FC2ブログ
元日のホーチミンシティを一望1~ホーチミンシティ79
2020/04/04(Sat)
2区に東南アジア一高いビル(「ランドマーク81」=461m,2018年12月現在)ができたと言うが,2017年までホーチミンシティで最も高かったのは,「ビテクスコ・フィナンシャルタワー」だ。何しろ中心部1区にあり,サイゴン川やメインストリートが眺望できる絶好の場所に位置する。1月1日,日本では元日だが,ホーチミンシティは普段と変わらぬ雰囲気で,とくにイベントもない。前日の年越しライブのステージの取り壊しが始まっているくらいが,街を歩いていて特記すべきことか。
「ビテクスコ・フィナンシャルタワー」は68階建て,高さ265.5m。サイゴン・スカイデッキという名の展望台(49階)が開くのは午前9時30分だ。9時20分ごろに着いてしまったので,入口付近で待つ。タワーの展望台チケット販売窓口はサイゴン川の方に面したビルの南側にある。1組のカップルに出遅れ,チケット購入は2番目になり,展望台に着いたのは9時35分。一周できる広い展望デッキはまだガラガラだ。天気は快晴でホーチミンシティの街並みが下に広がる。高層の建物が増えてきたと言ってもまだ少ないし,このタワーの高さには遠く及ばない。エレベーターを降りて時計回りに進む。展望台はサイゴン川を背にし,反対側にせり出している。本来のビルの幅をはみ出している。展望台の中からではわからない。先に来たカップルが窓際で北北西側を眺めている。眼下にはグエンフエ通りが走り,その先にはホーチミン人民委員会庁舎が見える。この庁舎から道路を隔てた歩行者天国側には,いつも人だかりのあるホーチミン像が見える。望遠レンズを介しなければ見えないが,それでもホーチミンシティのシンボルである。グエンフエ通りは,両側に高い建物が多いので,展望台からでは通り全体が見えづらいが,それでも走る車や歩く人は見ることができる。目の前のレベリーサイゴンホテルは途中階にプールがあることがわかり,左奥の2棟に分かれたシェラトンサイゴンホテル&タワーズはこの界隈では高く大きな建物であることが一目瞭然だ。【2020/4/4(土) 午前 8:00】
   
↓サイゴン川沿いから「ビテクスコ・フィアンシャルタワー」をのぞむ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0154_2.jpg

↓真下からビルをのぞむ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0160_2.jpg

↓入口付近にはサムスンのイベントスペース(東南アジアでスマホは中韓の競い合い)
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0460_2.jpg

↓人民委員会やグエンフエ通りが見える方の眺望
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0274_3.jpg

↓この年一番乗りのカップル
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0229_5.jpg

↓ホーチミン人民委員会庁舎
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0286_2.jpg

↓ホーチミン像
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0288_23.jpg

↓歩行者天国のあるグエンフエ通りの噴水周辺
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0297_3.jpg

↓年明けコンサートライブを行っていたステージの解体作業(グエンフエ通り歩行者天国)
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0266_3.jpg

↓右側手前はレベリーサイゴンホテル,左側奥はシェラトンサイゴンホテル&タワーズ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0283_3.jpg

↓北西側の真下(商業施設地区)
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0296_3.jpg

↓展望デッキにあったイメージ看板
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0305_4.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
盛夏の久米島は雨だった・後編~久米島1
2020/03/28(Sat)
梅雨はだいぶん前に明けている,7月20日ごろの久米島だったが,前線の影響からか雨が降り続き,初日はホテルに入ってから出かけたのは,夜になって近くの寿司屋に夕食を食べに行っただけだ。那覇からの飛行機はプロペラ機のほとんどが欠航なのに,那覇行のフェリーだけは何とか動いているらしいことはわかった。
翌日の午前中は,久米島を時計の反対回りに一周した。弱いながら雨はまだ残っていて,遠くの景色はどこも煙っていた。島の東端にある奥武島には,「バーデハウス」という,近くの海洋深層水を使った温浴施設があった。天気が悪く久米島に来ている人自体が少ないので,館内はガラガラ状態だったが,入浴する暇もなく,次に同じ奥武島にある畳石海岸へ。畳石は柱状節理が海岸に露出したもので,亀の甲羅のようにも見える。国の天然記念物に指定されている。ここから東海岸を北上する途中は,エビなどの養殖場やサトウキビ畑など,観光以外の収入を得る,島の数少ない産業地域である。島随一の絶景が見られる場所が比屋定バンタ(「バンタ」は崖のこと)だ。遠くが煙り,遠景は望めなかったが,晴れたら最高のビューポイントであろうことはわかった。あっという間の久米島滞在だが,天気のいいときにまた来るしかない。夕方に那覇に移動したら(飛行機で35分ほど)雨はすでに止み,晴れ間が広がってきていた。【2020/3/28(土) 午前 8:00】
   
↓降りしきる雨
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180499.jpg

↓港に停泊中の那覇行フェリー
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180510.jpg

↓フェリーは出港したようだ
hhttps://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180512.jpg

↓奥武島の畳石
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180515.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180521.jpg

↓サトウキビ畑
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180525.jpg

↓比屋定バンタからの眺望
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180528.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180529.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1180532.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif>

関連記事
この記事のURL | 沖縄編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新荘廟街歩き3~新荘慈祐宮~新北42
2020/03/21(Sat)
警察派出所のある辺りは「新荘廟街(新荘路)」の東端に近いので,ここから先は西進する。このストリートは夜は廟街夜市となり,屋台も出るが,食べ物屋台は少ないらしい。夜遅くまで開いているショッピングストリートという趣きらしい。夜の訪問は次回にして,朝方の新荘廟街を散策する。まず真っ先にあるのが,新荘慈祐宮だ。ビルの谷間の狭い空間だが,台湾らしい寺院である。主祖は道教の女神媽祖だが,台湾の多くの寺院がそうであるように,ありとあらゆる神が祀られているのが常で,結局この寺院もそうだった。右奥に参拝順の図があり,そこに祀られている神が全て描かれている。形や雰囲気は日本と異なるものの,線香立て,賽銭箱などがあるので,親近感が得られ,日本人にとっても落ち着く場所である。
   
↓「新荘慈祐宮」はこの界隈のシンボルだ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1053_2.jpg

↓狛犬の顔がなかなか鋭い
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1062_3.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1064_3.jpg

↓「絵馬」ならぬ「祈願札」には「平安」の文字が多い
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1058_3.jpg

↓壁から浮き出た彫刻
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1067_3.jpg

↓祈願する人
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1069_3.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1071_3.jpg

↓ビルの谷間の寺院ゆえ敷地は狭い
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1080_3.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1082_3.jpg

↓扉の裏の絵は媽祖だろうか
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1077_3.jpg

↓台北の龍山寺同様にたくさん祀られている
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1084_3.jpg

↓主祖は媽祖らしいが
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1087_3.jpg

↓線香立て
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1090_3.jpg

↓賽銭箱
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1085_3.jpg

↓梁にも絵
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_1078_3.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif>

関連記事
この記事のURL | 台湾(中華民国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウブド西部10kmウォーキング14<一本道をひたすら北上>~バリ島111
2020/03/14(Sat)
カティクランタン(Katiklantang)集落のメインストリートに出たが,品数を絞った食料品店や,携帯電話用SIM販売店など数えるほどの店しかない。これほどの田舎でもSIMを販売する店があるほどだから,携帯電話の普及率は極めて高いことがわかる。北上する2車線の道路沿いには住宅や農地が混在した風景が続く。時々ヴィラやロスメン(民宿)があるが,この辺りはウブド集落からはすでに4kmほど離れており,バスやタクシーなどが走るはずもなく利便性は悪い。このような場所に宿泊するのは圧倒的に欧米の白人である。それも長期で,とくに何もせずのんびり過ごすというのが基本だ。アジア系の人間とは旅の質が全く異なるのである。道路は南北を結ぶ一本道で,路肩がほとんどなく歩きにくいが,車の往来はめったになく,バイクが時々走っていくだけなので,それほどの危険はない。周辺は水田や畑をたまに見かけるが,盛んというわけではなく,ここに住んでいる人たちの多くが,生計を何で立てているか不明である。【2020/3/14(土) 午前 8:00】
   
↓食料品店なのかワルンなのか?
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9508.jpg

↓どこでも寺院,3分に1度は寺院が目に入る
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9513.jpg

↓犬が店番の携帯電話用SIM販売店
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9518.jpg

↓一本道を北上する
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9514.jpg

↓こんなところに洋菓子店?
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9522.jpg

↓3分経ったのでまた寺院
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9525.jpg

↓集落を出て家がまばらになってきた
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9526.jpg

↓集落を出ても沿道に家は途切れない
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9528.jpg

↓路肩がほとんどない2車線道路
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9532.jpg

↓時々垢抜けた住宅も目にする
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9534.jpg

↓長閑な風景が続く
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9537.jpg

↓交通は不便だが宿泊施設はけっして少なくない
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9540.jpg

↓この道路で初めてのカーブに遭遇
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9543.jpg

↓かろうじて田んぼはある
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_9544.jpg

↓ウブド西部10kmウォーキング14<一本道をひたすら北上>の経路
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/20200211095133ba5.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

関連記事
この記事のURL | インドネシア(バリ島) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「Tummy Yummy」でガイヤーン~バンコク74
2020/03/07(Sat)
タイは焼き鳥が旨い。日本の居酒屋等の焼き鳥もほとんどがタイからの輸入だ。その焼き鳥(ガイヤーン=鶏もも肉焼き)を食べに,一軒家レストラン「Tummy Yummy」を訪れた。店の場所は,BTSチットロム駅を南側(4番)で降り,東に進み,最初の交差点を南に折れたソイ・トンソンを250mほど進んだ右側だ。周りには大使館等が多く,緑豊かな閑静な場所だ。そこにこじんまりとした一軒家レストラン「Tummy Yammy」はある。一本道なので歩いていくと看板が目に入るので迷うことはない。店内は落ち着いていて,アットホームな雰囲気なので,つい長居をしてしまいそうだ。テラス席もあるが,日当たりが良いので,日が暮れた夜にはオススメである。メニューは英語併記で,辛さの度合いがトウガラシマーク3段階で示してある。ランチということで,オススメのガイヤーンと無難なチャーハンを食べてみた。ガイヤーンは焼き具合よく,皮はパリッとして肉は柔らかく,ナンプラーなどの下味も日本人の口には合う。個人的には七味をかけたかったが,それはないので辛いタレを付けて食べる。今後はマイ七味を持参すべきだろう。【2020/3/7(土) 午前 8:00】
   
↓BTSで来たならチットロム駅4番階段を降りる
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0425.jpg

↓左側はプルンチット通りだ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0388.jpg

↓最初の交差点を右に折れたソイ・トンソンを真っすぐ進む
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0394.jpg

↓ソイ・トンソン沿いは緑豊かで閑静だ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0395.jpg

↓右側に看板が見えてくるのですぐにわかる
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0397.jpg

↓「Tummy Yammy」
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0419.jpg

↓門を入って左奥が入口
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0415.jpg

↓メニューは英語併記
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0416.jpg

↓アットホームな店内
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0402.jpg

https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0401.jpgpg

↓テラス席もある
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0414.jpg

↓「ガイヤーン」
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0408.jpg

↓「チャーハン」もなかなか侮れない味だ
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0406.jpg

↓チットロム駅から見た北側のソイ34(ペップリー・タットマイ通りからプルンチット通りまでの一方通行)は昼だというのに渋滞していた
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0430.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

関連記事
この記事のURL | タイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ