の車がある。客は欧米人,インド系,華人など,この界隈ではもっともインターナショナルかもしれない。【2011/4/16(土) 午後 4:38】

↓店の雰囲気
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_2


バクテーは肉を数種の漢方で煮込んだものだ。甘くて少し苦みのある漢方のスープが暑さで弱った体には効きそうだ。バクテーは,骨付きの豚肉やモツを漢方薬で煮込み,土鍋で出てくる。美容と健康にはとてもよいとされる料理である。台湾の屋台で見かける「排骨」と基本的に同じだが,スープの濃厚さと味は台湾の方が上だと思う。こちらは具は多いが,さっぱりし過ぎか。日が暮れても,30℃くらいの熱気の中で,アツアツの漢方スープを飲むと,体がカッときて,みるみる元気になっていく気がする(だけである)。けっしてこれだけで,ユンケル皇帝液数本分の元気は出るはずはない。漢方は継続することで効くものなのだから。数日続ければ,少しは変わるかもしれないが,1週間も滞在する旅行客はめったにいるものではない。コラーゲンがたっぷり入っているので,続けていると肌だけはツルツルになるらしいから,女性にはお勧めである。

↓バクテー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_3


バクテー以外には,日本でも少しずつメジャー化している空芯菜の炒め物や,海鮮野菜ビーフンなどを頼んでこの日の夕食とした。蛇足であるが,コラーゲンは骨と骨とのクッションになる軟骨なども作るが,20歳を境に軟骨を作る作用は確実に落ちてくるので,20歳を過ぎたら積極的にコラーゲンは取らなくてはいけないらしい。そうしないと腰や膝など軟骨がもともとついているところがギクシャクして痛みが出てくる(関節痛)ということだ。女性は美容もあるので,どんどんコラーゲンはとりたいが,日本でコラーゲンがとれる食べものははたしてあるだろうか?考えてもなかなか出てこない。韓国ならブタの背骨のぶつ切りを入れるカムジャタンなどがあるのに...日本の古くからの食事は太らないようにはよく考えられているが,老後まで健康を維持できるような食事かというと甚だ疑問である。医食同源のアジア各国にはとうていかなわない。コラーゲンをたっぷり取らないから,腰が曲がって足や足の関節がだめになる老人が日本には多いのではないかと想像する。アジア(日本を除く)の老人は意外と,腰が曲がらずシャキッとしているように見えるのはコラーゲンを摂る量の差か?

↓副菜
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_4


↓主食?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_5


↓店の全景
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/28/53624928/img_6


この記事のURL | マレーシア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ